ウォルト・ディズニー 関連記事

  • 映画『メリー・ポピンズ リターンズ』場面写真

    蘇る『メリー・ポピンズ』ウォルト・ディズニーの意志を受け継ぐ表現方法に注目

    映 画

     ディズニーの名作『メリー・ポピンズ』の続編となる映画『メリー・ポピンズ リターンズ』から、前作での“実写とアニメーションの融合”を受け継いだ場面写真が公開された。@@cutter 本作は、パメラ・L・トラヴァースの小説『メアリー・ポピンズ』を基に、1964年に公開されてアカデミー賞13部門ノミネート、5部門を受賞したディズニー映画『メリー・ポピンズ』のその後を描く物語。前作から20年を経た大恐慌時代のロンドンを舞台に、魔法使いのポピンズが母親を失ったバンクス家に舞い降り数々の魔法を繰り広げる。  公開された場面写真では、手描きアニメーションで描かれた犬の御者が引く白馬の馬車や、ばらの花咲く緑の美しい野原を背景に、外出用の衣服に身を包んだバンクス家の子どもたちや、ピンクの豪華なドレス姿のポピンズがたたずむ様子を描写。アニメの背景の中に実写の登場人物がいることで、まるでディズニーのおとぎ話の中に入り込んだような感覚を与えるシーンだ。  この“実写とアニメーションの融合”という表現方法は、ウォルト・ディズニーが前作『メリー・ポピンズ』を製作する中で特にこだわった点だという。原作者のトラヴァースが反対するも、ウォルトは熱意と誠意でアニメーション導入を実現させたのだ。  そんなウォルトの意志を、映画『パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉』を手がけたロブ・マーシャル監督が新たに継承。ロブ監督は「2Dのアニメーションの世界にいながら、新しい技術を使ってまるで3Dを体験できるような古典のディズニーアニメーションと現代技術を組み合わせた素晴らしい映像美だよ」と語り、ウォルトのこだわった表現をさらに進化させた映像美に自信をのぞかせる。  さらに「僕は映画『メリー・ポピンズ』を愛している。あまりにも愛しているので他の人に任せたくなかったんだ」と前作の大ファンであることを明かした上で、「もし愛する『メリー・ポピンズ』の続編を観るとしたら、僕は何を観たいだろうかと考えたとき僕はあのアニメーションのシーンが観たいと思ったんだ。映画を観れば手描きアニメーションによりクラシックなディズニーアニメーションのようなものを感じることができるだろう」と、手描きアニメーションへのこだわりも語っている。本作の物語について、ロブ監督は「今の時代に伝えるべきストーリーだ」と熱くメッセージを寄せている。  映画『メリー・ポピンズ リターンズ』は2019年2月1日より全国公開。

  • 「ディズニー ミッキー90周年 マジック オブ カラー」オープニングセレモニーに登壇した高橋愛

    高橋愛、ミッキー風お団子ツインヘアを披露

    エンタメ

     元モーニング娘。のメンバーでタレントの高橋愛が15日、都内で行われた「ディズニーミッキーマウス90周年マジックオブカラー」オープニングセレモニーに出席。アイドル時代のイメージカラーだった黄色のドレスに、髪型はミッキーを意識したお団子ヘアというキュートなスタイルを披露した。@@cutter ドレスの裾を広げた高橋は「素晴らしいドレス。今日のために作っていただいて」とニッコリ。モー娘。時代、自身は「かわいい担当じゃなかった」と自虐し、「髪型をツインにするのはいつも取り合い。なかなかできなかったので、すごく幸せです。企画にぴったりな髪型」と喜んだ。  今年1年を振り返り「たくさん笑ったなって。ハッピーだったなぁって思います」と充実の表情で、報道陣から1番笑った出来事は何かと問われると「旦那さん(あべこうじ)が定期的にトークライブをやっているんですけど、面白さが増していて。12月にもあるので楽しみ」と告白。来年も引き続き「笑顔が溢れる1年になれば」と抱負を話した。  来月にはクリスマスが控えているが、予定は立っておらず「まだ決まっていない。あべさんがスケジュールを教えてくれないので教えてって言っておきます」。あべとの交際を正式に発表したのがクリスマスに近い日だったことから「やっと手をつないで歩けるって思った思い出がある」とほほ笑んだ。  ミッキーマウスのスクリーンデビュー90周年を記念し、関連商品を販売するショップや90色90体のミッキーの立像が展示される「ディズニー ミッキーマウス90周年マジックオブカラー」。今日から来年の9月にかけて関東の商業施設で順次開催され、この日は東京ミッドタウンで28日までの限定店舗がオープンした。立像のアンベールを行った高橋は「すごい迫力でびっくり。やっぱり黄色が好きですね」と語った。

  • 『ウォルト・ディズニー・アーカイブス展 ~ミッキーマウスから続く、未来への物語~』オープニングイベント&内覧会に登場した風間俊介

    風間俊介“ディズニー愛”さく裂「こんな機会が人生にやってくるとは」

    エンタメ

     俳優の風間俊介が、31日に都内で開催された『ウォルト・ディズニー・アーカイブス展~ミッキーマウスから続く、未来への物語~』のオープニングイベントに出席。大のディズニー好きの風間は、同展を見て「本当にすごい展覧会。こんな機会が人生にやってくるとは思っていませんでした。心から幸せです」と感激。イベント中、“ディズニー愛”をさく裂させていた。@@cutter 同展は、アメリカにある「ウォルト・ディズニー・アーカイブス」の空間を体験できる日本初の展覧会で、映画で使用された衣装や日本初公開を含む貴重な資料など、約420点のアイテムが公開される。  「ウォルト・ディズニーを意識したチャコールグレーのスーツできました」と登場早々、“ディズニー愛”を披露した風間。今年35歳になるが、「ディズニー歴は35年」と断言し、ディズニーを一言で表してとふられると、「一言では言い表せないけど、全てはウォルトをはじめ、アニメーターたちのイマジネーションからスタートしたものだと思う」と持論を展開。  また、今回の展示会について聞かれると、「ディズニー、アニメ―ション、クリエーターたちの歴史が詰まってる。全ての芸術に関わる人たち、芸術を愛する人たちに見てもらいたい展示会です」と熱量高くコメントした。  本国の「ウォルト・ディズニー・アーカイブス」を知っていたという風間は、「僕らには見られないものだと思っていたけど、実際に目の前で見ることができるのは本当に…」と言葉に詰まり、「抑えようとしているけど、興奮があふれ出ちゃって大変です」と愛が止まらない。  続けて、「これを逃したら二度と見られないんじゃないかと思うくらい、本当に貴重なものがたくさんあって、ディズニーを愛する人、そこまででもないけどという人が見ても、実物を見たら圧倒される、そんな展示品が山ほどあります」とアピール。「時間が許すんだったら3時間しゃべれます。見た人と語り合いたい。僕らの愛しているディズニーがこれだけの愛と情熱で作られているのを、自分の肌で感じてもらいたい」と終始、ディズニー愛を語っていた。  イベントには米国「ウォルト・ディズニー・アーカイブス」のリック・ロレンツ氏も出席。風間は、リック氏から5体のミッキーマウスのぬいぐるみをプレゼントされ、感極まっていた。  『ウォルト・ディズニー・アーカイブス展~ミッキーマウスから続く、未来への物語~』は8月1日~20日まで東京・松屋銀座8階イベントスクエアにて開催。

  • ディズニー究極のファンイベント「D23」、煌びやかな展示の数々をご紹介

    ディズニー究極のファンイベント「D23」、煌びやかな展示の数々をご紹介

    エンタメ

     2月10日から12日の3日間にかけて、東京ディズニーリゾート内にて「ディズニーファンイベント D23 Expo Japan 2018」が行われた。普段は見ることができない、ファン垂涎の展示物がひしめく会場の模様をレポートする。@@cutter 2018年は、ザ・ウォルト・ディズニー・カンパニーの95周年や、ミッキーマウスのスクリーンデビューから90周年など、ディズニーにとって特別な年。「D23 Expo Japan」は「Beyond Imagination ~これまでも、これからも、想像を超えて~」というテーマを掲げ、「ウォルト・ディズニー・アーカイブス」秘蔵の日本初公開を含む貴重な展示、本イベントでしか手に入らない限定商品の販売などを行った。  東京ディズニーランドホテルにて行われた「東京ディズニーランドリゾート35周年特別記念展示」では、この35年間に生まれた様々な幸せや喜びの瞬間を彩ってきたアイテムのほか、多様な資料を展示。懐かしく思わずにいられない「シンデレラ城 ミステリー・ツアー」のコスチュームやメダルのほか、アトラクションのセット模型、年代順に押されたメールスタンプ、これまでに発売されたカレンダーのデザインや原画などが、所狭しと並んでいた。  一方、2018年春の全国巡回を前に、東京ディズニーシー・ホテルミラコスタにて一足早く開催された「ウォルト・ディズニー・アーカイブス展~ミッキーマウスから続く、未来への物語~」には、ミッキーのスクラップブックをはじめ、作品の詳細が記された資料、ウォルトが妻のリリアンに宛てた手紙などが登場。品々に込められた思いや秘話からは、作品の新たな一面が見えてくるはずだ。また、実写版『美女と野獣』や『アリス・イン・ワンダーランド』など、映画作品の煌びやかな衣装、さらには映画に登場したキーアイテムなど、見どころは枚挙に暇がない。  「ウォルト・ディズニー・アーカイブス展~ミッキーマウスから続く、未来への物語~」は、4月11日から5月14日(月)まで大丸梅田店 15階大丸ミュージアムにて開催。その後全国巡回。

  • わざと靴を忘れる『イントゥ・ザ・ウッズ』のシンデレラ

    『イントゥ・ザ・ウッズ』のシンデレラ、物語誕生以来500年にして初めての…

    映 画

     大ヒット公開中のウォルト・ディズニー最新作『イントゥ・ザ・ウッズ』は、願いを叶えたおとぎ話の主人公たちの「めでたし、めでたし」の後に待ち受けていた運命を描く大人のミュージカル映画。その登場人物の一人シンデレラの、 “ある行為”が我々の知っている事実とは大きく異なっているため、注目を集めている。童話誕生から500年で初めてとなるシンデレラの意外な行動とは?@@cutter 従来のストーリーは、12時の鐘が鳴り、自身にかかった魔法の効果が切れることを恐れたシンデレラが必死でお城から逃げ出す際にガラスの靴が脱げてしまい、それを拾った王子がその靴を頼りにシンデレラを探し出すというもの。ところが本作では、王子と結婚することを思い悩んだシンデレラが、その重大な決断を王子に委ねるべく、わざと階段に靴を残していくのだ。  時代に合わせて新しいストーリーを生み出していくディズニー映画は、女性が自ら人生を切り開いていく今の時代に合わせ、これまでのハッピーエンドを覆す『アナと雪の女王』を作り出し、大ヒットを記録したことは記憶に新しい。『イントゥ・ザ・ウッズ』でも、王子との結婚を夢見る純朴な少女ではなく、複雑な女心や愛の駆け引きをするシンデレラを描いている。  作詞・作曲家のスティーヴン・ソンドハイムは、「ジェームズ・ラパイン(脚本)は、シンデレラの物語に対して、この500年間誰一人としてやらなかったことに挑んでいる。それは、意図的に靴を落としたということ。これは実に賢い行動ですよ。そうすることで彼女は王子様が本当に彼女のことを愛しているかどうかを見極めることができるのですからね」と、本作のシンデレラのイメージが従来のものとは全く異なるとコメントしている。  果たしてシンデレラのいきつくハッピーエンドのその先とは…。この春、彼女の運命とディズニーが問いかける“本当の幸せとはなにか?”の答えを、劇場で確かめてみてはいかがだろうか。

  • ディズニーが初めて映画製作の裏側を描く『ウォルト・ディズニーの約束』予告解禁

    ディズニーが初めて映画製作の裏側を描く『ウォルト・ディズニーの約束』予告解禁

    映 画

     ディズニーが、映画製作の裏側を描いた感動のドラマ『ウォルト・ディズニーの約束』の予告編とポスタービジュアルが解禁。映画製作50周年の時を経て、『メリー・ポピンズ』誕生秘話が今明かされる。@@cutter ウォルト・ディズニーが映画化に向けて情熱を燃やし続け実現させた映画『メリー・ポピンズ』の誕生秘話を描いた本作。ウォルト・ディズニーは、意外にもドラマ映画の登場人物になるのは今回が初。そんなウォルト・ディズニーを演じるのは、ハリウッドを代表する名優トム・ハンクス。そして、ウォルトに少し不審そうな表情で挨拶を返す『メリー・ポピンズ』の原作者P.L.トラヴァースを演じるのは、英国の名女優エマ・トンプソン。  『メリー・ポピンズ』の映画化に向けて情熱を燃やすウォルトと、映画化を頑なに拒む原作者トラヴァースの、激しい衝突が繰り返し描かれる。今回、解禁された予告編の中でも、トラヴァースは音楽のアレンジに対して「勝手な事をしないで」とピシャリと言い放つ。さらに、主演俳優も気に入らず、アニメなど子供だましだとウォルトの主張を拒絶。さらに、映画化は中止だと書類を窓から投げ捨ててしまい、映画製作が暗礁に乗り上げてしまうシーンなども収められている。  監督は『オールド・ルーキー』『しあわせの隠れ場所』など、実話に基づく感動のドラマで高い評価を受けるジョン・リー・ハンコックが務めており、本作も観客の胸を打つ感動の物語へと仕上がっている事は間違いない。  また、予告とともに解禁されたポスタービジュアルでは、ディズニーならではの遊びが隠されている。ウォルトの影がミッキーマウスとなり、トラヴァースの影がメリー・ポピンズとなっているのだ。語りかけるウォルトに対してそっぽを向いているトラヴァース。しかしその影のメリー・ポピンズはミッキーに自らの傘を差し出し仲良さそう。このポスターの意味は、映画の中に込められているのだろう。  『ウォルト・ディズニーの約束』は、2014年3月21日より全国公開。

  • 入野自由、宮野真守、内山昂輝の3人が「キングダム ハーツ リミテッド ステージ」出演決定!

    入野自由、宮野真守、内山昂輝 ディズニー「キングダム ハーツ」イベント出演決定

    アニメ・コミック

     ウォルト・ディズニー・カンパニー90周年、東京ディズニーリゾート30周年を記念して開催される『D23 Expo Japan』。本イベントの特別ステージ「キングダム ハーツ リミテッド ステージ」に、入野自由(ソラ役)、宮野真守(リク役)、内山昂輝(ロクサス役)の出演が決定した。@@cutter 『D23 Expo Japan』とは、ウォルト・ディズニー・カンパニー90周年、東京ディズニーリゾート30周年という記念すべき年に、ディズニーファンへの感謝をこめて開催するアメリカ国外初めてのスペシャル・イベント。  「キングダム ハーツ リミテッド ステージ」では、『キングダム ハーツ』制作秘話を含むトークショーやお楽しみイベントなどを予定しており、この会場でしか得られない貴重な体験になることは間違いない。(チケット情報などの詳細は『D23 Expo Japan公式サイト』にて)  特別ステージ「キングダム ハーツ リミテッド ステージ」は、10月14日に開催。『D23 Expo Japan』は10月12日から14日の3日間、開催する。

あわせて読みたい

ビデオ人気ランキング

コミック人気ランキング

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access