元「ピチレモン」モデル・清野菜名が血まみれ!押井監督作でキレキレのアクション披露

『東京無国籍少女』清野菜名が“血まみれ”のキレキレアクションを披露

『東京無国籍少女』清野菜名が“血まみれ”のキレキレアクションを披露(C)2015東映ビデオ

『東京無国籍少女』清野菜名が“血まみれ”のキレキレアクションを披露『東京無国籍少女』清野菜名が“血まみれ”のキレキレアクションを披露『東京無国籍少女』清野菜名が“血まみれ”のキレキレアクションを披露『東京無国籍少女』清野菜名が“血まみれ”のキレキレアクションを披露『東京無国籍少女』清野菜名が“血まみれ”のキレキレアクションを披露

 押井守監督による実写映画最新作『東京無国籍少女』の最新映像が解禁された。元「ピチレモン」モデルであり、園子温監督や宮藤官九郎監督の作品にも抜擢されている注目女優・清野菜名が“血まみれ”の姿でキレキレのアクションを披露。押井監督が今まで描けてなかった新たな挑戦の一つ“血の描写”が垣間見れる写真も入手した。

続きを読む »

 本作は、女子美術高等専門学校を舞台に繰り広げられるソリッドシチュエーチョンスリラー。かつて天才と持て囃された藍は、事故の影響で心に傷を抱え、今では眠ることもできず、ただ一人謎のオブジェを作り続けていた。そんな藍を再び広告塔として利用するため全て黙認し、学園に閉じ込める教頭。そして特別扱いされる藍を苦々しく思う担任と同級生たち。降りかかる執拗なイジメと嫌がらせで心休まらぬ日々は、藍の中で目覚めた“なにか”によって崩れ始めていく…。

 今回解禁となった最新映像は、清野演じる藍の孤独な学校生活から始まり、「少女の憂鬱な日々は、衝撃の15分を迎える」というコメントと共に一変。血まみれの姿で一人、謎の武装集団と戦う藍のアクションが映し出され、「狂気の先に迎える戦慄のラスト」の文言にふさわしい、後を引く衝撃の映像に仕上がっている。

 本作は、海外からも大きな期待が寄せられており、「ヌシャテル国際ファンタスティック映画祭」「ファンタジア国際映画祭」「プチョン国際ファンタスティック映画祭」など、続々と海外映画祭出品が決定している。

 清野は「初主演映画が、海外映画祭から招待されているのは大変光栄です」と胸中を明かし、「ラスト15分のクライマックスシーンの撮影の時は、集中力が高まっていくなかで、周囲がゆっくりと動いているような感覚を、初めて感じました。吹き替え無しのアクションに期待して欲しいです」と、見どころをアピールした。

 『東京無国籍少女』は7月25日より全国公開。

誕生日

もっとみる

PAGE TOP