ランキング 関連記事

  • (左から)二階堂ふみ、吉高由里子、西島秀俊

    吉高由里子、二階堂ふみ、西島秀俊「2019春ドラマ・ベストカップルランキング」

    エンタメ

     「2019春ドラマ・ベストカップルランキング」トップ10が発表され、『きのう何食べた?』(テレビ東京系)から、筧史朗(西島秀俊)×矢吹賢二(内野聖陽)の同性カップルが1位に選ばれた。@@cutter 今回のランキングは、10~60代の男女1万429名を対象に、株式会社CMサイトが行ったインターネットリサーチ結果を集計したもの。  1位に選ばれたのはシロさん&ケンジ。同作は累計発行部数500万部を超える人気コミックの実写ドラマ化で、料理上手できちょうめんな倹約家の弁護士シロさんと、その恋人で人当たりの良い美容師ケンジを主人公に、彼らの毎日の食卓を通して浮かび上がる人生の機微や、ほろ苦くてあたたかな日々を描く。ファンからは「もうダントツ。今期はこれしかない!!!」「素敵なカップル」など絶賛の声が届いている。   2位は、女優の吉高由里子がヒロインの『わたし、定時で帰ります。』(TBS系)から、東山結衣(吉高)×種田晃太郎(向井理)のペア。“残業ゼロ、定時で帰る”をモットーとする32歳の独身OL結衣が、くせ者の同僚社員たちの抱えるさまざまなトラブルを解決していくさまを描く本作。向井は、結衣の同僚で元婚約者の種田を演じた。  3位は『パーフェクトワールド』(カンテレ・フジテレビ系)より、鮎川樹(松坂桃李)×川奈つぐみ(山本美月)のカップル。本作は不慮の事故により車いす生活を送る建築士・樹(松坂)が、高校の同級生つぐみ(山本)と再会するラブストーリー。「二人ともふんわりした雰囲気で、美男美女で最高です!」などの意見があった。  4位は月9ドラマ『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』(フジテレビ系)から五十嵐唯織(窪田正孝)×甘春杏(本田翼)で「2人とも爽やかで、雰囲気もちょっと似ててお似合い!」といった声が。5位は『集団左遷!!』(TBS系)から片岡洋(福山雅治)×片岡かおり(八木亜希子)夫婦で、「羨ましいくらい仲が良くてこんな夫婦になりたい」 といった声が寄せられた。  以下6位は『白衣の戦士!』(日本テレビ系)の三原夏美(水川あさみ)×本城昭之(沢村一樹)、7位は『ストロベリーナイト・サーガ』(フジテレビ系)より姫川玲子(二階堂ふみ)×菊田和男(亀梨和也)、8位は『白衣の戦士!』より立花はるか(中条あやみ)×斎藤光(小瀧望) 、9位は『わたし、定時で帰ります。』より東山結衣(吉高)と婚約者の諏訪巧(中丸雄一)、10位は『あなたの番です』(日本テレビ系)より手塚菜奈(原田知世)×手塚翔太(田中圭)という結果になった。

  • (左から)北川景子、マツコ・デラックス、綾瀬はるか

    マツコ、北川景子、綾瀬はるか「スッピンを見てみたい芸能人ランキング」

    エンタメ

     コラムニストでタレントのマツコ・デラックスが「スッピン姿を見てみたい芸能人TOP5」で女優の北川景子を抑え1位に輝いた。3位には同率で女優の綾瀬はるかと歌手の松田聖子がランクインしている。@@cutter 今回のランキングは、株式会社エアトリが20代〜70代の男女616名を対象にアンケート調査を実施した結果にもとづくもの。  第1位は数多くのレギュラー番組や雑誌連載を抱えるコラムニストでタレントのマツコ。アンケート回答者からは、マツコを選んだ理由として「たぶん素顔もあまり変わらないと思うほどキレイだから。男性とは思えないです。(50代・女性)」「CMで、すっぴんは見せられないと言ってるので興味が出た。(50代・女性)」などの声が多数寄せられている。  第2位は映画『ヒキタさん!ご懐妊ですよ』公開が10月に控えている北川。選んだ理由として「いつも完璧な美しさだから素も見てみたい。(50代・女性)」といった声や「素顔も美しいはず。(30代・女性)」など、彼女の美しさに言及した意見が集まった。  同率3位でランクインした綾瀬については「CMで肌がキレイ。メイクなのかわからないくらいきれいなので、実際にすっぴんの時の肌のきれいさをみたいです。(30代・女性)」「ナチュラルメイクっぽく見えるが本当はどうなのか?(50代・女性)」など、つねに自然体な彼女のイメージを反映したような理由が。  同じく3位の松田に関しては「いつまでも老けないが、どんな化粧をしているのか興味あり。(70代・女性)」など、彼女の変わらぬ美を讃えるような意見も寄せられている。  以下、5位にデヴィ夫人、同率6位には米倉涼子と叶姉妹がランクインしている。

  • (左上から時計回りで)石橋貴明・鈴木保奈美夫妻、矢部浩之・青木裕子夫妻、木梨憲武・安田成美夫妻、藤本敏史・木下優樹菜夫妻

    山里亮太&蒼井優だけじゃない! 驚いた「お笑い芸人×美女」の結婚ランキング

    エンタメ

     「結婚を知って度肝を抜かれた芸人×美女の夫婦ランキング」が発表され、1位には先日結婚を発表したばかりのお笑いコンビ・南海キャンディーズ山里亮太と女優・蒼井優の夫婦が選ばれた。@@cutter 今回のランキングは、10~60代の男女1万2638名を対象に、株式会社CMサイトが行ったインターネットリサーチ結果を集計したもの。  断トツの5077票を獲得したのは、今月結婚を発表したばかりの山里&蒼井夫妻だ。キューピッドとなったのは、山里の相方のしずちゃんこと山崎静代。令和初のビッグカップルに「朝ニュースを聞いて飛び起きた」「ドッキリだと思ったら本当だった。交際の報道もなかったし、交際期間の短さにもビックリ」といったコメントが寄せられた。  続く2位は、アンジャッシュの渡部建と女優の佐々木希だった。ブランド展示会で知り合いになり、仲間内での食事会を通して交際に発展。2017年に結婚し、翌年には第一子となる男児が誕生した。また、おそろいの白いTシャツを着てインスタグラムで報告したのも印象的だ。絶世の美女と結ばれた渡部には「普通に『えっ!?接点どこ?』って驚いた」「あまりに美人をもっていったから」といったコメントが寄せられた。  3位は、バナナマンの日村勇紀と元NHKアナウンサーの神田愛花。クイズ番組での共演がきっかけで交際に発展。3年の交際を経て2018年に結婚したが、相方の設楽統が婚姻届の証人欄にサインをしたことも話題に。選ばれた理由には「あの美人の神田愛花が…、なんでやねん!!!」「芸能界って出会いが少ないのかと思いました」といったコメントが寄せられた。  4位は2015年に結婚した爆笑問題・田中裕二&山口もえ 。5位は1998年結婚のとんねるず石橋貴明&鈴木保奈美。6位は、2005年に結婚したネプチューン名倉潤&渡辺満里奈夫妻が入っている。  以下のランキングは、7位が石橋の相方・木梨憲武と安田成美夫妻、8位がTake2深沢邦之&田中美佐子夫妻、9位がFUJIWARA藤本敏史&木下優樹菜、10位がナインティナイン矢部浩之&青木裕子となった。

  • (左から)向井理、斎藤工

    向井理、山下智久、斎藤工…「医者役が似合う20~30代俳優」ランキング

    エンタメ

     俳優の向井理が、「医者役が似合うと思う20~30代俳優ランキング」で見事1位に輝いた。2位は山下智久、3位には斎藤工が続いた。@@cutter 今回のランキングは、10~60代の男女1万763名を対象に、株式会社CMサイトが行ったインターネットリサーチの結果を集計したもの。  1位となった向井。現在ドラマ『わたし、定時で帰ります。』(TBS系/毎週火曜22時)の種田晃太郎役でファンのハートを掴んでいるが、今回特に注目を浴びたのは、主演を務めた2012年放送のドラマ『サマーレスキュー~天空の診療所~』(TBS系)で演じた速水圭吾役。大学附属病院の心臓外科医で働くエース速水は優しげなオーラが全開で、いかにも患者さんから好かれそうな雰囲気だった。ファンからは「知的で優しいルックスなので合うと思います」「医者ならではの小難しい顔つきも似合う」「見た目が信頼できそう」 などの声が挙がった。  2位は山下。なんといっても、主人公・藍沢耕作として出演したドラマ『コード・ブルー-ドクターヘリ緊急救命-』(フジテレビ系)の印象が強い。日本初にして唯一のドクターヘリをテーマに取り上げたドラマだが、その人気から3rd seasonまで放送され、2018年には劇場版が公開された。「コードブルーがかっこよすぎた」「知的でクールなイメージがあるから」「ドクターヘリに乗ってる姿がカッコイイ」など絶賛の理由が寄せられた。  3位の斎藤は、フジテレビの連続ドラマ初主演作となった2015年のドラマ『医師たちの恋愛事情』でセクシーな外科医・守田春樹役を演じ話題に。「やり手の医者。オペとか得意そう」「医者の役をしてから、ファンになった」「小児科医の役がすごく良かった!」。なお斎藤は、今期のドラマ『東京独身男子』(テレビ朝日系)で、医師ではなく審美歯科医を演じていた。  4位はリアルな出産の現場を描いて注目を集めたドラマ『コウノドリ』(TBS系)で主演を務めた綾野剛。5位は2018年ドラマ『ブラックペアン』(TBS系)で変わり者ながら腕は確かな天才外科医・渡海征司郎を演じた二宮和也。6位の岡田准一は、今年テレビ朝日開局60周年を記念して放送された不朽の名作『白い巨塔』での主演を果たしたばかり。  以下順位は、7位・坂口健太郎、8位・松山ケンイチ、9位・滝沢秀明、10位・星野源という結果になった。

  • (左から)田中圭、西島秀俊

    渋谷の女子高生が選ぶ! 「お父さんにしたい俳優」ランキング

    エンタメ

     俳優の田中圭が「渋谷JKが選ぶお父さんにしたい芸能人TOP10」で1位に輝いた。2位には西島秀俊、3位には木村拓哉がランクインしている。@@cutter 今回のランキングは(株)アイ・エヌ・ジーが渋谷に訪れた女子高校生130名を対象に実施した調査にもとづくもの。  第1位は2018年放送のドラマ『おっさんずラブ』(テレビ朝日系)で大ブレイクした田中圭。プライベートでは2011年に結婚し、現在放送中のドラマ『あなたの番です』(日本テレビ系/毎週日曜22時30分)では、原田知世と夫婦役を務めている。近年、バラエティ番組でも活躍する彼について、アンケートでは「かっこよくて優しそう」という意見も上がっていた。  第2位はドラマ『きのう何食べた?』(テレビ東京系/毎週金曜24時12分)や、公開中の映画『空母いぶき』など主演作が相次ぐ西島秀俊。ラブストーリーから時代劇、刑事ドラマなど確かな演技力で多彩なジャンルの作品に出演する彼も、私生活では2014年に結婚。今では2人の子どもの父親だ。  第3位は2020年放送予定のドラマ『教場』(フジテレビ系)での主演が決定した俳優の木村拓哉。2018年に彼の次女Koki,がモデルとしてデビューしたことから、父親としての好印象が高まったと言える。  以下は同率4位に小栗旬とムロツヨシ、同率で6位で内村光良、菅田将暉、藤本敏史(FUJIWARA)、賀来賢人、そして同率10位で反町隆史と向井理という順位になっている。

  • (左から)松坂桃李、田中圭

    松坂桃李1位、田中圭が2位「結婚したい男性俳優」トップ10!

    エンタメ

     7日放送の『ヒルナンデス!』(日本テレビ系/毎週月曜~金曜11時55分)内のコーナー「超限定マーケティング」で、「20~30代女性に聞いた 結婚したい男性俳優 トップ10」が発表された。@@cutter 第1位は現在放送中のドラマ『パーフェクトワールド』(カンテレ・フジテレビ系/毎週火曜21時)で主演を務めている松坂桃李。松坂は現在公開中の時代劇映画『居眠り磐音』のほか、さらに6月28日公開の映画『新聞記者』など主演作の公開ラッシュで、まさに絶好調。    第2位は2018年放送のドラマ『おっさんずラブ』(テレビ朝日系)で大ブレイクを果たした田中圭。田中も現在放送中のドラマ『あなたの番です』(日本テレビ系/毎週日曜22時30分)で主演を務めるほか、夏には主演を務める『劇場版 おっさんずラブ 〜LOVE or DEAD〜』の公開が待機中。また9月には三谷幸喜が監督・脚本を務めるコメディ映画『記憶にございません!』への出演も決定している。    第3位には連続テレビ小説『ひよっこ』(NHK総合)やドラマ『過保護のカホコ』(日本テレビ系)でブレイクした竹内涼真がランクイン。2019年9月には映画『初恋ロスタイム』、2020年には『太陽は動かない』の公開が予定されている。  続く第4位は連続テレビ小説『なつぞら』(NHK総合/月曜〜土曜8時ほか)の天陽役で注目を集める吉沢亮。2020年には『一度死んでみた(仮)』、『さくら』の2本の映画への出演がすでに決定。第5位には、ドラマ『きのう何食べた?』(テレビ東京系/毎週金曜24時12分)での内田聖陽との共演も話題の西島秀俊。現在公開中の映画『空母いぶき』で主演を務めているほか、9月公開予定の『任侠学園』でも主役を務める。  以下第6位は高橋一生、第7位には中村倫也の名前が。第8位〜第10位には菅田将暉、窪田正孝、竹野内豊がランクインしている。

  • (左から)安藤サクラ、のん、波瑠

    人気女優の登竜門! 「朝ドラ」ヒロインランキングTOP10

    エンタメ

     女優の安藤サクラが、「演技力に魅せられた!朝ドラヒロインランキング」で1位に輝いた。2位にのん、3位には波瑠がランクインした。@@cutter 今回のランキングは、株式会社CMサイトが、10~60代の男女1万1490名を対象に、2000年以降のNHK連続テレビ小説(通称“朝ドラ”)において「演技力に魅せられたヒロイン」をインターネットリサーチ結果を集計したもの。  第1位は“インスタントラーメン”を生み出した夫婦の知られざる物語を描いた『まんぷく』より、ヒロイン福子を演じた安藤が選ばれた。「演技力の高さという点ではズバ抜けている」「『次も観たいな』と思わせる女優さんです」「何者にでもなれる演技力の持ち主。さすが日本アカデミー賞に選ばれた女優」といった声が挙がり、ストーリーの面白さはもちろん、安藤の高い演技力が今回の結果につながったようだ。  第2位は脚本家・宮藤官九郎が故郷の東北を舞台に描いた人情喜劇『あまちゃん』からのんがランクイン。「役柄がぴったりで、このドラマを社会現象にした立役者」「一生懸命な演技が良かった!まだまだ活躍してほしい」「兵庫県民とは思えないほど、東北弁のが上手だった」と、かわいらしく一生懸命なキャラクター性が、高い評価を受けている。  第3位は幕末から明治を生き抜いた女性実業家を描いた『あさが来た』から波瑠。「もっとおっとりしたイメージだったが、保険会社の女社長としてしっかりした女性を上手に演じていた」「若い時から高齢までしっかり演技ができていた」「朝から笑えるドラマで次の日が待ち遠しく、放送が終わったときはロスになりました」といった意見が集まった。  以下、4位は尾野真千子(『カーネーション』)、5位は有村架純(『ひよっこ』)、6位は高畑充希(『とと姉ちゃん』)、7位は松下奈緒(『ゲゲゲの女房』)、8位は杏(『ごちそうさん』)、9位は広瀬すず(『なつぞら』)、10位は国仲涼子(『ちゅらさん』)という結果になった。

  • (左から)新垣結衣、有村架純

    新垣結衣1位、有村架純が2位「ウエディングドレスが似合う女優ランキング」

    エンタメ

     女優の新垣結衣が、「ウエディングドレスが似合うと思う女優」で1位に輝いた。2位に有村架純、3位には広瀬すずがランクインした。@@cutter 今回のランキングは、10~60代の男女1万2020名を対象に、株式会社CMサイトが行ったインターネットリサーチ結果を集計したもの。  TBS系ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』で、とびきりキュートなウエディングドレス姿を見せたことが記憶に新しい新垣が1位に選ばれた。「30代とは思えない美しさ。純白のドレスを着たら無敵」「背が高くスタイルが良いし、顔も美しい。これ以上ない」「文句なしでナンバーワンだと思います」と、老若男女問わず多くの声が挙がった。  第2位の有村については「涼しげで清楚な顔だちだし、似合いそう」「一途なイメージがあるので、ウエディングドレスがぴったり」「架純ちゃんの花嫁姿は見たくないけど、きっと純白が似合うと思う」と、NHK連続テレビ小説『ひよっこ』の続編である『ひよっこ2』でのウエディングドレス姿が印象深いようだ。  第3位の広瀬は「可愛いし、とにかく清潔感があります」「綺麗な女優さんはたくさんいるけど、一番清純な感じがする」「若くてお肌もきれいなので間違いない!」といった意見が寄せられた。映画『先生! 、、、好きになってもいいですか?』では、広瀬の若々しさとあどけなさの残るウエディングドレス姿が披露されている。  そのほか、4位は桐谷美玲、5位は山本美月、6位は土屋太鳳、7位は広瀬アリス、8位は武井咲、9位は波瑠、10位は吉岡里帆という結果になった。

  • (左から)広瀬すず、有村架純

    広瀬すず1位、有村架純が2位「制服姿が見たい20代女優ランキング」

    エンタメ

     女優の広瀬すずが、「制服姿を見たいと思う20代女優ランキング!」で1位に輝いた。2位に有村架純、3位には土屋太鳳がランクインした。@@cutter 今回のランキングは、10~60代の男女1万1402名を対象に、株式会社CMサイトが行ったインターネットリサーチ結果を集計したもの。  現在放送中のNHK連続テレビ小説『なつぞら』(NHK総合/月曜~土曜8時ほか)で主演を務める広瀬が1位に選ばれた。ランキングの中では最年少だが、「まだまだ現役感が満載だから」「初々しさがあるし、制服を着ても全く違和感がない」「オトナの魅力が増してきたけど、それはそれで似合ってしまいそう」とピュアなかわいさも残しつつ、大人の魅力が増してどんどんキレイになっているのが理由に挙げられた。  2位の有村については「最近のドラマを見て、可愛いと思った!制服も純粋そうで絶対似合いそう」「日本的な可愛さがあるし、昔ながらの制服を着てほしい」「もう一度『ビリギャル』の制服姿が見たい」 と映画『ビリギャル』(2015年)での制服姿が印象に残っているユーザーの意見も寄せられた。  3位の土屋は「映画で見て、とても似合っていたから」「クラスに一人いた、あこがれの女子のイメージです」「見た目というか、あの明るい感じが制服を着てもいけそう」 とレギュラーを務める『ぐるぐるナインティナイン』(日本テレビ系/毎週木曜19時56分)の「グルメチキンレース・ゴチになります!」で披露している制服姿も印象的な様子だ。  そのほか、4位は本田翼、5位は吉岡里帆、6位が川口春奈、7位が広瀬アリス、8位が中条あやみ、9位が桜井日奈子、10位川栄李奈という結果になった。

  • (左から)竹野内豊、斎藤工

    竹野内豊が1位、斎藤工2位 「魅力的だと思う独身俳優ランキング」

    エンタメ

     俳優の竹野内豊が「魅力的だと思う独身俳優ランキング!」の第1位に輝いた。第2位には斎藤工、第3位に小泉孝太郎が続いている。@@cutter 今回の結果は、ランキングサイト「ランキングー」が、「魅力的だと思う独身俳優」というテーマのもと、10代~60代の女性5019人に対して実施した調査に基づくものだ。  第1位に輝いた竹野内。昨年もドラマ『義母と娘のブルース』(TBS系)、映画『孤狼の血』で多くのファンを魅了し、「年齢を重ねて一段と魅力的になったと思います」「渋くて『大人の男性』って感じです!」「声がカッコイイし、包容力もある」といった声が集まっている。  第2位の斎藤は、2019年もドラマ、映画と大活躍。集まった意見では「絶対に結婚しないでほしい」「あの雰囲気で茶目っ気もあるのがもう大好き」「色気があってたまりません!」など、大人の色気にファンも夢中となっているようだ。  第3位の小泉には「誠実そうな方なので惹かれます」「いくつになっても爽やかで、好青年!」「育ちの良さが滲み出ていて魅力的」と、爽やかさ、品のある雰囲気を支持する意見が寄せられている。  第4位は、トップ10の中で最年少の松坂桃李、第5位は、4月スタートの斎藤と同じくドラマ『東京独身男子』で“あえて結婚しない男子”を演じる高橋一生、第6位は、2019年に51歳を迎えた佐々木蔵之介。そのほか、第7位は長瀬智也、第8位は長谷川博己、第9位は大沢たかお、第10位は綾野剛が続いた。

  • 宮崎駿監督作『千と千尋の神隠し』より

    ジブリ、ハリポタ、タイタニック…「平成の大ヒット映画」を振り返る!

    映画

     いよいよ平成が終わり、令和が始まる。平成の約31年間で、どんな映画が、どれほどの興行収入を打ち立てヒットしたのだろうか。そこで今回は、興行通信社が発表する「歴代興収ベスト100」を参考に、平成に日本国内で大ヒットを飛ばした作品を「平成ヒット映画」と定義し、振り返っていきたい。@@cutter■ 「ジブリ」「ハリポタ」が席巻  平成映画を語る上で欠かせないのが、スタジオジブリの存在だ。1985年の設立以降、『天空の城ラピュタ』(1986)、『となりのトトロ』(1988)、『火垂るの墓』(1988)など名作を生み出したが、平成に入ってもその勢いは止まらず。  その中でも最高のヒットとなったのが、少女が神々の世界に迷い込んでしまう物語、『千と千尋の神隠し』だ。宮崎監督が手がけ2001年に公開された本作は、1年以上のロングラン公開を記録し、興収308億円を記録。ベルリン国際映画祭の金熊賞、米アカデミー賞の長編アニメ映画賞など、名だたる賞を受賞。平成のみならず日本の歴代興行収入1位に君臨し、その記録は今のところ破られる気配がない。 @@insert1  ほかにも、ジブリ映画では木村拓哉が声優を務めたことが話題となった『ハウルの動く城』(2004年公開、興行収入196億円)、『もののけ姫』(1997年公開、興行収入193億円)の2作品が平成映画のベスト10内にランクイン。それ以下も『崖の上のポニョ』(2008年公開、興行収入155億円)、『風立ちぬ』(2013年公開、興行収入120.2億円)が100億円以上を叩き出し、ジブリの存在感は圧倒的だ。  一方、洋画で存在感を示しているのが、『ハリー・ポッター』シリーズ。イギリスの作家 J・K・ローリングによる原作小説も世界的ベストセラーで、シリーズのファンを指す“ポッタリアン”という呼称が生まれた。満を持して公開された映画第1作『ハリー・ポッターと賢者の石』(2001年公開、興行収入203億円)は日本でも記録的大ヒット。第2作『秘密の部屋』、第3作『アズカバンの囚人』も平成の興行収入トップ20に入っている。主人公のハリー役ダニエル・ラドクリフ、ハーマイオニー役のエマ・ワトソンら子役は、同シリーズで大ブレイクを果たした。 @@insert2 ■ 『タイタニック』『アバター』…J・キャメロンによるエポックメイキングな2作  次に注目したいのが、ジェームズ・キャメロン監督の2作。まずは『千と千尋~』に抜かれるまで、日本の興行収入で1位の座を守り続けた『タイタニック』(1997年公開、262億円)。同作は1912年に起きた英国客船タイタニック号沈没事件を元に、貧しい青年ジャックと上流階級の娘ローズの悲恋を描いたラブロマンスで、米アカデミー賞11部門を受賞。日本では、若い女性を中心に大ヒットし、“レオ様”ことレオナルド・ディカプリオは、アイドル的人気を獲得した。 @@insert3  本作ではタイタニック号の一部描写にCGが使用され、船上の人物もCGで再現されたことに、言われるまで気づかなかった観客も多いはず。スティーブン・スピルバーグ監督が『ジュラシック・パーク』(1993年公開、128.5億円)で、絶滅した恐竜をまるで生きているかのようにCGで見事に再現し、観客の度肝を抜いたが、数年後、再び『タイタニック』のCG描写が観客を驚かせることになった。  『タイタニック』から約12年後、キャメロンはデジタル3D映画のエポックメイキング的作品『アバター』(2009年公開、156億円)も世に送り出した。この作品の大ヒット以降、日本でデジタル3Dに注目が集まり、一気に普及。その翌年、月刊誌「日経トレンディ」が選ぶ、「2010ヒット商品ベスト30」で「3D映画」が2位に選出された。@@separator■ テレビ局発の映画が続々 象徴的な『踊る大捜査線』シリーズ  アニメ、実写洋画がランキングを席巻する中、実写邦画で孤軍奮闘の状態なのがフジテレビの同名ドラマの映画化『踊る大捜査線』シリーズ。ランキングで8位に入った『踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ!』(2003年公開、興行収入173.5億円)は、長らく実写邦画1位の座にあった『南極物語』(1983年公開、110億円)を抜き、現在の実写邦画歴代1位。俳優の織田裕二が演じた主人公のセリフ、「レインボーブリッジ、封鎖できません!」はあまりにも有名だ。  その5年前に公開された劇場版第1作『踊る大捜査線 THE MOVIE』(1998年公開、101億円)も、平成全体で29位にランクイン。『踊る』シリーズはスピンオフを含めてこれまでに計6作の映画が作られ、テレビ局発、テレビドラマ発の映画が多数作られた平成を象徴するシリーズとなった。 ■ “平成最後の大ヒット” 『ボヘミアン・ラプソディ』はどこまで伸びる? @@insert4  そして平成最後に大ヒットといえるのが、「ウィー・ウィル・ロック・ユー」「伝説のチャンピオン」などの名曲で知られるロックバンド・クイーンの伝記映画、昨年公開の『ボヘミアン・ラプソディ』だ。リアルタイムで彼らの音楽に慣れ親しんだ世代から10代の若者まで、幅広い世代に熱狂的ファンを生み出している。昨年11月9日に公開され、4月12日現在興行収入は128.5億円。配信が開始した今なお劇場公開中で、今後ランキングでどこまで食い込めるかが注目だ。  以上、平成ヒット映画を振り返ってきた。令和はどんな時代になり、そしてどんなヒット作が生まれるのだろうか。(文:安保有希子)

  • (左から)長澤まさみ、新垣結衣

    長澤まさみ1位、新垣結衣が2位! 「汗をかく姿が美しそうなタレント」

    エンタメ

     女優の長澤まさみが、営業職女性500名が選ぶ「汗をかく姿が美しそうなタレント」の1位に輝いた。2位には新垣結衣、3位には北川景子・土屋太鳳が選ばれた。@@cutter 今回の結果は、株式会社カネボウ化粧品が、2019年2月12日~2月13日の間に、20~30代の営業職女性500名を対象にインターネット調査を実施し、「酷暑の汗対策に関する調査結果」を集計したもの。  「汗」と関連して、「汗をかく姿が美しそうなタレント」を聞いた結果、最も票を集めたのが長澤。選ばれた理由については「汗をかいても清潔感があって、きれいだから」「明るくて元気でアクティブな感じがするから」「健康的でセクシーなイメージなので汗が似合いそう」という意見が寄せられた。清潔感があり、健康的なスポーティなイメージが支持されているそうだ。  続く2位は新垣。「青と白が似合う爽やかなイメージがある」「素肌が綺麗だから」「ナチュラルで薄化粧でも綺麗だと感じるから」といった、新垣の持つ爽やかさや素肌の綺麗さが票を集めた決め手となった。  3位の土屋については「体育会系のイメージがあるので」「天真爛漫で汗をかいても美しい感じがするから」などの意見が。そして、土屋と同数の票を集めた北川には「働く女性からの支持が高そうだから」「健康的で、汗をかいても綺麗な印象」といった理由が挙がった。5位には菜々緒、6位には上戸彩・本田翼がランクインした。

  • 佐藤健

    佐藤健の主演作が1位! 「好きな平成仮面ライダー」ランキング

    エンタメ

     平成も残り1ヵ月を切ったが、「あなたが好きな『平成仮面ライダー』ランキング」において、『仮面ライダー電王』が1位に輝いた。2位には『仮面ライダークウガ』、3位には『仮面ライダーアギト』が続いている。@@cutter 今回の結果は、ランキングサイト「ランキングー」が、「あなたが好きな『平成仮面ライダー』」というテーマのもと、10代~60代の男女8048人に対して実施した調査に基づくもの。  見事1位に選ばれた作品は、佐藤健が主演を務める『仮面ライダー電王』。佐藤が映画『平成仮面ライダー20作記念 仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER』に出演したことでも話題になった本作。豪華な声優陣がイマジン(怪人の総称)を演じたことにより、女性からの支持も圧倒的に多く、関連商品や映像作品も数多く作られている。  第2位はオダギリジョー主演の平成ライダー第1作『仮面ライダークウガ』。約10年の休止期間を経てテレビシリーズが制作された背景もあり、子どもだけでなく特撮好きの大人も魅了した。男性からの支持が最も高かった作品だ。  第3位は、賀集利樹、要潤らがライダーを演じた平成ライダー2作目の『仮面ライダーアギト』。「すでに仮面ライダーである男」であるアギト、「仮面ライダーになろうとする男」G3、「仮面ライダーになってしまった男」ギルス、3人の仮面ライダーの群像劇。G3役の要潤の初々しい熱演も見どころだ。  第4位には平成ライダー第3作目、『仮面ライダー龍騎』。「戦わなければ生き残れない!」という、ライダー同士の戦いを描いた作品。第5位には水嶋ヒロ主演の『仮面ライダーカブト』、第6位はアニメ『新世紀ヱヴァンゲリオン』の監督である庵野秀明も大ファンだという『仮面ライダー555』。  第7位は福士蒼汰主演の『仮面ライダーフォーゼ』、第8位は菅田将暉と桐山漣がダブル主演を務めた『仮面ライダーW』、第9位は竹内涼真主演の『仮面ライダードライブ』、第10位は初変身時の見た目が「2頭身」と衝撃的だった『仮面ライダーエグゼイド』がランクインしている。

  • 松坂桃李

    松坂桃李の出演作が1位に! 「好きな平成スーパー戦隊」ランキング

    エンタメ

     「好きな『平成スーパー戦隊』ランキング」において、俳優の松坂桃李が主演した『侍戦隊シンケンジャー』が1位に輝いた。2位には『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー』、3位には『百獣戦隊ガオレンジャー』が続いている。@@cutter テレビ朝日系で放送され、40年以上の歴史がある「スーパー戦隊」シリーズ。今回の結果は、ランキングサイト「ランキングー」が、「あなたが好きな【平成・スーパー戦隊】」というテーマのもと、10~50代の男女6753名に対して実施した調査に基づくもの。  子どもも大人も夢中になる『スーパー戦隊』。第1位に輝いた『侍戦隊シンケンジャー』は、2009年から放送されたシリーズ33作目となる作品。「侍」をモチーフにした本作ならではの本格的な殺陣シーンで話題を集めた。さらに、シンケンレッド役の松坂の出演など、40代女性からダントツの支持を集めたという。  第2位の『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー』は、昨年2018年から放送されたシリーズ42作目。20代男性、40代男性票では1番人気となっている。第3位の『百獣戦隊ガオレンジャー』は2001年から放送されたシリーズ25作目。俳優の玉山鉄二、現在は「純烈」リーダーとして活躍する酒井一圭、Hey! Say! JUMPの有岡大貴も子役として出演するなど、現在も活躍中の俳優・アイドルが多数出演している。  第4位は、2014年から放送されたシリーズ38作目『烈車戦隊トッキュウジャー』。志尊淳、横浜流星らの出演あってか、30代女性の人気1位を獲得した。第5位は、2011年から放送されたシリーズ35作目『海賊戦隊ゴーカイジャー』。ゴーカイブルー役を演じた山田裕貴も、NHK連続テレビ小説『なつぞら』出演中など、今もなお活躍中だ。  第6位は、2002年から放送された『忍風戦隊ハリケンジャー』、第7位は2004年から放送された『特捜戦隊デカレンジャー』、第8位は、2000年から放送された『未来戦隊タイムレンジャー』、第9位は、1994年から放送された『忍者戦隊カクレンジャー』、第10位は、1999年から放送された『救急戦隊ゴーゴーファイブ』がそれぞれ並んでいる。

  • (左から)広瀬すず、浜辺美波

    広瀬すず、浜辺美波の主演作も! 今春ドラマ期待度ランキングTOP10

    エンタメ

     女優の広瀬すずがヒロインを演じる連続テレビ小説『なつぞら』(NHK総合/月曜~土曜8時ほか)が、2019年春ドラマ期待度ランキングにおいて見事1位を獲得した。2位には『きのう何食べた?』(テレビ東京系/毎週金曜24時12分)、3位には『わたし、定時で帰ります。』(TBS系/4月16日より毎週火曜22時)が続いている。@@cutter 今回の結果は、国内最大級の映画とドラマのレビューサービス「Filmarks(フィルマークス)」が、2019年3月31日までのサービス内データに基づきランキング化したもの。  4月1日より放送中の“朝ドラ”『なつぞら』が堂々1位を獲得。2位にはよしながふみによる人気漫画を実写化し、西島秀俊と内野聖陽がダブル主演を務める『きのう何食べた?』、3位には朱野帰子による小説をもとにした“残業ゼロ生活”を描く吉高由里子主演の『わたし、定時で帰ります。』と、注目度の高い作品がピックアップされている。  続いて4位には、1作目が反響を呼んだ浜辺美波主演作『賭ケグルイ season2』(MBS/毎週日曜25時50分、TBS/毎週火曜25時30分)、5位には高橋一生、斎藤工、滝藤賢一が“あえて結婚しない男子”=AK男子を演じる『東京独身男子』(テレビ朝日系/4月13日より毎週土曜23時15分)、6位には窪田正孝、鈴木伸之など豪華キャストが出演する月9ドラマ『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』(フジテレビ系/4月8日より毎週月曜21時)がランクイン。  7位に二階堂ふみ、亀梨和也がダブル主演を務める『ストロベリーナイト・サーガ』(フジテレビ系/4月11日より毎週木曜22時)、8位には松坂桃李が主演を務める『パーフェクトワールド』(カンテレ・フジテレビ系/4月16日より毎週火曜21時)、9位は田中圭と原田知世がダブル主演を務める『あなたの番です』(日本テレビ系/4月14日より毎週日曜22時30分)、10位には山下智久が主演する『インハンド』(TBS系/4月12日より毎週金曜22時)と続いている。

  • (左から)長澤まさみ、浜辺美波

    長澤まさみ、浜辺美波の主演作も! この春観たい「邦画」ランキング

    映画

     20~50代の男女が選ぶ「この春に観たい『邦画』ランキング!」が発表され、第1位に劇場版『名探偵コナン 紺青の拳(フィスト)』が輝いた。第2位は『コンフィデンスマンJP』、3位は『キングダム』が選ばれた。@@cutter 今回の結果は「株式会社CMサイト」が2019年3月7日、インターネットリサーチを実施。20~50代の男女8194名の有効回答を集計したもの。  第1位の『紺青の拳』(4月12日公開)は、劇場版『名探偵コナン』シリーズ第23弾となる最新作。劇場版シリーズ初の海外・シンガポールを舞台にコナン君、怪盗キッド、劇場版初登場の京極真が三つ巴のバトルを繰り広げる。第2位の『コンフィデンスマンJP』(5月17日公開)は、痛快エンターテインメントコメディードラマとして放送された、フジテレビ月9ドラマの映画化。主演には長澤まさみ、東出昌大、小日向文世が名を連ねている。第3位の『キングダム』(4月19日公開)は、原作コミックの累計発行部数が3800万部を突破する大人気作品。山﨑賢人、吉沢亮、長澤まさみら豪華俳優陣が、古代中華戦国大河ロマンを紡いでいく。  第4位の『空母いぶき』(5月24日公開)は、累計350万部突破のベストセラーコミックが、西島秀俊、佐々木蔵之介をはじめとした俳優陣によって初の実写映画化を果たした。第5位の『貞子』(5月24日公開)では、ジャパニーズ・ホラーブームおよび、貞子というホラーアイコンを生み出した映画『リング』で監督を務めた中田秀夫が再びメガホンを取る。  第6位は『麻雀放浪記2020』(4月5日公開)、第7位は『チア男子!!』(5月10日公開)、第8位は公開中の『えいがのおそ松さん』、第9位『映画 賭ケグルイ』(5月3日公開)、第10位は『パラレルワールド・ラブストーリー』(5月31日公開)がそれぞれランクインしている。

  • (左から)千鳥ノブ、内村光良、有吉弘行

    1位は千鳥ノブじゃ! 「一緒に飲みたいお笑い芸人」トップ10が決定

    エンタメ

     お笑いコンビ・千鳥のノブが「一緒に飲みたい芸人」の1位に選ばれた。2位には出川哲郎、3位にはサンドウィッチマンの伊達みきお、有吉弘行が続いている。@@cutter 今回の結果は、株式会社リクルートライフスタイルが企画編集するクーポンマガジン『HOT PEPPER』が2019年1月30日~31日まで「飲みたい有名人ランキング 2019」をインターネットリサーチにより実施し、全国20~30代男女の2027人の回答を集計した結果に基づくもの。  数多くの芸人がいる中、見事1位に選ばれたのは「クセが強いんじゃ!」といった独特のツッコミが特徴の千鳥ノブ。2位には『世界の果てまでイッテQ』(日本テレビ系/毎週日曜19時58分)をはじめとするバラエティー番組で体を張った活躍を見せる出川。続く3位にはドーナツは真ん中が空いているのでカロリーゼロ!と言い張る「カロリーゼロ理論」が大きな話題となったサンドウィッチマンの伊達、毒舌芸人の元祖とも言える有吉が同率でランクイン。  続いて、同率5位には博多華丸、博多大吉がコンビそろって登場。7位にはノブの相方・大悟、8位にはウッチャンナンチャンの内村光良、同率9位には志村けん、アンジャッシュ・渡部建と面白く、話上手なイメージのある芸人が続いている。  なお、「一緒に飲みたくない芸人」1位には『水曜日のダウンタウン』(TBS系/毎週水曜22時)での言動や、ツイッターでの書き込みが毎回のように波紋を広げるお笑いトリオ・安田大サーカスのクロちゃん、2位にはコロコロチキチキペッパーズのナダル、3位には江頭2:50といった個性的な面々が出揃っている。

  • (左から)山口智子、松嶋菜々子

    山口智子、松嶋菜々子!「好きな90年代ドラマ」女優ランキング

    エンタメ

     女優の山口智子が、約1万人が選ぶ「好きな90年代ドラマヒロイン」の第1位に輝いた。第2位には松嶋菜々子、第3位には常盤貴子が選ばれている。@@cutter 今回の結果は、「株式会社CMサイト」が2019年2月28日、インターネットリサーチを実施。30~60代の男女を対象に、有効サンプルを集計したもの。  回答者1万978名に「好きな90年代ドラマヒロイン」をきいたところ、『ロングバケーション』(フジテレビ系)の葉山南役、『29歳のクリスマス』(同系)の矢吹典子役などで知られる山口が第1位となった。「全く違う人物を演じ分けることができ、すごい女優さんだと衝撃を受けた」「自然体で、今でも素敵です」「90年代ドラマ最高作品ロンバケの最強ヒロイン」という声が集まった。  第2位は、『GTO』(フジテレビ系)の冬月あずさ役、『救命病棟24時』(同系)シリーズの小島楓役、『魔女の条件』(TBS系)広瀬未知役で知られる松嶋。第3位は、『愛していると言ってくれ』(同系)の水野紘子役、『悪魔のKISS』(フジテレビ系)柘茉莉子役などで知られる常盤がランクインした。  続く第4位は、『踊る大捜査線』(フジテレビ系)シリーズの恩田すみれ役が印象的な深津絵里。第5位は『甘い生活』(日本テレビ系)、『氷の世界』(フジテレビ系)などがある内田有紀、第6位は『ピュア』『バージンロード』(ともにフジテレビ系)などの和久井映見、第7位は石田ゆり子、第8位は中山美穂、第9位は小泉今日子、第10位は『高校教師』の桜井幸子など、90年代のドラマを代表する顔ぶれが名を連ねている。

  • (左から)斎藤工、西島秀俊

    斎藤工、西島秀俊、ディーン・フジオカ…「抱かれたい男」2019が決定!

    エンタメ

     俳優の斎藤工が、女性約2500人が選ぶ「抱かれたい男」ランキングの第1位に輝いた。第2位には西島秀俊、第3位にはディーン・フジオカが選ばれている。@@cutter 今回の結果は、株式会社CMサイトが2019年1月19日、インターネットリサーチを実施。10~40代の女性を対象に、有効サンプルを集計したもの。  回答者2575名に「抱かれたい男」を聞いたところ、ドラマ『昼顔』(フジテレビ系)でセクシーな姿を見せたかと思えば、バラエティー番組でお笑い芸人のギャグを本気でコピーするなど、幅広い一面を見せる斎藤が第1位に輝いた。「大人な感じがありながら子どもっぽい所もあるのが素敵」「カッコいいから。とにかく男の色気が半端ない」「どんどんセクシーになってきているから」といった意見が寄せられている。  第2位の西島には「顔も身体の締まりも申し分ないです」「何年も前からずーっと大好きで、タイプなので」「筋肉があって男性の魅力にあふれる人だから」といった声が。西島の肉体美に魅力を感じる女性が多く見受けられた。  3位は、NHK連続テレビ小説『あさが来た』で大ブレイクを果たした俳優・歌手のディーン・フジオカ。今回の調査では「この方にしか出せない大人の色気があるからです」「清潔感と品の良さを感じます、かっこいいです」「鍛えられた体を近くで見てみたい、というのもあります」という声が集まっている。  続く、第4位の松坂桃李は「桃季くんしかいません。ウブそうで可愛い」「かっこいいし、性格も良さそうだし、言うことないです」、第5位の福山雅治は「男性としての色気があります」「優しそう。いくつになってもかっこいい」「見た目も好きですが、声が特に好きです」といった意見とともにランクインを果たした。  以下、6位にはTOKIOのメンバーで俳優としても活躍する長瀬智也、7位は同率で竹内涼真と山下智久、9位は昨年結婚した玉木宏、10位には鈴木亮平が入っている。

  • (左から)天海祐希、米倉涼子、北川景子

    『家売るオンナの逆襲』北川景子もランクイン! 理想の“ビジネスウーマン”発表

    エンタメ

     女優の天海祐希、米倉涼子、北川景子が、就業女性1200名が選ぶ「働く女性のお手本となる理想のビジネスウーマン」のTOP3に輝いた。@@cutter 今回の結果は、「日本FP協会」が2019年2月15日~2月19日の5日間、インターネット調査を実施し、20代~50代の就業女性1200名の有効回答を集計したもの。  本ランキングでは、全国の就業女性に「働く女性のお手本となる理想のビジネスウーマン」のイメージにあてはまる女性有名人を聞いたところ、ドラマ『女王の教室』や『緊急取調室』などで知られる天海が、235票でダントツの1位に輝いている。  続く2位には『ドクターX ~外科医・大門未知子~』シリーズや『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』の米倉、そして3位には先日最終回を迎えた『家売るオンナの逆襲』の北川がランクインしている。  さらに、4位に『アンフェア』シリーズの篠原涼子、5位に『コウノドリ』『コールドケース』の吉田羊と続き、6位に真矢ミキ、7位に有働由美子、8位に綾瀬はるか、松嶋菜々子、10位に石原さとみ、木下優樹菜が並んだ。

  • (左から)ムロツヨシ、新垣結衣

    新垣結衣、ムロツヨシが1位! 「2人きりでデート飲みしたい有名人」

    エンタメ

     女優の新垣結衣、俳優のムロツヨシが「2人きりでデート飲みしたい有名人ランキング」の1位に選ばれた。男性部門の2位には菅田将暉、女性部門の2位には日本テレビアナウンサーの水卜麻美が続いている。@@cutter 今回の結果は、株式会社リクルートライフスタイルが企画編集するクーポンマガジン『HOT PEPPER』が2019年1月30日と31日の2日間、「飲みたい有名人ランキング 2019」をインターネットリサーチにより実施し、全国20~30代男女の2027人の回答を集計した結果に基づくもの。  「2人キリでデート飲みしたい有名人」の女性部門1位を獲得したのは新垣。昨年末のドラマ『獣になれない私たち』(日本テレビ系)ではアラサーOLを演じ、仕事終わりに行きつけのクラフトビールバーで披露する飲みっぷりもかわいらしかった。2位には元気で明るいイメージが強いアナウンサー・水卜、3位には数々のバラエティー番組で活躍する小島瑠璃子が続く。4位には同性からの支持も厚いフリーアナウンサーの田中みな実、5位にはドラマ『初めて恋をした日に読む話』(TBS系)で崖っぷち女子を熱演した深田恭子が選ばれる結果となっている。  一方の男性部門1位はドラマ『大恋愛~僕を忘れる君と』(TBS系)で繊細な演技を見せたムロツヨシとなった。2位は、1月クールのドラマ『3年A組-今から皆さんは、人質です-』(日本テレビ系)で見せるその壮絶な演技が毎週のように話題になった菅田、同率の3位には松坂桃李、中村倫也がランクインしている。続く同率5位には大泉洋、竹内涼真と、爽やかで優しいイメージのある俳優が名を連ねた。

  • (左から)新垣結衣、北川景子

    新垣結衣、北川景子も!「白衣姿にキュンとしそう」女性有名人ランキング

    エンタメ

     女優の新垣結衣が、男女1000名が選ぶ「『白衣姿をみたらキュンとしそう』と思うお医者さんのイメージにあてはまる有名人」ランキングで1位に輝いた。2位には北川景子、3位には石原さとみが選ばれている。また男性有名人の1位は福山雅治がトップとなっている。@@cutter 今回の結果は、「メディケア生命保険株式会社」が2019年2月15~18日の4日間、インターネットリサーチを実施。直近1年以内に病院・医院・診療所・クリニックを受診したことがある、全国の20歳~59歳男女(男性500名、女性500名、計1000名)の有効サンプルを集計したもの。  回答者1000名に「『白衣姿をみたらキュンとしそう』と思うお医者さんのイメージにあてはまる有名人」をきいたところ、ドラマ『コード・ブルー ‐ドクターヘリ緊急救命‐』(フジテレビ系)シリーズのフライトドクター役で、ブルーのスクラブ姿を披露した新垣が1位。2位は北川、3位はドラマ『アンナチュラル』(TBS系)の法医解剖医役で白衣姿を見せた石原がランクインする形となった。  続く4位は深田恭子、5位は米倉涼子、6位は綾瀬はるか、7位は有村架純、8位は橋本環奈、9位は戸田恵梨香、菜々緒が同率で名を連ねた。  一方、男性有名人の1位は、ドラマの物理学者役での白衣姿が印象深い福山。2位には、ドラマで小児科医を演じていた斎藤工と、フライトドクター役が記憶に新しい山下智久が同率でランクイン。続く4位は西島秀俊、5位は阿部寛、綾野剛、木村拓哉が同率、8位は高橋一生、竹野内豊が同率、10位は竹内涼真が並んでいる。

  • 高校生が選んだ「制服が似合う女性有名人」にランクインした(左から)橋本環奈、永野芽郁、広瀬すず

    永野芽郁が初のトップ! 高校生が選んだ「制服が似合う女性有名人」

    エンタメ

     女優の永野芽郁が、高校生が選ぶ「制服が似合う女性有名人」の1位に輝いた。2位には広瀬すず、3位には橋本環奈が選ばれている。また、男子高校生が選ぶ同ランキングでは広瀬、女子高校生では永野がトップとなった。@@cutter 今回の結果は、「株式会社トンボ」が2019年1月17日~1月21日の期間、インターネット調査を実施、15歳以上の高校生500名の有効回答を集計したもの。  同ランキングでは、全国の高校生に「制服が似合う女性有名人」を聞いたところ、テレビドラマ『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』(日本テレビ系)の生徒役や、NHKの連続テレビ小説『半分、青い。』、映画『俺物語!!』(2015)などにも出演した永野が、初の1位に輝いた。2位は、過去2年「制服の似合う女性有名人」でダントツ1位だった広瀬が高校生調査でもランクイン。3位には橋本が続いた。  4位には、人気バラエティ『ぐるぐるナインティナイン』(日本テレビ系/毎週木曜19時56分)の「ゴチになります!」新メンバーとなった土屋太鳳。さらに、今田美桜、有村架純、浜辺美波、川栄李奈、新垣結衣、杉咲花、小松菜奈といった、幅広いジャンルで活躍する女優たちが名を連ねた。  投票者の性別で集計したところ、男子高校生では広瀬が1位、僅差ながら橋本が2位を獲得。続く3位は永野、4位は有村、5位は浜辺が選ばれた。そして女子高校生では、1位に永野、2位に広瀬、3位に橋本。4位は今田、5位は土屋となった。

  • 高校生が選んだ「制服が似合う男性有名人」にランクインした(左から)菅田将暉、山崎賢人

    菅田将暉、山崎賢人がランクイン! 高校生が選ぶ「制服が似合う男性有名人」

    エンタメ

     俳優の菅田将暉が、高校生が選ぶ「制服が似合う男性有名人」の1位に輝いた。2位には山崎賢人、3位にはKing & Prince平野紫耀、伊藤健太郎が選ばれている。また、男子高校生が選ぶ同ランキングでは菅田、女子高校生では山崎がトップとなった。@@cutter 今回の結果は、「株式会社トンボ」が2019年1月17日~1月21日の期間、インターネット調査を実施、15歳以上の高校生500名の有効回答を集計したもの。  全国の高校生に「制服が似合う男性有名人」を聞いたところ、人気俳優・菅田、山崎が3年連続でTOP3入りを果たした。3位には高校生に人気の映画『ういらぶ。』に出演する平野と伊藤が同率でランクイン。  続く5位は竹内涼真、6位は中川大志、7位は片寄涼太、岡田健史、9位は福士蒼汰、10位は千葉雄大が食い込んだ。本結果では、昨年度1位だった福士が9位となり、学園を舞台にした作品に出演する新たな顔ぶれが続々名を連ねた。  また男女別での集計では、男子高校生の選んだ1位が菅田、2位に竹内、3位に福士。そして女子高校生では、1位に山崎が選ばれ、2位にやはり平野、伊藤が並んだ。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access