クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

「家族だって違う人間同士」 ミキ、『ミラベルと魔法だらけの家』で描かれる“家族の姿”に共感!

映画

提供:ウォルト・ディズニー・ジャパン

  • ミキ・昴生、亜生がディズニー・アニメーション最新作『ミラベルと魔法だらけの家』を鑑賞!

     ディズニー・アニメーション最新映画『ミラベルと魔法だらけの家』が11月26日(金)より公開された。今回、クランクイン!編集部は公開後すぐに劇場で作品を鑑賞したという“ディズニー作品の大ファン”ミキのおふたりに話を聞いた。ディズニー長編アニメーション60作品目となる記念すべき作品として、公開前から大きな注目を浴びていた本作の魅力と共に「マドリガル家に似ていた」という家族との思い出を語ってくれた。

  • 「マドリガル家」にめっちゃ共感しまくり!

    ――本作は、『モアナと伝説の海』以来4年ぶりとなる新作オリジナル・ミュージカル映画ですが、鑑賞してみて率直な感想はいかがでしたか?

    昴生:『ミラベルと魔法だらけの家』のオリジナル楽曲が素晴らしく、観ていて楽しかったです。画面も色とりどりでしたね。まさにディズニーって感じでした! 今回もディズニーが遊び心を持った演出をしていて、そこも素晴らしい。“家と会話をする、家そのものがリアクションをする”なんて発想なかなかないじゃないですか。今までおもちゃが動いたり、モンスターの世界があったり、色々な想像の世界がありましたけど、「またディズニーが新しい面白さを見つけてきた!」と思いました。


    亜生:とにかく全てのシーンがキレイでしたね! 自分も映画館で観たのですが、一緒の回を観ていたお客さんが一斉に笑ったり、驚いたりするんですよ。そんな周りのリアクションをみて自分も笑顔になる。そんな笑顔の連鎖が続いてさらに幸せな気持ちになりました。

     お兄ちゃんも言うように家が動くシーンは世界感が本当に素敵でした。マドリガル家を訪れたお客さんが帽子を投げたらタイルが動いて、お客さんの帽子が壁にかかる。あのシーンが特によかったです!


  • ――新ヒロイン・ミラベルについて感じたことも教えてください。

    昴生亜生:めっちゃ共感しまくり!

    亜生:僕なんか丸いメガネもかけていて、まんまミラベル! (メガネの)フチが緑色ってこと以外ほぼ同じです(笑)。なので、ずっと親近感がわいていましたね。


     ミラベルの歌うオープニングの“ふしぎなマドリガル家”も最高でした! あそこでグッとこの映画の世界に入り込める。一緒に「ミラベル」って言いたくなるんですよ!

    昴生:ミラベルは“魔法のギフト(才能)”がなくても、悲しさを感じなくて前向き。みんなが応援したくなるキャラクターだと思います。家族みんなが秀でているから、境遇は大変だろうな。特に兄弟(姉妹)も多いから余計に。兄弟ってどうしても比べられちゃうものですし…。僕自身はスポーツでもなんでもずっと亜生に負けてきました。亜生の方が成績はいいですから。そういう意味では僕はミラベルかな。

    亜生:確かに、僕はいつも真ん中を歩んできたなぁって自分でも思います。なので、マドリガル家で誰に一番共感するかと言われると僕はイサベラかもしれないですね。「なんでもできるね」って言われてきたタイプなので…。

    昴生:まさに、“コセ(ミラ)ベルと“アセ(イザ)ベラ”だったんです(笑)。

  • もう一度観るなら、ゆめっちと観に行きたい

    ――今回、3時のヒロインのゆめっちさんがディズニー・アニメーションの声優に初挑戦されていました。日本語版をご覧になられたということで、ぜひ感想を教えてください。

    亜生:ゆめっちが声優だと知った上で観ましたが、言われてなかったら気付かなかったと思います。それに歌がまるまる一曲! 本当にすごいなと思いましたね。ルイーサ役はゆめっちにピッタリだっと思います。

    昴生:本当に歌が上手い! 最初は力持ちの役だから低い声で歌っていたのに、途中から曲に合わせて色んな声色を重ねていてすごいなと感じました。ゆめっちが演じていると知っていたので、最初の方は「ゆめっちが喋るぞ」、と思いながら観ていたんですけど、後半からはルイーサとして見ちゃってゆめっちがやっていることを忘れてしまうぐらい、全然思い出さなかったです。


    亜生:僕も『ライオン・キング』でティモン役をやらせていただきましたが、元々アニメーションの方にも“ハクナ・マタタ”があったので、(声優に決まる)前から好きで歌っていたんでゼロからじゃなかった。でも、ゆめっちは初めて聴くオリジナルの楽曲を自分のものにしなきゃいけない。そこがすごいなって思いました!

    ――マドリガル家の魔法の力の中で、一番気になった「ギフト」はありましたか?

    亜生:アントニオと同じ、動物と話せるギフトが欲しいです。猫を5匹飼っているのですが、一切懐いていなくて……その理由を聞いてみたいです(笑)。


    ――マドリガル家にはほかにも個性豊かなキャラクターが登場しますが、“家族”のやり取りの中で印象に残ったシーンやセリフを教えてください。

    亜生:僕たちおばあちゃん子で、いつもおばあちゃんの家でご飯を食べていたんです。その時におばあちゃんが「亜生は本当に美味しそうにご飯食べるな、それに比べて昴生はほんまに何食べさせても同じような顔しよって」って言っていて。僕、アルマおばあちゃん見たときに、「お兄ちゃん、同じようなこと言われていたな」って思い出しました。うちはマドリガル家だったんですかね(笑)。


  • ――素敵なシーンが多くてもう一度観たい作品ですよね。

    昴生亜生:本当ですね!

    ――次見るなら誰と観たいですか?

    亜生:次はゆめっちと観たいです(笑)。どんな感じで収録していたのか気になります。同じ声優経験者として裏話が聞きたいです。いないので、またやりたいなあ。『ミラベルと魔法だらけの家』は、また家族で映画に行くいい機会になりそうです。

    昴生:僕は父親と母親ですね。僕たち、京都にいたときは大晦日に家族4人で映画に行くのが習慣だったんです。それをずっとやれていないので、またやりたいなあ。『ミラベルと魔法だらけの家』は、また家族で映画に行くいい機会になりそうです。

    ――では最後に本作の魅力を改めて一言でお願いします!

    亜生:やっぱり僕は“音楽”かな。目を閉じていても楽しくなるくらい、いい音楽。耳に残りやすいラテンのリズムが最高でした!


    昴生:“家族”ですかね。家族のいいところだけじゃなくて、難しい部分も描いているので、日頃、疎遠になっている人にも改めて観てもらいたい作品です。その大切さを再認識できるんじゃないかな。家族だってしょせんは違う人間同士で、“家族という輪の中”にいるだけ。その個性の違う人同士がどう混ざり合って、どう「家族」になるのか。この映画を見たらまた、気付くことがあると思います。


    映画『ミラベルと魔法だらけの家』は全国公開中。

© 2021 Disney. All Rights Reserved.


取材・文:nana numoto、クランクイン!編集部/
写真:高野広美

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv