日南響子 関連記事

  • 映画『銃』初日舞台挨拶に登壇した(左から)リリー・フランキー、村上虹郎

    リリー、初共演の村上虹郎を絶賛「親のいいところだけもらったな」

    映 画

     映画『銃』の初日舞台挨拶が17日、都内にて行われ、主演の村上虹郎、広瀬アリス、リリー・フランキーらが登壇した。村上とリリーは本作が初共演。リリーは村上について「こいつのお父ちゃん(村上淳)とは友達なんですけど、今回初めてお芝居させてもらって、本当親のいいところだけもらったなと思って。才能も性格も。短い時間だけど楽しかったですね」と絶賛していた。@@cutter 本作は、映画化もされた『去年の冬、きみと別れ』の原作者として知られる芥川賞作家・中村文則のデビュー作を実写化したもの。河原で偶然に銃を拾った大学生の西川トオル(村上)が、銃に魅了され、次第に精神が追い詰められていく様を、緊張感あふれる映像で描き出す。  中村作品の印象を問われた村上は「ニコチンとカフェイン」と一言。その心は「中村さんの作品をすべて読んでいるわけではないんですけど、主人公がよくタバコとコーヒーを狂気じみた感じで摂取することが多い印象」と語った。今回の撮影では「肉体的にも精神的にも“中村文則ワールド”のアリ地獄に引きずりこまれて、いつ抜け出せるのかと思っていました」と振り返った。  そんな村上と間近で接していた広瀬は「正直現場にいるときは怖かったです。あまり近くにいたくなかった。狂気じみていた」と明かした。そんな狂気に「飲み込まれないように、飲み込まれないように、という感じでしたね。私が引っ張られたら、この作品を誰も救えなくなってしまう」と撮影時の思いを語った。  リリーは、本作の監督やキャストを聞いた第一印象として「これは面白くなるな。こういう映画が日本で作られるのはいいな」と思ったという。そんな映画の初日舞台挨拶を盛り上げるために何かできることはないかと、事前に広瀬と話し合ったというリリー。結果「お互いどれだけ露出できるか」という結論に達したといい、広瀬はリリーから「俺は胸に穴が空いたシャツを着て行くからアリスも一緒に着て行こう」と誘われたそう。それを聞いた村上から「それ、あかんヤツやろ」とツッコまれていた。無事、広瀬もリリーも露出度の高い服を着てくることはなかった。  舞台挨拶には、日南響子、新垣里沙、岡山天音、後藤淳平(ジャルジャル)、武正晴監督、奥山和由プロデューサー、原作者・中村文則氏も登壇した。

  • 映画『銃』場面写真

    村上虹郎がモノクロームで静かに狂う 映画『銃』特報解禁

    映 画

     俳優の村上虹郎が主演を務める映画『銃』の特報が解禁された。村上演じる主人公が偶然拾った銃の魅力に取りつかれていく様や、広瀬アリス扮するヒロイン、リリー・フランキーが演じる刑事の姿などがモノクロームで収められている。@@cutter 本作は、今年映画化された『去年の冬、きみと別れ』の原作者として知られる芥川賞作家・中村文則のデビュー作を実写化したもの。河原で偶然に銃を拾った大学生の西川トオル(村上)が、銃に魅了され、次第に精神が追い詰められていく様を、緊張感あふれる映像で描き出す。  解禁となった特報には、銃を拾い、その魅力に取り憑かれてしまうトオルの衝動が、美しくも危ういモノクロームと鮮烈な赤色の文字を用いた映像で描かれている。途中には「人間の理性が崩壊する」という衝撃のコピーが展開され、人の欲望・本能・闇に迫る物語の一端も垣間見える仕上がりに。また、ヒロインのヨシカワユウコ(広瀬)や、トオルを追いつめる刑事(リリー)の姿も確認できる。  新たに解禁された場面写真には、街角で佇み、警察と握手し、道路を駆け抜けるトオルの姿が。ほかにも、幼い少年と向かい合うトオルの横顔や、リリー扮する刑事と並んで歩くシーンなどが捉えられている。  共演に、日南響子、新垣里沙、岡山天音、ジャルジャルの後藤淳平らを迎える本作。中村自身が“偏愛している”という原作を、重鎮・奥山和由プロデューサーによる企画・製作のもと、武正晴監督がメガホンを取って映画化する。  映画『銃』は、11月17日より全国公開。

  • 映画『銃』ポスタービジュアル

    村上虹郎主演『銃』、赤に染まる強烈ポスター&モノクロ場面カット公開

    映 画

     俳優の村上虹郎が主演を務める映画『銃』のポスタービジュアルが到着。併せて本作に出演するリリー・フランキーや日南響子の姿を捉えた場面写真も解禁された。@@cutter 本作は、『去年の冬、きみと別れ』『教団X』などで知られ、『土の中の子供』で芥川賞を受賞した中村文則のデビュー作を映画化したフィルムノワール。河原で偶然、銃を拾った大学生の西川トオルを主人公に、彼が銃に魅了され、次第に精神を追い詰められていく姿を緊張感あふれる映像で描いていく。  このたび解禁されたポスタービジュアルは、銃を片手に立つ尽くす村上演じる主人公・トオルの姿を大胆に映し出したインパクトたっぷりのデザイン。赤く着色された背景に「これほど美しく、手に持ちやすいものを私は他に知らない」という衝撃的なキャッピコピーが配されている。  併せて新たな場面写真も公開。モノクロームのスクリーンから切り取られた、リリー演じる刑事がテーブルを挟んでトオルと対峙するシーンや、日南の妖艶な姿を確認することができる。  映画『銃』は、11月17日より全国公開。

  •  映画『シマウマ』ポスタービジュアル解禁

    竜星涼出演の問題作『シマウマ』、ビジュアル解禁! 原作者書き下ろしイラストも公開

    映 画

     小幡文生作で“絶対に読んではいけない漫画”として話題になっていた作品『シマウマ』が実写映画化され、5月21日に全国公開される。 このたび、本作のポスタービジュアルも解禁され、ヤバい世界を描いた本作らしく勢いのあるビジュアルとなっている。@@cutter 漫画『シマウマ』は、2010年より「ヤングキング」(少年画報社)にて連載開始、累計発刊部数約150万部を超える人気を誇っている。現代社会の暗部を強烈に切り取りながら、身近に潜む闇を炙り出すダークな世界が繰り広げられる。  美人局で仲間達と一緒に金稼ぎをしていた倉神竜夫は、ある日ヤクザを引っ掛けてしまったことから、転がるように闇へと堕ちていき、“回収屋”の“ドラ”として、禁断の世界へ足を踏み入れることになるという、ダークな世界を描いた本作。  他者に受けた屈辱などをありとあらゆる方法を用いて昇華させる“回収屋”の世界へ足を踏み入れる主人公・ドラ/倉神竜夫を演じるのは竜星涼。また、回収屋の一員で“ジョーカー”のような奇抜なメイクを施した猟奇的な快楽殺人者・アカに須賀健太、回収屋の紅一点で敵か味方か分からない“ミステリアス”な女・キイヌに日南響子、回収屋を取り仕切る謎に包まれた“ボス”の男・シマウマに加藤雅也、その他に高橋メアリージュン、天乃舞衣子、脇知弘、松田賢二、福士誠治らが脇を固めている。  監督を務めるのは、『探偵はBARにいる』シリーズなど数多くの話題作を手掛けている橋本一。脚本は、『凶悪』で第37回日本アカデミー賞優秀脚本賞を受賞している高橋泉が務める。  3月12日より、メイン館であるヒューマントラストシネマ渋谷にて前売りチケットの販売がスタート。前売りチケットの特典には、<原作者・小幡文生が描いたイラスト版のドラ>&<映画のワンシーンより竜星涼が演じる実写版のドラ>、2種類のポストカードセットがプレゼントされる。  映画『シマウマ』は5月21日よりヒューマントラストシネマ渋谷ほかで全国ロードショー。

  • 映画『シマウマ』に出演する日南響子、竜星涼、須賀健太、加藤雅也

    竜星涼、須賀健太、日南響子…“読んではいけない漫画”『シマウマ』実写化に挑む 

    映 画

     竜星涼、須賀健太、日南響子ら注目の若手俳優が、“絶対に読んではいけない漫画”とうたわれる衝撃作『シマウマ』の実写化に挑むことがわかった。本作は、「ヤングキング」(少年画報社)にて連載中、累計発刊部数約150万部突破の人気コミックを原作に、映画『探偵はBARにいる』シリーズの橋本一監督がメガホンを取る。@@cutter 主人公は、美人局で仲間達と一緒に金稼ぎをしていた倉神竜夫。ある日、ヤクザを引っ掛けてしまったことから、転がるように闇へと堕ちていき、“回収屋”の“ドラ”として、禁断の世界へ足を踏み入れいく姿を描く。  他者に受けた屈辱などをありとあらゆる方法を用いて昇華させる“回収屋”のドラこと倉神竜夫役を竜星が演じるほか、同じく回収屋の一員で“ジョーカー”のような奇抜なメイクを施した猟奇的な快楽殺人者・アカ役には須賀。回収屋の紅一点で敵か味方か分からない“ミステリアス”な女・キイヌ役には日南。さらに、回収屋を取り仕切る謎に包まれた“ボス”の男・シマウマ役として、加藤雅也が圧倒的な存在感を見せつける。  本作の撮影は、昨年4月頃に行われたと話す竜星は「やっと今年、この問題作を世の中に送れるのかと思うと武者震いします。こんな新しい自分を引き出してくれる役に出会えて幸運です。色々な方に見て頂き、衝撃を受けて欲しいです」と公開を心待ちにしていた様子。  初めて“悪役”に挑戦した須賀は「アカは正直、言葉も行動も理解できないようなサイコキラー…でもなぜかグッとくるカッコよさを持っていました。須賀史上最悪キャラです」と語り、日南も「なかなかクレイジーな内容でしたので、コレが映像になったらどうなるのだろうかと、現場に入る前から楽しみにしておりました。原作のキイヌとは(容姿が)少し違いますが、とても演じがいがありました」と、魅力的な役柄を楽しんだようだ。。  映画『シマウマ』は、5月21日よりヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国ロードショー。

  • 『桜姫』で遊女・お七役を演じた麻美ゆま

    病気療養中の麻美ゆまが3週間ぶりにツイート、出演作『桜姫』への思いを明かす

    映 画

     卵巣に腫瘍が見つかり、抗がん剤治療を受けているセクシー女優の麻美ゆま。自身のツイッターで現在病気療養中であると語った麻美ゆまが、約3週間ぶりにツイート、出演している映画『桜姫』(6月29日公開)への思いを明かした。@@cutter 『桜姫』で麻美が扮するのは、日南響子演じる桜姫へライバルとして闘志を燃やす、遊女・お七役。桜姫とのキャットファイトも繰り広げており、終始白熱した体当たり演技をしている。  6月28日、久々にツイートした麻美は、「告知です 明日は私も出演した桜姫が渋谷ヒューマントラストシネマで公開になります! 明日、明後日と舞台挨拶があるようなので、私は伺うことが出来ませんがぜひおご都合のよろしい方は劇場まで足を運んで頂けると嬉しいです」とメッセージを寄せた。  物語の中では重要な役回りであることもあって、作品への強い思いもあるようだ。公開初日となる舞台挨拶では、麻美本人からのコメントも発表されるようなので、どんな気持ちで撮影に取り組んだのか、気になるところだ。

  • 『桜姫』日南響子インタビュー

    『桜姫』主演の日南響子、遊女役は小学生時代からすでに決定済みだった!?

    映 画

     江戸時代に活躍した狂言作者・四世鶴屋南北による歌舞伎作品「桜姫東文章」を、エロスと狂気という劇薬を混ぜてオリジナルな物語に昇華させた映画『桜姫』。自らを女にした、ワケあり稼業の権助に再び出会うため、“ぢごくや”の遊女にまで身を落とした桜姫の恋を、ワイルドでサイケな映像美で描き出す。@@cutter 映画『相棒シリーズ X DAY』『探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点』などで知られる橋本一監督が、童貞的妄想を炸裂させたというR-15の過激時代劇の本作で、堂々の主演を張ったのがモデル出身の女優・日南響子だ。撮影当時18歳だった日南は、セクシー女優陣を脇に回しての大胆な濡れ場にも果敢にチャレンジした。そんなイバラの道をあえて選んだ背景には、日南自身も意識することのなかった壮大な運命への序章があった。  モデル、女優のほか、歌手としても活動している日南。本作でもインスパイア・ソング「鴉」を手掛けているが「女優が歌手として歌う、というスタンスが嫌だった」という信条から、あえて名前を変えた。そもそも本作の主演オファーがあったとき、日南は歌手活動に本腰を入れるべく、女優業をしばらく休もうと考えていたという。だが「主演のオファーがあった数日前、実は歌舞伎作品『桜姫東文章』の動画を見ていたんです。そんなタイミングで頂いたお話だったので、最初は自宅に隠しカメラが設置されているのではないかと疑ったくらいでした」と驚きの瞬間を振り返る。@@separator しかし引っ掛かるのは、なぜ「桜姫東文章」を見ていたのか? という部分だ。「動画を見ていたのは、花魁や遊郭、遊女に興味があったからです。自分の中で遊女役を演じたいという気持ちがあって、そんな世界をテーマにした曲も書いていました。『桜姫東文章』にたどり着いたときは、ビビッ! と来た」とその理由を説明する。しかもその興味は、今に始まったことではなかった。それは日南が小学校3年生の頃まで遡る。「金魚売りの恋人」という詩を書いたのが、そもそもの始まりだった。「金魚鉢の中にいる金魚、それは遊郭の中にいる遊女という意味で、その金魚はいつ外に出られるのだろうか? という物語の詩でした。その頃から遊郭や遊女が大好きでしたね。自分自身、なぜ遊女を知り、そして好きになったのか、定かな記憶はないんですけどね」と大人びた幼少期に思いをはせる。  本作へとたどり着くための伏線は、10数年前からあったのだ。だから日南にとって、本作への出演はイバラの道などではなく、女優魂を再燃させた新たな道標となった。初挑戦の濡れ場に対しても「それも物語のワンシーンであり、主人公の人生の中にある、一つの出来事でしかない」と抵抗はなく、不安に感じた部分も「濡れ場は脚本上にセリフもなければ、詳しいト書きもない。動きもセリフもない中でいかに表現するか、という部分に苦心しました」となれない状況にあっただけ。一方で、脇を固める麻美ゆま、七海なならセクシー女優陣の脱ぎっぷりのよさもあり「大胆に脱がれている中で、自分のようなものが脱いでいいものなのだろうかという戸惑いもあった」と恐縮気味に頭をかく。  本作を「表情によっては、大人に見えたり、子供に見えたり。姫になったり、遊女になったり、恋をする乙女になったり。今しか切り取ることのできない私がたくさん入っている。まさに運命だと思うし、『桜姫』がなかったら、芝居は続けていなかったと思いますね」と自らの原点に添える。女優とは「透明な水のようなもの。様々な器に入って、形を変えて、光の屈折や反射によって色を変化させる存在」という日南。言葉だけではなく、それをしっかりと自らで体現している。もし日南に『桜姫』のオファーがもたらされなければ、その水はきっと別の水路へと流れ込んでしまったに違いない。この出会いは、まさに運命であり、奇跡だったのだろう。  映画『桜姫』は6月29日より全国公開。

  • 麻美ゆまと日南響子、泥レスリングで対決

    麻美ゆまと日南響子がセクシーすぎる泥レスに挑戦!『桜姫』で壮絶キャットファイト

    映 画

     雑誌「non-no」の専属人気モデル日南響子が、最悪の出会い方をしてしまった男に恋い焦がれ、遊女にまで身を落とすというヒロイン・桜姫を体当たりで熱演している映画『桜姫』。予定調和やお約束の展開は一切ナシのR15指定の本作に、セクシー女優としてトップに君臨し、アイドルグループ「恵比寿マスカッツ」としても活動していた麻美ゆまが、桜姫のライバル役として出演している。@@cutter 麻美は『桜姫』を手掛けた橋本一監督作品『探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点』にも出演し、着々と本格女優への道を開拓しつつある。今回、麻美が演じる役柄は、桜姫の美貌に嫉妬し、恋路を全力で邪魔する気の強い遊女・お七。美しい肢体を潔くさらすのはもちろん、“泥レスリング”を彷彿とさせる桜姫との対決シーンにも挑戦! 日南同様、麻美の“女優魂”を垣間見れる。  歌舞伎の代表作「桜姫東文章」(さくらひめあずまぶんしょう)をベースに、名門“セレブ”桜姫の常識外れな恋愛模様を独創的な映像感覚と奇抜なアイデアで描いている本作。日南や麻美のほかに、桜姫の恋の相手・権助役に青木崇高、正気を失った坊主・清玄役にでんでん、ミステリアスな美男子・定吉役に合田雅史、桜姫を溺愛する父親・左門役に野々村真、桜姫の盲目の琴の師匠・春琴役に「にっかつロマンポルノ」の黄金期を支えた元祖セクシー女優の風祭ゆきなど、個性が際立つ面々がキャスティングされている。  『桜姫』は6月29日からヒューマントラストシネマ渋谷ほかで全国公開。

  • 「桜姫」場面写真

    日南響子、色香漂うのベッドシーン解禁『桜姫』予告編が公開

    映 画

     ファッション誌『non‐no』の専属モデルの日南響子が主演する映画『桜姫』の予告映像が解禁となった。@@cutter 特報映像公開後、瞬く間にYahoo!映像ランキング(映画)で1位を獲得し、人気モデルの大胆な濡れ場を含む体当たりの演技が話題となった『桜姫』。今回、解禁となった予告編映像は、冒頭に表示される「コノ恋、破滅的。」のキャッチフレーズ通り、1人の男を追い求め、自ら遊女に落ちていく“桜姫”の破滅的な恋の内容が明らかになっている。  さらに、予告編では話題となっている濡れ場映像も解禁となった。香り立つような色気あるキスシーンとベッドシーンが、鬼気迫る殺陣、女性同士の争い、血がこびりついた日南の顔といった不穏な空気を出す映像と交錯して、妖しくも強いインパクトを残す仕上がりになっている。  また予告全編に流れる楽曲は、日南響子のアーティストプロジェクト「珠麟(しゅりん)」が歌う『鴉(からす)』であることも判明した。「珠麟」は日南響子の歌唱名義で、『桜姫』の妖艶な世界にインスパイアされた楽曲をセクシーに歌い上げている。  同作は、『相棒シリーズ X DAY』や『探偵はBARにいる2』を始めとしたエンターテインメント大作の公開が続く橋本一監督が手がけた最新作。幕末初期に活躍した四世鶴屋南北の『桜姫東文章』を原案に、実験的かつ独創的アイディアで現代風にアレンジした。  主人公の桜姫には、モデルとして活躍する日南。純真無垢な姫から、妖艶な色気を漂わせる遊女まで、同一人物かと疑いたくなるほど見事な演技を披露している。色香漂う濡れ場に関心が集まっているが、彼女の演技力にもぜひとも注目してもらいたい。  桜姫が恋するワケありの男・権助を演じるのは、映画『るろうに剣心』の相楽左之助役が記憶に新しい青木崇高。ほかにも、不死身の坊主・清玄に昨年日本アカデミー賞で最優秀助演男優賞を獲得したでんでん、桜姫の恋を邪魔するお七をセクシー女優の麻美ゆまが演じるなど、個性豊かなキャストが集結している。  『桜姫』は6月29日からヒューマントラストシネマ渋谷ほかで全国公開。

  • 日南響子主演『桜姫』

    『桜姫』特報解禁!ノンノ専属モデルが魅せる、大胆濡れ場とキャットファイト

    映 画

     ファッション誌『non‐no』の専属モデルとして活躍する19歳美少女・日南響子。その日南が、ひとりの男を追い求め“お姫”から“遊女”へと堕ちていく純粋で可憐な少女を、際どいベッドシーンにも挑戦しながら体当たりで演じる映画『桜姫』の特報映像が解禁された。@@cutter 『相棒シリーズ X DAY』『探偵はBARにいる2』をはじめ、エンターテイメント大作の公開が続く橋本一監督が手掛ける映画『桜姫』。橋本監督は、本作の原案となった幕末初期に活躍した四世鶴屋南北の『桜姫東文章』を、実験的かつ独創的アイディアで現代風にアレンジを施し、エキセントリックな作品へと生まれ変わらせた。  主演の桜姫を演じる日南ほか、桜姫が狂うほどに想いを募らす運命の相手・権助役を青木崇高、不死身の坊主・清玄役をでんでん、遊郭No.1で桜姫の恋を邪魔するお七役を麻美ゆまが演じるなど、個性豊かなキャストが集結した。  今回解禁された約90秒の特報映像は、メイキング映像を中心にキャストとスタッフの緊張感あふれる現場をスピーディある映像で表現。橋本監督の狂気の演出、鬼気迫る青木の殺陣、炎の前にたたづむ不気味なでんでん、日南と麻美のキャットファイトやチラリと見える本編映像など、刺激的で期待感をあおるものとなっている。また、本作の気になる日南と青木の例のシーンも少しだけ解禁されている。  『桜姫』は6月29日(土)よりヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国ロードショー

  • 大胆過ぎるショットを披露する日南響子

    ノンノ専属モデル日南響子、大胆なベッドシーンに挑戦!「R」指定の狂気の恋を体現

    映 画

     ファッション誌「non‐no」の専属モデルとして活躍する19歳美少女・日南響子の主演映画「桜姫」の公開が2013年6月29日(土)に決定した。本作で日南は、大胆なベッドシーンに挑戦している。@@cutter 「桜姫」は、歌舞伎の代表作「桜姫東文章」(さくらひめあずまぶんしょう)をベースに、名門“セレブ”桜姫の常識外れな恋愛模様を独創的な映像感覚と奇抜なアイデアで描いたスキャンダラスでクレイジーな新感覚ムービー。監督は、「探偵はBARにいる」「相棒シリーズ X DAY」と新作が続々と公開される橋本一が手掛ける。  本作は、顔も知らない男に襲われた夜が忘れられず、おそろいの入れ墨を彫り、男を探すため遊女になった恋愛ジャンキー桜姫を中心に、桜姫をメロメロに翻弄するイケメン盗賊・権助、桜姫を自殺した恋人の生まれ変わりと信じ、執拗に付きまとう坊主・清玄、桜姫に勝手なライバル心を燃やす遊女・お七など個性的なキャラクターが、愛情、友情、セックス、それにまつわる嫉妬や裏切りなど、様々なドラマが展開する。他の映画では見られないベッドシーンや壮絶なバトルなど過激なシーンもあり、「R-15」指定になっている。  恋愛ジャンキー桜姫を演じる日南は、2011年に放送されたペプシネックス(サントリー)のCMで「あの可愛い子は誰だ!」とネットをにぎわした注目株。モデルやグラビアで活躍しており、プライベートではアニメやゲームが大好きでコスプレや自作の楽曲をネットにアップするなど、ガチオタク一面も併せ持つ美少女モデルだ。  日南は、今回の桜姫のオファーについて「自分自身とても花魁など、遊女や時代劇などにとても興味があり、丁度オファーいただいた時期は遊女に纏わる歌詞を書いたり曲を聴いたり作品を観たりしていたので軽く運命感じました(笑)。とても嬉しかったです」とコメントしている。  桜姫が狂うほど恋する運命の相手・権助役に青木崇高、死んだ恋人の生まれ変わりと勝手に思い込んで桜姫につきまとう坊主・清玄役をでんでんが演じており、桜姫との一夜を夢見て、毒を飲んでも、雷が落ちても、首が飛んでも死なない狂った不死身っぷりを、時にコミカルに、時に不気味に演じている。その他、AV女優の麻美ゆま、お笑いグループ安田大サーカスのHIROとクロちゃん、野々村真など個性的すぎる俳優たちが顔を揃える。  「桜姫」は、2013年6月29日(土)よりヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国ロードショー

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access