実写版『美女と野獣』、豪華吹替キャスト勢ぞろい! 名曲の数々を生披露

映画『美女と野獣』プレミアム吹替版上映会で名曲の数々を披露

映画『美女と野獣』プレミアム吹替版上映会で名曲の数々を披露 クランクイン!

映画『美女と野獣』プレミアム吹替版上映会の様子映画『美女と野獣』プレミアム吹替版上映会の様子映画『美女と野獣』プレミアム吹替版上映会で名曲を披露した昆夏美映画『美女と野獣』プレミアム吹替版上映会で名曲を披露した昆夏美映画『美女と野獣』プレミアム吹替版上映会で名曲を披露した山崎育三郎映画『美女と野獣』プレミアム吹替版上映会で名曲を披露した山崎育三郎映画『美女と野獣』プレミアム吹替版上映会で名曲を披露した山崎育三郎映画『美女と野獣』プレミアム吹替版上映会で名曲を披露した山崎育三郎映画『美女と野獣』プレミアム吹替版上映会で名曲を披露した藤井隆映画『美女と野獣』プレミアム吹替版上映会で名曲を披露した岩崎宏美映画『美女と野獣』プレミアム吹替版上映会で名曲を披露した吉原光夫映画『美女と野獣』プレミアム吹替版上映会で名曲を披露した村井國夫

 映画『美女と野獣』のプレミアム吹替版上映会が12日、都内にて行われ、昆夏美(ベル役)、山崎育三郎(野獣役)ら吹替キャストが勢ぞろいした。プレミアム吹替版が初めてのお披露目となったこの日、『美女と野獣』の名曲の数々をキャストたちがメドレーで披露。歌い終えた山崎は、吹替収録時と比べ、「やっぱりお客さまがいる前で歌うほうが好きだなぁ」と感慨深い表情で語った。

続きを読む »

 本作は、1991年に公開されたディズニー・アニメーション映画『美女と野獣』を『ハリー・ポッター』シリーズのエマ・ワトソン主演で実写映画化。『シカゴ』や『ドリームガールズ』などの大ヒットミュージカルを手掛けたビル・コンドン監督がメガホンをとり、美しい映像と音楽で、新たな『美女と野獣』を作り上げた。

 この日は、ボールルームのダンスシーンが印象的な本作にちなみ、客席全体で大きなボールルームを再現。プレミアム吹替版のキャスト陣が「美女と野獣」をはじめ、「ひとりぼっちの晩餐会」「強いぞ、ガストン」などお馴染みの楽曲に加え、「ひそかな夢「「時は永遠に」といった今作のために作られた新曲も披露した。

 その後のトークタイムでは、日本公開に先立って、山崎が昆とともに二人でロンドンに渡り、公開初日に観に行った時のエピソードを披露。「ロンドンではお客さんの雰囲気がミュージカルを観ているような感じで、1曲ごとに拍手と歓声が起こるんです。『ひそかな夢』が終わったあとも拍手が止まらず…」と感激冷めやらぬ様子で話す山崎が「今日はどうだったんだろう?」と観客に問いかけると、会場からは大きな拍手が。

 そして「僕は『美女と野獣』の大ファンで、アニメやミュージカルもずっと観てきたんですけど、こんなにも野獣が愛おしく思えたのは初めて。本当に繊細に描かれているので、男性にも観ていただきたい作品になっていると思います」と自信を見せた。

 昆は本作について「アニメーションでは描かれていなかったシーンも実写映画版では描かれていましたし、新しい発見や新鮮さがあります。今回初めて映画を観て『美女と野獣』に触れる方が、その心温まる感動のストーリーにきっと大好きな作品の一つに加えてもらえると思います」と自信を持ってアピールしていた。

 舞台挨拶には、岩崎宏美(ポット夫人役)、村井國夫(モーリス役)、吉原光夫(ガストン役)、藤井隆(ル・フウ役)、小倉久寛(コグスワース役)、島田歌穂(プリュメット役)も登壇した。

 映画『美女と野獣』は4月21日より全国公開。

誕生日

もっとみる

PAGE TOP