クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

大倉士門、『シャン・チー』の強さと優しさに熱狂! 「ヒーローになりたい」思いが再燃

映画

提供:ウォルト・ディズニー・ジャパン

  • マーベルの大ファン、大倉士門が新作『シャン・チー/テン・リングスの伝説』を鑑賞!

     マーベル・スタジオの新たなヒーロー誕生の物語を描く『シャン・チー/テン・リングスの伝説』が、いよいよ9月3日(金)より公開となる。大のマーベルファンだというモデルで俳優の大倉士門は、「どのような作品になっているんだろう…」とマーベル・スタジオ新時代の幕開けに興味津々。観終わった後には、「最高!」と大きな笑顔を見せた。「共感できることがたくさんあった」というシャン・チーの魅力や、ダイナミックなアクションの見どころを語ってもらった。

  •  本作の主人公は、平凡なホテルマンとして暮らすシャン・チー(シム・リウ)。彼には、かつて父(ウェンウー/トニー・レオン)が率いる犯罪組織で最強の武術を身に付け、組織の後継者になる運命から逃げ出した過去があった。しかし伝説の腕輪“テン・リングス”の力を操って世界を脅かそうとする父の陰謀に巻き込まれ、封印してきた力を解き放つときがやってくる。

    シャン・チーへの共感「僕のヒーロー願望を呼び覚ましてくれた」

    ――映画をご覧になる前は、どのような期待を抱いていましたか?

     サブタイトルにもある“テン・リングス”というワード自体は『アイアンマン』シリーズにも登場していたので、それが今になって掘り下げられるのも驚きでしたし、マーベルのニューヒーローが登場するということで、とても期待していました。でも正直なところ、いろいろと未知すぎて“どうなっているんだろう…”という思いもあって。ワクワクと不安が入り混じる気持ちで会場に来ましたが、観終わった率直な感想としては、この映画、最高でした! 早く誰かと語り合いたい気持ちでいっぱいです!

    ――興奮が伝わってきます! マーベルファンとしてはたまらない映画でしたか?

     これまでのマーベル映画との関係性もありつつ、今後への伏線も用意していて、ちょっとやりすぎじゃないですか(笑)!? エンドロール後には“これはずるい! 面白い!”と興奮しすぎて、なんだか泣きそうになりました。マーベルは『アベンジャーズ/エンドゲーム』で当時の世界最高興行収入を叩き出して、ひとつのフィナーレを迎えました。そうやって大きな山を築き上げてきたマーベルが、また新しくイチから積み木を重ねていく感じを目にしているようで、ワクワクして。これだからマーベルファンはやめられないと実感しましたし、ここから始められるという意味では、“今までマーベル作品を観たことがない”という人にも、オススメの映画だなと思いました。

    ――優しすぎるために自ら戦うことを禁じてきたヒーロー、シャン・チーの印象はいかがでしたでしょうか。

     悪い心がまったくなくて、優しい主人公だなと思いました。僕自身、大人になるごとに“優しい男になりたいな”という思いを強くしていて、シャン・チーは“理想のヒーロー”です。

     また僕もシャン・チーと同じく一家の長男なんですが、そういった面でも共感できるところがたくさんありました。彼は妹のシャーリン(メンガー・チャン)を大事に思っていて、彼女がピンチにあったときに絶対に手を離そうとはしません。妹を思いやる彼の行動、責任感は“ものすごくわかるな”と感情移入していました。例えば僕も、両親がケンカをしたとしたら“僕がなんとかしなきゃ、僕が妹や弟を守らなければ”と思ったりします。だからこそ、家族を繋ぎ止めようとするシャン・チーの長男としての思いには、かなりグッときました。

    ――平凡な人生を送りながらも、ヒーローとして目覚めていくという展開も興味を引かれるものでしたか?

     ホテルマンとして暮らしていたシャン・チーが突然、バスの中で敵に襲われて、親友のケイティ(オークワフィナ)を守りながら戦うことになるシーンがありましたよね。あのシーンは、ひとりの男の子としてワクワクしました! やっぱり男の子って、一度は“ヒーローになりたい”、“誰かのために戦いたい”という憧れを持つものなのかなと。思えば、僕は今でも“道で困っている人がいないかな”とか、どこかそういったタイミングを探していているようなところがあります(笑)。本作を観て改めて、まだ僕の中に“ヒーローになりたい”という気持ちがあるんだなと再確認しました。シャン・チーが、僕のヒーロー願望を呼び覚ましてくれました。

  • ものすごくドラマチック! 兄妹愛、親子愛にグッときた

    ――兄妹愛に胸を打たれたとのことですが、悪に染まった父と、その陰謀に巻き込まれてしまうシャン・チーという、親子の関係性についてはどのように感じましたか。

     お父さんの胸の中には奥さんへの愛があって、すべてが奥さんを愛しすぎたがゆえの行動だと思うと、完全な悪には見えないところもありました。ただ、息子にはきちんと向き合って、その声をしっかり聞いてほしかったなぁ…。クライマックスの激突に至るまでのお父さんの思い、息子の思い、それぞれを考えると本当に切なかったですね。そういった兄妹愛や親子の関係が深く描かれていて、家族愛に着目した作品だなと感じています。

    ――ドラマ性と共に、もちろんアクションシーンも見応えがあります。本作のアクションの印象をお聞かせください。

     バスでの格闘シーンもすごかったですし、マカオの高層ビルでのアクションは、瞬きどころか、息をするのも忘れるくらい釘付けになって見ていました(笑)! 足場を走りながらケイティを助けたり、敵を倒したりと、ものすごくかっこよかった。あのシーンだけでも、何回も見られるなというくらい大好きなシーンです。アクションとしてもすごく迫力があり、さらにシャーリンの心の奥底を感じることもできるような、ドラマとしても見応えがある場面だなと思いました。

  • 見たことのないアクションを目の当たりにしました

    ――シャン・チーが生身の体を使って、相手とぶつかり合って戦うところも特徴的です。

     そうなんですよね! 東洋の本格的武術を使いながら戦うというのは、マーベル作品としてもものすごく新鮮だなと思いました。香港映画を彷彿とさせるようなスピード感と、伝統的な踊りのようなゆったりとした動きが組み合わさった戦い方をしていましたよね。ダイナミックだけれど、美しくもあり、さらにそこに映像技術が融合されて、見たことのないアクションを目の当たりにした気がしています。

    ――映像的に驚いたシーンはありましたか?

     やっぱり伝説の地で繰り広げられる、クライマックスですね。生身の体を使った武術と、“テン・リングス”を使った戦いが見られて、さらに驚くような展開になりますから! 心の中で、スタンディングオベーションをしていました(笑)。また水の中で滝を作って敵と戦うといったシーンもあり、水の描写も本作の見どころだなと思いました。

  • ――MCUの今後の展開にあたり、シャン・チーに期待することがあれば教えてください。

     ドクター・ストレンジとは何かありそうな気がしています。ドクター・ストレンジとシャン・チーが絡んだら、どうなっちゃうんだろう! 僕はこれまで一番好きなヒーローというと、キャプテン・アメリカやスパイダーマンがお気に入りだったんです。でも本作を観て、シャン・チーになるかもなという気がしています。実は今日、彼女に“この映画、面白いかな。うまくインタビューで話せるかな”と言っていたくらい不安もあったんです。その不安、予想がいい意味で裏切られました! 早くももう一回観たくなっています!

    映画『シャン・チー/テン・リングスの伝説』は、9月3日(金)より全国公開。

  • ©Marvel Studios 2021

取材・文:成田おり枝 / 写真:高野広美

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv