菜々緒 関連記事

  • 映画『シュガー・ラッシュ:オンライン』来日会見にて

    『シュガー・ラッシュ』新作スタッフ来日 菜々緒も肩出しドレスで登場

    アニメ・コミック

     映画『シュガー・ラッシュ:オンライン』のリッチ・ムーア監督が、28日に都内で開催された来日会見に出席した。ムーア監督は同作に込められた「今日を生きる我々にとっては、重要なメッセージ」について持論を展開した。@@cutter 2012年に公開した映画『シュガー・ラッシュ』の続編となる本作は、レースゲーム“シュガー・ラッシュ”の危機を救うため、ラルフとヴァネロペがインターネットの世界に飛び出して繰り広げる大冒険を描く。会見にはムーア監督のほか、フィル・ジョンストン(監督・脚本)、クラーク・スペンサー(プロデューサー)、日本語吹き替えでシャンク役を務めた菜々緒も、ワンショルダーの妖艶なドレス姿で出席した。  物語に自身の体験が反映されているのか聞かれたジョンストン監督は、米ウィスコンシン州の小さな町からニューヨークに引っ越す際に友人たちと別れたことを振り返り「映画の中では、アーケードは小さな世界であり、インターネットはまるで大きな都市です。ラルフは小さな自分の世界に戻りたいと思っていますが、逆にヴァネロピは新しく大きな世界に魅了されているのです。そこに、自分の物語に近いものを感じますね」とコメント。  ムーア監督は「本作のテーマで良いなと思っているのは、決してキャラクターの判断を裁くところがないことです。ラルフは小さな町を愛しており、ヴァネロペはインターネットという大都市を愛しており、そのどちらもいいわけです」と言い「2人の人間がいて、それぞれの視点があり、視点が違ったとしても、彼らが親友でいられない理由など何もないと思います。これは特に今日を生きる我々にとっては、重要なメッセージではないでしょうか」と持論を展開した。  同日は、ネット世界の過激なレースゲーム“スローターレース”のカリスマレーサーで、ヴァネロペが憧れるシャンクの吹き替えを務めた菜々緒も登場。ムーア監督から劇中の歌唱シーンを絶賛され照れ笑いを見せた菜々緒は「(性格は)どちらかというとラルフ寄りかな? 実際にお芝居をさせていただくときに、悪役をすることが多いんですけど、その中で、プリンセスみたいな役をやった方がいいのかなっていう自分の中の葛藤があるんですけど、あまり(オファーが)来ない」と自嘲。チャレンジしてみたいことについては「舞台をやったことがないので、いずれ機会があれば挑戦してみたい」と話していた。  映画『シュガー・ラッシュ:オンライン』は12月21日に全国公開。

  • 「SIXPAD」新製品発表会に登壇した菜々緒

    菜々緒、自分のヒップは“65点”「どんどん鍛えたい」

    エンタメ

     タレントで女優の菜々緒が21日、都内で行われたトレーニングギア「SIXPAD(シックスパッド)」新製品発表会にゲストとして参加。日々体を鍛えている菜々緒は、「自分のヒップに点数をつけるなら?」という問いに「全然まだまだ。でも、着実に変わってきているので65点くらい」と低い自己採点で会場を驚かせた。@@cutter 「65点」という数字に、司会者も「低いですね…」とあ然。菜々緒は「日本人のお尻って骨盤的にも扁平尻。海外に行くともっと鍛えないと、と思う。まだまだ足りない。もっとムチを打ってどんどん鍛えたい。気を抜かずにやらないといけない」とストイックな姿勢だった。  この日、ボディーラインがくっきりとわかるタイトなミニスカートを見事に着こなして登場した菜々緒。着用している衣装は以前も使用したことがあるようで「さらに締まって若干ゆるい」と生地をつかんで苦笑い。日々のトレーニングの効果が現れ「もっと変われると自信につながっていますね」と声を弾ませた。  美と健康のため、どんなに忙しくてもジムには欠かさず通っているという。「たった15分でいいんですが、その15分が本当に過酷なんです。終わったときはすごく爽快です! 短時間に集中して全力を出すやり方は性格的にも合っている」と語った。  菜々緒は以前から愛用している「SIXPAD」のブランドパートナーに就任し、イベントでは同ブランド初となる女性向け製品をアピールした。ヒップラインを鍛える製品の発売に「女性らしいフォルムすごく大事。皆さんが鍛えたいと思っている。いつか作ってくれるんじゃないかと思っていたので本当にうれしい」と喜び、「ずっとお尻を鍛えたかった。コンプレックスを払拭したかったんです」とコメントした。  菜々緒が出演する「SIXPAD」新CMは22日より全国で放映。

  • 『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』菜々緒サプライズ誕生会の様子

    菜々緒、30歳のバースデー「米倉さんのような素敵な女性に!」と宣言

    エンタメ

     女優の菜々緒が28日、出演している木曜ドラマ『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』(テレビ朝日系/毎週木曜21時)の撮影現場で、30歳の誕生日を迎えた。菜々緒は「米倉さんのような素敵な女性になりたい」と今後の抱負を語った。@@cutter 本作は、弁護士資格を剥奪されてしまった小鳥遊翔子(米倉涼子)が、ペーパー弁護士の大学教授に法律事務所を開かせて、スカウトしたワケあり弁護士やパラリーガルたちをこき使いながら、さまざまな訴訟に挑む姿を描くリーガル・ドラマ。菜々緒が演じるのは、翔子をライバル視する野心家弁護士・白鳥美奈子だ。  撮影現場では、30歳の誕生日を迎えた菜々緒を祝福するために、法廷セットでサプライズ誕生会が開催された。主演の米倉をはじめ、向井理、林遣都、勝村政信、高橋英樹ら豪華キャスト陣とスタッフが、特製バースデーケーキを贈ったほか『ハッピーバースデートゥーユー』の大合唱で、盛大に菜々緒を祝福した。  菜々緒ポーズを見せる“スタイル抜群のミニ菜々緒”が載った特製ケーキを見るなり、菜々緒は「うそ~!? かわいい!」と大ウケ。米倉が「すごい! 菜々緒ポーズだ!!」とはしゃげば、高橋も「あっ、写真で見たポーズだ」と笑顔を見せていた。みんなで和気あいあいとケーキを取り囲んで談笑に興じた後に、菜々緒は「この作品の間に30歳になりました。米倉さんのような素敵な女性になりたいと思います」と、30歳の抱負を宣言していた。  ドラマ『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』は、テレビ朝日系にて毎週木曜21時放送。

  • 『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』第2話場面写真

    今夜『リーガルV』斉藤由貴出演 翔子はパワハラ裁判を引き受けるが…

    エンタメ

     女優の米倉涼子が主演を務めるドラマ『リーガルV ~元弁護士・小鳥遊翔子~』(テレビ朝日系/毎週木曜21時)の第2話が今夜放送され、女優の斉藤由貴がゲスト出演。第2話では、米倉演じるヒロイン・翔子がパワハラ裁判を引き受けることに…。@@cutter 本作は、米倉が元弁護士のヒロイン・小鳥遊翔子を演じるリーガルドラマ。弁護士資格を剥奪された翔子が、ペーパー弁護士の大学教授に法律事務所を開かせた上に、ワケありの弁護士やパラリーガルをスカウト。彼らをこき使い、どんなに不利な訴訟でも勝利を手にするために突き進む姿を描いていく。  元弁護士・小鳥遊翔子(米倉)の元に「太陽製紙」の元取締役・永島美鈴(斉藤由貴)からの弁護依頼が。彼女は、3人の部下からパワハラを受けたと告発され、不当解任の憂き目に。パワハラをするようには見えない美鈴だが、管理人として事務所を裏で仕切る翔子は弁護を断ろうとする。  しかし、美鈴が要求している損害賠償額が3億円を上回ると知った翔子は、成功報酬に目がくらみ、弁護を引き受ける。担当弁護士になった青島圭太(林遣都)と、事務所の代表弁護士・京極雅彦(高橋英樹)は、さっそく「太陽製紙」を弁護する大手法律事務所「Felix & Temma法律事務所」を訪れる。ところが、被告代理人の白鳥美奈子(菜々緒)が2人に手渡した音声データには、美鈴が部下にパワハラをする様子が録音されていた。  釈然としない翔子は、事務所のメンバーに調査続行を指示。やがて、美鈴と一番親しかった「太陽製紙」の生産事業部長・城野優(平山浩行)を、証人として確保するのだが…。  第2話では、本作で女優デビューを果たしたモデルの宮本茉由が、大手法律事務所の代表弁護士・天馬を演じる小日向文世から赤ワインをぶっかけられるという衝撃のシーンも描かれる。撮影の日は「朝からドキドキ」していたという宮本は、「現場でお話を聞いていると、小日向さんも緊張なさってたみたいで…。『小日向さんでも緊張なさるんだ!』と分かって、少しホッとしました」と撮影を振り返っている。  ドラマ『リーガルV ~元弁護士・小鳥遊翔子~』第2話は、テレビ朝日系にて今夜10月18日21時放送(15分拡大スペシャル)。

  • 『マスカレード・ホテル』メインビジュアル

    木村拓哉×長澤まさみ『マスカレード・ホテル』予告&メインビジュアル公開

    映 画

     木村拓哉が主演を務め、長澤まさみが共演する、東野圭吾原作の映画『マスカレード・ホテル』から予告編が到着。公開された映像には、木村演じる刑事がホテルマンとして潜入捜査を展開する様子や、超豪華な追加キャスト陣の姿が収められている。@@cutter 『マスカレード・ホテル』は、シリーズ累計310万部を突破した東野作品の中でも屈指の人気を誇る「マスカレード」シリーズの第1作。舞台となるのは都内の高級ホテル・コルテシア東京。次々と現れる素性の知れない宿泊客の“仮面(=マスカレード)”をはがそうとする木村演じる警視庁捜査一課の刑事と、その“仮面”を守ろうとする長澤演じるホテルマン。相反する2人の異色バディが難事件に挑む。  このたび解禁された予告編は、容疑者もターゲットも不明の不可解な連続殺人事件の、次の犯行現場に予告されたホテルに、刑事の新田浩介(木村)がフロントクロークとして潜入。宿泊客を“容疑者”として疑う新田と、宿泊客を信じるホテルマン・山岸尚美(長澤)が捜査の中でぶつかり合う姿や、ホテルマンに扮した新田を怒鳴りつける宿泊客たちの様子が収められている。  予告編の公開に併せて、超豪華ミステリーの名にふさわしいキャスト20名も一挙に解禁。新田と同じ刑事に小日向文世、梶原善、泉澤祐希、篠井英介、渡部篤郎。そして、山岸と同じホテルマンに石川恋、東根作寿英、鶴見辰吾、石橋凌。そしてホテルを訪れる素性の知れない宿泊客たちを演じるのは、濱田岳、前田敦子、笹野高史、高嶋政宏、菜々緒、宇梶剛士、橋本マナミ、田口浩正、勝地涼、生瀬勝久、松たか子といった面々。  さらにメインビジュアルも公開されており、木村と長澤の姿を中央に、豪華キャスト陣が勢ぞろいしたスケール感たっぷりのデザインに仕上がっている。  映画『マスカレード・ホテル』は、2019年1月18日より全国公開。

  • 木曜ドラマ『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』制作発表記者会見にて

    「軽くてびっくり!」米倉涼子、吉田沙保里にお姫様抱っこされてご満悦

    エンタメ

     女優の米倉涼子が、2日に都内で開催された木曜ドラマ『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』制作発表記者会見に出席した。米倉は応援に駆け付けた女子レスリングの吉田沙保里選手にお姫様抱っこをされると「人生で女性に抱っこされるとは(笑)。光栄です。フッて浮きました」と満面の笑顔を見せた。@@cutter 本作は、弁護士資格を剥奪された小鳥遊翔子(米倉)が、ペーパー弁護士の大学教授に法律事務所を開かせ、スカウトしたワケあり弁護士やパラリーガルをこき使いながら、様々な訴訟に身を投じる姿を描く。この日は共演する向井理、林遣都、菜々緒、荒川良々、安達祐実、三浦翔平、内藤理沙、宮本茉由、勝村政信、小日向文世、高橋英樹も出席した。  米倉は「久しぶりに新しいキャラクターの名前を言うので、ちょっと違和感がありますが」とニッコリ。初共演するキャストが多いことについては「ここ1週間くらいで、少しずつ打 ち解け合って、穏やかな空気が流れ始めたなという状況になっています」と充実の表情で明かした。  翔子率いる「京極法律事務所」に立ちはだかる「Felix & Temma法律事務所」のエース弁護士・海崎勇人に扮する向井は、初共演の米倉について「御覧の通りの容姿ですし、あとは気遣いもですね。内面と外見がとても素晴らしくて、直視できないくらい素敵な方」と絶賛。米倉に「ほとんどしゃべってません!」と返されると、向井は「なかなか近寄りがたいオーラがある」と言い訳しつつ、「座長らしく素敵な美貌と性格で。いいですか?これくらいで(笑)」と続けて共演者を笑わせた。  会見には、V(勝利)の象徴的存在として、女子レスリングの吉田沙保里選手も応援に駆け付けた。フォトセッションでは吉田選手が米倉をお姫様抱っこするひと幕もあり、米倉は照れ笑いを見せつつご満悦。吉田選手は「めちゃくちゃ軽くてびっくりしました。(普段は)坂道を上がっているので」と話して会場を沸かせていた。  ドラマ『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』は、テレビ朝日系にて10月11日より毎週木曜21時放送(初回15分拡大)。

  • 木曜ドラマ『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』に出演する菜々緒

    菜々緒、『リーガルV』米倉涼子と敵対する弁護士役で法廷デビュー

    エンタメ

     女優の菜々緒が、10月放送スタートのドラマ『リーガルV ~元弁護士・小鳥遊翔子~』(テレビ朝日系/毎週木曜21時)に出演することが決定。米倉涼子演じる主人公と敵対する弁護士に扮する菜々緒は「米倉さんにアドバイスを頂きながら、役者としても女性としても少しずつ前進したいなって思います」と語っている。@@cutter 本作は、米倉が元弁護士のヒロイン・小鳥遊翔子を演じるリーガルドラマ。弁護士資格を剥奪された翔子が、ペーパー弁護士の大学教授に法律事務所を開かせた上に、ワケありの弁護士やパラリーガルをスカウト。彼らをこき使い、どんなに不利な訴訟でも勝利を手にするために突き進む姿を描いていく。  本作で菜々緒が演じるのは、翔子をライバル視する大手法律事務所「Felix & Temma法律事務所」のアソシエイト弁護士・白鳥美奈子。物腰は柔らかいが、一皮むけば上昇志向の塊のような野心家で、翔子に対しては弁護士としても女性としても一方的にライバル心を燃やし、激しく嫌悪しているというキャラクターだ。  菜々緒は自身の役柄について「顧問弁護士の役はやったことがありますが、法廷に立つ弁護士の役は初めてなので、緊張しています」と話すと、「美奈子は、才色兼備といいますか…内面も外見もビシッとしている、デキる女性というイメージ」と分析。続けて「まずは見た目から役作りをしつつ、視聴者の皆さんにもこういう女性の役がピッタリだと思っていただけるよう、私自身も努力を惜しまず頑張りたいです」と意気込みを語った。  また共演する米倉については「米倉さんとのシーンは、マイクが自分の心音を拾っちゃうんじゃないかなってくらい、緊張する場面がたくさんあると思いますが、美奈子自身は緊張しない女性」とコメント。「私も“いかに緊張しないか”を目標に掲げて、撮影に臨みたいです」と、撮影中に30歳という節目の年を迎える作品に挑む決意をあらわにした。  ドラマ『リーガルV ~元弁護士・小鳥遊翔子~』は、テレビ朝日系にて10月より毎週木曜21時放送。

