【インタビュー】中尾明慶、『バンブルビー』を大絶賛! これはバンブルビーと少女のラブストーリーだ

映画

提供:東和ピクチャーズ

バンブルビー

 2007年公開のシリーズ第1作から全作鑑賞しており、家族そろって「トランスフォーマー」シリーズの大ファンだという俳優の中尾明慶さんが、3月22日(金)から公開されるシリーズ最新作『バンブルビー』を一足早く鑑賞! 家族でトランスフォーマーの大ファンだという中尾さん。鑑賞直後、クランクイン!が直撃すると「本当に最高でした! 家族ともう1回観たいです」と太鼓判を押し、『バンブルビー』や「トランスフォーマー」シリーズの魅力について熱く語ってくれた。

(取材・文:清水久美子/写真:中村好伸)

バンブルビー

 世界中で大ヒットを記録している「トランスフォーマー」シリーズの1作目から登場している黄色のボディが特徴の大人気キャラ、バンブルビー。本作では、これまで語られることのなかったバンブルビーの地球到来の秘密が描かれる。孤独な少女チャーリー(ヘイリー・スタインフェルド)と出会ったドジで優しいバンブルビーが、彼女との友情を育みながら、予測不能の事態に立ち向かっていく。

僕が大好きな1作目の世界観に戻ったみたい

バンブルビー

 ――中尾さんが「トランスフォーマー」シリーズを好きになったきっかけは?

 僕は車が好きなので、最初は“車の映画”だと思って観に行きました。そうしたら、ストーリーがとにかく面白くて、笑えるところもたくさんあって大好きになりました。車がロボットに変形して、それが地球外生命体だというのは非現実的な話ですけど、ストーリーがよくできているのが印象的でした。

――今回の『バンブルビー』はいかがでしたか?

 とにかくバンブルビーがかっこよかった。良い意味で裏切られましたね。今回のバンブルビーは丸味を帯びたデザインで可愛らしいなあという印象を持っていましたが、あんなにも勇ましく頼れる姿を見せてくれるとは思いませんでした。ギャップ萌えでバンブルビーのファンが増えるんじゃないでしょうか(笑)。

バンブルビー

 あと、音楽の使い方もオシャレでしたね。1980年代の音楽が中心で「僕が生まれる前かな?」というナンバーでしたが作品の世界観にすごくマッチしていました。楽曲を知っている方や30代~50代の方からすると嬉しいチョイスがところどころにあって懐かしんで楽しめると思います。

 僕は、シリーズの中では1作目が一番好きなんですが、『バンブルビー』は1作目のシンプルな世界観に戻ったようで、非常に楽しめました。女の子が主人公なのは初ですよね。僕は彼女とバンブルビーのラブストーリーだと感じたんです。いわゆる恋というわけじゃないけれど、一人で地球に来たバンブルビーと、家族と複雑な状況で一人ぼっちのチャーリーは似た者同士。その二人が絆を結ぶ様子にグッと来るんですね。新しいトランスフォーマーだと思いました。

バンブルビー

 「トランスフォーマー」シリーズを観たことがない人でも、ひとつのストーリーとして楽しめますし、本作を観た後にシリーズを1から観始めるのもいいですよね。

――特に好きなシーンはどこですか?

 チャーリーが「バンブルビー(かわいい蜂)」という名前を付けるところですね。二人の間に信頼関係が生まれる瞬間で、大好きなシーンです。引きのカメラワークで「二人の世界」を見せるところがすごく良かった。相手はロボットなのに「お互いが信頼し合った瞬間」、「本当に友達ができた瞬間」が自然と見えてしまう。巧みな演出に驚かされました。

――バンブルビーの誕生秘話が描かれている点についてはいかがでしょう?

 まさかそこを映画にするなんて!と驚きました。冒頭で、バンブルビーが普通に喋っていますからね。地球に来ることになる経緯とか、今まで話には出てきたことだけど、その後を知っているからこそ、「ああ、そういうことか」と感慨深かったです。喋れなくなる原因も、「このタイミングだったんだ!」と知ることができて、シリーズのファンには見どころだらけですよ。

 

――本作を含め、中尾さんが思う「トランスフォーマー」シリーズの魅力を教えていただけますか?

 人間がヒーローに助けられる物語は結構ありますが、このシリーズは人間もヒーローであるトランスフォーマーたちを助けるんですね。バンブルビーも含めて、彼らは結構ピンチになる場面が多いので。人間と信頼関係を築いて、お互いに助け合いながら、地球という星を守るというところが一番の魅力だと思います。あとはもちろん、車が変形するのは最高ですけどね。

バンブルビー

家族揃って『バンブルビー』を見たい

バンブルビー

――中尾さんのご家族も「トランスフォーマー」シリーズがお好きだそうですね。

 そうなんです!家族でロサンゼルスのユニバーサル・スタジオに行った時、妻と息子は『トランスフォーマー』のアトラクションに5回も乗ってました。僕は2回くらいで酔っちゃったけど(笑)。

――今日はトランスフォーマーのおもちゃを持ってきていただきましたが、これは普段実際に息子さんが遊んでいるものですか?

 そうです。僕が「バンブルビーに会いに行ってくるよ!」と話したら、息子が用意してくれたんです。「バンブルビーだけでいいよ」と言ったんですけど、「一応持っていった方がいいよ」とオプティマスとハウンドもチョイスしてくれました。トランスフォーマーの玩具は世界中どこに行っても見つかるから、息子へのお土産選びはいつも楽です。トランスフォーマーなら、息子は喜んでくれるので。

バンブルビー

(※実際に中尾さんにお持ちいただいた私物)

――中尾さんも一緒におもちゃで遊びますか?

 遊びます。昨日もお風呂でトランスフォーマーごっこをしました。息子はオプティマス役をやると言うので、「じゃあ、パパはバンブルビーね」と言ったら、ダメって言うんです。自分が戦って倒すから、大好きなバンブルビーは倒したくないと。だから、僕は敵役のメガトロンを延々とやりました(笑)。

――ご家族で「トランスフォーマー」シリーズの映画も見ていますか?

 DVDで全作一緒に見ています。これまで息子は年齢的に映画館は難しかったのですが、『バンブルビー』から一緒に見に行こうと思っています。

――ご家族もバンブルビーがお気に入りキャラクターだそうですね。

 そうなんです。今回の映画を見たら、妻は「うちの車もビートルに変えよう」って言い出すかもしれないです(笑)。

バンブルビー

――ありがとうございます。それでは最後に、『バンブルビー』のお薦めコメントをお願いしたいのですが、シリーズを観たことがない女性や子供たちにも「ここを観てほしい!」というポイントを教えていただけますか。

 バンブルビーをはじめ「トランスフォーマー」の登場人物たちは、どんな危機に瀕しても絶対に諦めないんです。なので、見ると「明日も頑張るぞ!」と元気が出てきます。今回は、主人公が女の子ですし、僕がラブストーリーだと感じた瞬間がたくさんあるので、特に女性は見やすい気がします。子供たちは、かわいいバンブルビーの変形シーンやアクションシーンに大興奮で喜ぶと思います。是非、家族みんなで楽しんで観てください!


バンブルビー

A賞:
中尾明慶さんサイン入りクリアファイル 5名様

バンブルビー

B賞:
ルービックキューブ付キーホルダー 3名様

バンブルビー

C賞:
カセットテープ型スピーカー 2名様

バンブルビー

3月22日(金)全国公開、映画『バンブルビー』のオリジナルグッズをプレゼントします!応募は、クランクイン!のTwitterアカウント(@crank_in_net)をフォローして、応募用ツイートをリツイートするだけ!奮ってご応募ください。

《応募方法》


1.クランクイン!のTwitterアカウント(@crank_in_net)をフォローする
2.下記の「応募用ツイート」をリツイートする
3.応募完了!

※当選者には、クランクイン!のTwitterアカウント(@crank_in_net)からダイレクトメッセージ(DM)にてご連絡いたします。

※当選連絡後、商品は順次発送いたします。

応募締切:2019年3月25日(月)12:00
当選連絡:2019年3月26日(火)以降

A賞: 中尾明慶さんサイン入りクリアファイル 5名様
↓ この投稿をリツートで応募 ↓

B賞: ルービックキューブ付キーホルダー 3名様
↓ この投稿をリツートで応募 ↓

C賞: カセットテープ型スピーカー 2名様
↓ この投稿をリツートで応募 ↓


(C)2018 Paramount Pictures. All Rights Reserved. HASBRO, TRANSFORMERS,
and all related characters are trademarks of Hasbro.(C)2018 Hasbro. All Rights Reserved.

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access