【特集】『遠藤憲一と宮藤官九郎の勉強させていただきます』遠藤憲一&宮藤官九郎ロングインタビュー

エンタメ

勉強させていただきます-インタビュー

第一線で活躍し続ける俳優・遠藤憲一と独自の世界観で物語を生み出す宮藤官九郎が、WOWOWオリジナルドラマの初主演と初脚本を飾った、連続ドラマ『遠藤憲一と宮藤官九郎の勉強させていただきます』がWOWOWプライムにて11月12日(月)よりスタート。「同じ物語の同じ役を、違う役者が演じたらどう変わるのか?」を出発点に、遠藤が本人役を演じ、各話ゲストの“名俳優たちの役作り”を目の当たりにし、勉強していく。毎話、通常のサスペンスドラマが描かれるテイク1と、ゲスト俳優が個性を爆発させるテイク2。前代未聞のワンシチュエーションコメディを撮り終えた遠藤と宮藤が、互いの印象や本作の魅力を語り尽くす。

<あらすじ>
遠藤憲一が刑事・諸井情を演じる、サスペンスドラマの撮影現場。撮影は滞りなく終わったかと思いきや、トラブルが発生して撮り直しすることに。しかしすでに共演者は現場におらず、遠藤はたまたま近くの現場にいた名俳優たちに急遽出演をオファーするのだが…。主演・遠藤憲一、脚本・宮藤官九郎で、全7話のゲストに小栗旬、仲里依紗、加藤諒(仲と同一回)、高畑淳子、野村周平、水野美紀、高嶋政伸、桃井かおりが出演する。


――遠藤さん、宮藤さん、それぞれお互いに、どんな印象を持たれていましたか?

宮藤:共演したことありますよね。

遠藤:堤幸彦監督の『大帝の剣』のときだね。俺、あのときは特殊メイクで。

宮藤:そうです。特殊メイクのために早く入られているので、僕が行くともう出来上がっていた。だからあのときの特殊メイクの印象が強いです(笑)。そのビジュアルで世間話をちゃんとしてくださって。この人、すごいなって思いました。それから僕が書いた『土竜の唄』などでも、どんなバカなことを書いても真っ向から全力でやってくださると感じていました。今回は受けのお芝居ですが、どんなゲストが来て何をやっても、遠藤さんなら受けてくれるだろうと思いました。

遠藤:宮藤さんといったら、やっぱり脚本の面白さ。会ってみるとすごく腰の低い方なんですけど、書きだすとすんごいぶっ飛んだものを書いたり、アイデアが出てくる。今回の脚本もそうですけどね。頭の中、どうなっちゃってるんだろうって、すごく思います(笑)。

――今回は主演と脚本家としてのタッグですね。

遠藤:すごく嬉しかったですね。どんなことになっていくんだろうと。そして脚本の段階でゲラゲラ笑いました。原型がおもしろいからこそ、これを落としちゃいけないというプレッシャーにはなりましたけどね。現場では吹かないようにするのが大変でした。俺はもともとゲラなのに、セリフが音になると余計におかしいから。かなりノックアウトされました。でもそれでいい作品なのかなって。

――脚本にはなかなかすごい表現もありました。遠藤さんを「便器のような顔」とか(笑)。

宮藤:そ、それは違いますよ! あれは高畑(淳子)さんが口の悪い上司っていう設定だったから。

遠藤:水野(美紀)さんのときじゃなかった?

宮藤:あ、そうか。酔っ払っちゃって口走るっていう。テイク1のほうは甘いセリフで、テイク2は逆に、水野さんの毒舌というキャラクターに当て書きしただけで、便器みたいな顔という当て書きではないですよ!

遠藤:ハハハ。なんか「野良犬のような」っていうのも出てくるんだけど、それは自分でも思ってたの。頬のこけ方とか、似てるなって。だからそういう風に思われてるんだなって。

宮藤:いやいやいや(苦笑)。
 

 

――遠藤さんは主人公の諸井情だけでなく、本人役としても登場します。不思議なスタンスの役ですね。 諸井情役を演じられていかがでしたか?

遠藤:勉強になりましたよ。受けの芝居だし。とにかくフラットに。来るものをちゃんと聞いて感じる。ほかの現場でもなんかちょっと変わり始めてるんだよね。自分にしか分からない感覚だけど。でもこの作品の影響だと思うんです。

宮藤:へ~。

遠藤:これまでは受けの芝居だとしても、来たものには返すというか。来たものには噛んでいく感じがあった。それが今回は受けっぱなし。難しかったけれど、すごく楽しかったし、勉強になりましたね。自分にとっての新しい領域。まだ伸びしろがあったんだなって。

――これはすごく大変だったといった回はありましたか?

遠藤:すごくビックリしたのは桃井かおりさんが出てくれたとき。桃井さんってすっごく工夫するんですよ。アイデアをガンガン膨らませて、どんどん変化させていく人なので、たぶん脚本は覚えてこないなって思ってたんです。だから僕もいつもより、そこそこくらいの感じにして行ったら、一字一句違わないんです。もう俺、焦っちゃって。

宮藤:アハハハ。

遠藤:たぶん桃井さんは、1周回っちゃったんだと思うんだよね。もっと面白くするにはどうすればいいんだろうって色々考えて、こうしたほうがいいああしたほうがいいって。それで結局、一周回って、このままでいいってなったんじゃないかな。きっと。

宮藤:撮影に来られたときに、そのままやったほうがいいと思ったとおっしゃってましたね。モニターで見ていたら、このセリフ、もう1回やらせてくださいと言って、ひとつのセリフがうまくいかないだけで、また頭からやられるんですよ。すごいなってビックリしました。あと、すごいと思ったのは遠藤さんのテイク1です。

――まっとうなサスペンスドラマのほうですね。

宮藤:たとえば第1話のテイク1で牢屋の向こうにいる相手を説得するときに、本当に真剣に、涙を流しながら演じられていて。「これはヤバい、テイク2が想像できない」と。そしたらテイク2も本気でやってるからホントすごいなって。あと、僕自身、テイク1のようなストレートな犯罪ものを書いたのはそもそも初めてですし、勉強になりましたね。

――テイク1はきちんとした続き物ですし、犯人が気になりました。

宮藤:テイク2の人たちをおもしろく見せるための筋を考えたあとに、じゃあ、テイク1どうしましょうって感じで、完全に後から考えてるんですけどね。

――最初にテイク1全体のストーリーを書いてしまっているわけではないんですか?

宮藤:違います。テイク2の打ち合わせで、今回はゲストが誰で、こういう設定でいきます、と決まってから「で、テイク1はどうしましょう」と。たとえば野村(周平)くんが出た4話は、最後にBARを出せば水野さんが酔っ払う5話に繋がるなとか。4話自体は、単純に野村くんに話が通じない若者をやってほしいというだけのアイデアなので。だから逆にテイク1には真面目ないい子を登場させるという。ゲストが決まってから、この人のどういうところを見たいかという話をして、じゃあ、こういう話にしていきましょうと毎回考えていった感じです。

――そうなんですね。ちなみに遠藤さんは、各話のゲストのみなさんと共演歴がありますが、遠藤さん役として、ゲストにテイク2の出演オファーをする「久しぶり!」という再会のシーンは、アドリブなんでしょうか。

遠藤:あそこは全部アドリブです。基本、ゲストの人にしゃべってもらったほうがいいと思って、最近はどうです?と振って、話してもらっています。

――遠藤さんにはバイプレイヤーというイメージが強いですが、今回は主演です。

遠藤:そこは意識してないですね。ただ宮藤さんの脚本でがっつりやれたのは初めてなので、呼ばれたときにはすごく驚きましたけど、とにかく初回を見てもらえれば、ハマってもらえるんじゃないかな。

宮藤:1回1回の面白さもありつつ、連ドラの面白さもあるので、ぜひ1話から続けて見ていただきたいですね。コンプライアンス的に、企画自体、地上波では通らなかった内容になってます(笑)。

取材・文:望月ふみ/写真:高野広美
ヘアメイク:南里真衣
遠藤憲一スタイリスト:伊藤美恵子
宮藤官九郎スタイリスト:ChiyO(CORAZON)

あわせて読みたい

あわせて読みたい

最新ニュース

新作ビデオ

  • ワンダー 君は太陽
  • 【先行1年レンタル】ミッション:インポッシブル/フォールアウト
  • 【先行3年レンタル】インクレディブル・ファミリー
  • のみとり侍
  • アメリカン・アサシン
  • ウエストワールド<セカンド・シーズン>
  • となりの怪物くん
  • モリーズ・ゲーム
  • 【先行配信】バトル・オブ・ザ・セクシーズ
  • いぬやしき
  • 女は二度決断する
  • 孤狼の血

新作コミック

ビデオ人気ランキング

コミック人気ランキング

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access