菜々緒、悪女役で存在感発揮 刺激が強すぎて祖母泣かす

菜々緒、“悪女”は「持ち味を最大限に生かせる役柄」

菜々緒、“悪女”は「持ち味を最大限に生かせる役柄」 クランクイン!

『グラスホッパー』菜々緒インタビュー『グラスホッパー』菜々緒インタビュー『グラスホッパー』菜々緒インタビュー『グラスホッパー』菜々緒インタビュー『グラスホッパー』菜々緒インタビュー『グラスホッパー』菜々緒インタビュー『グラスホッパー』菜々緒インタビュー『グラスホッパー』菜々緒インタビュー『グラスホッパー』菜々緒インタビュー『グラスホッパー』菜々緒インタビュー『グラスホッパー』菜々緒インタビュー『グラスホッパー』菜々緒インタビュー『グラスホッパー』菜々緒インタビュー『グラスホッパー』菜々緒インタビュー『グラスホッパー』菜々緒インタビュー『グラスホッパー』菜々緒インタビュー『グラスホッパー』菜々緒インタビュー『グラスホッパー』菜々緒インタビュー『グラスホッパー』菜々緒インタビュー『グラスホッパー』菜々緒インタビュー

 140万部を超える伊坂幸太郎の同名ベストセラーを映画化した『グラスホッパー』が公開。ある事件で婚約者を亡くした虫も殺せぬ男・鈴木(生田斗真)が、復讐のため裏社会に潜入し、やがて予期せぬ事態へと堕ちていく、巻き込まれ型エンターテインメントだ。“闇社会のヤンキーセレブ”なるキャッチコピーのついた悪女・比与子役で鈴木を追い込む菜々緒が、自身のおばあちゃんを泣かせたエピソードを明かした。

続きを読む »

 9頭身モデルとして知られる菜々緒だが、近年は、女優としても活躍。ドラマ『ファーストクラス』や現在放送中の『サイレーン 刑事×彼女×完全悪女』などで見せる“悪女”が特に話題を集めている。本作もまたしかりだが、ひと口で悪女といっても、さまざまなキャラクターがある。

 「悪女というジャンルの中で、いかに違った面を見せられるのか。ハードルが高ければ高いほどやりがいがありますね。悪女という自分の持ち味(笑)を最大限に生かせる役柄をできるのはありがたいことですし、実際に出来上がったものをみなさんに届けたときに、『あ、菜々緒の悪女だ!』と喜んでもらえる。いまは楽しみに待ってくれている方がいるというのも実感しているので、全力で応えたいと思っているんです」。

 悪女どころか、女優として自分の役割に、全身でぶつかっている菜々緒。「おそらく比与子は闇の社会でずっと育ってきた、過ごしてきた女性。作られた優しさや、見返りを求めているような優しさだったり、声を荒げて感情的になったりする感じを、分かりやすく演じました」と振り返る比与子は、現場で生田も感心するほどだったと聞く。一方、そんな生田のすごさを、菜々緒も目の当たりにした。

誕生日

もっとみる

PAGE TOP