クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック

【インタビュー(後編)】「個性や自分らしさを大切に」 アーティスト清川あさみが『ダンボ』で感じたこととは?

映画

提供:ウォルト・ディズニー・ジャパン

『ダンボ』

 世代を超えて愛されるディズニーの大人気キャラクターを、鬼才ティム・バートン監督がオリジナル脚本で実写映画化した『ダンボ』。本作のMovieNEX発売を記念し、クランクイン!では、写真に刺繍を施した色彩豊かな作品で知られ、「ティム・バートン監督作品の大ファン」というアーティストの清川あさみを直撃。バートン監督の描く世界観と共鳴する、自身の創作活動への思いや、「ティム・バートン作品の中で、『ダンボ』が一番好きな作品になりました」という本作に対する愛情が明らかになったインタビューを、前後編でお届けする。

(取材・文:成田おり枝/写真:高野広美)

 “大きすぎる耳”を持つ子象のダンボが、引き離された母親に再び会うために、サーカス団の家族の力を借りて新たな一歩を踏み出す姿を描く『ダンボ』。自分のため、母に会うため、大事な仲間を救うために勇気を振り絞るダンボの姿が胸に迫るファンタジー・アドベンチャーだ。

『ダンボ』

ティム・バートンと清川あさみ 世界観の共通点

―― 『ダンボ』は、“家族の絆”が大きなテーマの作品です。清川さんも2人のお子さんを持つ母親として、グッとくる部分も多かったでしょうか。

清川:うちの子は2歳と0歳なんですが、それぞれ0歳児の頃からすでに個性を持っているんですよね。今回『ダンボ』を上の子と一緒に観たんですが、ダンボとお母さんのやり取りに感動したりと、きちんと内容がわかったりしていて。子供って、親が思っている以上に大人だし、個性を持っているもの。今は彼らの個性を発見するのが面白いし、ものすごくクリエイティブなので、こちらが焦ってしまうくらいです(笑)。ダンボには“大きすぎる耳”という、一見欠点にも思える特徴がありますが、その耳を使って空を飛ぶことができる。そんなダンボを見て改めて、子供たちには“個性や自分らしさを大切にしてほしい”と感じました。子供たちが好きなもの、可能性を見つけるためにたくさん選択肢を用意することが、私にできることかなと思っています。

『ダンボ』

―― 子育ての面でも個性を大切にされているのですね。『ダンボ』で描かれている家族像やキャラクターはいかがでしたか?

清川:例えば、ホルトは腕や妻を失っていますが、ダンボと出会ったことで、子どもたちと一緒に普遍的な幸せに早く気付くことが出来て良かったと思います。登場人物は、みんな共感できましたね。思えば、うちの長男は長女役のミリーに似ているかもしれません。科学が好きで、とても優しいんです。

―― ティム・バートン作品の大ファンでもある清川さんですが、ご自身の作品もたくさんの人々を魅了していますね。

清川:ティムが作る世界と私の創作活動は、根っこの部分がすごく近い気がしています。ティムの作品は登場人物の欠点やコンプレックスを映し出しながらも、希望や救いが浮かび上がってきます。私自身、コンプレックスを美しく、プラスの力として表現したいと感じています。それが誰かの勇気につながったらいいなという思いで創作活動をしているので、とても似ているなと。影の部分を影のまま、放っておけないんですよね。対象者を見つめるときの、“必ずそれぞれのいいところがあるはず。それを見つけたい”という姿勢は、きっとティムと通じるものがあると思います。だからこそ彼の作品が大好きなんです。

『ダンボ』

―― 最後に、例えば『ダンボ』MovieNEXをプレゼントするなら、どんな人に、どんなシチュエーションで渡したいですか?

清川:すごくこだわってしまいそう(笑)! 「この人なら、こういうのが好きそうだな」と考えながら本やDVDをプレゼントするのが、大好きなんです。やっぱり『ダンボ』は、お子さんをお持ちのお母さんに贈りたいですね。ラッピングとかもサーカスのモチーフをメインにしつつ、ダンボがスターとして輝いて見えるようなアレンジをしたいです。作品を見ると、“自分は自分でいいんだ”というメッセージが、必ず見つかるはず。勇気が湧いてくるし、個性や自分を認めることの大切さに気づかせてくれる作品なので、ぜひご家族、お子さんと楽しんでほしいです。

『ダンボ』

商品情報

『ダンボ』
MovieNEX(4,200円+税)、4K UHD MovieNEX(8,000円+税)発売中
デジタル配信中

『ダンボ』

クランクイン!編集部は「4K UHD MovieNEX」をオススメ!

 現在好評発売中の『ダンボ 4K UHD MovieNEX』。解像度、輝度、色域の3要素が従来のものを遥かに超えた4K UHDでは、“映像の魔術師”と言われるティム・バートン監督のこだわりをより一層、堪能することができる。

 まず驚かされたのは、その奥行きの深さ。カラフルな衣裳のサーカス団員たちが登場するオープニングから、ぐいぐいとバートン監督の世界に引き込まれる。きらめくビーズやフリルなど衣裳の細かいところまで確認できるため、約500人分の衣裳を作ったといわれるアカデミー賞常連の衣裳デザイナー、コリーン・アトウッドが手掛けた渾身のコスチュームの素晴らしさもたっぷりと楽しめる。

 夜やサーカスのテント内など暗いシーンもあるが、4K UHDならばそういった場面でもキャラクターの動きをはっきりと目にすることができる。ダンボと母親が月明かりのもとで鼻と鼻をこすり合わせるシーンでは、その鼻の動き、目の表情もよくわかり、愛情を交わす彼らの体温まで伝わってくるようだ。

 また、ダンボが夜空を飛ぶシーンのリアルさにも目を見張る。光と影のコントラストもはっきりと引き立ち、バートン監督の“光の当て方”に対するこだわりを実感。色彩、光と影の見せ方を作品に活かすバートン監督だからこそ、4K UHDのよさがより際立つように感じた。

 ディズニーからは今後も4K UHDが続々登場するというから、大いに楽しみだ。

『ダンボ』MovieNEX 発売記念 オリジナルグッズをプレゼント!

 映画『ダンボ』のMovieNEX発売を記念して、『ダンボ』のオリジナルトランプを5名様にプレゼントします! 応募は、クランクイン!のTwitterアカウント(@crank_in_net)をフォローして、下記の応募用ツイートをリツイートするだけ! 奮ってご応募ください。

『ダンボ』オリジナルトランプ

※画像はイメージです。実際のデザインとは異なる場合があります。

《応募方法》

応募受付は終了いたしました。 たくさんのご応募ありがとうございました。


1.クランクイン!のTwitterアカウント(@crank_in_net)をフォローする
2.下記の「応募用ツイート」をリツイートする
3.応募完了!

※当選者には、クランクイン!のTwitterアカウント(@crank_in_net)からダイレクトメッセージ(DM)にてご連絡いたします。

※当選連絡後、商品は順次発送いたします。

応募締切:2019年8月21日(水)23:59
当選連絡:2019年8月22日(木)以降

『ダンボ』オリジナルトランプ 5名様
↓ この投稿をリツートで応募 ↓

(C)2019 Disney


あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access