クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

「スパイダーマン」から人気ゲームの主人公に! 『アンチャーテッド』トム・ホランドの“進化”は必見!!

映画

提供:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

  • 映画『アンチャーテッド』ブルーレイ&DVD 6月8日(水)発売、レンタル開始/デジタル配信中
    © 2022 Columbia Pictures Industries, Inc. All Rights Reserved.  発売元・販売元:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

     全世界のシリーズ累計売上数4170万本を超える名作ゲームを『スパイダーマン』シリーズのトム・ホランド主演で映画化した『アンチャーテッド』のブルーレイ&DVDがいよいよ登場! 世界を股にかけた宝探しの旅に出るトレジャーハンターに扮したトムが、驚異の身体能力をたっぷりと発揮した本作。『スパイダーマン』で躍動感あふれる彼のアクションに魅了された人には、特に見逃せない1作となっている。ダイナミックなアクションはもちろん、トムが見せる新たな表情や、伝説の秘宝をめぐるスリリングな展開など、クランクイン!がワクワクに満ちた本作のおすすめポイントをピックアップしてお届けしたい!

  • ▼予告編

  •  トレジャーハンターのネイサン・ドレイクが、伝説の秘宝や古代都市の謎を紐解いていくPlayStation®の大人気ゲーム「アンチャーテッド」シリーズを映画化した本作。バーテンダーとして働くネイサン、通称ネイト(トム)は、器用な手さばきと類いまれなるスリの能力を見込まれ、トレジャーハンターのサリー(マーク・ウォールバーグ)から50億ドルの財宝を一緒に探さないかとスカウトされる。サリーが消息を絶った兄を知っていることから、トレジャーハンターになる決意するネイト。それは、モンカーダ(アントニオ・バンデラス)率いるお宝を狙う組織との戦いの始まりでもあった…。

    © 2022 Columbia Pictures Industries, Inc. All Rights Reserved.

    『インディ・ジョーンズ』×『ダ・ヴィンチ・コード』 ただのトレジャー映画じゃない!

     アンチャーテッドとは、“地図にない場所”を意味する言葉。地図には書かれていない財宝のありかを探すために、ネイト&サリーが頭脳や体力を駆使して大奮闘するのだ。劇中にお目見えするアイテムも好奇心をくすぐるものばかりで、彼らの冒険は興奮に満ちあふれたものとなっている。

    © 2022 Columbia Pictures Industries, Inc. All Rights Reserved.

     お宝を見つけるための必需品となるのが、黄金に輝く十字架。なんとか十字架をゲットしたネイトとサリーは、スペインの教会にたどり着き、十字架を“鍵”にしてお宝への扉を開こうと苦戦する。暗号が散りばめられた教会、真っ暗な洞窟を探検していく道筋は、『ダ・ヴィンチ・コード』と『インディ・ジョーンズ』を掛け合わせたようなスリル感満載! 鍵穴を間違った方向に回すと矢が飛んできてしまったりと仕掛けられたカラクリもお見事で、その後も空飛ぶ海賊船で敵組織とバトルを繰り広げるなど、想像を覆すような展開、謎解きの面白さで観る者を魅了する。

    © 2022 Columbia Pictures Industries, Inc. All Rights Reserved.

     ゲームとのマッチ度に経験者ならばニヤリとさせられること請け合いだが、ゲーム未経験でもまったく問題ナシ。わかりやすいストーリー運びで彼らの冒険に没入できる上、ネイトとサムのバディ感、ネイトの兄への思いといったドラマ性も楽しめるなど、ただのトレジャー映画ではない、一粒で何度もおいしい映画となっている。

  • 何度も見たい! トムホだからできた超絶アクションが満載

     スーパーパワーを持つヒーロー・スパイダーマンをハマり役として演じ、スター俳優となったトム・ホランド。彼のアクション力は俳優としての大きな武器だが、本作ではゲームのアクションを実写として表現する高度なアクションが要求され、トム自身「今までで最も難しいアクションだった。スパイダーマンでも経験したことがない」と証言。これまで以上のトレーニングを積み、鍛え抜いた身体能力で若きトレジャーハンターのネイトを熱演している。

    © 2022 Columbia Pictures Industries, Inc. All Rights Reserved.

     本作は、高度飛行中のC17機という軍用長距離輸送機から、ネイトが空へ放り出されそうになっている驚愕のシーンからスタート。暴風に吹き飛ばされそうになりながらC17機やコンテナにしがみつき、宙返りをしたりと、トムが映画冒頭から次々とアクロバティックな動きを披露している。さらにオークション会場ではシャンデリアにぶら下がり、地下道では大量の水責めに遭ったり、海賊船で大立ち回りをしたり、劇中のネイトのように「マジかよ!」と声を上げたくなるようなダイナミックなシーンの連続。常人離れした能力を見せつけたトムが「映画の限界に挑戦できたし、ゲーム版への敬意を示せたと思う」と胸を張る超絶アクションは、必見だ!

  • トム・ホランド×マーク・ウォールバーグ 新たな名コンビが誕生!

     ネイトと共に財宝を探すプロのトレジャーハンター・サリーを、『トランスフォーマー』シリーズなどで知られるマーク・ウォールバーグが演じている。ピュアな魅力あふれるネイトと、どこか飄々とした雰囲気のあるサリーの巻き起こすケミストリーは抜群。ネイトのネクタイをサリーが結んであげたり、サリーが兄のような表情を見せる瞬間もありながら、どちらかがトボけた発言をすると他方がすかさず突っ込むなどユーモアいっぱいのやり取りを見せて、大いに楽しませてくれる。敵組織に狙われながらお宝を目指す道のりにはピンチが続々到来するが、ネイト&サリーが力を合わせて手に汗握るバトルに挑むシーンは見応えたっぷり。バディムービー好きにはたまらない要素が盛りだくさんだ。

    © 2022 Columbia Pictures Industries, Inc. All Rights Reserved.

     ブルーレイ&DVDの映像特典には、撮影中の二人の様子を収めた映像「最高のバディ」が収録されている。インタビューに答える最中や撮影の合間も、トムとマークが冗談を交わしながら笑顔を見せ合っているのが印象的。ネイト&サリーによる丁々発止の会話は彼らのアドリブが炸裂したそうだが、トムは「マークとの関係が相乗効果を生んだ」、マークも「抜群だ」と最高のバディになれたことを明かしている。

  • トムホのバーテン姿、浮き出た筋肉 ファン必見の要素も!

     人懐っこいキュートな笑顔やにじみ出るひたむきさなど、トム本人が持つ魅力が、ネイトにも存分に注ぎ込まれている。そんな中、ネイトがバーテンダーとして働く姿は、新たなトムの一面を堪能できる場面の一つ。グラスやボトル、シェイカーを使った曲芸のようなテクニックをお披露目して、観る者を釘付けにする。また冒険に向けて、自宅で懸垂、腕立て伏せ、ロープ登りといった身体作りに励むネイトのトレーニングシーンは、トムの浮き出た筋肉を確認できる貴重な一幕。改めて「トムの筋肉、スゴイ!」と実感させられるはず。

    © 2022 Columbia Pictures Industries, Inc. All Rights Reserved.

     そして迫力のアクションだけでなく、常に胸の中には兄の存在を刻んでいるネイトのせつなさや、思慕の念までをしっかりとトムが表現しており、その演技力にも惚れ惚れとさせられる。彼のさらなる代表作の誕生という意味でも注目の1作といえよう。

  • 豪華声優陣が集結! 吹替版も最高すぎて見逃せない

     映画『スパイダーマン』シリーズをはじめ、『チェリー』『エジソンズ・ゲーム』『悪魔はいつもそこに』などでトム・ホランドの吹き替えを務めてきた榎木淳弥が、本作でも続投! 数々の人気作品に引っ張りだこで、すっかり若手実力派声優の筆頭となった榎木が、ネイト役に命を吹き込んでいる。

    榎木淳弥(左)と東地宏樹 ※『アンチャーテッド』インタビュー取材時の写真(写真:高野広美)

     さらにサリー役に森川智之、モンカーダ役に大塚明夫、クロエ・フレイザー役(ソフィア・アリ)に雨宮天、ジョー・ブラドック役(タティ・ガブリエル)に白石涼子と、大御所&話題の声優陣が勢ぞろい。ゲーム版「アンチャーテッド」の主人公ネイト役を務める東地宏樹や、サリー役の千葉繁も日本語吹替版に他役で出演するなど、ゲームファンにとっても胸熱なラインアップとなっている。その日の気分や鑑賞スタイルによって切り替えるもよし、字幕版と吹替版で何度も楽しんでみたい。

  • 観客の度肝を抜いたアクションの舞台裏が明らかに!

     本作のブルーレイ(セル)には、ファンならずとも見逃せない未公開シーン集や撮影の舞台裏を描いた映像特典が多数収録されている。ここでは、その一部だが特におすすめの映像特典を紹介したい!

     「ネイサン・ドレイク 誕生秘話」と題した映像特典では、製作陣やキャスト陣の口から、劇場版のネイトがどのように形作られていったのかが明かされている。製作陣は「身体能力が大事になる役。トムほど若いネイト役が似合う役者はいない」と念願のキャスティングだったことを告白。トムはもともとゲーム版の大ファンだったそうで、シリーズをすべてプレイして内容も熟知していたというから、相思相愛の企画だったというわけだ。愛情を持ってネイトの冒険を体現したトムは「船に飛びつくショットはゲーム版でも大好きなシーン」「僕らはゲーム版の魅力を保ちながら、新しい姿も見せようとした」とゲームファンならではの視点で語っており、トムの解説を踏まえてもう一度映画を観てみるのも楽しそう。

    © 2022 Columbia Pictures Industries, Inc. All Rights Reserved.

     そして「C17機アクションの舞台裏」では、本作のハイライトの一つであり、誰もが度肝を抜かれるであろう、高度飛行中のC17機(軍用長距離輸送機)におけるハイテンションなアクションの裏側をのぞくことができる。もちろんCGを多用しているものの、ワイヤーに吊るされたトムがここまで激しいアクションにトライしているのかと、驚くような映像ばかり! 上空で鎖状に連なったコンテナは一体どのように撮影されたのか、ネイトがC17機からものすごい勢いで吹っ飛んでいくシーンはどうやって収められたのか、気になっている人も多いはず。映像特典でその秘密を解き明かすと共に、ぜひアイデアとチャレンジ精神みなぎる撮影現場の様子を目撃してみよう。また現在、ソニー・ピクチャーズの公式YouTubeでは、本作の冒頭10分が公開中。C17機でのアクションの一部を見ることができるので興味が湧いた人は、さっそくチェックを!

  • ▼本編冒頭10分

  • 映画『アンチャーテッド』
    6月8日(水)ブルーレイ&DVD発売/ブルーレイ&DVDレンタル開始
    デジタル配信中

    ブルーレイ&DVDセット 5280円(税込)
    4K ULTRA HD & ブルーレイセット 7480円(税込)

文:成田おり枝、クランクイン!編集部

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv