紅白歌合戦 関連記事

  • 紅白司会を終えてホッとした心境をブログで明かした広瀬すず

    広瀬すず、米津玄師からの贈り物も公開 紅白司会に「貴重な経験」

    エンタメ

     女優の広瀬すずが元日にオフィシャルブログを更新し、自身が紅組司会を務めた2018年大晦日の『NHK紅白歌合戦』を振り返り「とっても貴重な経験をさせて頂けたと思ってます」と心境を明かした。@@cutter 広瀬はブログの冒頭で「アーティスト様の言い間違えがあったことを本当に申し訳なく思います、、」と反省の弁を明かすと、続けて「正直もう、アドレナリンが凄くて鮮明に覚えていないところもあったり、、いや、覚えてるんだけど、夢見てるみたいなふわふわな感じで、、」と初司会の緊張ぶりを等身大の言葉で吐露。  さらに広瀬は総合司会の内村光良について「全力で力を貸してくださって本当に助けて頂きました」と感謝。白組司会を務めた嵐の櫻井翔とは昨年公開の映画『ラプラスの魔女』で共演している縁もあり、「今回ご一緒させて頂けたことがもう、何よりも心強かったです」と告白。加えて総合司会を務めたNHKの桑子真帆アナウンサーにもお礼の言葉を贈った。  また広瀬は2日、自身のインスタグラムに『NHK紅白歌合戦』に初出演した歌手の米津玄師からもらった赤い薔薇の写真を投稿。彼女が写真と共に「実現するんだぁ、、と思う出演者の方だらけで音楽から届くものが本当に凄すぎたー」とのコメントを添えると、ファンからは「司会お疲れ様!」「すずちゃん超可愛かったよ!」「米津さんから薔薇もらったのいいなー!!」などの声が寄せられた。 引用:https://ameblo.jp/suzu-hirose/ https://www.instagram.com/suzu.hirose.official/

  • 『第69回 NHK紅白歌合戦』のリハーサルに出席したAKB48

    指原莉乃、ラストステージも紅白司会業に意欲?<第69回紅白歌合戦>

    エンタメ

     AKB48が29日、東京・NHKホールにて『第69回NHK紅白歌合戦』のリハーサルに参加し、その後、行われた囲み取材に出席した。@@cutter 先日、グループの卒業を発表したHKT48の指原莉乃。紅白の司会としてカムバックするのはどうかと記者陣から質問が飛ぶと、「自分みたいな品のないMCには当てはまらない感じがする(笑)。今はあり得ない反響になると思うので、いつかは“確かにぴったりだね”と言ってもらえるような…」と願望を述べた。「今は下品すぎるので…」とつぶやきながらも、「なるべく早く品のある方になれたら」と、司会願望を語った指原だった。  AKB48として第11回目の出場となる今回は、指原がセンターを務める『恋するフォーチュンクッキー』が披露する予定。今年タイで国民的大ヒットを遂げた同曲について、海外姉妹グループのBNK48と共にパフォーマンスされることにも注目が集まっている。  紅白の思い出を尋ねられると、メンバーは各々「(大島)優子ちゃんが卒業発表したりとか」と盛り上がる。指原は「イリュージョンのリハーサルがめっちゃ大変だったり、人文字をしたり…。毎年誰かしらが失敗するんですよ。年始の休みで確認するのが大好きだった(笑)」とにぎやかに、多くの思い出を振り返った。  卒業発表後、環境の変化を尋ねられた指原は、「人が優しくなりました。今までも優しかったんですけど、より優しく感じて、ちょっと寂しい気持ちになります」と、うれしそうな表情を浮かべる。さらに「嘘か本当かわからないんですけど…ゆきりんが舞台裏とかで”フォーチュンクッキーはさっしーしかできないよ”と言ってくれる!」と隣の柏木由紀に話を振れば、「嘘じゃない! 本当(笑)! 何回、あとさっしーと歌えるかはわからないから、寂しいですよ」と卒業について、名残惜しそうにしていた。  『第69回NHK紅白歌合戦』は、NHK総合・BS4K・BS8K・ラジオ第1にて、12月31日19時15分から23時45分まで放送。

  • 『第69回 NHK紅白歌合戦』のリハーサルに出席した三代目 J Soul Brothers

    三代目JSB、2019年への誓い「皆さんに絶対喜んでもらえる1年になる」<第69回紅白歌合戦>

    エンタメ

     三代目J Soul Brothersが29日、東京・NHKホールにて「第69回 NHK紅白歌合戦」のリハーサルに参加。その後、行われた囲み取材に参加し、グループとしての漢字一文字を振られた。登坂広臣は「(山下)健ちゃん…」と助けを求めると、山下健二郎が「無茶ぶり、本当やめてほしい(笑)。…漢、じゃないですか!難しいほう!」と何とかひねり出すと、メンバーも「漢!」、「漢!」と盛り上げた。@@cutter 三代目J Soul Brothersは今年で7回目の紅白出演を飾るが、今年発表のアルバムがチャート1位を記録するなど、人気は衰え知らず。曲目はヒットチューンの「R.Y.U.S.E.I.」となり、リハでも息の合った様子で「ランニングマン」を踊っていた。  紅白のトップバッターを飾ることについて、今市隆二は、「初めてなので、自分たち的にも紅白の開幕となるようなパフォーマンスができたらと思います。7年連続も本当に光栄です」と、目を細める。  今年は個々の活動が目立ったメンバーだが、登坂は、「僕らふたり(今市)はそれぞれのアリーナツアーがあって、ELLYもソロのアーティストがあって、(小林)直己さんはハリウッドに挑戦したり、NAOTOさんもアパレルやバラエティ、(山下)健二郎くんも朝の情報番組で…」と紹介をし出すと、周りから「全員分言うの(笑)?」と突っ込まれ、登坂は「全員、一応…(笑)」と照れ笑い。最後には、岩田剛典の映画活動にも触れ「昨日の(第31回日刊スポーツ映画大賞)石原裕次郎賞新人賞があった!」と折り目正しい登坂。  2019年の活動について、引き続き登坂は「今年会う機会は少なかったかもしれないけど、それだけ各々の活動が充実していたので、パワーを2019年に発揮すべく、勢いづけるのも紅白の舞台だと思う」と伝えた。NAOTOも「来年は1月1日に発表があることはSNSだったりで情報が出ています。皆さんに絶対喜んでもらえる1年になるので、今年個々で活動していたパワーがグループとして返ってくると思います!」と、グループがより一層輝く年になると宣言していた。 『第69回NHK紅白歌合戦』は、NHK総合・ラジオ第1にて19時15分から23時45分まで放送。

  • 『第69回 NHK紅白歌合戦』のリハーサルに参加した乃木坂46・西野七瀬と白石麻衣

    乃木坂46・西野七瀬 ラスト紅白に「華やかな感じで終われたら」<第69回紅白歌合戦>

    エンタメ

     アイドルグループ・乃木坂46が29日、東京・NHKホールにて『第69回 NHK紅白歌合戦』のリハーサルに参加。その後、行われた囲み取材で、年内の活動をもってグループを卒業する西野七瀬は、最後の紅白出演に、「1個1個最後だなと思いながらやっています」と笑顔で答えた。@@cutter 乃木坂46は、西野がセンターを務める「帰り道は遠回りしたくなる」を歌唱。西野はラスト紅白をセンターで出場することについて「すごいありがたいことですし、1年の締めくくりでもある。華やかな感じで終われたらなって思います」と語った。  白石麻衣は、4年連続での出演に「毎回緊張のステージです。紅白は全員で出られるステージでもあるので、全員で最高のパフォーマンスをお届けできるように頑張れればと思います」と意気込んだ。さらに「これがみんなで、なぁちゃんと最後で一緒に踊れる舞台かと思うと、哀しい気持ちもあるけど、最後は笑顔で送り出せるようにできたらいいなと思います」と隣にいる西野に微笑んだ。  今年、生駒里奈ほかメンバーが数名卒業したことについて、キャプテンの桜井玲香は、「グループにとって大きな転機がきているというか、入れ替えが激しい時期に入ってきています。後輩たちの成長がすごいスピードで進んでいますし、みんなで補えてどんどん前に進めていると実感しています。不安もなく、前向きに捉えていますね」と今後の躍進を誓った。 『第69回NHK紅白歌合戦』は、NHK総合・ラジオ第1にて19時15分から23時45分まで放送。

  • 『第69回 NHK紅白歌合戦』のリハーサルに出席した刀剣男子

    19振り勢ぞろいの刀剣男士“合戦”に意気込み「…緊張しておる!」<第69回紅白歌合戦>

    エンタメ

     刀剣男士が29日、東京・NHKホールにて『第69回NHK紅白歌合戦』のリハーサルに参加。初の紅白の舞台となった刀剣男士は、これまでのミュージカルやライブでもそろったことのない19振りが初の勢ぞろいとなり、囲み取材で意気込んだ。@@cutter 役衣装のままずらり19振りで登場し、圧巻のいでたちとなった面々。三日月宗近役の黒羽麻璃央は、紅白の雰囲気を肌で感じたようで、「いよいよ始まるなというのが素直な感想だな。こんなにたくさんの…関係者がいる…のに囲まれるのは、なかなか初めての体験だな。緊張しておる」と“なりきり”ながら嬉々として語った。  「どういう闘いになるのか、我々も楽しみ」とした黒羽は、秘策について聞かれると周りから「おいしいものだよね」「紅白饅頭だよね」とフォローされると、「いい茶菓子だなあ。食べて合戦に臨むとしよう」と、ニコニコ。最後に、今年の漢字を当然「刀」としながら、「平成最後の大合戦に臨めるのは、我々としては非常に幸せだ」と、初の紅白にやる気満々の様子を見せていた。  一方、一句詠むことで知られる和泉守兼定役の有澤樟太郎。記者陣から「一句」とリクエストされると、「一句か…考えていなかったな…」と、動揺しながらも、「ここで一句。“紅白で 伝説残すぜ 全員で”」と決めて囲み取材を盛り上げた。  『第69回NHK紅白歌合戦』は、NHK総合・BS4K・BS8K・ラジオ第1にて、12月31日19時15分から23時45分まで放送。

