ルパン三世、ブラック・ジャック、おそ松くん… 新たに描かれる“往年の名作”の魅力

30年ぶりに新TVシリーズ『ルパン三世』

30年ぶりに新TVシリーズ『ルパン三世』原作:モンキー・パンチ(C)TMS

ブラック・ジャックの若かりし頃を描いた『ヤング ブラック・ジャック』伝説の六つ子が帰ってきた『おそ松さん』

 『ルパン三世』『おそ松くん』『ブラック・ジャック』…昭和を代表する名作をモチーフとして描くアニメ3作品が、世間を大いに賑わせている。偉大すぎる名作にどのように挑んだのか?それぞれの特徴に注目してみたい。

続きを読む »

 まずは、モンキー・パンチによる原作マンガをアニメ化した『ルパン三世』。実に30年ぶりに新テレビシリーズとしてルパンが帰ってきた。よい感じに昭和テイストを表現した絵にグッときて、そこで流れるあのテーマ曲。本作で使用されているものは、生みの親である大野雄二が自ら新アレンジしたものであり、心が踊らないわけがない。そのほかストーリーを彩るサウンドもこれまでのルパンシリーズ同様に大野が手がけ、シビれるようなルパンワールドへと誘ってくれる。

 ルパンといえば、軽快なユーモアとアクションを交えた粋な泥棒たちの活躍。そこに味付けされる人情が人々を惹きつけてやまない。新シリーズのオープニングには「片目で見ると映像が立体的に見える」という仕掛けが使われているが、こんな仕掛けまでなんとも粋ではないか。

誕生日

もっとみる

PAGE TOP