クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

花江夏樹、入野自由、武内駿輔… 2021年も要注目の人気声優が「ディズニープラス」に集結!

映画

提供:ディズニープラス

  • 人気声優が日本語吹替えを務める「ディズニープラス」独占配信作品 (C)2020 Disney

     『鬼滅の刃』の竈門炭治郎役で誰もが知る人気声優となった花江夏樹をはじめ、ディズニー公式動画サービス「Disney+(ディズニープラス)」には、今、最注目の人気声優たちが吹替えを担当する作品が続々と登場している。そこで今回、クランクイン!では、大人から子どもまで楽しめる、人気声優出演作品をピックアップ! 年末年始のおうち時間にもおすすめの作品ばかりなので、早速紹介していきたい。

  • 花江夏樹がダークヒーロー役に挑戦!

     まず、紹介したいのは、今年8月に「ディズニープラス」で独占配信スタートとなった『アルテミスと妖精の身代金』だ。この作品は、世界的なベストセラー小説を壮大な世界観で映画化したファンタジーアドベンチャー作品で、代々続くファウル家の末裔である12歳の天才少年アルテミス・ファウルが、誘拐された父親を救おうと奮闘する。


    『アルテミスと妖精の身代金』ディズニープラスで独占配信中 (C)2020 Disney

     これまでのディズニー作品のヒーロー像とは一味違う、ダークヒーロー的な要素を感じさせる主人公が、妖精たちと頭脳戦を繰り広げるというスリル感たっぷりのストーリーが見どころの本作。エルフやノーム、ゴブリン、ドワーフといった妖精界の種族たちが登場し、その力を存分に見せてくれるのも魅力のひとつになっている。そんな本作で、主人公・アルテミスの吹替えを担当するのが、人気、実力ともにトップクラスの花江夏樹だ。

     花江は、2011年に声優デビューすると、『東京喰種トーキョーグール』の金木研役や『四月は君の嘘』の有馬公生役などでイッキにブレイク。2020年10月まで、子ども向けバラエティ番組『おはスタ』(テレビ東京系)でMCを担当しており、『おはスタ』で知ったという人も多いだろう。

     『アルテミスと妖精の身代金』への出演について、花江は「大好きなディズニー映画の、それも主人公という大役を頂き光栄でした」とコメント。子どもでも大人でもない、12歳のダークヒーローという難しい役どころだが、知性と勇気にあふれ、意志の強さを感じさせるアルテミスのキャラクターを見事に際立たせている。

     花江は、2021年も話題作への出演が続々と発表されており、さらに注目を集めること間違いなし! 本作で花江の“声の緩急”の魅力にどっぷり浸かってみては?

    入野自由の優しい声が際立つ感動作

     余命6ヵ月を宣告された17歳の青年が、残された時間に音楽パートナーのサミーと共にアルバムを制作し、名曲を生み出す姿を描いた感動作『クラウズ~雲の彼方へ~』は、疲れた心を癒し、生きる勇気を与えてくれる作品だ。実話に基づいた物語であることが、さらなる感動を呼ぶ。


    『クラウズ~雲の彼方へ~』ディズニープラスで独占配信中 (C)2020 Disney

     本作で、主人公のザック・ソビアックの吹替えを担当しているのが入野自由。『千と千尋の神隠し』のハク役で知られる入野は、『キングダムハーツ』シリーズのソラ役や、『おそ松さん』のトド松役など多数のヒット作に出演しており、その優しい声が幅広い層から支持されてる。

     また、声優の仕事をスタートする以前から、俳優としても活動しており、現在も舞台を中心に活躍。ブロードウェイで上演された演劇、ミュージカル作品を対象に贈られる「トニー賞」で9部門にノミネートされ、5冠を勝ち取ったヒット作『ピーター&ザ・スターキャッチャー』の日本初演では、主人公・ピーター役を演じる。

    入野自由  提供写真

     そんな入野は、本作では、辛い運命を背負いながらも、ひたむきで、真っ直ぐ、人の気持ちを考える優しさを持ったザックを、魅力的に演じている。末期癌患者の姿を追った悲しい物語だが、入野の声によって、作品が持つ美しい一面により深く触れることができる。ザックが強く、前を向きながら運命に立ち向かっていく姿から、今を生きる力を与えてもらえるはずだ。

    武内駿輔のキュートなオラフを堪能!

     美しい銀世界の光景と心が温まるストーリーで、何度観ても感動を呼ぶ『アナと雪の女王』シリーズは、冬にこそ楽しみたい作品だ。この冬のおうち時間には、本シリーズで人気者になった、夏を愛する無邪気な雪だるまオラフの生い立ちが明らかになる新作短編アニメーション『オラフの生まれた日』がおすすめ!


    『オラフの生まれた日』ディズニープラスで独占配信中 (C)2020 Disney

     本作は、アレンデール郊外の山の中で命を宿したオラフが、自分が何者でなぜ生きているのかを知ろうとする姿を追った物語。思わず抱きしめたくなるほど、キュートなオラフの姿が観られるだけでなく、“オラフらしい”笑いがたっぷり詰まったハッピーな気分になれる作品に仕上がっている。

     オラフを演じるのは、『アイドルマスター シンデレラガールズ』のプロデューサー役でも知られている武内駿輔。武内は、若手声優の中で今、最も注目を集めている声優の一人で、2021年4月からスタートする人気スポーツ漫画のTVアニメ版でメインキャストの一人を演じることも発表された。

     低く落ち着いた声が特徴の武内にとっては、オラフ役は意外にも思える配役だが、見事にオラフの可愛らしさを表現し、新たな一面を見せている。

    武内駿輔  提供写真

     歌唱力にも定評があり、2019年に『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)で『アナと雪の女王』の楽曲「あこがれの夏」を披露した際は、その歌声に魅了される人が続出し、一時Twitterのトレンドに入るほどの盛り上がりをみせた。もちろん、『オラフの生まれた日』以外の『アナと雪』シリーズも「ディズニープラス」で配信されているので、武内が歌う劇中歌を是非チェックしてみてほしい。

▼『オラフの生まれた日』日本語版予告編をチェック!

  •  「声優」は、作品に息を吹き込む仕事。だからこそ、「声優」という観点から作品を観ると、また新たな発見ができる。字幕版で観たという人も、吹替え版で是非もう一度観てほしい。

     『アルテミスと妖精の身代金』、『クラウズ~雲の彼方へ〜』、『オラフの生まれた日』は、「ディズニープラス」で独占配信中。


(文:嶋田真己)

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access