  • 『ほんとにあった怖い話 ―夏の特別編2018―』「果てからの念波」に出演する映画『カメラを止めるな!』の濱津隆之、しゅはまはるみ、真魚

    今夜放送『ほん怖』に話題の映画『カメラを止めるな!』監督役家族が出演

    エンタメ

     今夜放送の『ほんとにあった怖い話 ―夏の特別編2018―』(フジテレビ系/8月18日21時)に、今話題の映画『カメラを止めるな!』で、主人公の監督とその家族を演じた濱津隆之、しゅはまはるみ、真魚が、そのまま3人家族として出演する。@@cutter “ほん怖”は1999年から始まったオムニバス形式の実録心霊ドラマ。恐怖の再現ドラマを観たナビゲーターの稲垣吾郎と“ほん怖クラブ”の子どもたちが、怖さを吹き飛ばすおまじないを唱えるのが名物となっている。  『カメラを止めるな!』は、新人監督と無名の俳優たちがわずか300万円で撮った映画。6月に都内2館で上映されてから口コミで評判が広がり、全国150館以上での上映拡大が決まった。濱津、しゅはま、真魚は、映画の中で、ゾンビ映画を撮影中に本物のゾンビが出現してもカメラを回し続ける主人公の監督、その妻、娘役を演じている。  3人は今回の“ほん怖”に、映画と同じ父・母・娘という家族設定で、映画とのコラボ出演を果たす。3人が出演する「果てからの念波」は、北村一輝演じる会計士がリサイクルショップで購入した年代物の短波ラジオから、人のうめき声が聞こえてきて…というストーリーで、吉田羊が北村の妻を演じる。  「6月末に映画の上映が始まってから、舞台挨拶でほぼ毎日会っているので、“ずっと家族だね”、という感じ」「久しぶり! みたいなのは全然ないんです」としゅはまと濱津が語るように、本当の家族のように距離が縮まっているという3人の、“家族”演技に注目したい。  ほかに、菜々緒が看護師を演じる「毟り取られた居場所」、ガンバレルーヤよしこがドラマ初出演にして初主演を果たす「ナニワ心霊道」、平祐奈が女子高校生を演じる「迷い道に憑く女」、葵わかながレストランのアルバイト店員に扮する「姿見」、神木隆之介が14年ぶりに“ほん怖”に出演する「見えない澱」などもラインナップされている。  『ほんとにあった怖い話 ―夏の特別編2018―』は、フジテレビ系にて今夜8月18日21時放送。

  • 『Missデビル 人事の悪魔・椿眞子』で主演を務めた菜々緒

    『Missデビル』最終回 菜々緒らのクランクアップショットを続々公開

    エンタメ

     16日に最終回を迎えたドラマ『Missデビル 人事の悪魔・椿眞子』(日本テレビ系/毎週土曜22時)の公式インスタグラムが、キャスト陣のクランクアップの模様を公開した。ファンからは「皆様お疲れ様でした!」「スペシャルとかやってほしいな」などの声が寄せられている。@@cutter ドラマの公式インスタグラムの投稿は、最終回放映前の11日~16日にかけて行われた。「これからも沢山座長を務めていくでしょうが、きっとこの方は何年経っても人知れず努力を惜しまず、思いやりを忘れない、皆んなに愛される座長でい続けるんだろうな 最後の最後までキャスト・スタッフ皆んなに気を配り、牽引してくれた我らの眞子さまこと菜々緒さん、本当にお疲れ様でした」とコメントし、投稿されたのは大きな花束を抱えて微笑む主人公の眞子を演じた菜々緒の姿だ。  また「#2人のクールビューティはどちらも全然クールじゃなくてあったかい人たちでした!」とのハッシュタグと投稿されたのは菜々緒と千紘役・木村佳乃のツーショット。続けて博史役の佐藤勝利との菜々緒のツーショットもアップされた。  また「ドラマの暗部を担ってくれた3人のUPに、座長・#菜々緒さんが駆けつけてくれました!!皆様お疲れ様でした」というコメントとともに投稿されたのは、劇中で共亜火災保険社長を演じた船越英一郎、社長秘書を演じた瀬戸さおり、ヒロイン・眞子の父親を殺した縣を演じた大高洋夫が、菜々緒と共ににこやかに記念撮影した一枚だ。  人材活用ラボのメンバーを演じた和田正人が、番組のパネルの前で菜々緒と同じポーズを取っている姿を収めた写真や新入社員を演じた白石聖と山本直寛のツーショットも投稿。そのほか西田敏行、猪野学のソロショット、鶴見辰吾、山下容莉枝、関谷利歩の3ショットや、公式も「個性的なラボメンバー」と認める、モロ師岡、山田キヌヲ、水沢エレナのクランクアップの姿が公開された。  ファンからはクランクアップを労う「皆様お疲れ様でした!」などの声や、「スペシャルとかやってほしいな」という続編を期待する声も寄せられている。 引用:https://www.instagram.com/missdevil_ntv/

  • (左から)「au発表会2018 Summer」に登場した川栄李奈、有村架純、菜々緒

    au美人三姉妹が共演 菜々緒「三姉妹でストーリーがあったらいいな」

    エンタメ

     女優の有村架純、菜々緒、川栄李奈の三人が29日、「au発表会2018 Summer」にそろって登場。和気あいあいとした様子を見せ、菜々緒は「(CM内で)三姉妹でストーリーがあったらいいな」とおねだりした。@@cutter 今回三人は、auの人気CM「三太郎」シリーズで扮するかぐや姫(有村)、乙姫(菜々緒)、織姫(川栄)の三姉妹の姿で登場。報道陣の前で、三姉妹が初めてそろい踏みとなった。  有村は「すごくうれしいです。楽しみにしてました」と言うと、川栄は「こんなきれいでかわいいお姉さんが二人もいるなんてありがたいです」と笑顔。菜々緒は「(CM内で)三姉妹でストーリーがあったらいいな」と願望を口にした。  auは今回、「三太郎」CMに登場する浦島太郎(桐谷健太)の家のアイデアの募集キャンペーン「浦ちゃんの家 大ぼしゅう」(採用デザインは今夏CMに登場予定)を実施する。同キャンペーンにちなんで、有村らがそれぞれアイデアを提案した。  有村は自宅について問われると、「観葉植物のパキラがすごい好き。(パキラの)大きいものを玄関先などに置いている」と紹介。菜々緒は「キャラクター的にドSな乙ちゃんとか悪魔っぽい役をやらせてもらっているので、黒っぽい、暗い部屋に住んでいそうなイメージを持たれていると思うけど、わりと白を基調としたお家に住んでいる。白いフローリングがいいとか、日当たりがスゴくいいところを選んで住んでます」と明かした。  また、プライベートで犬を6匹飼う川栄は、「私の好みの押し売り」と言って、浦島に「犬がいっぱいの犬小屋」を提案。自身の好みであるピンクや白を用いた小屋のデザインを説明して「浦ちゃん(の好みやキャラクターなどを)、無視してますね」と笑っていた。  auは「みんなつくろう」をテーマに、「浦ちゃんの家 大ぼしゅう」のほか、サッカー日本代表を応援する「アイーダ全力応援ムービー!」など各種キャンペーンを5月29日より順次スタートする。

  • (左から)『Missデビル 人事の悪魔・椿眞子』に出演する笹崎里菜アナ、篠田麻里子

    篠田麻里子、今夜『Missデビル』出演 マタハラに直面する妊婦に

    エンタメ

     女優でタレントの篠田麻里子が、今夜放送されるドラマ『Missデビル 人事の悪魔・椿眞子』(日本テレビ系/毎週土曜22時)の第6話にゲスト出演。さらに、同局の情報番組『PON!』(日本テレビ系/毎週月曜から木曜10時25分)でMCを務める青木源太アナウンサーと笹崎里菜アナウンサーが、キャスター役で出演する。@@cutter 本作は、凄腕の人事コンサルタント・椿眞子が、ハラスメントや社内恋愛のこじれといったオフィスの闇を大胆な手法で解決していく痛快オフィス・エンターテインメント。主演の菜々緒が赤いピンヒールのダークヒロインに扮する。  篠田がゲスト出演する第6話のテーマは「マタハラ(マタニティーハラスメント)」。眞子の指令を受けて、博史(佐藤勝利)は宣伝広報部で研修することに。折しも宣伝広報部では、「子育て支援制度」をテーマにしたテレビの取材を受けていたのだが、妊娠中の唯香(篠田)を巡り、周囲の女性社員からの不満が噴出していた。  出産と仕事の両立に悩む唯香を演じた篠田は「(マタハラ)は境界線というか判断の基準みたいなものがすごく難しいなと思いました」とコメント。続けて「色んな立場・目線で自分の行動を考え直せる、見つめ直せる展開になっているので勉強になります」と今回の役柄に取り組む思いを真摯に語った。  また、篠田が2016年3月まで出演していた情報番組『PON!』から、現在MCを務めている同局の青木アナウンサーと笹崎アナウンサーが、篠田扮する女性社員に取材するキャスター役としてゲスト出演する。  篠田麻里子がゲスト出演するドラマ『Missデビル 人事の悪魔・椿眞子』は、日本テレビ系にて本日22時放送。

  • <2018年春ドラマ>坂口健太郎、岩田剛典、杉咲花…初主演組に注目

    <2018年春ドラマ>坂口健太郎、岩田剛典、杉咲花…初主演組に注目

    エンタメ

     石原さとみが主演した『アンナチュラル』や松本潤主演の『99.9』(ともにTBS系)、木村拓哉主演の『BG~身辺警護人~』(テレビ朝日系)など、2018年1月期は人気俳優主演のドラマが高く評価された。一方、4月スタートの春ドラマは、初主演組が顔をそろえる。今回は、初主演の俳優&女優が出演するドラマの見どころを紹介しよう。@@cutter 少女漫画原作の映画『ヒロイン失格』『俺物語!!』などで多くの女子を胸キュンさせ、“塩顔男子”という言葉の浸透にひと役買った坂口健太郎。彼は『シグナル 長期未解決事件捜査班』(フジテレビ・カンテレ系/毎週火曜21時)で連続ドラマ初主演を果たしている。原作は、韓国で数々の賞を受賞したドラマ。無線機でつながった現在と過去の刑事が、同時に長期未解決事件に挑むヒューマンサスペンスだ。  本作で注目したいのは、坂口のクールな姿。笑顔を振りまく柔和な役を演じることの多い坂口が、本作では笑顔を消し去っている。演じるのは、幼い頃に関わった女子児童誘拐殺人事件や、兄が自ら命を断つ原因となった事件によるトラウマで、警察不信となった警察官・三枝健人。冷静な判断力と観察力、そして内なる情熱を持ち合わせる三枝のキャラクターは、坂口の新境地と言えよう。  今年公開された映画『去年の冬、きみと別れ』など、三代目J Soul Brothersだけでなく俳優としても注目される岩田剛典。彼が初主演を果たしたドラマは『崖っぷちホテル!』(日本テレビ系/毎週日曜22時30分)。岩田演じる字海直哉が、総支配人・桜井佐那(戸田恵梨香)らと共に、かつて栄華を極めた老舗ホテル『グランデ・インヴルサ』の立て直しに奮闘するシチュエーション・コメディだ。岩田がキュートな笑顔を振りまきながら、穏やかな口調で的確にアドバイスしていく様子が「かわいすぎる」とハマる視聴者が続出中。また、浜辺美波や中村倫也ら注目俳優も多く出演しているため、岩田とともに彼らの演技も見どころになっている。@@separator 映画『湯を沸かすほどの熱い愛』で、日本アカデミー賞助演女優賞と新人俳優賞を受賞した杉咲花。彼女の連続ドラマ初主演作となる『花のち晴れ~花男 Next Season~』(TBS系/毎週火曜22時)は、放送前から評判の高かったドラマだ。松本潤と井上真央が主演し大ヒットを記録した『花より男子』の新章となる物語で、杉咲のほか、「King & Prince」で5月23日にCDデビューを果たす平野紫耀、NHK大河ドラマ『真田丸』の豊臣秀頼役が話題となった中川大志ら若手注目株が出演。TBS火曜22時という枠は、これまでも『逃げるは恥だが役に立つ』『カルテット』『あなたのことはそれほど』などの話題作を放送してきただけに、今後の盛り上がりに期待したい。  また、菜々緒がゴールデン帯ドラマ初主演を果たす『Missデビル 人事の悪魔・槇眞子』(日本テレビ系/毎週土曜22時)も注目作。ミニスカートにハイヒールで、抜群のスタイルを見せつける菜々緒と、戸惑い困り顔で必死に食らいついていく新入社員・佐藤勝利を堪能するだけでも楽しい。  若手俳優&女優が主演として大きな活躍を見せることで、ドラマ界全体が活性化する。彼らの活躍は今後のエンターテインメント界を占うにも重要なファクターとなる。今期ドラマによってさらなる飛躍をするのは誰か、注目だ。(文:嶋田真己)

  • 主演の菜々緒

    佐藤勝利の新入社員っぷりに「可愛すぎる」の声『Missデビル』第2話

    エンタメ

     菜々緒主演のドラマ『Missデビル 人事の悪魔・椿眞子』(日本テレビ系/毎週土曜22時)の第2話が21日に放送された。眞子(菜々緒)にしごかれながらも、懸命に働く新入社員・博史を演じる佐藤勝利に、「今日も博史くん可愛かった…怯える姿も頑張る姿もかわいすぎるー!」「これもう主役は勝利だよね」と絶賛の声が相次いだ。@@cutter 眞子が室長を務める「人材活用ラボ」に配属された博史(佐藤勝利)は、眞子からエースが集まる第2営業部に研修に行くよう命じられる。その目的は単なる研修ではなく「リストラ対象者」を1人選ぶこと。2週間の潜入で“会社に必要ない人材”を見極め、眞子に報告しなければならない博史は、部署のお荷物的存在の児島(チャンカワイ)をリストラ候補に選ぶが…。  “人事の悪魔”と呼ばれる、菜々緒演じる眞子。菜々緒の真骨頂とも呼べる役どころだけに、SNSでは「菜々緒の演技迫力があり過ぎて心臓止まるかと思った」「菜々緒さんのスタイルが良すぎて。毎回違う攻め~な洋服やピアスや、あのメイクも似合う」と賞賛の声が多数集まった。  一方で、佐藤演じる博史の可愛らしさも話題に。ネットでは「今日は可愛い斉藤博史くん改めて可愛い佐藤勝利がたくさん更新されたね………はぁ可愛い」「いやいやいやいや、かわいすぎるて」「佐藤勝利のコメディエンヌの才能が開花しそう、、笑」と、胸キュンする視聴者も多かった。  また次週予告では、大きな口を開けて驚く姿や、ソファに倒れこむ姿など、佐藤のさまざまな表情が映ったことから、「何今のぉ予告ぅうううう。可愛さ満載だよぉおおおお。次回が超楽しみー!」「来週も、可愛いひろしちゃんが満載」「来週もかわいいが溢れてる」と早くも次話を待ち望む声も集まった。

  • 菜々緒様、そのギャップがたまりません

    菜々緒、4kgの鉄下駄でウォーキング「これで有吉さんとデートしたい」

    エンタメ

     女優の菜々緒が18日、自身のインスタグラムに片足4キロの鉄下駄を履いて歩く動画をアップ。ファンから「その重さで、普通に歩ける菜々緒さん、凄い!」といった反響が寄せられている。@@cutter 『Missデビル 人事の悪魔・椿眞子』(日本テレビ系/毎週土曜22時)に出演中の菜々緒。初回放送前日の13日に『ヒルナンデス!』(日本テレビ系/月曜~金曜11時55分)に出演し、黒い鼻緒で台に「4kg」と刻印された鉄下駄をゲットしていた。  動画のキャプションに「#ヒルナンデス でゲットした片足4キロの鉄下駄 これで有吉さんとデートしたいな」と、『ヒルナンデス!』MCの有吉弘行へ熱いラブコールを添えた菜々緒。総重量8キロの下駄を履き、スタジオの廊下をカランコロン音を響かせながら真顔で歩くという何ともシュールな映像だが、最後に振り向き“人事の悪魔”な微笑みを見せたあと、照れたように笑顔を見せるギャップがキュートな15秒になっている。  これに対しファンから「片足4kg?その重さで、普通に歩ける菜々緒さん、凄い!鍛えていますね!廻し蹴りが効くハズです」「コレで遠くの相手も、鬼太郎のリモコン下駄のように飛ばして倒せますね~(笑)」「それで有吉踏んづけるとか」といったコメントがツイッターに寄せられている。 引用:https://www.instagram.com/nanao_official/    https://twitter.com/NANAO1028/

  • ドラマ『Missデビル 人事の悪魔・椿眞子』で主演をつとめる菜々緒

    『Missデビル』初回、菜々緒の真骨頂・悪魔役に絶賛の声!

    エンタメ

     女優の菜々緒が初主演のドラマ『Missデビル 人事の悪魔・椿眞子』(日本テレビ系/毎週土曜22時)の第1話が14日に放送された。菜々緒が真骨頂とも言えるダーク・ヒロインを演じ、「私の見たい菜々緒が詰まってた最高」「菜々緒かっこよすぎ。もはやほんまに生きてんの?て感じ」と大きな反響を呼んだ。@@cutter 老舗の損害保険会社「共亜火災」に入社することになった博史(佐藤勝利)は、就職活動中に仲良くなった真冬(白石聖)や南雲(前田航基)、関内(山本直寛)とともに、入社式の日を迎えた。共亜火災で待ち受けるのは、「社員は家族」をモットーする会長の喜多村(西田敏行)と何を考えているかわからない社長の大沢(船越英一郎)、心優しい人事部長の千紘(木村佳乃)、そして大沢の抜擢でやって来た人事コンサルタントの椿眞子(菜々緒)。博史たちは、入社翌日から眞子による2週間の新人研修を受けることになったが、最初から「退職願い」を書くよう要求されたり、ランニングや穴掘りなど一見無意味な研修ばかりをやらされ…。  菜々緒が演じる眞子は、「人事の悪魔」と呼ばれる豪腕コンサルタント。ミニスカートに赤いヒールで惜しげもなく美脚を見せつけ、鋭い視線で会社の問題を解決していく。さらに、その美脚でドSなキックを食らわすなどアクションにも挑戦している。そんな眞子の姿を視聴者が絶賛。放送終了後には、「菜々緒って悪役よくやるけどなんか嫌いになれないむしろ好きだわ」「菜々緒さんが美し過ぎの御御足が長くて素敵過ぎました・・・ 最後の方はスカっとした!」「かっこよかったー菜々緒の体と変わりたい」といったコメントが多数寄せられた。  また一方で、初めて社会人役を演じるSexy Zone・佐藤の自然な新入社員っぷりも高い評価を集めた。ネットには「勝利さんに、ピッタリな、お役だね~」「勝利くんめっちゃかわいいから、次も楽しみ!」「勝利くんが完全にヒロイン。追い詰められると美しさが増す。サラリーマン役の勝利くん学生役よりかわいさが増してる気がする」「本気で椿眞子にぶつかるろしひくん、ほんとにかっこよかった!!」という声が集まり、次週に期待が寄せられている。