  • 『第69回 NHK紅白歌合戦』のリハーサルに出席したKing&Prince

    キンプリ平野紫耀、今年の漢字は「懐」 岩橋玄樹とのやり取りも<第69回紅白歌合戦>

    エンタメ

    King & Princeが29日、東京・NHKホールにて『第69回NHK紅白歌合戦』のリハーサルに参加。その後、行われた囲み取材に登場し、メンバーそれぞれが2018年を漢字1文字で表したほか、現在、休養に入っている岩橋玄樹とのやり取りも明かした。@@cutter 紅白歌合戦初出場となったKing & Princは、今年5月にシングル『シンデレラガール』でセンセーショナルなデビューを飾り、瞬く間に人気グループへとのぼり詰めた。10月にはセカンドシングルも発表し、個々の活動も目覚ましく追い風に乗っている。  1年を振り返り、平野紫耀は「怒とうの日々だったよね。デビュー会見を開いてから今日までがあっという間です」とコメント。高橋海人は「一番印象に残っていること」として、「ジャニーさんから電話がきたとき“今から来て”と言われて。その日コーンフレークを食べていて、途中で残していったっていう(笑)。これから先も忘れないなって思います」と、デビューが決まったときのことを懐かしそうに思い返していた。  恒例の「2018年を漢字1文字で」という質問には、それぞれ「挑戦の”挑”」(神宮寺勇太)、「人」(永瀬廉)、「肥大の”肥”」(岸優太)、「華」(髙橋)と答える中、平野は「懐…!」と言った後、「懐って2文字っすかね?」と天然爆発。記者の笑いを誘いながらも「デビューしてから出たことのないバラエティー、歌番組、ドラマ、コンサートがあって、いろいろな人の懐からいろいろな技術を泥棒のように盗んでいきました!」と笑顔を見せる。しかし「自分の懐はまだあっきあき。ギガ数だと1ギガも埋まっていない。スカスカですね!」とこれからも盗んでいきそうな意欲的な姿勢を見せた平野だった。  囲み取材の終わり、岩橋とのやり取りについて、岸は「定期的に連絡を取っているんです。彼自身、復帰に向けてものすごく努力をしていて、1日でも早く復帰したい思いが強い。僕たちも焦らずゆっくり待って、彼が納得のいくようにできたらって。いつでも僕たちは待っているので、帰ってくる準備はいつもできています」と温かい眼差しを向けながら、コメントに代えていた。  『第69回NHK紅白歌合戦』は、NHK総合・BS4K・BS8K・ラジオ第1にて、12月31日19時15分から23時45分まで放送。

  • 『第69回NHK紅白歌合戦』に出場する米津玄師

    米津玄師、紅白出場決定 『Lemon』を生中継歌唱

    エンタメ

     ミュージシャンの米津玄師が、12月31日の大みそかに放送される『第69回NHK紅白歌合戦』(NHK総合ほか/19時15分)に白組で初出場することが決定した。紅白では、米津が自身のふるさとである徳島県から生中継でヒット曲『Lemon』を歌唱する。@@cutter 米津は2009年より“ハチ”という名義で動画サイトにオリジナル曲を投稿し始めて国内外で注目を集めた後、2012年には本名の“米津玄師”名義でアルバムをリリース。全曲、作詞・作曲・アレンジ・プログラミング・歌唱・演奏・ミックスのほか、動画・アートワークも独りで製作して話題を呼んだ。  そして今年1月、民放ドラマ『アンナチュラル』(TBS系)の主題歌として発表した楽曲『Lemon』は、ミュージックビデオは2億再生を、ダウンロードは200万超えを記録。ドラマアカデミー「最優秀ドラマソング賞」を受賞したほか、日本レコード協会「史上最速」ミリオンダウンロード認定を受けた。  今回の紅白では、米津が楽曲の世界観を表現するのにふさわしい場所だとして、徳島県から生中継で歌唱することを企画。SNS上には米津の出場に「おめでとうございます」「すごい」「これは嬉しすぎる」といった歓喜の声が寄せられている。  『第69回NHK紅白歌合戦』は、NHK総合ほかにて12月31日19時15分放送。

  • 『おげんさんといっしょ』ファミリーが紅白歌合戦出演決定

    星野源率いる「おげんさんファミリー」、紅白歌合戦出演決定!

    エンタメ

     星野源のテレビ初冠番組『おげんさんといっしょ』(NHK総合)から、高畑充希、宮野真守ら“おげんさんファミリー”が『第69回NHK紅白歌合戦』(NHK総合/12月31日19時15分)に出演することが決定した。@@cutter 『おげんさんといっしょ』は、星野源が、お母さんの“おげんさん”に扮し、東京・渋谷にある「おげんさんの家」から、生演奏や“だらだらトーク”を繰り広げる音楽番組。これまで2017年5月4日と2018年8月20日の2回、NHK総合で生放送され、SNSを中心に大きな反響を巻き起こした。  今回は、主役の星野扮するおげんさんをはじめ、女優の高畑充希演じる一家の大黒柱であるお父さん、ダンスも歌も笑いも得意な長女を演じる藤井隆、番組の進行役でもあるネズミの声を担当する宮野真守、そして前回の番組で新たな家族として参加した次男役の三浦大知が“おげんさんファミリー”として登場。おげんさんファミリーがNHK紅白歌合戦バージョンの豪華セッションとパフォーマンスを展開する。  『第69回NHK紅白歌合戦』は、NHK総合ほかにて12月31日19時15分放送。

  • 『第69回NHK紅白歌合戦』への出演が決まったチコちゃんと岡村隆史

    2018年『紅白歌合戦』チコちゃん&岡村隆史出演決定

    エンタメ

     バラエティ番組『チコちゃんに叱られる!』(NHK総合/毎週金曜19時57分)に出演中のチコちゃんとナインティナインの岡村隆史が、『第69回NHK紅白歌合戦』(NHK総合/12月31日19時15分)に出演することが決定した。@@cutter 『チコちゃんに叱られる!』は番組のマスコットである5歳の女の子、チコちゃんが発する素朴な疑問に答えていく雑学バラエティ番組。今年4月にレギュラー放送がスタートすると、チコちゃんのかわいくてちょっと生意気なキャラクターや、岡村とのアドリブ満載の楽しい掛け合いが、幅広い世代で人気となっている。そんなチコちゃんと岡村が『第69回NHK紅白歌合戦』の企画コーナー「チコちゃん×紅白」に登場する。  岡村がNHK紅白歌合戦に出演するのは、2006年『第57回NHK紅白歌合戦』の「みんなのうた45年! キッズショー」に登場して以来。今回はチコちゃんとのコンビで、紅白を盛り上げる。  『第69回NHK紅白歌合戦』は、NHK総合ほかにて12月31日19時15分放送。

  • 『第69回NHK紅白歌合戦』特別企画に出演するサザンオールスターズ

    サザンオールスターズ『紅白』出演決定 NHKホールでの歌唱は35年ぶり

    エンタメ

     12月31日の大みそかに放送される『第69回NHK紅白歌合戦』(NHK総合ほか/19時15分)に、特別企画として、今年デビュー40周年を迎えたサザンオールスターズ、そして演歌の大御所・北島三郎が出演することが明らかになった。@@cutter 「平成最後の紅白」となる『第69回NHK紅白歌合戦』は、「夢を歌おう」がテーマ。特別企画として出場するサザンオールスターズは、紅白への出演が2014年以来4年ぶりで、通算では5回目。NHKホールで歌唱を行うのは、1983年以来、実に35年ぶりとなる。  一方、2013年の『第64回NHK紅白歌合戦』で、史上最多の“50回出場”を区切りとして紅白とは“1本の線を引いた”北島。それ以来、紅白に出演することはなかったが、「平成最後の紅白」という記念の年に「やっぱりサブちゃんを紅白で見たい!」という期待の声を受け、番組が出演を依頼。北島はこれに応じて特別出演し、「まつり」を歌うこととなった。紅白でも昭和から平成にかけて6回披露し、伝説的なステージを作り上げてきたこの曲で、北島は日本を再び盛り上げる。  さらに、北島の弟子・北山たけしと大江裕による特別ユニット「北島兄弟」も特別企画に参加する。デビュー15周年を迎えた北山と10周年を迎えた大江は、演歌チャートで1位を獲得した「ブラザー」を歌唱。この曲は北島三郎の次男で、今年亡くなった大地土子が作詞・作曲した遺作だ。  『第69回NHK紅白歌合戦』は、総合テレビ・BS4K・BS8K・ラジオ第1にて、12月31日19時15分放送。

  • 『第69回 NHK紅白歌合戦』出場歌手 発表記者会見に登場したYOSHIKI

    YOSHIKI、HYDEと紅白でコラボ「度肝を抜くようなことを」<第69回紅白歌合戦>

    エンタメ

     ミュージシャンのYOSHIKIが、14日に都内で開催された『第69回NHK紅白歌合戦』出場歌手発表記者会見に登場した。L'Arc~en~CielのHYDEとコンビを組んでの出場となるYOSHIKIは「YOSHIKI feat. HYDEということで、またちょっと度肝を抜くようなことを考えています」と語った。@@cutter YOSHIKI feat. HYDEとしては初出場となるYOSHIKIは「毎年、年末といえば、昔は東京ドーム、ここ数年は紅白に出させていただいているんですが、今年もこのように紅白に出させていただいて、本当に光栄に思っています。初出場という立場になったので、なぜか緊張しています」と照れ笑い。  また「昔は年末に東京でもカウントダウン(ライブ)、そして紅白にも出させていただいたんですが、この数年また出させていただいて。毎年、ゴジラを倒したり、そういうとても素敵な企画に参加させていただいたんですけど、今年はですね、YOSHIKI feat. HYDEということで、またちょっと度肝を抜くようなことを考えています」と意味深発言。そして「まだこの後に、度肝を抜くようなことがあるかもしれないです。あんまり言うと怒られちゃうかもしれないな」とサプライズを匂わせた。  HYDEとのコラボに関しては「普通に考えると、X JAPANとL'Arc~en~Cielという、10年前じゃあまり考えられなかったようなコラボができたので。たぶん、今日くらいかな? 明日、コンサートで共演するので、(HYDEが)日本に着くんじゃないかなと思われるんですが…。ちなみに、このような場所に来させていただき、本当にちょっと緊張しています。なんか新人の気分です。本当に」と話していた。  YOSHIKIは15日に都内で開催されるクラシックコンサート「YOSHIKI CLASSICAL 2018 ~紫に染まった夜~ YOSHIKI with Philharmonic Orchestra」でHYDEと共演する。

  • 『第69回 NHK紅白歌合戦』出場歌手 発表記者会見に登場したKing&Prince

    King & Prince、紅白初出場 療養中のメンバー岩橋玄樹に「見ててね」<第69回紅白歌合戦>

    エンタメ

     アイドルグループKing & Princeが14日、都内で開催された『第69回NHK紅白歌合戦』出場歌手発表記者会見に出席した。病気療養中の岩橋玄樹を欠いての出場となることについて、岸優太は「玄樹くんには『見ててね』って言いましたし、『絶対見るから』って言われました」と明かした。@@cutter 平野紫耀は「僕たちは今年デビューさせていただいて、まだ1年目という年なんですけども、その中で年末の大舞台、紅白という番組に出させていただくということで、本当に関係者の皆さん、スタッフの皆さん、ファンの皆さんに、とても感謝しています。そしてこの年末で、皆さんに恩返しができるようなパフォーマンスができたらなと思っています」とコメント。  出場を知らされたときのことについて、永瀬廉は「昨日、ジャニーさんから稽古場に呼び出されまして。そのときにジャニーさんから直接、聞きまして。そのときのジャニーさんの言葉っていうのが『YOUたち、ちょっと来て』。人がいないところに集められて『誰にも内緒だからね?』って言われて、『YOUたち紅白だから』て言って、どっか行きました」と笑顔で回想した。  岩橋を除く5人での出場に話が及ぶと、岸は「今回は5人という形になってしまうんですけど、本人にも連絡をしまして。正直、悔しい思いはしていたんですけど、僕たちは彼の思いも背負っての思いが、今回この舞台にかかっているので、非常に強い思いを持っております」と話した。  この日は、同じく紅白初出場となるDAOKO、あいみょん、純烈、DA PUMP、YOSHIKI のほか、Aqours、刀剣男子、桑子麻帆アナウンサーも出席した。

  • (左から)広瀬すず、広瀬アリス

    広瀬アリス「ネットニュースで知った」 妹すずの紅白初司会にツッコミ

    エンタメ

     女優の広瀬すずが大みそか恒例の『第69回NHK紅白歌合戦』の紅組司会を務めることが分かった9日、ツイッター上で姉の広瀬アリスとコミカルなやり取りを披露。人気女優同士でもある姉妹の飾らないやり取りが、ファンをなごませている。@@cutter 紅白司会が公表されたあと、すずは自身のツイッターで「平成最後の、か、、、ふぅ、、ががががががんばります」と意気込みを投稿。総合司会の内村光良、桑子真帆アナ、白組司会の櫻井翔と共に、広瀬は紅組司会を初めて務めることになった。  すずの「がんばります」投稿の直後、今度は姉のアリスが「さっきまで一緒にいたのにネットニュースで知ったよ。がんばれ」と引用リプライ。この言葉にすずは「ごめん、吹いちゃったありがとうお姉ちゃん 昼寝終わったんだね、おはよう」と返信を送っている。  飾らない姉妹のゆるいやりとりに、ファンからは「なにこの会話可愛いムリ」「まってさすが広瀬姉妹www」「いつも、直接あってるのにネットでお互いのこと知るよね」「やっぱその関係好き」といった好意的な意見が相次いだ。  そのほかにも「アリスちゃんは朝ドラ出てたから、ゲスト審査員あるかも」「御姉様も朝ドラヒロイン応援団に混ざって出演オファーあったりして」と『紅白』内で姉妹が共演することを期待する声も寄せられている。 引用:https://twitter.com/Alice1211_Mg https://twitter.com/Suzu_Mg

  • 第69回紅白歌合戦で司会を務める内村光良&広瀬すず

    櫻井翔&広瀬すず、紅白司会に 総合司会は2年連続内村光良

    エンタメ

     大みそか恒例の『第69回NHK紅白歌合戦』の司会者が発表され、紅組司会を広瀬すず、白組司会を嵐の櫻井翔が務め、総合司会を内村光良と桑子真帆アナウンサーが担当することが明らかになった。来年4月スタートのNHK連続テレビ小説の100作目『なつぞら』でヒロインを演じる広瀬は「『朝ドラ、100作目だからね、頑張ってね』と言われたときと同じようなプレッシャーと責任を感じております。まだまだ実感が湧かない日々ですが、一生懸命頑張りたいと思っております」と心境を明かしている。@@cutter 2010年からは嵐として連続5回白組司会を務め、今回初めて個人として白組司会を務める櫻井は「小学一年生の年明けまもなく。祖父母の家のこたつに入りながらテレビで見た、“平成”の年号の発表はいまも鮮明に記憶に残っております。あの日からおよそ30年。“平成最後の紅白歌合戦”の司会をさせて頂くことになると、当時の私に伝えても信じてもらえないと思います。身に余る大役。幅広い多くの方の心に残る紅白になるよう、精一杯務めて参りたいと思います」と抱負を明かしている。  『なつぞら』のヒロイン・奥原なつを演じる広瀬は「紅白という大きな舞台のこんな大役を私に与えてくださった皆様に、まずは、一番驚いています。本当にどうして良いのか分からないというのが、今の正直な気持ちです。私に務まるのか、期待にお応えできるかまだ自信はありませんが、ご出演されるアーティストの方々と、そして内村さんと櫻井さんという、心強い先輩方とテレビで見ていたあの場所で、ご一緒させて頂けることを楽しみにしております」とコメント。  一方、2年連続で総合司会を担当する内村は「二度とないことだと思っていたので本当に驚いています。『平成最後の紅白は ああだったな』と、ずっと記憶に残るような、そんな“歌合戦”を皆さんと一緒に目指したいと思います。今年は何回早着替えをするのか楽しみです」と語り、続けて「私を再び推薦して下さったNHKゼネラル・エグゼクティブ・プレミアム・マーベラス・ディレクターの三津谷寛治氏に感謝します」と、自身が同局の『LIFE!~人生に捧げるコント~』で演じるキャラクターにメッセージを送った。  『第69回NHK紅白歌合戦』は、NHK総合・BS4K・BS8K・ラジオ第1にて、12月31日19時15分放送。

  • 『第68回 NHK紅白歌合戦』のリハーサルに出席した乃木坂46

    <紅白歌合戦>乃木坂46、今年を表す漢字は「夢」 「夢がたくさん叶った1年」 

    エンタメ

     乃木坂46が29日、東京・NHKホールにて『第68回 NHK紅白歌合戦』のリハーサルに参加。その後、行われた囲み取材に、白石麻衣、西野七瀬ら11名が出席した。今年を表す漢字を尋ねられると、全員で答えをひねり出し、「夢」とした。キャプテン・桜井玲香は、「東京ドーム、写真集もたくさん出せたり、紅白にも出られるし、夢がたくさんかなった1年になりました」と笑顔で今年を振り返った。@@cutter 3年連続3回目の出演を果たす乃木坂46は、白石と西野がWセンターを務める「インフルエンサー」で、最高難度の高速ダンスを披露する。西野は「Wセンターをやった曲を紅白で披露できるのは、個人的にもうれしいです」と微笑み、白石も「初めてこの曲でミリオンを取ったので、グループとしてもこの1年の大きい出来事でした。乃木坂にとって、またひとつ上にのぼれるのかなと思っています」と、曲への想いを込めた。  また、乃木坂46“公式お兄ちゃん”で、紅白ウラトークチャンネルに出演するバナナマン・日村勇紀が同曲を完璧に踊れることでも知られており、ヒム子(日村)のコラボ出演も期待されている。しかし、白石が「先日、お誘いしたら、キレイに断られました(笑)」と打ち明けると、メンバーは一斉に「ええ~!」と悲鳴を上げ、「今年一緒に踊ってもらったりしたので、気持ち的には一緒に踊ってもらえたら最高だなと思うんですけど。出てほしい気持ちはあります」とまだ希望を捨てきれていない様子だった。 『第68回NHK紅白歌合戦』は、NHK総合・ラジオ第1にて19時15分から23時45分まで放送。

