大泉洋主演、北海道舞台の映画『そらのレストラン』公開 共演に本上まなみ、岡田将生

大泉洋が映画『そらのレストラン』に出演

大泉洋が映画『そらのレストラン』に出演 

深川栄洋監督映画『そらのレストラン』実景

 大泉洋が主演を務める映画『そらのレストラン』が2019年初春に公開することが決定し、本上まなみと岡田将生が共演していることも発表された。

続きを読む »

 映画『しあわせのパン』『ぶどうのなみだ』に続く、“食”と“人”をテーマに描く北海道映画第3弾となる本作。本企画は北海道南西部に位置するせたな町で、一部の有名料理人には知れ渡っている有機農法栽培や飼育をする生産者のグループ<やまの会>とその人たちとの出会いが基盤となっているという。監督は『神様のカルテ』『トワイライト ささらさや』の深川栄洋が務める。

 北海道・せたなで暮らす設楽亘理(大泉)と妻・こと絵(本庄)、そして東京からやって来た牧羊を営む若者・神戸(岡田)ら。亘理たちはある日、彼らの食材を求めてやってきた札幌の有名ビストロのシェフの手によって、自分たちの食材がさらにおいしくなったことに感動。この感動をもっと多くの人たちに届けたいと、仲間たちと一日限りのレストランを開くことを目指す。

 主演の大泉は「今作は、『家族』との絆。『仲間』との友情を描いたハートウォーミング・ドラマです。せたな町は、海と山どちらの景色も楽しめる素晴らしい土地です。最高の出演者とスタッフと共に作り上げたこの作品で皆様の日々の疲れを少しでも癒していただければと思います。この映画はめちゃめちゃ癒されます!」とコメント。

 一方の本上は「主演の大泉洋さんを筆頭にみな実在の人物を演じているため、現場ではモデルになった方と役を演じる俳優が入り交じり、やっと出会えた喜びに、笑ったり泣いたりハグしたりと大盛り上がり。とびきり豊かで幸せな体験となりました」と回想。岡田は「人々の友情や食の大切さであったりを、現場で間近に感じる事ができました。大泉さんとは凄く久々に共演させていただき、笑いが絶えない現場を深川監督の下、毎日現場に行くのを楽しみながら充実した撮影ができたと思っています」と振り返っている。

 映画『そらのレストラン』は2019年初春全国公開。





誕生日

もっとみる

PAGE TOP