  • 『Missデビル 人事の悪魔・椿眞子』第1話完成披露試写会&制作発表に登場した菜々緒

    菜々緒、共演の佐藤勝利はヒロイン? 過去の自分へエールも

    エンタメ

     女優の菜々緒が、9日に都内で開催された新ドラマ『Missデビル 人事の悪魔・椿眞子』(日本テレビ系/毎週土曜22時)の完成披露試写会&記者会見に、共演の佐藤勝利、木村佳乃、和田正人、白石聖、鶴見辰吾、船越英一郎、西田敏行と共に出席。菜々緒は、芝居を続けていこうと思えた瞬間などについて語った。@@cutter 悪魔と呼ばれるほど冷酷非情な凄腕人事コンサルタント・椿眞子(菜々緒)が、とある企業を舞台に、どんな会社でも起こりうる問題を悪魔のように大胆な方法で解決する姿を描く本作。菜々緒は芝居で意識していることについて、「目上の方に対して、堂々と発言するシーンが多いので、そこで緊張してしまうと、やっぱり言葉だったりとか仕草に出てきちゃうと思うので、まず緊張しないことを意識しながら台詞を言うようにしています」とコメント。  一方、眞子が手先にする新入社員・斉藤博史に扮する佐藤は「椿眞子さんに振り回されるので、Mっぽく映るんですけど、共演者の皆さんに、そのMっぽさが好評でして」とニッコリ。「挙句の果てに、菜々緒さんには僕は『ヒロイン』と呼ばれていまして。男なんですけど(笑)」と自虐しつつ、「ヒロインを背負って、斉藤博史の可愛らしさも出せるように頑張っていきたいなと思います」と抱負を語った。  会見では、一同が「仕事を始めた頃の自分」にメッセージを贈る一幕も。菜々緒はドラマ初出演時にオリンピックが重なり、視聴者が減るのではと心配していたことを回想したうえで、当時のプロデューサーにかけられた「自分たちが『良い』と思うものを作りなさい!」という言葉を紹介。「本当に面白いもの・良いものを作ろうという姿勢が、すごく大事だなと教えていただけた」としつつ、「そういうことに捉われずにお芝居をしていけばいいんだって強く思えた瞬間であり、お芝居を続けていこうと思えた瞬間でもあるので、この言葉はすごく私の中では大きい」と明かした。  当日は、本作の主題歌が安室奈美恵の楽曲『Body Feels EXIT』(ベストアルバム『Finally』収録バージョン)に決定したことも発表された。  新土曜ドラマ『Missデビル 人事の悪魔・椿眞子』は、日本テレビ系にて4月14日より毎週土曜22時放送(初回15分拡大)。

  • 菜々緒サマ、屈強な男たちに負けない圧! ※『Missデビル人事の悪魔・椿眞子』公式インスタグラム

    菜々緒、屈強な男たちに囲まれ“美しさ”際立つ

    エンタメ

     菜々緒が屈強な男たちに囲まれて美しく立つ写真が4日、ドラマ『Missデビル 人事の悪魔・椿眞子』公式インスタグラムに投稿され、ファンから「菜々緒サマ なんて素敵なんですかッ」「周りの男性陣に引けを取らない圧…最高です!!」と反響を呼んでいる。@@cutter 「史上最強!チーム菜々緒」とキャプションを添えて投稿されたのは、ランニングシャツと迷彩柄パンツの屈強な外国人男性3人に囲まれた菜々緒の写真。黒いタイトなミニワンピースに大ぶりジャケット、ハイヒールという出で立ちで腕を組み、こちらを見下ろす彼女の圧倒的な美しさが際立つ1枚となっている。  コメント欄には「ひゃー!!!! 眞子様!! 強そう!」「強すぎる笑笑 敵いませんwww」「かっこよすぎ 最強ですね」といったドラマで菜々緒が演じる役に期待する声や、「脚も超絶綺麗」「相変わらず凄いピンヒール履いてらっしゃる」「周りの男性陣に引けを取らない圧…最高です!!」という菜々緒の存在そのものへの称賛が寄せられている。 引用:https://www.instagram.com/missdevil_ntv/

  • さすがのポーズ ※「菜々緒」インスタグラム

    菜々緒「召・し・上・が・れ」 挑発的なセクシーポーズに反響

    エンタメ

     4月からスタートする新ドラマ『Missデビル人事の悪魔・椿眞子』(日本テレビ系/毎週土曜22時)の公式インスタグラムが18日、主演・菜々緒のセクシーすぎるショットを投稿。「素敵すぎ」「蹴り飛ばされたい!」と反響を呼んでいる。@@cutter 悪魔の絵文字と唇の絵文字に挟まれた「召・し・上・が・れ」というコメントと共に「#まだあったかいカツサンド」「#どうぞ召し上がれ 」「#残したら蹴り飛ばす!」などのハッシュタグを添えて投稿されたのは、差し入れのカツサンドと並び、挑発的なポーズでこちらを見つめる菜々緒の何とも悩ましい写真。ドラマでは人事コンサルタントとして悪女を超えた“人事の悪魔”を演じる菜々緒。彼女の本領発揮とも言える、ドS感あふれる一枚となっている。  コメント欄には「食べたーい!菜々緒さんスタイル良すぎです笑」「誰も残せませんね(笑)」「菜々緒様かっこいい」といった興奮の声が多数寄せられている。 引用:https://www.instagram.com/missdevil_ntv/

