クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

マカロニえんぴつの“出会いと別れ” 新曲『はしりがき』に込めた“青春”へのメッセージ

エンタメ

提供:トイズファクトリー

  • メジャー1st シングル『はしりがき』EPをリリースするマカロニえんぴつにインタビュー

     『映画クレヨンしんちゃん 謎メキ!花の天カス学園』の主題歌や、JR SKISKI 2020-2021キャンペーンのテーマソングを務め今最も勢いのあるバンド、マカロニえんぴつ。4月21日にはメジャー1st シングル『はしりがき』EPのリリースが決定しており、さらに多くの人に“マカロック”を届けるべく奔走中だ。そんなマカロニえんぴつに、音楽のことから、学生時代の“青春”、『クレヨンしんちゃん』との思い出まで、たっぷり語ってもらった。

  • プレッシャーは毎回感じる

    ――『映画クレヨンしんちゃん』シリーズ最新作の主題歌としても大きな注目を集めている『はしりがき』に込めたメッセージを教えてください。

    『はしりがき』EP(通常盤)

    はっとり:『クレヨンしんちゃん』の映画の主題歌を作ってほしいというお話をいただいて、まずは本当に光栄なことだなと思いました。そしてすごく気合が入りました! 『クレヨンしんちゃん』ってどの作品でも「青春とは」というメッセージが込められていると思うんですよ。なので、“青春”というテーマで、久々にアップテンポの曲にしようと思って作りました。制作中も「勢いのあるものを」と考え、バンドとしてもホットなサウンドと個々の演奏を詰め込みました。

    はっとり(Vocal & Guitar)

    ――ありがとうございます。続けて、主題歌のお話が来た時の率直な気持ちを教えてください。

    はっとり:子どもの頃観ていた『クレヨンしんちゃん』の映画は、主題歌をバンドがやる印象がなかったので「まさか!」という気持ちが強かったです。本当にびっくりする話が舞い込んでくると、嬉しいとかよりも「ホントに?」って疑いを持っちゃって(笑)。あと、いつも一緒に『クレヨンしんちゃん』を観ていた姉の顔が浮かびましたね。喜ぶだろうなと思っていたら案の定、 発表した時にはなぜか俺よりも姉のほうが鼻高々でした。

    ――国民的アニメの主題歌ということでプレッシャーも感じたのではないでしょうか?

    はっとり:もちろん。でも、それはどのタイアップ曲でも感じます。「マカロニえんぴつにお願いしたい」と言ってくれたのだから、“マカロニえんぴつらしさ”を出しながら、その期待に応えたい。プレッシャーは毎回感じます。

    実は、今回の主題歌も最初に出した曲のサビの部分がボツになったんですよ。「『クレヨンしんちゃん』らしい曲を作らないと」ってちょっと考えすぎてしまって…。結果として今、最高のものができたので、あの時にしっかり指摘してもらえてよかったです。

    ――タイアップ曲でいうと、EPの中には冬の定番になった「JR SKISKI」の今季のキャンペーンテーマソングでもある『メレンゲ』も収録されています。本楽曲に込めた思いも教えてください。

    はっとり:テーマが「冬」ということで、ゲレンデの広大さみたいなものを感じ取れるような曲にしたいというのがまずありました。そこで、壮大な雪景色をイメージするために、サビの頭はストリングスのカルテット(第1バイオリン、第2バイオリン、ヴィオラ、チェロ)と歌だけにしました。こういうコロナ禍の時期ですから、「みんなでスキーに行こうぜ」っていう歌にするのは難しくて。なので、思い切ってラブソングにはせずに、「自分と向き合う冬の歌」にしようと考え制作しました。SKISKIの曲で、ラブソングじゃない曲を作れるのは今後ないかもしれないので、貴重な機会をいただけたなと思います。このタイミングで出せる最高傑作ができました!

  • 主題歌をやれるなんて思ってなかった

    ――『はしりがき』では、歌詞からも“しんちゃん愛”が伝わってきますよね。メンバーの方それぞれ『クレヨンしんちゃん』という作品への思い入れはどうでしたか?

