マーべル『ドクター・ストレンジ』首位発進!マッツ・ミケルセン来日で高水準スタート

1月28日~1月29日全国映画動員ランキング1位『ドクター・ストレンジ』

1月28日~1月29日全国映画動員ランキング1位『ドクター・ストレンジ』(C)2016 Marvel

1月28日~1月29日全国映画動員ランキング2位:『キセキ-あの日のソビト-』1月28日~1月29日全国映画動員ランキング3位:『君の名は。』1月28日~1月29日全国映画動員ランキング4位:『恋妻家宮本』 1月28日~1月29日全国映画動員ランキング5位:映画『破門 ふたりのヤクビョーガミ』1月28日~1月29日全国映画動員ランキング6位:『新宿スワンII』1月28~1月29日全国映画動員ランキング7位:『本能寺ホテル』1月28日~1月29日全国映画動員ランキング4位:『沈黙-サイレンス-』 1月28日~1月29日全国映画動員ランキング9位:『この世界の片隅に』 1月28日~1月29日全国映画動員ランキング10位:『マグニフィセント・セブン』

 1月28~29日の全国動員ランキングが興行通信社より発表され、ベネディクト・カンバーバッチ主演の『ドクター・ストレンジ』が初週土日動員23万8000人、興収3億9400万円をあげ、初登場1位に輝いた。本作では主人公ドクター・ストレンジの宿敵、闇の魔術を操るカエシリウス役のマッツ・ミケルセンが来日し、舞台挨拶に登壇するなど、大いに作品を盛り上げた。

続きを読む »

 2位も初登場の『キセキ -あの日のソビト-』がランクイン。全員が歯科医師という謎の覆面グループ「GReeeeN」の代表曲「キセキ」の誕生秘話を描いた本作は、松坂桃李や菅田将暉ら人気俳優の出演も相まって初週土日動員18万2000人、興収2億3300万円という好スタートを切った。

 4位、5位も初登場組。4位の『恋妻家宮本』は人気脚本家・遊川和彦初監督作品。初週土日動員8万5500人、興収1億500万円を挙げる結果となった。5位は『破門 ふたりのヤクビョーガミ』がランクイン。こちらは初週土日動員8万4000人、興収1億800万円をあげた。東宝、東映、松竹というメジャー配給3社のガチンコ対決は、東映の『キセキ -あの日のソビト-』に軍配が上がった。

 その他、公開23週目の『君の名は。』は初登場組が上位を占めるなか3位に健闘。12週目を迎えた『この世界の片隅に』も9位をキープしており、まだまだ数字を伸ばしていきそうだ。

 1月28~29日全国映画動員ランキングは、以下の通り。

第1位:ドクター・ストレンジ
第2位:キセキ-あの日のソビト-
第3位:君の名は。
第4位:恋妻家宮本
第5位:破門 ふたりのヤクビョーガミ
第6位:新宿スワンII
第7位:本能寺ホテル
第8位:沈黙-サイレンス-
第9位:この世界の片隅に
第10位:マグニフィセント・セブン

誕生日

もっとみる

PAGE TOP