クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

ガンバレルーヤ、相方の存在が“人生のきらめき”に! 『ソウルフル・ワールド』に感銘

映画

提供:ウォルト・ディズニー・ジャパン

  •  12月25日(金)より、「ディズニープラス」で配信がスタートしたディズニー&ピクサーの最新作『ソウルフル・ワールド』。本作は、『トイ・ストーリー』シリーズなどで知られるピート・ドクター監督が、自身の子どもを授かった時の経験を基に、“生まれる前の魂<ソウル>の世界”を表現した感動作だ。人生のきらめきを描く本作で、お笑い芸人・ガンバレルーヤのお二人を直撃し、お互いの輝けるひとときや、自分を変えた出会いについて話を聞いた。

  •  主人公はジャズ・ミュージシャンを夢見る音楽教師のジョー。ひょんなことからソウルの世界へ行き、「人間に生まれたくない」という“こじらせ”ソウルの「22番」と出会う。「22番」との出会いによってジョーは改めて自分自身の人生と向き合っていく…。日本語吹替版は、洋画アニメーション声優の仕事は初挑戦となる浜野謙太がジョー役を、川栄李奈が22 番役を演じる。


    相方がいるから輝ける!


    ――人生の豊かさや尊さを描く本作について、最初にどんな印象を受けましたか?

    まひる:生きる意味や人生のきらめきというテーマは、子どもだけではなく、今を生きている私たち大人にも響くし、共感できるなと思いました。

    よしこ:子どもはもちろんですが、大人にも刺さるメッセージがあるので、予告編を観ただけで、泣きそうになりました。


    ――今回、自分の“ソウル”が作れる「マイ・ソウル・ジェネレーター」にて、ご自身をモチーフにした“マイソウル”を作ってもらいましたが、その感想をお願いします。


    よしこ:めちゃくちゃかわいい! 特徴をちゃんとつかんでますね。私でさえ気づかなかった、まーちゃん(まひる)のほくろもちゃんとあります!

    まひる:トレードマークのチークもしっかり入れてくださって、うれしいです。


    ――お二人の“人生のきらめき”も読ませていただきました。本当に仲が良いですね。

    よしこ:仕事が休みの日の前夜、早めにお風呂を済ませて、まーちゃんとおしゃべりをしたり、夕飯を食べたりすることです。2人で好きなアニメや映画を観る時間が楽しくて!

    まひる:次の日に仕事があると、2人とも仕事のことを考えてしまうので、休みの前の日が1番楽しめるんです。仕事のことを忘れて、エネルギーチャージできます。


    ――なるほど!では、お二人は、何をしているときの自分が好きですか?

    まひる:私はよっちゃん(よしこ)と“2人だけ”でロケをしてる時の自分が一番好きです。2人の時だとありのままの自分でいられるし、2人にしか出せない空気感を出せるので。大勢のロケになると、自分を出せなくて縮こまってしまいます。

    よしこ:私もそうです。デビューしたての頃は、まーちゃんを活かすことが全然できなかったけど、最近は2人だけだと、まーちゃんがボケて、そこに私がツッコんだりもできるようになりました。「2人だから面白いね」と言われるように、日々、頑張っている感じです。



    ――逆に、相方が活き活きとしている瞬間はどういう時でしょうか?

    よしこ:まーちゃんは食レポをしている時です。ある日、めちゃくちゃ硬いサンドイッチが出たことがあって。私は「美味しいです」ぐらいしか言えなかったけど、まーちゃんは「パンが一見、口内を傷つけるかと思いきや、中のクリームがクッションになってそれを妨げてくれます」と独特の言い回しをして、めちゃくちゃウケてました。

    まひる:よっちゃんは、(明石家)さんまさんなど、大物の司会者の方がいる現場でも、物怖じせずに入っていける点がすごいです! 本当はすごく繊細で、楽屋にいる時は「もうダメ」とか言っているんですが…本番になると切り込んでいってくれるんです。

    よしこ:私はもともとが超恥ずかしがり屋で…。保育園時代から、人前で声を発することさえできなくて、ずっと髪の毛ばっかり食べていたので(苦笑)。

    まひる:よっちゃんは、今でこそ強いキャラに見えるかもしれませんが、最初の頃は全然ボケれず、先輩から「芸人に向いてないんじゃないか」と言われていたくらいにシャイでした。


    人生を変えた出会いとは?


    ――本作は、ジャズ・ミュージシャンの“ジョー”とこじらせソウル“22番”の劇的な出会いと奇跡が描かれていますが、お二人の「人生を変えた出会い」について聞かせてください。

    まひる:内村光良さんです。すごくやさしい東京のお父さんです。内村さんの番組『内村テラス』が、初めて出演させていただいた全国区の番組でした。すごくウケて、内村さんもスタンディングオベーションをしてくださって、それをきっかけにレギュラーが決まり「もしかしたら売れるかも」と思った瞬間でした。

    よしこ:私たちのなかでも手応えがありました。何年か経って、当時の内村さんが「ガンバレルーヤっていうすごい女芸人が出てきたからみんな見てみて」と周りの人に言ってくださっていたようで、めちゃくちゃ嬉しかったです。



    ――お二人とも、何事もとことん楽しもうとする姿勢が印象的です。『ソウルフル・ワールド』にも通じる、一瞬一瞬を楽しむ秘訣を聞かせてください。

    まひる:自分がしんどい時、よっちゃんが言ってくれた言葉ですが「自分を大切にすること」です。自分の心に嘘をつくと、どんどん自分がなくなっていく気がするので、自分の本音や本心とちゃんと向き合うことが大事かなと。だから、疲れたり、今ちょっと苦しいと思ったりする自分の心のサインには、ちゃんと気づいてあげたいと思っています。

    よしこ:私は相方の存在かなと。落ち込んで「もうやめたい」と思うと、誰も味方じゃないような気がしちゃうけど、まーちゃんは、私が機嫌の悪い時でも、ずっと一緒にいてくれるし、喧嘩をしても、必ずまーちゃんから話しかけてくれます。そういう存在なので、今後も大切にしていきたいなと。コンビに限らず、人には自分のことを心配し、近くにいてくれる誰かが必ずいると思うんです。そう思っただけで強くなれるし、人生が楽しくなるんじゃないかと。

    まひる:(よしこに向って)こうやってお話をさせてもらうと、いろいろ気づきがあって楽しいね。

     『ソウルフル・ワールド』は、ディズニープラスにて独占配信中。


(C)2020 Disney/Pixar.


(取材・文:山崎伸子/写真:高野広美)


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access