広瀬すず&池田エライザ&山本舞香&富田望生 “サニー”仲良し座談会

映 画

広瀬すず&池田エライザ&山本舞香&富田望生 “サニー”仲良し座談会

『モテキ』や『バクマン。』などの大根仁監督による青春音楽映画『SUNNY 強い気持ち・強い愛』。90年代のコギャル文化を過ごした主婦が、当時の仲良しグループ“サニー”のメンバーと再会しようとする姿を描く本作では、主人公たちの高校時代と現在が交錯して描かれる。パワーに満ち溢れていた90年代のコギャルに挑戦した広瀬すず、池田エライザ、山本舞香、富田望生の4人を直撃すると、撮影を通じて本当の仲間になった彼女たちの関係が伝わってきた。

――完成した作品をご覧になった感想を教えてください。

広瀬:隣で一緒に観ていたリリー・フランキーさんが、ずっと笑ってたんです。あんなに試写室で笑ったのは初めてだっておっしゃっていて。それがすごくうれしかったです。あと、(山本と板谷由夏が演じた)芹香は芹香で、(野田美桜と小池栄子が演じた)裕子は裕子で、“サニー”のみんなが、成長しても似てる。すごいなーって。映像の力だけでなく、同じ役を二人で共有してできているのを感じました。あまりない経験なので、面白かったです。

広瀬すず

池田:大人チームの方とお会いする時間は限られていましたけど、出来上がった映画を観ると、みなさんも同じようにこの作品を愛して、お芝居をされていらっしゃったんだなということがすごく伝わってきました。大人チーム、子どもチームあっての『SUNNY』なんだなって。その集大成が出来上がったこの作品なんだということを、すごく誇らしく感じました。

山本:私は台本を読んだ時点では、私たちが演じた90年代と今とがどう組み合わさっていくのか、あまり想像できなかったんです。でも完成した作品を観て、なるほどと。撮り方も違えば、使っているカメラやフィルターも違っていて、純粋にすごいなって思いました。大根監督はやっぱり天才なんだなって。それに、すずが言ったように、一人一人がちゃんと同じ人物としてつながっていました。

広瀬:普通は違和感があるじゃないですか。みなさん、知られている女優さんだし、この人がこの人になるの? みたいに思っちゃいそうだけど、観たら、全然違和感がありませんでした。

山本:私たちが先に撮影して、大人チームの方たちが、私たちのしぐさや口癖をしてくださったんです。だから私たちは自分たちらしくできました。

池田エライザ

池田:もともと似てらっしゃる方もいるし。

山本:梅でしょ! (※大人の梅は渡辺直美が演じた)

富田:あはは(笑)。撮影中、本当に楽しかったです。完成作を観て、すごく面白かった。感動しました! 鼻水ずるずる流しながら、泣いちゃってました。撮影していたときの自分を思い出して、みなさんと輝いている瞬間が収められている! って。本当に感動しました。
 

――本編中に、将来の自分にビデオメッセージを送る場面がありました。あそこは、実際に広瀬さんがカメラを回しながら、みなさんを撮っていたそうですね。

広瀬:そうなんです。映り込まないように部屋にはスタッフさんもいなくて、“サニー”のメンバーだけで撮影しました。未来の自分へのメッセージだけはセリフで決まっていたけれど、あとはもう自由だったんです。

山本:自由にツッコんでました(笑)。

池田:撮影が中盤から後半に入ったくらいのときで、だからできたんだと思います。“サニー”としての絆ができていたから。あそこは、私も奈々として、もうダメだって自然に涙が出ちゃって。

山本:あのとき、奈々が泣くとは(台本には)書いてなかったんだよね。芹香は“涙ぐむ”くらいはあったんだけど、奈々はなかった。

池田:あれはガマンできない。それくらいみんなが愛おしくて。心が動いた。

広瀬:あそこまで完全に撮影を任されたのはうれしかったです。でもそうなると、どうしても自分たちのリアルな距離感とか、性格とか、そういうのも出てくる。ちょっと手こずるかなと思いましたが、全くそういうことはありませんでした。

富田:すんなりだったよね。

広瀬:一発で終わりました。

――そうなんですか!?

広瀬:はい。

富田:自分の素なのか役の素なのか。あの瞬間、カメラに向かって自然にツッコんで、茶々を入れて。それができる状態になっていました。みんなが泣いている姿を見たら、「ちょっと、何泣いてるのって」。

山本:言ってたね。自然に言ってくれてた。

広瀬:実際にみんなの中に生まれたものがあったからこそ、できたシーンだと思います。

――大根監督の演出で記憶に残っていることを教えてください。

山本:1日1シーンしか撮らない監督っていうイメージです(笑)。すごくこだわる。でもだからこそ、観た方に、すごく良かったよってこれだけ言ってもらえる作品になったんだと思います。

山本舞香

広瀬:私は大根監督の『恋の渦』という作品がもともと大好きだったんです。現場で演出を受けてみて、なるほどと思いました。セリフを生きた言葉に消化できる。確かにテンポとか間とか、すごく細かいんですけど、ちょっと(間を)詰めたりするだけで、セリフじゃなくてちゃんと生きた言葉になってくる。前半、奈美が芋っぽい感じだったとき、ほとんどしゃべっていなくて、(ほかのメンバーを)見る専門だったから、みんなの言葉を聞きながら、そう感じていました。

――大根監督からコギャル文化の講義があったとか。

池田:監督と、米ちゃん(伝説のギャル雑誌「egg」創刊に携わった編集者・米原康正氏)からありました。

山本:コギャルって全然分からないし、興味もありませんでした(笑)。とにかくテンションがすごい。喉が痛くなっちゃいました。あのパワーはすごいなって思います。

広瀬:毎日あのエネルギーなのがすごいですよね。楽しそうだし、うらやましい。逆に今はなんでこんなに窮屈になってるんだろうって思う。毎日のいろんな出会いを自分のエネルギーにして、マイナスになることがないっていうか。あの教室の感じとか。すごく好きでした。

池田:あのテンションになるにも理由があるんだということも教えていただきました。社会的な不況だったり、子どもが感じている不安感があって。自分たちがどうにかするしかないと。そうして強くなっていった。すごく腑に落ちました。

富田望生

富田:時代は違うけれど、自分の意思がしっかりしているので、かっこいいんですよね。ぶっとい足とか出しても、なんかかっこいい。

山本:うん、(富田も)かっこよかったよ。

――広瀬さん、代表して最後にひと言お願いします。

広瀬:世代とか男性女性というのも関係なしに、本当に楽しめる作品だと思います。単純に何も考えずに観に来ても、絶対に持ち帰るもの、感じてもらえるものがあると思う。いろんな愛の形、強いつながりを感じて、改めて自分に照らし合わせて考えることができるんじゃないかな。ぜひ観てください。
(取材・文:望月ふみ 写真:高野広美)

『SUNNY 強い気持ち・強い愛』
『SUNNY 強い気持ち・強い愛』

大根仁監督が、日本でも大ヒットした韓国映画『サニー 永遠の仲間たち』を、バブル崩壊後にコギャル文化が生まれた、1990年代の日本に舞台を移した青春音楽映画。専業主婦の奈美(篠原涼子)は、ある日、22年ぶりに高校時代の友達・芹香(板谷由夏)と再会するが、芹香はガンで余命1ヵ月を 宣告されていた。もう一度みんなに会いたいという芹香のために、奈美は当時の仲良しグループ“サニー”のメンバーを捜し始める。音楽を90年代のJポップシーンの生みの親、小室哲哉が担当。

あわせて読みたい

あわせて読みたい

最新ニュース

新作ビデオ

  • 君の名前で僕を呼んで
  • 【先行配信】ゲティ家の身代金
  • SUPERNATURAL 最恐ホラー13選
  • ぼくの名前はズッキーニ
  • アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー
  • HOMELAND/ホームランド<セブンス・シーズン>
  • ヴァレリアン 千の惑星の救世主
  • ダンガル きっと、つよくなる
  • ディープ・ブルー2
  • アンロック/陰謀のコード
  • 犯罪都市
  • トレイン・ミッション

新作コミック

ビデオ人気ランキング

コミック人気ランキング

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access