インタビュー

  • 二階堂ふみ、『西郷どん』奄美ロケで「おばあちゃんに拝まれました」

    エンタメ

     大河ドラマ『西郷どん』は、舞台を江戸から南国・奄美へと移した。吉之助(鈴木亮平)は島津斉彬(渡辺謙)の急死をきっかけに失脚、幕府を追われ、奄美大島に送られる。そこで吉之助に大きな影響を与える存在が、二階堂ふみ演じる愛加那。奄美では島の人々から広く慕われる存在となっている愛加那を演じるにあたって、二階堂が思いを語った。

  • 雨宮慶太監督、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』を激賞「映画の枠を超えた新しいエンタメ」

    映 画

     アイアンマン(ロバート・ダウニーJr.)、キャプテン・アメリカ(クリス・エヴァンス)、ソー(クリス・ヘムズワース)ら、最強ヒーローチーム「アベンジャーズ」が、最凶の敵・サノスと死闘を繰り広げる映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』。オープニング3日間の興行収入があの『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』を超えて、全米歴代映画史上No.1の大ヒットを記録中だ。見るものを圧倒する世界観や迫力ある映像、壮絶なアクションと見どころ満載の本作を、「新しい映像体験だった。気持ちのいい戸惑いがあった」と絶賛するのは、『牙狼‐GARO‐』シリーズで知られる雨宮慶太監督。自身も特撮ヒーローものを多数演出する雨宮監督に、映画監督ならではの視点で本作の魅力を語ってもらった。

  • 劇団 新感線・いのうえひでのり、『アベンジャーズ』最新作に脱帽「やっぱり脚本がすごい」

    映 画

     オープニング3日間の興行収入が『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』を超えて、全米の歴代映画史上No.1の大ヒットを記録した『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』が、快進撃を続けている。日本演劇界でトップを走る劇団☆新感線の主宰・いのうえひでのりが同作を鑑賞。「よくできてる」「恐ろしい」と脱帽し、観客の言葉を奪うシーンの連続に「!!!!!(この後、どうするんだよ!)」と突っ込みつつ、クリエーターとして、観客のひとりとして感想を語った。

  • ローズ・バーンが語る 『ピーターラビット』出演は“ステキなこと”

    映 画

     オーストラリア出身の女優ローズ・バーンが、世界的な絵本『ピーターラビット』の実写映画で主演を務めた。「私にも子供がいるし、周囲にも甥(おい)っ子や姪(めい)っ子がたくさんいるから、彼らが好きになってくれるような映画に出演できることは、すてきなことだと思ったの」というローズに、役柄や作品への思い、女優としてのスタンスについて語ってもらった。

  • 宮野真守、「共通点を探すより共感すること」 役へのアプローチ明かす

    アニメ・コミック

     衝撃の展開に次ぐ展開で、観客の心を鷲掴みにしたアニメーション映画『GODZILLA』の第1章『GODZILLA 怪獣惑星』。そしてその続編として、シリーズ屈指の人気を誇るメカゴジラが、“新たな姿”で登場する第2章『GODZILLA 決戦機動増殖都市』が公開を迎える。全三部作を通し、主人公・ハルオを演じる宮野真守も「第3章にむけて、最高のハードル上げができた」と自信を覗かせる“アニゴジ”第2章。絶望の淵へと追いやられた人類は、どうゴジラに立ち向かっていくのか。宮野がアニゴジについて語った。

  • 阿部寛「自分の個性が邪魔だった」 俳優として苦悩した日々を振り返る

    映 画

     最新主演作『のみとり侍』で、女性に“愛”を届ける裏稼業“のみとり”に精を出す元エリート藩士を、コミカルかつ味わい深く演じた阿部寛。長年の夢だったという名匠・鶴橋康夫監督との映画初タッグをついに実現させ、「今までにない時代劇を」と意気込んで撮影に臨んだ阿部が、本作への並々ならぬ思いとともに、俳優として現在のポジションを獲得するまでの苦悩の日々を改めて振り返った。

  • 鈴木亮平「島での時間は、殿を超え“西郷隆盛”になっていく時間」

    エンタメ

     大河ドラマ『西郷どん』は、5月13日放送分より舞台を江戸から南国・奄美へと移す。吉之助(鈴木亮平)は師というべき存在の島津斉彬(渡辺謙)の急死をきっかけに失脚、幕府を追われ、島送りとなってしまう。そんな吉之助の成長や撮影エピソードについて鈴木が語った。

  • 山下大輝、梶裕貴から褒められ大テレ 『ヒロアカ』の魅力語る

    アニメ・コミック

     “ジャンプ新世代王道アニメ”として、『ONE PIECE』『NARUTO‐ナルト‐』の系譜を継ぐ大ヒット作『僕のヒーローアカデミア』。この4月よりTVアニメ第3期の放送がスタートし、今夏には完全新作オリジナルとして初の劇場版が公開される。そんな人気作の主人公・緑谷出久(通称:デク)を演じる山下大輝と、轟焦凍を演じる梶裕貴に単独インタビューを敢行。第3期を迎えた今の気持ちや、劇場版についてなど、“ヒロアカ”への思いを聞いた。

  • 9nine・西脇彩華「“個性”はグループの武器」 ディズニー・チャンネルから学んだものとは?

    映 画

     世界中から愛されるオリジナル・ムービーを世に送り出してきたディズニー・チャンネル。最新作『ゾンビーズ』は、なんとゾンビが主人公の青春ストーリーだ。自他共に認める「ディズニー・チャンネルの大ファン」というガールズユニット・9nineの西脇彩華にいち早く本作を鑑賞してもらうと「歌もダンスも最高!自分と違う人を受け入れて、それぞれの個性に気づいていこうというテーマにもとても共感できました」と大興奮!本作に感じた魅力とともに、輝くような笑顔の源までを教えてくれた。

  • 古川雄輝、「スター・ウォーズ」愛が炸裂!「アトラクションに乗るような感覚」

    映 画

     国内興収75億円、観客動員500万人超えの大ヒットとなった『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』のMovieNEXが4月25日にリリースされた。ディズニー初のドルビービジョンを採用した『スター・ウォーズ』初の4KUltra HD版や、約2時間40分の充実したボーナス・コンテンツも話題となっている本作を、いち早くチェックしたという「スター・ウォーズ」ファンの古川雄輝を直撃!感想を熱く語ってもらった。

  • 野村祐希、“最強スポーツ男子”王者が『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』の親子愛を語る

    映 画

     アイアンマン(ロバート・ダウニーJr.)、キャプテン・アメリカ(クリス・エヴァンス)、ソー(クリス・ヘムズワース)ら、数々のヒーローの活躍を描いてきたマーベルスタジオの最新作。『アイマンマン』公開から10周年を迎え放たれたのが今作、オープニング3日間の興行収入があの『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』を超えて、全米の歴代映画史上No.1の超特大ヒットを記録した『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』だ。「究極の男は誰だ!?最強スポーツ男子頂上決戦」の王者として知られる俳優の野村祐希が、シビれたアクションシーンはもとより、描かれる親子愛に照らし合わせ、「親父に負けたくない」と、父・野村将希との関係も明かした。

  • カリスマトレーナーAYA、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』の“戦う女性”を絶賛「ストロング・イズ・セクシー」

    映 画

     ヒーローたちの集結、ラスボス登場、そして劇場で立ち上がれない人続出の衝撃のラスト!オープニング3日間の興行収入があの『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』を超えて、全米の歴代映画史上No.1の超特大ヒットを記録した『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』。本作の魅力を、マーベル作品が大好きだというクロスフィット・トレーナーのAYAに聞くと、「ものすごくカッコいい!自分に置き換えると“チームワークアウト”という感じ」と大興奮で語り、人生論まで熱弁してもらった。

  • 舘ひろし、渡哲也の言葉「お前には華がある」を信じて駆け抜けた俳優人生

    エンタメ

     ダンディーな刑事役といえば、俳優・舘ひろしの専売特許。ところが、最新主演ドラマ『連続ドラマW 60 誤判対策室』では、ヨレヨレのスーツに無精髭、過去の失態を引きずりながら定年の日を待つベテラン刑事に扮し、これまでのイメージとは真逆のキャラクターに挑んでいる。「この作品はターニングポイントになるかもしれない」と自信をのぞかせる舘が、過酷な撮影を振り返るとともに、自らの人生のターニングポイントについても真摯に語った。 

