『メイズ・ランナー』最新作にして完結作、6月日本公開 予告編が到着

映画『メイズ・ランナー:最期の迷宮』

映画『メイズ・ランナー:最期の迷宮』(C)TM and(C)2017 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved. Not for sale or duplication.

 『メイズ・ランナー』シリーズの最新作にして完結作となる『メイズ・ランナー:最期の迷宮』が6月に日本公開することが決定した。到着した予告編には、壮絶なバトルに身を投じる主人公たちが映し出されている。

続きを読む »

 『メイズ・ランナー』シリーズは、ジェームズ・ダシュナーによるヤングアダルト向けSFスリラー小説を基に、若者たちが謎の迷宮“メイズ”の攻略に挑む姿を描くサバイバル・アクション。2015年に公開されたシリーズ1作目『メイズ・ランナー』では謎の巨大迷路が、2作目『メイズ・ランナー2:砂漠の迷宮』では荒廃した砂漠の廃墟がメイズとして登場し、2作品で全世界興収6億6000万ドルを記録した。

 完結作では、巨大迷路から脱出するために3年もの歳月を費やしたトーマスと仲間たちが、囚われた仲間ミンホを救うため、そして自分たちが閉じ込められた理由を解明するため、決死の覚悟で難攻不落の伝説の迷路に逆侵入することを決断する。

 解禁された予告編では、大陸を疾走する、ミンホと若者たちが囚われている列車を追うトーマスたちのピックアップトラックが、完全武装した強大な敵と激突。激しい戦闘の末、巨大ヘリコプターを使って一車両ごと奪還する激しいアクションが繰り広げられる。さらに謎の組織「WCKD」のエヴァの意味深な言葉や、人類滅亡の危機を救う“治療法”といった、結末に向けて気になる要素が詰まった映像となっている。

 シリーズ全作品で監督を務めるウェス・ボール監督のもとには、ハリウッドを担う若手俳優たちが結集。主人公トーマス役でブレイクしたディラン・オブライエン、『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』のヒロインに抜擢されたカヤ・スコデラリオ、『ラブ・アクチュアリー』の名子役から成長著しいトーマス・ブローディ=サングスター、ミンホ役のキー・ホン・リーらが顔をそろえるなか、メイズの秘密を握る女性エヴァを演じるパトリシア・クラークソンが圧巻の存在感を披露する。また、ジェームズ・キャメロンが製作・脚本を手掛ける日本の漫画『銃夢』の実写版『Alita:Battle Angel(原題)』のヒロインに抜擢されたローサ・サラザールにも注目だ。

 映画『メイズ・ランナー:最期の迷宮』は6月に日本公開。

誕生日

もっとみる

PAGE TOP