<2017年映画興収ベスト10>『美女と野獣』唯一100億超えで首位 邦画は2作と苦戦

『美女と野獣』日本版本ポスター

『美女と野獣』日本版本ポスター(C)2017 Disney Enterprises,Inc.All Rights Reserved.

『怪盗グルーのミニオン大脱走』ポスタービジュアル『ファンタスティック・ビースト』ポスタービジュアル『名探偵コナン から紅の恋歌』ポスタービジュアル『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』ポスタービジュアル『モアナと伝説の海』ポスタービジュアル『SING/シング』ポスタービジュアル『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』ポスタービジュアル『映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険』ビジュアル『ラ・ラ・ランド』ビジュアル

 2017年の映画興収ベスト10が発表され(12月25日現在“推計概算”、興行通信社調べ)、124億円を突破した『美女と野獣』が唯一の100億超えで断トツ首位となった。

続きを読む »

 本作はエマ・ワトソンを主演に迎え、不朽の名作ディズニー・アニメーションを実写化。アリアナ・グランデ&ジョン・レジェンドが歌う主題歌、サントラ、そして関連グッズも軒並み大ヒット。全世界歴代興収ランキングでも、10位にランキングされて話題となった。

 73.1億円で同率2位は、『怪盗グルーのミニオン大脱走』と『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』。いずれもシリーズもので『怪盗グルー』シリーズは、これまでスピンオフを含め長編4作品で世界で最も収益をあげたアニメーションシリーズとなった。この作品の魅力は、なんといっても可愛らしい黄色のミニオンたち。彼らがシリーズに登場し続ける限り、さらに記録は伸びていくことだろう。一方、『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』は、ハリー・ポッターシリーズ完結から5年を経て、新に送られるシリーズ全5部作のうちの第1作目。先日、第2作目がクランクアップしたことが報じられ、早くも期待の声があがっている。

誕生日

もっとみる

PAGE TOP