PS4、2015年は躍進の年になるか? 普及のカギは2月と3月

PS4のキラーソフトとして注目を集める『ドラゴンクエストヒーローズ 闇竜と世界樹の城』

PS4のキラーソフトとして注目を集める『ドラゴンクエストヒーローズ 闇竜と世界樹の城』(C)2014 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/KOEI TECMO GAMES/SQUARE ENIX All Rights Reserved.

『ドラゴンクエストヒーローズ 闇竜と世界樹の城』ゲーム画面『ドラゴンクエストヒーローズ 闇竜と世界樹の城』ゲーム画面『ドラゴンクエストヒーローズ 闇竜と世界樹の城』ゲーム画面『龍が如く0 誓いの場所』ゲーム画面『龍が如く0 誓いの場所』ゲーム画面『龍が如く0 誓いの場所』ゲーム画面『龍が如く0 誓いの場所』ゲーム画面『龍が如く0 誓いの場所』ゲーム画面『龍が如く0 誓いの場所』ゲーム画面『龍が如く0 誓いの場所』ゲーム画面『龍が如く0 誓いの場所』ゲーム画面『バイオハザード リべレーションズ2』 場面写真 『バイオハザード リべレーションズ2』 場面写真 『バイオハザード リべレーションズ2』 場面写真 『バイオハザード リべレーションズ2』 場面写真 『バイオハザード リべレーションズ2』 場面写真 『バイオハザード リべレーションズ2』 場面写真 『バイオハザード リべレーションズ2』 場面写真 『バイオハザード リべレーションズ2』 場面写真 『バイオハザード リべレーションズ2』 場面写真 『バイオハザード リべレーションズ2』 場面写真 『Bloodborne(ブラッドボーン)』メタルスライムをモチーフとした「プレイステーション4 ドラゴンクエスト メタルスライム エディション」が発売決定!メタルスライムをモチーフとした「プレイステーション4 ドラゴンクエスト メタルスライム エディション」が発売決定!メタルスライムをモチーフとした「プレイステーション4 ドラゴンクエスト メタルスライム エディション」が発売決定!

 2014年8月にはプレイステーションハード史上最速の全世界累計実売台数1000万台を突破したプレイステーション4。今年1月からは中国でもPS Vitaと共にPS4の販売が開始されるなど意気上がるPSファミリーだが、日本国内に限ってはPS4の勢いはスローペースが続いていた。だがそんな状況も2014年まで! 2015年はいよいよ日本でのPS4躍進の年になると業界では目されている。その理由と注目のPS4近日発売予定のタイトルについて、ゲーム専門サイト「GAME Watch」編集長・船津稔氏に聞いた。

続きを読む »

 そもそもなぜPS4が、ゲームユーザーの期待を集めつつも国内で販売台数を思ったより伸ばせないのか。その背景を船津氏は、「欧米と日本のライフスタイルにおけるエンターテイメントの楽しみ方の違い」だと分析。

 「エンターテイメントコンテンツが過当競争状態にある日本では、潤沢な時間を必要とする据置型のゲームが以前ほど競争力を持てない状況があります」と言う。だが同時にPS4は、「ネットワークサービスが充実しており、これまでにない“プレーヤー間の横の繋がりを持ったゲーム”が登場、増加しつつある」ことから、「1人プレイとマルチプレイがシームレス化する『Destiny』(SCE)や『THE CREW』(ユービーアイソフト)といった新しいタイプのゲームや遊び方がユーザーにも徐々に定着している」と船津氏。「3D世界に入り込めるバーチャルリアリティーシステム“Project Morpheus”の登場も予定され、より新しいコンテンツを楽しめるのだという“夢”が広がる」とPS4に対する期待感が高まってきた実感があるそう。

 しかし、いかにPS4の魅力が理解できても、実際に遊ぶゲームがなければハード自体の購買意欲には結びつかない。そこで注目したいのが、PS4そのものを買おうと思わせる魅力的なゲームタイトルだ。昨年までのPS4タイトルは海外メーカーの大作が目立ったが、今年、とくに2月から3月にかけては国内メーカーのビッグタイトルが顔を揃え、PS4ブームが本格化すると予想される。

誕生日

もっとみる

PAGE TOP