クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

“トイ・ストーリー好き”の久間田琳加、『バズ・ライトイヤー』に感動 「諦めない心って大切! バズに背中を押されました」

映画

提供:ウォルト・ディズニー・ジャパン

  • 『バズ・ライトイヤー』を鑑賞した“トイ・ストーリー好き”の久間田琳加にインタビュー!

     「トイ・ストーリー」で誰よりも仲間思いの“バズ・ライトイヤー”の原点を描くディズニー&ピクサー最新作『バズ・ライトイヤー』が7月1日についに公開となった。「トイ・ストーリー」のバズ・ライトイヤーはアンディ少年のお気に入りのおもちゃで、彼の人生を変えるほど夢中になった大好きな映画の主人公。その映画こそ、『バズ・ライトイヤー』で、アンディ視点で観ると“エモい”と話題の本作。今回、クランクイン!ではモデル・女優の久間田琳加に「バズ」と本作の魅力をたっぷり語ってもらった。

  •  「トイ・ストーリー」で誰よりも仲間思いのバズ・ライトイヤーの、知られざるルーツを描く感動のファンタジー・アドベンチャー。有能なスペース・レンジャーのバズは、自分の力を過信したために、1200人もの乗組員と共に危険な惑星に不時着してしまう。地球に帰還するため、バズは猫型の友だちロボットのソックスと共に不可能なミッションに挑む。その行く手には、ずっと孤独だったバズの人生を変える個性豊かな仲間たちと、思いもよらぬ“敵”が待ち受けていた──

    バズの素敵なところがたくさん見られました

    ――『バズ・ライトイヤー』をご覧になられて、いかがでしたか?

    久間田:家族みんな『トイ・ストーリー』が大好きで、これまでのシリーズもずっと観ていました。中でもバズ・ライトイヤーは私の大好きなキャラクターです。今回はそんなおもちゃのバズのモデルになったスペース・レンジャーのバズが主役の作品なので、ずっと画面に映っていてくれるのが嬉しかったですね。若い頃のバズという感じがしましたが、やはり『トイ・ストーリー』のおもちゃのバズと通じるところがありました。バズの素敵なところがたくさん見られましたし、仲間思いなところも一緒で、すごく感動しました!

    ――逆に、おもちゃのバズの印象と変わった部分はありましたか?

    久間田:『トイ・ストーリー』では、ウッディがバズにツッコミを入れ、そのバズの姿にクスッと笑えるというイメージでした。でも今回の映画のバズはバズ自身がしっかりしていて、周りのキャラクターに面白い要素があると感じましたね。これまで以上に、バズのしっかりしている面が見えたんじゃないかなと思います。

    ――『バズ・ライトイヤー』ではバズ以外にも魅力的なキャラクターがたくさん出てきましたね。気になったキャラクターはいましたか?

    久間田:ソックスです。ぬいぐるみがあったら買いたいと思ったくらい!とても可愛いですよね。最初に出てきたときは「猫のロボットなのか」くらいに思っていたのですが、途中から「あれ? この子は必要不可欠すぎるぞ」と思って、見る目が変わってしまいましたね。なんでもできるのにかわいらしさもあって、すごく引き込まれちゃいました。

  • 失った時間があったからこそ得たもの

    ――本作には「失った時間があったからこそ得たものがある」というメッセージが込められていたかと思います。久間田さんご自身に同じような経験があれば教えてください。

    久間田:仕事を始めてすぐのころは、ずっとクラシックバレエと両立していました。中学2年生のときに、どちらかを選ぶことになり、仕事に気持ちが向いていたのでバレエをやめました。もしバレエを続けていたらどうなっていたのかなと、たまに考えるときがありますね。当時は本気でバレリーナになりたかったので、週6回もレッスンに通っていました。「バレリーナになっていた未来」はある意味、失った時間になるかと思うのですが、今は、その分モデルの仕事で得られた時間があるなと思っています。だからこそ、今回の『バズ・ライトイヤー』では時間のことを考えて、グッときました。

    ――バレエの世界はとても厳しいと思いますが、そこで学んだことはありますか。

    久間田:それこそバズのように、諦めない心を学びました。すごくスパルタなバレエ教室に通っていたので、たまにスランプになって全然踊れなくなってしまうこともありました。何ヵ月も出来ていたことが突然できなくなり、焦ることもありましたが、それでもやめようとは思いませんでしたね。そこで培った「投げ出さない気持ち」は、現在にも生かされていると思います。

    ――なぜその時、やめようと思わずに頑張れたのでしょうか。

    久間田:幼いながらに、できない自分を乗り越えたかったんです。だから家で泣きながらターンの練習をしていたこともありました。『バズ・ライトイヤー』のエピソードは私自身と重なる部分もたくさんありましたね。

    ――本作には仲間の大切さも描かれていました。久間田さんの大切なお友だちとのエピソードがあれば聞かせてください。

    久間田:私がこの仕事をする前から知っていて、お互いに高め合える存在の友だちがいます。その友人が頑張っている姿を見ると、私も頑張らなきゃいけないと思うんですよ。そういう友達から励ましの言葉をもらったときは本当に嬉しいですね。頑張ってよかったなって思います。

    ――映画の中のバズの姿に共感した部分はありますか。

    久間田:周りの環境の変化に気付かず自分の目標だけを追いかけてしまうところは、バズの気持ちがとてもよくわかりました。周りはそんなに気にしていないのに、自分はこれをしないと気が済まないということってよくあると思います。この作品ではそういう人間らしさをバズから感じましたね。私自身もこだわってしまうところがあるので、もっと視野を広げていきたいなと思いました。

    ――なるほど。キャラクターのことを良く観察されているなと感じました。

    久間田:どのキャラクターに対しても、自分を見ているような気持ちになりました。バズになりたいと思ったり、バズが自分そのもののようだと感じたり。モーを見て、自分と似ているなと思うことも。なりたい自分像と等身大の自分との葛藤を見ているような気持ちでしたね。

  • 新しい挑戦にバズが背中を押してくれる

    ――ここで久間田さんのお仕事について聞かせてください。

    久間田:ちょうどファッション誌「non-no」の専属になることが決まり、新しい環境に飛び込んだところです。これまで仕事をしてきた「Seventeen(セブンティーン)」よりも大人な雑誌になったので、今は視野を広げながら色々なことを吸収していきたいですね。あとは、お芝居の仕事も頑張りたいと思っています。実は髪を切ったのも主演映画の役作りのためでした。今回、この作品を観て、改めて諦めない心って大切だなとバズに背中を押された気持ちです。

    ――今後挑戦してみたい役や、出てみたい作品はありますか?

    久間田:私は漫画が大好きなので、漫画原作の作品は嬉しいですね。でも今は色々な現場を経験したいので、様々な役に挑戦してみたいという気持ちです。バズやアリーシャがスペース・レンジャーとして活躍しているのをみて、アクションもやってみたいなと思いました!

    ――最後に、これから『バズ・ライトイヤー』を鑑賞する方に向けておすすめポイントを改めてお願いします!

    久間田:世代によって見方や魅力が変わる作品だと思います。私は今21歳になり、大人への一歩を踏み出したことで新しく感じることが増えています。だからこそ、バズみたいに頼もしい存在になりたいと思うことも。でも私よりもうちょっと若い子からみたら、バズのかっこよくて勇敢な姿にワクワクする映画になるのかなと思いました。特に、私と同世代の子は就職活動真っ最中です。これから社会人になり新たな世界に飛び込む世代なので、その子たちにとっては、すごく背中を押される映画になるのではないかと思います。

  • 映画『バズ・ライトイヤー』は大ヒット上映中。

  •  

©2022 Disney/Pixar.All Rights Reserved.


取材・文:Nana Numoto、クランクイン!編集部/写真:高野広美

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv