『奥様は、取り扱い注意』西島秀俊の正体に「何者?」「展開が読めない」と大反響

  『奥様は、取り扱い注意』に出演する綾瀬はるかと西島秀俊

『奥様は、取り扱い注意』に出演する綾瀬はるかと西島秀俊 クランクイン!

 綾瀬はるか主演のドラマ『奥様は、取り扱い注意』(日本テレビ系/毎週水曜22時)の第9話が29日に放送された。西島秀俊演じる夫・勇輝に裏の顔があることが徐々に明らかになっていたが、今回その正体は明かされず。最終回に向けて加速するストーリーに、SNSでは「やー、展開の読めないドラマだな」「旦那様っていったい…。正体は???来週いよいよわかるのか?何やかんや、ややこしいながらも、面白くなって来た」と大きな反響が集まった。

続きを読む »

 第9話では、菜美(綾瀬)と優里(広末涼子)、京子(本田翼)の夫婦関係がついに大きく動く。菜美の住む街で、一人の主婦が自ら命を絶った。実はその主婦は、横溝(玉山鉄二)に弱みを握られ、主婦売春を続ける日々に耐えられなくなっての自殺だった。菜美は不吉な予感を抱くが、その正体を掴むことはできないでいた。そんな中、勇輝(西島)は海外赴任が決まったから、付いてきてほしいと菜美に告げる。突然の海外赴任の話に、彼への疑惑を深めた菜美は、小雪(西尾まり)に調査を依頼。一方、啓輔(石黒賢)との結婚生活に限界を感じた優里は、安西(小関裕太)に安らぎを求め、渉(中尾明慶)の不倫を疑う京子は渉を尾行し、同僚の女性とホテルに入っていく現場を目撃してしまう。

 ドラマ序盤からの伏線が少しずつ回収され、菜美と勇輝の探り合いが激しさを増してきた今回。ネットでは、「綾瀬はるかちゃん版の桃太郎侍みたいな勧善懲悪ドラマかと思わせといて、裏があり過ぎてオモシロイ。西島さん期待通り」「今まで西島綾瀬夫婦のシーンは『可愛い夫婦やな』という印象だったのが、『なにこの夫婦怖い』ってなってるのすごすぎる。今までの話、この夫婦はどこまでが本当でどこまで嘘だったのか疑い始めると止まらない」「最初はアクションハートフルコメディとして見ていたドラマが段々サスペンスヒューマンクライムドラマになっていってめっちゃ面白い」と絶賛の声が相次いだ。

 また、最終回となる次週の予告では、菜美と勇輝が「全部演技だったのね」「これまでの自分の人生を思い返してみろ。何よりもスリルを優先してきたはずだ」などと言い合う姿も映し出され、「予告がこんなに気になる終わり方とは!気になりすぎてウズウズするぅー。1週間がながーい!」「来週最終回かぁ。早いなあ!!どうなるんだろめっちゃ気になる」と大きな期待が寄せられた。

誕生日

もっとみる

PAGE TOP