  •  『第68回 NHK紅白歌合戦』のリハーサルに出席したゆず

    <紅白歌合戦>大トリのゆず・北川悠仁「妻もとても喜んでいる」

    エンタメ

     ゆずが29日、東京・NHKホールにて『第68回 NHK紅白歌合戦』のリハーサルに参加。その後、行われた囲み取材にも出席した。@@cutter 8回目の出場となるゆずは、NHK「アテネオリンピック中継」公式テーマソングの「栄光の架橋」を歌い上げ、大トリを飾る。22日にトリに決まったことを聞いたという北川悠仁は「最初聞いたとき、ドッキリじゃないかなと思ったくらいびっくりしたんですけど、段々実感が湧いてきた。とても楽しみな気持ちでいっぱいです」と、笑顔を見せた。  紅白の大トリを飾ることについて、妻・高島彩の反応は「とても喜んでいます。たぶん今年は家族で家で見ていてくれるんじゃないかと思っています。あと、親戚からも泣きながら電話がかかってきました」と、反響の大きさに驚いていた。  今年はデビュー20周年を迎え、岩沢厚治は「ファンの皆さんとたくさんライブを作ってきた1年でした」と振り返り、紅白のトリという大役については「NHKさんからいただいたご褒美と言いますか、歌い納めをしっかりと務めたいです」と気合いを入れていた。 第68回NHK紅白歌合戦』は、NHK総合・ラジオ第1にて19時15分から23時45分まで放送。

  • 『第68回 NHK紅白歌合戦』のリハーサルに出席したTWICE

    <紅白歌合戦>TWICE、紅白を意識したミニスカートで美脚を披露「温かく見守って」

    エンタメ

     韓国発9人組ガールズグループ・TWICEが29日、東京・NHKホールにて『第68回 NHK紅白歌合戦』のリハーサルに参加。その後、行われた囲み取材では、赤と白のツートンカラーのミニスカートで美脚を見せつけ、「紅白歌合戦ということで赤と白の衣装にしたので、温かく見守っていただけたらうれしいです」と意気込んだ。@@cutter 日本でも曲に合わせた「TT」ポーズが10代女子を中心に大流行したTWICE。囲み取材で日本人メンバーのモモは、「初めての紅白なので緊張するんですが、皆さんに元気を与えられるように、もっと知っていただけるように頑張ります」と、本番に向けて気を引き締めていた。  日本の国民的歌番組に出演が決まったことに韓国のメンバーは、「出演の記事が上がったとき、 “すごいね。海外の人たちにもいっぱい知ってもらっているんだね”という好意的な書き込みが、すごくたくさん上がっていました」と興奮気味に伝えた。  紅白でのパフォーマンスを楽しみにしている人を聞かれた日本人メンバーのサナは、「幼い頃から安室奈美恵さんを母とファンで見ていました。出演されることにびっくりしたんですけど、安室さんもほかのアーティストの皆さんのステージを見て、たくさん吸収して頑張っていきたいです」とコメントした。 『第68回NHK紅白歌合戦』は、NHK総合・ラジオ第1にて19時15分から23時45分まで放送。

  • 『第68回 NHK紅白歌合戦』のリハーサルに出席したHKT48・指原莉乃とAKB48・渡辺麻友

    <紅白歌合戦>AKB48・渡辺麻友、ラストステージに「感極まって泣くと思う」

    エンタメ

     AKB48が29日、東京・NHKホールにて『第68回 NHK紅白歌合戦』のリハーサルに参加し、その後に行われた囲み取材に、メンバー7名が出席した。年内でグループの卒業を発表している渡辺麻友は、最後の紅白となる。渡辺は自身のセンター曲「11月のアンクレット」を歌いたいと話し、「本当に1位で歌えたあかつきには、感極まって泣くと思います。あまり人前で泣くことはないんですけど、さすがにその瞬間は泣くんじゃないかな」と胸中を告げていた。@@cutter 今回で10回目となるAKB48の紅組出演では、「視聴者が選んだ夢の紅白SPメドレー」を披露。これは史上初の試みとなり、視聴者が選んだ3曲をぶっつけ本番で歌うというもの。何を歌うのかが本当にわからないという中、メンバーは数曲の立ち位置などのリハーサルを入念に行い、ドキドキの表情を広げていた。  最後の紅白に懸ける想いが格別にあるとした渡辺は、「こんなに歴史ある素晴らしい紅白歌合戦の舞台でAKBとして最後の瞬間を迎えられること、すごく光栄に思っています。『11月のアンクレット』は、最後の卒業のセンターシングルなので、最後に歌って、11年間のAKB人生に幕を下ろしたいです」と、改めて強調した。一方、自身のセンター曲が選抜される可能性もある指原莉乃は、「いい曲ばかりなので、どの曲になっても楽しみです!」と温かく答えた。  小学6年生でデビューし、「大声ダイヤモンド」でセンターを務めた松井珠理奈は、「今20歳になって、デビューシングルをもう一度歌えたらすごくうれしいなと思っています」と希望を明かしつつも、「どの曲を歌えることになっても、麻友さんの最後のステージなので、感謝の気持ちを込めていきたいです」と渡辺への想いを込めた。  『第68回NHK紅白歌合戦』は、NHK総合・ラジオ第1にて19時15分から23時45分まで放送。

  • 『第68回 NHK紅白歌合戦』のリハーサルに出席した星野源

    <紅白歌合戦>星野源、2017年を表す漢字は「国」 「恋」のヒットも「めちゃくちゃうれしい」

    エンタメ

     星野源が29日、東京・NHKホールにて『第68回 NHK紅白歌合戦』のリハーサルに参加。その後、行われた囲み取材に登場した星野は、今年一年を漢字で表すなら、と記者に聞かれ「難しいな~~」と笑顔で悩んだ末、「国」とした。理由は「全国ツアーがあって日本全国を挨拶に行けたこともあって、全国の皆さんに知ってもらった活動でもあった。日本という全体を意識した1年でした」と振り返った。@@cutter 今年で3回目の出場となった星野は、話題曲「Family Song」を披露。リハーサルでも伸びやかな歌声をホール内に響かせていた。ちなみに、昨年の出演の後は「いろいろな方から“紅白見たよ”と声をかけていただきました」とのこと。  今年も昨年に引けを取らず、歌に、演技に、大忙しだった星野。「すごく楽しかったです。2017年の目標は“あまり無理をしない”だったけど、意外と無理をしてしまって(笑)」と苦笑いをした後、「その分、音楽と役者という好きな仕事を突き詰めていきたいなと、改めて思いました」と展望を口にした。2018年の目標は「遊びたい」とし、プライベートで全国に旅行に行きたいと明かした。  昨年大ヒットして紅白で歌唱した「恋」について、星野自身も国民的に愛されている曲であることを節々で実感している様子。「自分が大好きな曲なので、例えば、学校の横とかを散歩で歩いていると聞こえてきたり!踊っていたりするんです。すごいなと思って、むちゃくちゃうれしい」とうれしそうに微笑んだ。  『第68回NHK紅白歌合戦』は、NHK総合・ラジオ第1にて19時15分から23時45分まで放送。

  • 安室奈美恵、14年ぶりに紅白出場決定

    <紅白歌合戦>安室奈美恵、トリ前に「Hero」をメモリアルな空間から披露

    エンタメ

     大みそかに放送される『第68回NHK紅白歌合戦』に特別企画で出場する安室奈美恵の曲目が「Hero」と同局より発表された。「Hero」は昨年のNHKリオデジャネイロオリンピックのテーマソングで、出番は43曲目となる白組・氷川きよしの「きよしのズンドコ節」の後に登場する。@@cutter 29日に行われた紅白リハーサル会場で取材に応じた制作統括の矢島良チーフプロデューサーは、安室の歌唱は「Hero1曲」と断言し、「ラスト紅白ということでメモリアルな空間で」とNHKホール以外の会場から生中継を行うと語った。  また同じ特別企画の桑田佳祐は、朝ドラ『ひよっこ』の主題歌「若い広場」を安室の後に横浜アリーナからの中継で歌唱する。  『第68回NHK紅白歌合戦』は、NHK総合・ラジオ第1にて19時15分から23時45分まで放送。

  • 『第68回 NHK紅白歌合戦』のリハーサルに出席した三代目 J Soul Brothers

    <紅白歌合戦>三代目・登坂広臣、紅白のための楽曲に意気込む「一夜だけのナンバー」

    エンタメ

     三代目J Soul Brothersが29日、東京・NHKホールにて「第68回 NHK紅白歌合戦」のリハーサルに参加。その後、行われた囲み取材に登場し、ボーカルの登坂広臣は「紅白のためにいろいろ曲自体もアレンジをきかせました。衣装からダンサーからバンドから、紅白のステージとあわせて世界観も作ったので、一夜だけで送るナンバーです」と意気込んだ。@@cutter 三代目J Soul Brothersは今年で6回目の紅白出演を飾る。曲目は「HAPPY~紅白スペシャルバージョンン~」と題して、今年ヒットしたであろう楽曲を歌うことが予想されている。  本年は史上最多の年間ドーム公演数樹立をマークし、活動として勢いづいた印象。今市隆二は、「今年はドームツアーをやって、最多動員という記録もあったり、多くの方が足を運んでくださったので本当にうれしかったです」と、振り返った。  NAOTOや小林直己、岩田剛典は来年からEXILEの活動も再開する。NAOTOは「EXILEも個々でいろいろ話し合ってパワーをためこんで準備してきた。来年の活動も楽しみです。三代目も、メンバー同士でひとりひとり何ができるのか話し合っています」と充実をうかがわせると、小林が「オリジナルアルバムも」とそっと助言し、すると全員がにっこりして「さすがです、リーダー!」と湧いていた。  『第68回NHK紅白歌合戦』は、NHK総合・ラジオ第1にて19時15分から23時45分まで放送。

  • 安室奈美恵、14年ぶりに紅白出場決定

    安室奈美恵、紅白出場決定! 14年ぶり、特別企画で

    エンタメ

     安室奈美恵が、大みそかに放送される『第68回NHK紅白歌合戦』(NHK総合・ラジオ第1/19時15分~23時45分放送)に特別出演歌手として出場することがNHKより正式に発表された。@@cutter 今年9月にデビュー25周年を迎え、来年9月での引退を発表した安室。11月に発売したベストアルバム『Finally』は180万枚以上の売上を記録。これまでの軌跡や現在の心境を語った特別番組『安室奈美恵「告白」』(NHK総合)は大きな反響を呼び、2018年1月に再放送が決定している。来年予定されているドームツアーも入手困難が予測されているなか、紅白歌合戦でスペシャルパフォーマンスをすることになった。安室の紅白出場は、2003年の『第54回NHK紅白歌合戦』に「SO CRAZY」で出場して以来、14年ぶりとなる。

  • 有村架純、「またみね子としてステージに立てれたら…」紅白の企画に期待

    <紅白歌合戦>有村架純、「みね子としてステージに立てたら…」企画に期待

    エンタメ

     内村光良、二宮和也、有村架純が、27日に都内で行われた第68回NHK紅白歌合戦の司会者合同コメント取材会に出席。期待のアーティストを問われた内村は欅坂46と答え、「『不協和音』が特に大好き」と語った。@@cutter 総合司会を務める内村は「全く予想していないこと」と心境を明かしつつ「総合とは何かということを、非常に毎日思っているんですが(笑)、まあ風邪薬みたいなものだろうと。何でも効く漢方薬みたいなものなのかな。紅勝て白勝てと、どっちも煽る感じで上手く仕切れたらいいなと思っています」とコメント。「出場される歌手の方を懸命に勉強している最中でございます」とも明かし、注目しているアーティストを聞かれると「(同局の歌番組)『SONGS』を見て、欅坂46さんに非常に感銘を受けました。会うのを楽しみにしています。『不協和音』が特に大好きです」と笑顔で話した。  嵐としてではなく、初めて個人で白組の司会を務める二宮は、「個人では初めてということで、昨年、相葉(雅紀)君が個人でやらせていただきましたが、それに続いてという形で、自分もやらせていただくことになりました。とにかく歌う時と同様、楽しく皆様に分かりやすく伝えていければなと思っていますので、お二人とともに頑張っていきたいと思います」と発言。また、昨年を振り返りながら「相葉君はね、オープニングで噛んでました」と相葉をいじり、内村や有村を笑わせた。  2年連続で紅組の司会を担当する有村は、抱負を問われると「今年は去年よりも少しでも自分自身の司会が良くなるように頑張って務めたい」と意気込む。また、自身が主演を務めたNHK連続テレビ小説『ひよっこ』に言及し、「会場に来てくださる皆さんの中や、見てくださっている皆さんの中に、『ひよっこ』を応援してくださった方がいたら、何かもし紅白でそういった企画があるならば、またみね子として、そこのステージに立てれたらいいなと期待もして、楽しみにしています」ともコメントしていた。  第68回NHK紅白歌合戦は総合テレビ・ラジオ第1にて、12月31日19時15分から23時45分まで放送。

  • 『第68回 NHK紅白歌合戦』に出場が決まった三浦大知

    <紅白歌合戦>三浦大知、紅白初出場に「恩返しができるようなパフォーマンスを」

    エンタメ

     大みそかに放送される『第68回NHK紅白歌合戦』(19時15分~23時45分放送)の出場歌手発表記者会見が16日、都内で行われ、出場する全46組の中から紅組4組(丘みどり、SHISHAMO、TWICE、Little Glee Monster、白組6組(エレファントカシマシ、竹原ピストル、トータス松本、Hey! Say! JUMP、三浦大知、WANIMA)の計10組の初出場が発表された。@@cutter 会見にはトータス松本以外の初出場9組が出席。圧巻のパフォーマンスでも知られる三浦は、「日本で歌をやっている全員が目指している場所だと思っているので、うれしく思っております」と初出場の喜びを語り、「テレビの前で応援してくださった皆さんや支えてくださっている皆さんに、恩返しできるようなパフォーマンスをできたらと思います」と気合十分。  ロックバンド・エレファントカシマシの宮本浩次は、感動の言葉をまとめきれず思わず立ち上がるそぶりも見せて会場を笑いに包みながら、「夢でしたから。喜びを噛みしめたいと思っております」と言葉を紡いだ。  また、WANIMAからはKENTAが「僕たちは普段はライブハウスやフェスで活動していますけど、紅白が決まってめちゃめちゃ嬉しいです。めちゃくちゃ夢があるなと思いました」、竹原は「自分が紅白歌合戦に出させていただけるとは思っていなかったですけど、一度経験してみたかったステージだったので本当に光栄に思います。精一杯やらせていただこうと思います」と感無量の思いを明かした。  紅組からは、日本でもTTポーズが人気を集めた韓国出身のグループ・TWICEのサナが「日本デビューして間もないにも関わらず出場させていただけて光栄です。まだ私たちを知らない方もたくさんいらっしゃると思うので、たくさんの方たちに知っていただけるよう頑張りたいと思います」と日本での飛躍に意気込んだ。  映画『ミックス。』の主題歌と挿入歌でも話題を読んだSHISHAMOの宮崎朝子は、「高校の頃から活動していて、CDを出したりライブ活動を行っていたのがこうやって紅白歌合戦という舞台につながっていったのだと思うと、嬉しく思います」と笑顔を浮かべ、Little Glee Monsterのmanakaは「結成した頃から紅白を夢見ていましたし、そのための色んなストーリーだったなと思っています」と述懐。  演歌歌手の丘は「天国の母との約束がようやく果たせるなという感じです。2004年にデビューして、この13年間は決して順調な歌手生活ではなかっただけに、この紅白歌合戦という舞台はとても遠くて大きすぎる夢でした」と苦難の道のりと共に喜びを噛みしめるように語った。  今年の紅白歌合戦のテーマは「夢を歌おう」。総合司会にウッチャンナンチャンの内村光良、紅組司会を有村架純、白組司会を嵐の二宮和也が務めるほか、NHK桑子真帆アナウンサーも総合司会を担当することが発表された。  『第68回NHK紅白歌合戦』は、NHK総合にて12月31日19時15分から23時45分放送。

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access