木村文乃、女優人生に迷いなし「自分が選んだ道なら、失敗しても間違いじゃない」

木村文乃、『火花』インタビュー

木村文乃、『火花』インタビュー クランクイン!

映画『火花』場面写真

 菅田将暉と桐谷健太が主演を務める映画『火花』で、主人公たちを優しい眼差しで見守るヒロイン・真樹を演じた木村文乃。メガホンを取った板尾創路監督から「“隙”を作って演じてほしい」と言われ、その言葉に「目からウロコが落ちた」という木村が、ヒロインに託した意外な思い、さらには自身の人生観にも響いたという本作の魅力について真摯に語った。

続きを読む »

 本作は、又吉直樹(ピース)の芥川賞受賞小説を、『月光ノ仮面』などで監督としても才能を発揮するお笑い芸人・板尾が映画化した青春ドラマ。天才肌の売れない芸人・神谷(桐谷)と、彼を尊敬する後輩芸人・徳永(菅田)の師弟コンビを軸に、厳しいお笑いの世界で切磋琢磨する若者たちの姿を活写する。

 神谷を優しく見守る金髪美女。温かいユーモアを持ちながら、その横顔はどこか儚げ。つかもうとすると、フワっと溶けてしまいそうな危うい魅力を醸し出す。木村演じる神谷の同棲相手・真樹は、かつて味わったことのないヒロイン像をスクリーンに焼き付けた。「真樹は女神じゃない。芸人と一緒にいられる人間は、傷や闇を抱えている方がいい」と板尾監督から告げられたという木村は、「なぜかその言葉がしっくりきた」という。

 「恋愛感情を表現するベタなシーンがないのは、板尾監督が意図するところ。だから、真樹が、神谷や徳永に対してどういう感情を抱いていたかは、観た人の主観に委ねたい」と明言を避ける。さらに「“隙”を作って演じてほしい」という板尾監督からのリクエストに、「今まで言われたことがない言葉、目からウロコでしたね」と振り返る。

 例えば、「お水をどうぞって普通に手渡せばいいところをわざわざ隣に座って、ちょっと相手を見てから渡す、みたいな。言い方は悪いですが、すぐに押し倒せちゃうようなタイプ(笑)。確かに必要以上に距離感の近い子いるなぁと思って。ただ、真樹の場合は、色っぽくなっても、下品になってもいけない。ほのぼのした子が来たぞ、くらいに止めるところが真樹のキャラクターなのかなと思いますね」。

誕生日

もっとみる

PAGE TOP