【現地取材】映画『僕に、会いたかった』のロケ地・隠岐島を巡る! TAKAHIROらキャストが登壇した上映会にも密着

映画

提供:LDH PICTURES

映画『僕に、会いたかった』

 EXILEのTAKAHIROが5月10日(金)公開の『僕に、会いたかった』で、初の映画単独主演を果たした。島根県隠岐島の壮大な自然を背景に、記憶を失くした男のドラマを描く本作。クランクイン!では、キャスト陣がサプライズ登壇したロケ地・隠岐島での上映会に密着するとともに、撮影スポットを探訪。キャスト陣も魅了した雄大な自然、島の人々の温かさに触れた。

(取材・文:成田おり枝/写真:高野広美)

監督も絶賛! TAKAHIROが見せる新境地に注目

映画『僕に、会いたかった』

 本作は、TAKAHIROが、記憶をなくした男・徹を演じ、家族の絆と再生を描く人間ドラマ。徹は凄腕の漁師だったが、12年前に漁をしている最中に事故に遭い、すべての記憶を失ってしまった。事故後は漁に出ることなく、失った記憶に怯えながら日々を生きていた。過去を振り返ることも、未来へ動き出すこともできないでいた徹だが、母・信子(松坂慶子)をはじめ、周囲の人々の優しさや、島の雄大な自然に囲まれながら、自分自身を見つけていこうとする。

 いつもはキラキラとしたステージで華やかなオーラを放っているTAKAHIROが、無精髭を生やした漁師役で、新境地を切り開いている。その変身ぶりは驚くほどだが、静かな佇まいの中に葛藤を抱えた男を見事に体現。とりわけ徹を見守る母役の松坂とは、“母と息子”としての自然なやり取りを見せており、錦織良成監督も「とてもステキな親子を演じていただけた」と大満足の表情。TAKAHIROについて錦織監督は「感受性が豊か。俳優としてもこれからが楽しみ」と絶賛しており、TAKAHIRO自身も「ターニングポイント」と話すなど、彼の俳優としての新たな第一歩としても見逃せない1作となっている。

映画『僕に、会いたかった』

 また撮影地のひとつである県立隠岐島前高校は、都市部で生まれ育った子どもたちが、高校3年間を島で暮らしながら学ぶことのできる制度“島留学”を実施しており、劇中では徹のドラマとリンクするように、将来に悩む高校生たちの友情も映し出される。高校生役を山口まゆ、板垣瑞生らフレッシュな若手が演じており、TAKAHIROの新境地、松坂の名演とともに、次世代を担うキャスト陣の演技にも注目だ。

映画『僕に、会いたかった』

隠岐島で行われたサプライズ上映会に密着

映画『僕に、会いたかった』

 4月9日、撮影地のひとつである県立隠岐島前高校では桜が満開の中、入学式が行われていた。この日は錦織監督が来校して本作の上映会が行われることになっていたが、「撮影に協力してくれた島の人々に感謝を伝えたい」との思いから、TAKAHIRO、松坂慶子、秋山真太郎もサプライズで舞台挨拶に登場。

 隠岐島には映画館がないため貴重な上映会となり、さらにはキャスト陣が目の前に現れたとあって、会場は大興奮。黄色い歓声が飛び交う中、TAKAHIROは「撮影をさせていただいたこの場所に戻って来られて、うれしい。クランクインはこの学校だったんです。思い出深い場所」と話して、拍手を浴びていた。松坂は「今日は入学式とのことで、おめでとうございます。ステキな年を過ごしてくださいね」と生徒たちに温かいメッセージを贈り、「撮影をしている時から、島のみなさんに観ていただけるといいなと思っていました。上映会が叶ってうれしい」と、登壇者みんなで声を揃えていた。

映画『僕に、会いたかった』

 秋山が演じたのは、隠岐島前高校の先生役。「教室のシーンもふんだんに出てきます。島留学は素晴らしいシステム」と秋山が話すと、TAKAHIROは「僕は、運動場の鉄棒を使って筋トレしていた。寮の食堂でカレーも食べた」と漁師役の体作りにも校内の施設を利用していたそうで、これには生徒たちも「ヤバい!」と驚愕。「島で約1ヵ月、生活をしながら、撮影をすることができた。だからこそ溶け込めた」と土地の空気を吸い込むことで、島の漁師としての役作りができたことを明かしていた。

映画『僕に、会いたかった』

 また、TAKAHIROが「松坂さんは、撮影の合間にも島中を歩かれていた。僕が撮影場所の移動をしていたら、ひとりでお散歩している松坂さんをお見かけして。びっくりしました!」と撮影時のエピソードを語ると、「世界とのつながりや、神秘的なものも感じられる場所。島の方も優しくて穏やかな方ばかり」と松坂も撮影時を懐かしんでいた。4人の和気あいあいとしたトークは止まらず、生徒たちからの質問に答えるひと幕も。会場からはたくさんの笑顔があふれ、最高の入学祝いになった様子だ。

映画『僕に、会いたかった』

キャストも感動した美しい景色! 隠岐島のロケ地を巡る

映画『僕に、会いたかった』

 撮影は2018年3月より、島根県、隠岐諸島の島前で敢行された。映画冒頭から、崖に囲まれた美しい島の映像を捉えており、圧巻の風景に息をのむ。TAKAHIROは「景色や海の透明度はもちろん、島民の方々の温かさも島の魅力」、松坂も「隠岐島は歴史が深く、イマジネーションを掻き立ててくれる場所。神秘の島」と惚れ込む。その言葉に惹かれ、撮影地をまわってみた。

映画『僕に、会いたかった』

 徹が働いている漁港シーンは、西ノ島町の浦郷港で撮影。撮影の合間にTAKAHIROは、漁港の人々と釣りを楽しんでいたそうで、釣りや魚の話で大いに盛り上がっていたという。釣り糸を垂らすシーンでは、TAKAHIROがすぐに魚を釣り上げてしまったというエピソードもあり、その腕前にも注目だ。漁港の向かいには、町の人々が集まる「あすか食堂」が。ここは実際に食堂として営まれている場所で、食堂のお母さんも映画にエキストラ出演している。「TAKAHIROさんはいつも笑顔で手を振ってくれて。ものすごくいい方」とお母さん。地元の方の多くが、TAKAHIROの気さくな一面を目撃していた。

映画『僕に、会いたかった』

※食堂の外観

映画『僕に、会いたかった』

※釣りのシーンの撮影場所

 徹が交流を持つこととなる高校生たちの学生生活シーンは、県立隠岐島前高校で撮影を実施。県立隠岐島前高校では“島留学”制度を利用して、日本全国・海外から生徒が集まっており、お祭りや清掃活動など地域に密着した活動に取り組みながら、勉学に励んでいる。

映画『僕に、会いたかった』

※島根県立隠岐島前高等学校

 在校生の約半数が県外からの生徒とのことで、お互いに刺激を受けることも多いとか。入学式を迎えた1年生に話を聞いてみると「ここでしかできない経験ができると思って、島留学を決めた」「生徒が主体となって企画するカリキュラムが魅力」と新たな価値観に触れることを楽しみにしてきたという。彼らの溌剌とした表情も印象的だったが、生徒役を演じた若手キャスト陣も島での撮影を笑顔で乗り切った。

映画『僕に、会いたかった』

※隠岐島前高等学校の生徒の皆さん

 泊り込んでの撮影では、宿の近くにあるレストラン「コンセーユ」で食事をすることも多かったそう。一番人気のメニューは「サザエ丼」。厨房に入って後片付けを手伝うなど、生徒役キャストもすっかり島に溶け込んでいたという。

映画『僕に、会いたかった』

※サザエ丼

 絶景ポイントとしてオススメしたいのが、西ノ島町の摩天崖。徹の過去にまつわる重要なシーンも撮影された場所だが、見渡す限りの海、険しい断崖など、頂上からの眺めは圧巻の美しさ。また一帯には牛馬が放牧されており、至近距離での出会いに興奮必至!牛馬が自由に駆け回ったり、のんびりと草を食む様子に癒されること間違いなしだ。ぜひ一度、訪れてみてほしい。

映画『僕に、会いたかった』

映画『僕に、会いたかった』は、5月10日(金)全国公開。

(C)2019「僕に、会いたかった」製作委員会

■関連ニュース

初の映画単独主演を務めたTAKAHIROを監督が絶賛!「相当器用で、感受性が豊か」

TAKAHIRO、松坂慶子の温かさに触れて涙腺崩壊 『僕に、会いたかった』親子役の感想を告白

“釣り好き”TAKAHIROが腕前を披露 『僕に、会いたかった』本編映像解禁

TAKAHIRO、ロケ地の高校にサプライズ登場! 男子生徒からも「かっこいい!」

TAKAHIRO、「予想だにつかない」ギャップで会場魅了 寡黙な役で映画単独初主演

TAKAHIROの涙の理由は… 『僕に、会いたかった』ポスター&予告到着


あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access