  • 永井真理子「自信喪失した時期も」11年ぶりの音楽活動再開への思いを語る

    エンタメ

     昨年デビュー30周年を迎えたアーティストの永井真理子。1980年代から90年代にかけて『ミラクル・ガール』や『ZUTTO』など数々のヒット曲を世に送り出した人気歌手として知られるが、結婚や出産、海外移住などを経て、2006年以降、音楽活動を休止していた。そんな彼女が昨年、約11年ぶりに新曲を発表し、スペシャルライブを行うと、多くのファンが詰めかけた。さらに今年も7月に東京・大阪でライブを開催する(東京公演はソールドアウト)。なぜ彼女は音楽活動を再開したのか――率直な胸の内を聞いた。

  • 花江夏樹、声優人生の中で「大きな分岐点」 坂本千夏と『デジモン』秘話明かす

    アニメ・コミック

     「太一がしっくりくるようになって、自信を持って第6章を終えることができました」。『デジモンアドベンチャー tri.』全6章を通して、主人公・八神太一役を演じた花江夏樹が現在の心境を語った。最終章の劇場上映を控え、花江のパートナーデジモン・アグモンを演じた坂本千夏とともに、『デジモン』と歩んだ約2年半を振り返った。

  • 武尊、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』の大迫力にK.O! 最凶の敵・サノスの“男らしさ”に惚れる?!

    映 画

     これまで何度も地球の危機を救ってきた最強ヒーローチーム「アベンジャーズ」が、銀河の生命の半数を滅ぼそうと目論む最凶の敵・サノスと激闘を繰り広げる映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』がオープニング3日間の興行収入で、全米&世界歴代映画史上No.1の超特大ヒット中だ。大迫力の映画体験を与えてくれる本作を、「どんでん返ししまくりです。息をする暇がない」と絶賛するのは、「K-1」3階級王者の武尊。これまでの経験をアベンジャーズに重ね合わせる部分も多かったという武尊に作品の魅力や格闘家としてのメンタリティを語ってもらった。

  • 細谷佳正×山口眞弓『デジモン』と歩んだ2年半 和田光司さんとの思い出語る

    アニメ・コミック

     『デジモンアドベンチャー』15周年を記念して、全6章で製作された『デジモンアドベンチャー tri.』がついに最終章を迎える。初代『デジモンアドベンチャー』シリーズの続編であり、高校生となったヤマトを演じてきた細谷佳正と、前作に続きガブモンを演じた山口眞弓。約2年半に渡り、“パートナー”を組んできた2人に、デジモンとの歩みと、忘れてはならない名曲「Butter‐Fry」を歌った亡き和田光司さんとのエピソードを聞いた。

  • 松本 潤×有村架純『ナラタージュ』行定 勲監督が語る恋愛映画「湿度の高さが重要」

    映 画

     『世界の中心で、愛をさけぶ』『春の雪』『つやのよる ある愛に関わった、女たちの物語』『真夜中の五分前』と、さまざまな愛の姿を綴ってきた行定 勲監督。松本 潤を主演、有村架純をヒロインに、高校教師と元教え子の“許されない恋”を描いた、島本理生の同名小説を映画化した『ナラタージュ』のBlu‐ray&DVDリリースを前に、恋愛、恋愛映画、そして「結果的に、この映画を成立に誘ってくれたのは松本 潤と有村架純だと思う」というキャスティングを振り返った。

  • 金子大地、「奇跡的な作品を残せたら」 俳優としての熱き想いを明かす

    エンタメ

     三浦春馬や佐藤健、吉沢亮など、若手実力派俳優が多数所属するアミューズが開催した「アミューズオーディションフェス2014」にて、「俳優・モデル部門」を受賞したのが、現在目覚ましい活躍を見せる金子大地だ。2015年に本格デビューを果たすと瞬く間に作品を重ね、昨年では映画だけで実に6本も出演と、ブレイク前夜の俳優。2018年の春以降もすでに2本の映画、2本のドラマに出演とパワフルな忙しさ。射抜くように鋭い瞳を持ちながら、語り口はやわらかい金子に、今の心境や、俳優への熱いを聞いた。

