たけし、さんま、タモリと遊んだ日々…懐かしの「タレントゲーム」

ビートたけしが監修した『たけしの挑戦状』ゲーム画面 

ビートたけしが監修した『たけしの挑戦状』ゲーム画面 (C)TAITO CORPORATION 1986 ALL RIGHTS RESERVED. / ビートたけし

ビートたけしが監修した『たけしの挑戦状』ゲーム画面 ビートたけしが監修した『たけしの挑戦状』ゲーム画面 ビートたけしが監修した『たけしの挑戦状』ゲーム画面 中山美穂『中山美穂のトキメキハイスクール』(87)ビートたけし『たけしの挑戦状』(86)ほか所ジョージ『所さんのまもるもせめるも』(87)ほか明石家さんま、吉本興業所属のお笑い芸人多数『さんまの名探偵』(87)酒井法子『鏡の国のレジェンド』(89)ラサール石井『ラサール石井のチャイルズクエスト』(89)マイケル・ジャクソン『マイケル・ジャクソンズ・ムーンウォーカー』(90)ジャッキー・チェン『ジャッキー・チェン』(91)ダチョウ倶楽部『ZIG ZAG CAT ダチョウ倶楽部も大騒ぎダ』(94)タモリ『笑っていいとも! タモリンピック』(94)安室奈美恵『Digital Dance MIX 安室奈美恵』(97)ナインティナイン『ナイナイの迷探偵』(99)稲川淳二『稲川淳二 恐怖の屋敷』(99)ほかAKB48『AKB1/48 アイドルと恋したら…』(10)ほか

 よゐこ・有野晋哉が“有野課長”として出演する『ゲームセンターCX』(CSフジテレビONE)。この番組の人気コーナー「有野の挑戦」で、4月スタートの第19シーズンからプレイステーション、セガサターン、3DOのソフトが解禁となることが発表された。これまでファミコン、スーファミを中心にレトロゲームに挑戦してきた有野。いよいよプレステ編突入か……と感慨深い。さかのぼれば、番組で最初に取り上げたソフトが『たけしの挑戦状』。お笑い界の頂点に君臨する男のゲームに挑んだからこその「有野の挑戦」なのだ。

続きを読む »

 ちなみに『たけしの挑戦状』といえばゲーム史屈指の「クソゲー」としても有名。あまりの理不尽な内容に、攻略本を読んでもクリアできない人が続出。攻略本の出版社には1日に400件もの苦情電話が殺到し、すぐに2冊目の攻略本を出した、なんて逸話も残っている。(『たけしの挑戦状』はWiiのバーチャルコンソールで配信中)

 『たけしの挑戦状』が発売されたのは1986年12月10日(あの「フライデー襲撃事件」の翌日!)。翌年以降もビートたけし名義で『ファミリートレーナー 突撃!風雲たけし城』や『たけしの戦国風雲児』が発売された。この例に漏れず、80年代後半~90年代はタレントゲーム豊作の時代だった。

 1987年に発売されたのが『さんまの名探偵』。発売元のナムコは1999年にナインティナインを起用した『ナイナイの迷探偵』も発売。『さんまの名探偵』をきっかけに探偵になりたいと思った矢部浩之が主人公……という続編的な仕立てになっている。

誕生日

もっとみる

PAGE TOP