梅原裕一郎「自分の声が好きじゃなかった」 友人の一言で“低い声”が個性に

梅原裕一郎、『僕のワンダフル・ライフ』インタビュー

梅原裕一郎、『僕のワンダフル・ライフ』インタビュー クランクイン!

梅原裕一郎、『僕のワンダフル・ライフ』インタビュー梅原裕一郎、『僕のワンダフル・ライフ』インタビュー梅原裕一郎、『僕のワンダフル・ライフ』インタビュー梅原裕一郎、『僕のワンダフル・ライフ』インタビュー梅原裕一郎、『僕のワンダフル・ライフ』インタビュー

 W・ブルース・キャメロンの大ベストセラー小説を映画化した『僕のワンダフル・ライフ』で、迷い犬ベイリーの命を救う主人公イーサン(K・J・アパ/青年時代)の日本語吹き替えを担当した声優・梅原裕一郎。「映画の吹き替えは僕の憧れ」と声を弾ませる彼が、本作に込めた万感の思い、そして、声優という仕事の醍醐味について真摯に語った。

続きを読む »

 本作は、映画『マイライフ・アズ・ア・ドッグ』『ギルバート・グレイプ』のラッセ・ハルストレム監督が犬と人間の尊い絆を描いた感動ドラマ。迷い犬だったゴールデンレトリバーのベイリー(ジョシュ・ギャット/高木渉)は、自分の命を救ってくれたイーサンと固い絆で結ばれるが、年老いて天国へ旅立つ日を迎えることに。だが、大好きなイーサンにもう一度会いたい一心から、ベイリーは何度も別の犬に生まれ変わり、ついに念願の再会を果たす。

 インタビュー前、本作の宣伝アンバサダーを務めるゼウス君(AmazonプライムのCMで人気を博したゴールデンレトリバー)とツーショット撮影に臨んだ梅原は、「子供の頃、友達の家に秋田犬がいて、よく一緒に遊んでいたんですが、今日、ゼウス君の匂いを嗅いだ瞬間、その記憶が蘇りました」と懐かしそうに顔をほころばせる。

 そんな犬好きな一面を垣間みせながら、「僕自身は犬を飼った経験がないのですが、この映画はグッとくるシーンばかりで、予想以上に感情移入できました」と興奮気味に語る梅原。とくに印象的だったのは、家を出ていくイーサンの車を、ベイリーが無邪気に追いかけるシーンだそうで、「何も状況をわかっていないベイリーが“面白い遊びだな”くらいにしか思っていないところが凄く健気で。通常、セリフのないところは飛ばすこともあるんですが、あのシーンは通しで観て演じたので、“戻れ!”という最後のセリフに気持ちが入った」と述懐する。

 そもそも、映画の吹き替えに憧れてこの世界に入ったという梅原。「小学5年生の時に、『ロード・オブ・ザ・リング』を観たんですが、ヴィゴ・モーテンセン演じるアラゴルンの声を大塚芳忠さんが担当されていて、“素敵な声だなぁ”って思ったのが、声優という職業を意識した最初のきっかけですね」と振り返る。「ただ、変声期を迎えて、もともと高かった声が急に低くなってしまい、自分の声になかなか慣れることができなかった」という梅原は、“声優になりたい”という気持ちは全くなかったという。

誕生日

もっとみる

PAGE TOP