秩父市職員が語る“アニメ”が持つ力、『あの花』『ここさけ』が秘める大きな可能性

“聖地巡礼って何だろう?”から始まった秩父市、『あの花』『ここさけ』の影響力

“聖地巡礼って何だろう?”から始まった秩父市、『あの花』『ここさけ』の影響力 (C)KOKOSAKE PROJECT

『心が叫びたがっているんだ。』場面写真『心が叫びたがっているんだ。』場面写真『心が叫びたがっているんだ。』場面写真『心が叫びたがっているんだ。』場面写真『心が叫びたがっているんだ。』場面写真『心が叫びたがっているんだ。』場面写真『心が叫びたがっているんだ。』場面写真『心が叫びたがっているんだ。』場面写真『心が叫びたがっているんだ。』場面写真『心が叫びたがっているんだ。』場面写真『心が叫びたがっているんだ。』場面写真『心が叫びたがっているんだ。』場面写真『心が叫びたがっているんだ。』場面写真『心が叫びたがっているんだ。』場面写真『心が叫びたがっているんだ。』場面写真『心が叫びたがっているんだ。』ビジュアル秩父夜祭 毎年12月2日、3日芝桜の丘 見頃毎年4月中旬~5月上旬

 アニメ作品と聖地巡礼。近年は、地域活性の目玉に据える自治体も多いが、筆頭に挙げられるのが『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』で、一躍注目を浴びた埼玉県秩父市である。同作スタッフの新作映画『心が叫びたがってるんだ。』は、同じく秩父市を舞台にした物語が描かれるが、秩父市観光課の中島学さんに、『あの花』や『ここさけ』への思い、そして聖地巡礼の実情を伺った。

続きを読む »

 中島さんが『あの花』を知ったのは2010年の終わり頃、アニメが放送される半年程前だったという。「偶然にも秩父市で“秩父アニメツーリズム実行委員会”が設立された年でもあり、何かご協力できないかと急いでアニメ制作サイドに挨拶へ伺いました。実は、自治体としても委員会としてもロケハンなど携わってはいません。唯一の協力といえば、キャラクター・ぽっぽが乗るバイクのナンバーの参考に、ナンバープレートの画像を送ったことくらいです」。

 作品の感想を「どの場面にも自分の知っている景色が描かれていて、素直に嬉しかったです。描写が鮮明で、今でも街中のどこかで“キャラクターに逢えるのでは?”と考えるほどです」と話す中島さん。季節ごとに開催される『あの花』のイベントでは「全国から訪れるファンのみなさんに楽しんでもらいつつ、最近は個人的にも楽しんでいます」と語るが、「初めはそれこそ“聖地巡礼って何だろう?”と思うほどでしたが、アニメが持つ力を実感しました」と、作品の反響を語る。

 さらに、「ファンの集える場所に設置した『あの花』自由ノートにたくさんの感想も頂き、実際、今年になってから作品をきっかけに東京と北海道で遠距離恋愛をしていた方々が、引っ越してきたり、聖地で知り合った方々が結婚したりと、嬉しい報告も聞かれます」と意外な影響もあったという。

誕生日

もっとみる

PAGE TOP