  • 夏菜、「アラサーになって前進できた」 異なる作品への挑戦が救いに

    エンタメ

     「『こうしなきゃいけない! ああしなきゃいけない!』という考えがなくなったんです。今はすごく楽しいですね」。NHKの新ドラマ『デイジー・ラック』に出演する女優の夏菜は、自身に訪れた変化を笑顔で明かす。劇中では仕事に邁進するエステティシャンを演じる彼女に、同年代の役柄に対する思いや、NHK連続テレビ小説『純と愛』に出演してからのキャリアについて語ってもらった。

  • 桜井日奈子、初主演映画の役作りに苦労「ワナワナしてしまいました」

    映 画

     2016年から女優活動を始めた桜井日奈子。昨年、ハリウッド映画『トランスフォーマー/最後の騎士王』で、ヒロイン・イザベラの日本語吹き替え版声優を務めた際「より多くの人に“桜井日奈子”という名前を知ってほしい」と語っていたが、最新作映画『ママレード・ボーイ』では、主人公・小石川光希役として初主演を果たし、“名前を知ってもらう”という意味では、大きなチャンスを得た。

  • 山寺宏一「責任は大きい」、世界的人気キャラを演じる重圧と覚悟

    映 画

     『カーディアンズ・オブ・ギャラクシー』チームがついに『アベンジャーズ』に参戦し、戦いの火蓋が切られる映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』。そのガーディアンズチームを率いるリーダー、スター・ロード=ピーター・クイルの吹き替えを担当するのが数多くのキャラクターを演じ分ける人気声優・山寺宏一だ。山寺も「待ちに待った」と語るアベンジャーズへの参戦。演者である山寺も胸躍るという本作の魅力、そして、世界的人気キャラクターを演じることの重圧や覚悟とは?

  • 岡田結実、『スター・ウォーズ』レイは憧れの女性! 笑顔に隠された“葛藤”を明かす

    映 画

     世界中を魅了する「スター・ウォーズ」シリーズの最新作『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』のMovieNEXが、ついに発売となった。そこで、これまで「スター・ウォーズはちゃんと見たことがなかった」というタレントの岡田結実に本作を鑑賞してもらいインタビューを実施。新世代のヒロイン・レイへの共感ポイントを聞いていくと“憧れの女性像”や笑顔に隠された“葛藤”など、18歳の胸の内が明らかになった。

  • 種崎敦美×東山奈央、『リズと青い鳥』は“画面全てから感じ取る作品”

    アニメ・コミック

     京都アニメーションの山田尚子監督を筆頭に、映画『聲の形』のメインスタッフが勢揃いし、少女の儚く、そして強く輝く、美しい一瞬を切り出した『リズと青い鳥』が公開中だ。メインキャラクターである2人の少女、みぞれと希美を演じるのが人気声優の種崎敦美と東山奈央。TVアニメ『響け!ユーフォニアム』から引き続き、同キャラクターを演じる種崎と東山に、劇場版の魅力、そしてみぞれと希美の日常と重なるように思い起こしたという自分たちの学生時代について振り返ってもらった。

  • 速水もこみち、多岐にわたる活躍の源は“一つにこだわらない生き方”

    映 画

     『となりの怪物くん』で約4年ぶりの映画出演を果たした速水もこみち。近年は俳優ばかりではなく、情報番組ZIP! の「MOCO’Sキッチン」や、ドキュメンタリー番組でのナビゲーターなど、幅広いジャンルでの活躍が目立っているが、彼にとって俳優業とはどんな位置づけなのだろうか。

新作ビデオ

  • 【先行配信】ダークタワー
  • 【先行配信】gifted/ギフテッド
  • ジオストーム
  • はんなりギロリの頼子さん
  • 一礼して、キス
  • 【先行配信】カンフー・ヨガ
  • 映画「聲の形」
  • あさひなぐ
  • 【先行配信】シェイプ・オブ・ウォーター
  • 【先行配信】スリー・ビルボード
  • グレイテスト・ショーマン
  • ミックス。

新作コミック

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access