    高野:僕は、『しんちゃん』を観始めたのが中学生ぐらいで、周りの子たちよりもかなり遅かった。なので、ちょっと恥ずかしい気持ちがあって、こっそり借りて観ていました。こっそり観ていた身としては、胸を張って「主題歌をやっている!」って言えることが嬉しいです(笑)

    長谷川:本当に『しんちゃん』が大好きで、3歳ぐらいから観ていたのかな。しんちゃんの“ケツだけ歩き”に憧れて練習もしましたね。でも、実際にやってみると全然進まないんですよ(笑)。憧れていたアニメの主題歌に決まったことはすごく嬉しかったです。

    田辺:僕は定期的に仲良い友達と集まってオールナイトで「クレヨンしんちゃんの映画を観る会」をずっとやっていました(笑)。まさかその時には、自分たちが主題歌をやれるなんて思ってなかったので、一緒に鑑賞会をしていた友達に、「主題歌をやるよ」と言ったらとても喜んでくれて、すごく嬉しかったです。

    はっとり:先ほども少し話しましたが、子どもの頃は姉と一緒に金曜の19時30分(現在は土曜16時30分)から『クレヨンしんちゃん』を観るというのがずっと決まりごとになっていましたね。『クレヨンしんちゃん』は、大事なことを恩着せがましくなく教えてくれる。訴えかけるんじゃなくて、「汲み取ってくれ」なんです。それが粋だなあと思います。今でも、歳を重ねるにつれ忘れてしまったものを、しんちゃんから教えてもらっています。

    出会った時のはっとりは怖かった!?

    ――EPがリリースされる4月は、出会いと別れの季節ですが、“出会いと別れ”について、印象的な思い出があれば教えてください。

    高野:出会いの中で一番印象的だったのは、やっぱり大学ではっとりが初めて声をかけてきた時かな。いきなり「1年のベース専攻の人だよね?」って言われて。当時のはっとりはスパイラルパーマでメガネをかけていて、髪の毛で目が見えなかった。正直、ちょっと怖いなと思いました…。

    はっとり:毒キノコって言われてたもん(笑)。

    高野:「バンド組むんだけどベース弾いてよ」って言われて。断ったらなんかいじめられそうというのもあり「いいよ」と言って始まって、もう8年経ちます。

    長谷川:はっとりとの出会いもそうだけど、音大で出会った友達は刺激的な人が多かったな。僕はエレクトーンコースでしたが、みんなそれぞれやっている音楽のジャンルは違う。色々な価値観をもって、色んな勉強をしている仲間たちと「もっとこうした方がいいんじゃない」と言い合える環境は本当楽しかった。卒業してからなかなか会えていないことが寂しいです。

    はっとり:僕も大学の時の話になるのですが、ボーカルの浜崎なおこ先生に出会ったことで本当に変わりましたね。浜崎先生は、先生と学生という関係じゃなくて、プロとプロという立場で教えてくれるんですよ。4年間通して、レッスンを受けていましたが、ある時、先生がずっと言ってた“声の響かせ方”を、身をもって体感した瞬間があったんです。そこから声が枯れづらくなりました。それまでいわゆる寿命の短い発声法で、喉を使って歌っていました。先生の教えがなければ、ボーカルとしての人生はこの先短かったような気がします。

    田辺:ありがたいことに、最近昔から憧れていたバンドと対バンさせていただく機会が増えて、日々出会いには感謝しています。でも一方で、別れではないですが、レーベル直属の先輩の東京カランコロンが解散されたのは寂しいかったです。レーベルの先輩だけど僕としては完全に一人のファンだったんですよ。僕ら自身も長く愛される曲を作っていきたいなと強く思いました。

    ――ツアーもこれから始まりますが(取材時)、全国のファンの皆さんにまた会えるのが楽しみですね!

    はっとり:本当に楽しみです! 「この1年何してた?」っていう会話を音楽を通してする、そういうツアーにしたいと思います!


    メジャー1st シングル『はしりがき』EPは、4月21日(水)リリース。

取材・文=Nana Numoto/写真:松林満美

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv