クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

JO1 佐藤景瑚が『ムーンナイト』を絶賛! 「自分自身との戦い」に共鳴

海外ドラマ

提供:ディズニープラス

  • JO1佐藤景瑚が『ムーンナイト』を絶賛!

     マーベル・スタジオが贈るオリジナルドラマシリーズ『ムーンナイト』がディズニー公式動画サービス「Disney+(ディズニープラス)」で日米同時配信中だ。ギフトショップで働く心優しいスティーヴン(オスカー・アイザック)はある日、自分の中に“自分以外の誰か”が潜んでいることに気付く。コントロールできないその男の正体はマークという名の暗殺者だった。マークに狂気が宿るとき、白いスーツのダークヒーロー“ムーンナイト”が誕生する。今回、クランクイン!ではJO1の佐藤景瑚に 『ムーンナイト』の魅力を存分に語ってもらった。

  • 『ムーンナイト』のヒーロー像は初めてのタイプ

    ――『ムーンナイト』を鑑賞された率直な感想をお願いします。

    佐藤景瑚(以下、佐藤):これまで数々のマーベル・ヒーローを見てきましたが、見たことがないのタイプのヒーローでした! 敵と戦いつつも「二つの人格」という悩みを抱え、自分自身とも戦っている。特に、第5話の展開にはびっくりしました。「二つの人格」の真実が語られるシーンでは思わず泣きそうになってしまいました。

    ――今回はムーンナイトとMr.ナイトでコスチュームや戦い方に違いがあるところも見どころですよね。

    佐藤:僕はアクション映画が大好きなんです。ムーンナイトに変身したときのクレセント・ブレード(三日月形の刀)の使い方が、カッコよかったですよね。レイラ(メイ・キャラマウィ)を助けるために機敏に投げるシーンが特に印象に残っています。対照的に、Mr.ナイトはオシャレなスーツ姿で動きがぎこちないというコミカルなキャラクターで面白かったです。

  • キャストの迫真の演技に圧倒される

    ――作品全体を通して、お気に入りのシーンはありましたか?

    佐藤:可愛らしさがあるスティーヴンが好きです。マークからスティーヴンへ、パッと切り替わるシーンは特に気に入っていますね。マーベル作品を観るときは、いつも、「ヒーローのアクションシーン」に注目して観るのですが、今作はスティーヴンとマークそれぞれの「人生」、「心の葛藤」に観応えを感じました。人間ドラマが深く描かれている作品だと思います。

    ――スティーヴン/マークを演じたオスカー・アイザックの演技もすごいですよね。

    佐藤:それぞれが本当に別の人間のように見えます。僕も半年ほど前に初めてドラマ「ショート・プログラム」『どこ吹く風』で演技をさせていただいたのですが、登場人物を一人演じるだけでも難しいんですよ。それが、オスカー・アイザックは二人になりきっている。本当にすごいことだと感じました。演じるキャラクターに“なりきる”には、そのキャラがその他の登場人物との関係性の中でどう思ったのか、どう感じたのかを考えないといけない。その心の在り様を台詞だけでなく顔の表情にも反映させないといけない。どれだけその役のことを追求できるかが大事なんですよね。あらためて、すごいなと思いました。

     オスカー・アイザックの他、レイラを演じるメイ・キャラマウィの演技も素晴らしかったです。レイラが家族を失った事実を知って悲しむシーン。「なんで、言ってくれなかったの」と言う鬼気迫る演技が、実際に自分の家族に悲劇が起きたかのようなリアルさでした。どうしたらあんなにリアルな感情が出せるのかと勉強になりましたね。

  • JO1の11人は、“ムーンナイト”?

    ――『ムーンナイト』は“人間の二面性”が描かれていますが、佐藤さんご自身、グループで活動していく中で、スティーヴンやマークのような“自分との戦い”もあるものですか?

    佐藤:自分とは常に戦っています。僕は人と比較したり、比較されたりするのはあまり好きではありません。他人と戦うのではなく、自分自身と向き合い、今日より明日の方が良くなるよう心懸けています。最近は、これまで以上に、自分のことだけでなく他のメンバーの存在を意識できるようになりました。グループは、『ムーンナイト』のようにいくつもの人格があることと一緒なんです。メンバーの11人を「自分」として見るようにしています。「このダンスはあのメンバーが一番上手いから彼に前列に動いてもらおう」、「あのメンバーは高音の発声が上手いからこのフレーズを歌ってもらおう」という風に、メンバーの長所や努力を発揮できるように客観的に意見を伝えるようにしています。

    ――11人のメンバーに対して敬意と信頼をもってグループ活動に取り組んでいるのですね。

    佐藤:はい。僕だけでなくグループのみんなができているなと思います。グループはもっと成長できると信じています。

    ――ちなみに前回、ディズニープラスのグループウォッチ機能についてもお話し頂いたのですが、あれから皆さんで見る機会はありましたか?

    佐藤:今は(河野)純喜くんもディズニープラスに入っているんですよ。その後、(川尻)蓮くんも気になり始めていて。おすすめ作品を聞かれたので、手品が好きな蓮くんには『ドクター・ストレンジ』を紹介しました。なかなかマーベル作品について深い話ができる相手がいなかったので、メンバーのみんなをマーベル沼に誘っています。

    ――もしもディズニープラスを観るメンバーで“ケミ名”を作るとしたら、どんな名前がいいと思いますか?

    佐藤:純喜くんはもちろん、マーベルが好きなのは(與那城)奨くんと、(金城)碧海。僕を含めてみんな筋トレも好きなメンバーです。マーベル的な要素を加えると…、「ファンタスティック・フォー」かな(笑)。どんな名前がいいか、ファンの方にも聞いてみたいですね。

    ――『ムーンナイト』はまもなく最終回を迎えます。どんな展開を期待しているか、改めて聞かせてください。

    佐藤:スティーヴンもマークも消えないで欲しいですね。実はずっと気になっていたのですが、スティーヴンとマーク以外にも、もう一人、別の人格がいそうな気がしています。目が覚めたらどちらでもない、というシーンもありましたし。新しい人格が出てくるという展開もあるのかなと思います。僕は映画館で作品を観ることも大好きなので、この続きが映画になったら嬉しいですね。

    ――最後に『ムーンナイト』の魅力を一言でお願いします。

    佐藤:『ムーンナイト』は、まだ他のマーベル作品と繋がっていないので、マーベル作品が初めての方でも楽しんで観ることができると思います。変身もアクションもかっこいいので、マーベルの良さを『ムーンナイト』から知ってもらえたらいいな。あと、「自分自身を見つめること」、「他者の視点に立つこと」について考えさせられます。「相手を想うことが、自分の成長につながる」という気づきを与えてくれる作品だと思います。

    『ムーンナイト』はディズニープラスにて独占配信中。

(C)2022 Marvel


取材・文:Nana Numoto クランクイン!編集部/写真:小川遼

衣装協力:kudos/MATT.

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv