『君の名は。』に続け、2017年アニメも期待大!人気シリーズ、オリジナル盛り沢山

映画『ひるね姫 ~知らないワタシの物語~』

映画『ひるね姫 ~知らないワタシの物語~』(C)2017 ひるね姫製作委員会

『傷物語<III冷血篇>』『虐殺器官』若き日のルパンたちを描く『LUPIN THE III RD 血煙の石川五ェ門』『劇場版 ソードアート・オンライン-オーディナル・スケール-』映画『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』

 新海誠監督最新作『君の名は。』が社会現象を巻き起こし、日本映画界においてアニメーション映画が大きな存在感を発揮した2016年。日本のアニメーション作品が初めて公開されたのが1917年のことと言われており、2017年はなんと“日本のアニメ100周年”となるのだ。『君の名は。』の大ヒットを追い風としたメモリアルイヤーには、直近3ヵ月だけでも期待大なラインナップが続々登場!さっそく主な作品群をご紹介してみよう。

続きを読む »

 お正月モード冷めやらぬ1月6日から公開となるのが、作家・西尾維新の代表作<物語>シリーズを劇場映画化した三部作の完結編『傷物語<III 冷血篇>』。2009年を皮切りに続々とテレビアニメ化され、怒涛のように押し寄せる会話劇、神谷浩史が声を演じる主人公・暦を中心とした魅力的なヒロインたちも人気を博し、大ヒットを遂げた本シリーズ。まさに「2010年代を代表するアニメシリーズのひとつ」と言えるが、その原点を描く『傷物語』の完結編は、メモリアルイヤーの幕を切って落とすにふさわしい作品と言えそうだ。

 2月3日より公開となる『虐殺器官』は、34歳の若さで病没した作家・伊藤計劃の長編デビュー作をアニメ化したもの。『屍者の帝国』『ハーモニー』とともに「Project Itoh」としてアニメ映画化企画が始動したが、制作を担っていたスタジオ「manglobe」が2015年秋に倒産。一時は制作中止の危機にも陥ったが、新たに設立された「ジェノスタジオ」が制作を引き継ぎ、公開までにこぎつけた。

 死と隣り合わせで作品を生み出した伊藤計劃の代表作が、強力スタッフ&豪華声優陣によっていよいよスクリーンに蘇ることとなり、満を持しての公開に期待が高まる。また、人気小説の映画化という意味では、全世界累計1900万部発行の大人気小説を劇場アニメ化した『劇場版 ソードアート・オンライン ‐オーディナル・スケール‐』(2月18日公開)も要チェックだ。原作者・川原礫の書き下ろし完全新作ストーリーとなる。

誕生日

もっとみる

PAGE TOP