【映画ランキング】『SW/最後のジェダイ』がV4! 『キングスマン』第2弾は2位発進

1月6日~1月7日全国映画動員ランキング1位:『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』

1月6日~1月7日全国映画動員ランキング1位:『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』(C)2017 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

1月6日~1月7日全国映画動員ランキング2位:『キングスマン:ゴールデン・サークル』1月6日~1月7日全国映画動員ランキング3位:『DESTINY 鎌倉ものがたり』1月6日~1月7日全国映画動員ランキング4位:『8年越しの花嫁 奇跡の実話』1月6日~1月7日全国映画動員ランキング5位:『映画 妖怪ウォッチ シャドウサイド 鬼王の復活』1月6日~1月7日全国映画動員ランキング6位:『映画 中二病でも恋がしたい! Take On Me』1月6日~1月7日全国映画動員ランキング7位:『オリエント急行殺人事件』1月6日~1月7日全国映画動員ランキング8位:『噓八百』1月6日~1月7日全国映画動員ランキング9位:『未成年だけどコドモじゃない』1月6日~1月7日全国映画動員ランキング10位:『仮面ライダー平成ジェネレーションズ FINAL ビルド&エグゼイドwithレジェンドライダー』

 1月6~7日の全国映画動員ランキングが興行通信社より発表され、『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』が週末土日動員22万8000人、興収3億4300万円をあげ、4週連続1位を達成した。1月8日までの累計動員数は410万人、興収は61億円を突破した。

続きを読む »

 2位は初登場の『キングスマン:ゴールデン・サークル』が、初週土日動員22万4000人、興収3億3000万円をあげランクイン。配給が違うので、一概に比較はできないが、前作『キングスマン』の初週成績が動員8万3562人、興収1億1438万5600円という数字だったことを考えると、非常に好スタートを切ったといえるだろう。

 その他の初登場は、京都アニメーション制作の人気テレビアニメの劇場版第2弾『映画 中二病でも恋がしたい! Take On Me』が6位、中井貴一と佐々木蔵之介がダブル主演を務めたコメディ映画『嘘八百』が8位にそれぞれランクインした。

 既存組では『DESTINY 鎌倉ものがたり』が、先週からワンランクアップの3位にランクイン。幅広い世代に受け入れられるストーリーで、正月休みに高いアベレージを記録。累計では24億円を突破した。4位の『8年越しの花嫁 奇跡の実話』は累計19億円、5位の『映画 妖怪ウォッチ シャドウサイド 鬼王の復活』は累計17億円、7位の『オリエント急行殺人事件』が累計14億円と、着実に数字を伸ばしている。

1月6日~1月7日全国映画動員ランキングは、以下の通り。

第1位:スター・ウォーズ/最後のジェダイ
第2位:キングスマン:ゴールデン・サークル
第3位:DESTINY 鎌倉ものがたり
第4位:8年越しの花嫁 奇跡の実話
第5位:映画 妖怪ウォッチ シャドウサイド 鬼王の復活
第6位:映画 中二病でも恋がしたい! Take On Me
第7位:オリエント急行殺人事件
第8位:嘘八百
第9位:未成年だけどコドモじゃない
第10位:仮面ライダー平成ジェネレーションズ FINAL ビルド&エグゼイドwithレジェンドライダー

誕生日

もっとみる

PAGE TOP