  • 菜々緒、激おこ鬼ショットに「怒られたい…」の声続出 ※「Missデビル人事の悪魔・椿眞子/日テレ4月期土ドラ」インスタグラム

    菜々緒、激おこ“鬼”ショットに「怒られたい…」の声続出

    エンタメ

     4月14日よりスタートする新ドラマ『Missデビル 人事の悪魔・椿眞子』(日本テレビ系/毎週土曜22時)の公式インスタグラムが9日に更新され、主演の菜々緒が“怒り”のポーズをみせるオフショットが公開された。この投稿に対して、「綺麗な上司」「怒られたい」「菜々緒ちゃん可愛い」などの声が寄せられている。@@cutter 新ドラマ『Missデビル 人事の悪魔・椿眞子』は、型破りな人事コンサルタントである主人公の椿眞子(菜々緒)が“ダーク・ヒロイン”としてオフィスの闇を暴き出す姿が、サスペンスチックに描かれる異色作。菜々緒は、ゴールデンプライム帯で初めての主演を飾る。  同番組の公式インスタグラムには「『浮気がバレて彼女が激オコなう」に使っていいよ」というメッセージと共に、人差し指を立てた状態で頭に両手をかざしながら、上目づかいで不敵な笑みを浮かべる菜々緒のショット。また、「『会社に遅刻して上司が激オコなう』に使っていいよ」というメッセージと併せて、先ほどのショットを少し引いた位置から撮影したかのようなミニスカート姿の菜々緒が“鬼”に扮したオフショットをアップした。  この投稿に対して、コメント欄では「菜々緒さん、素敵」「はぁ、美しすぎます」「もう、何されてもいいです」「ななお様なら、怒られた~い」「表情がもっと怖かったらガチでビビる!」など、さまざまな反響が集まっている。 引用:https://www.instagram.com/missdevil_ntv/

  • 上戸彩、「第29回 日本ジュエリーベストドレッサー賞」授賞式に登壇

    上戸彩、母としてジュエリーへの想い明かす「娘が着けてくれたら」

    エンタメ

     女優の上戸彩とタレントの岡田結実が、25日に都内で開催された「第29回 日本ジュエリーベストドレッサー賞」の授賞式に出席。上戸は自身のジュエリーについて「娘が着けてくれたらいいなと思いながら、一つ一つ大切にしていきたい」と語った。@@cutter 「第29回 日本ジュエリーベストドレッサー賞」は、過去1年間を通じて「最も輝いていた人」「最もジュエリーが似合う人」、そして「今後もさらにジュエリーを身に付けて欲しい人」を世代別、男性部門のそれぞれに分けて選考し、表彰するもの。  30代部門を受賞した上戸は、ジュエリーについて「すごく背中を押してもらう」としみじみ。10代の頃を振り返り「不安がいっぱいでお仕事をしていたんですが、大切な方からもらったアクセサリーを身に着けることで、すごく自信をもってステージに立つことができた」と述懐し、当時のジュエリーを今でも大切にしているとコメント。「本当に、ジュエリーには支えられるばっかりだなと思います。私も母になったので、今着けているジュエリーを、娘に継ぐといいますか、娘が着けてくれたら良いなと思いながら、一つ一つ大切にしていきたい」とも語った。  一方、10代部門を受賞した岡田は、囲み取材で副賞として授与されたジュエリーの感想を問われると「どんどん着けていって、似合う女性になれたら」とニッコリ。事務所の先輩である上戸が、かつて同賞の10代部門に輝いたことに話が及ぶと「ずっと輝き続けていらっしゃるからこそ、上戸さんがスピーチされている後ろ姿を見て、いつかあんな姿になりたいなと、失礼ながら思ってしまいました」と憧れの気持ちを語り、将来については「できるだけ息の長い人にはなりたい(笑)」と思いを語った。  当日は、菜々緒(20代部門)、遼河はるひ(40代部門)、浅野ゆう子(50代部門)、大竹しのぶ(60代部門)、福士蒼汰(男性部門)、浅丘ルリ子(特別賞女性部門)、村田諒太(特別賞男性部門)も登壇。 菜々緒はジュエリーを身に着けながら“菜々緒ポーズ”を披露して会場を沸かせた。

  • 菜々緒、美背中&くびれが完璧なビキニ姿のバックショットを披露 ※「菜々緒」インスタグラム

    菜々緒、美背中&くびれが完璧なビキニ姿のバックショットに「お美しい!」と反響

    エンタメ

     女優の菜々緒が、24日に自身のインスタグラムを更新し、セクシーなビキニ姿のバックショットを公開。ファンからは「お美しい!」などの絶賛コメントが寄せられている。@@cutter 「撮影でグアム」と言葉を添えて菜々緒が投稿したのは、美しいコバルトブルーの海を背景に、カラフルな水着とサングラスを身につけ、振り返り微笑む写真。砂浜にあぐらをかき、美背中はもちろん、ウエストのくびれやヒップに太ももなど、抜群のプロポーションが堪能できるカットとなっている。もう1枚アップされた黒を基調としたファッションでベンチに腰掛けた写真でも、菜々緒のスラリと長い脚を確認できる。  写真を見たファンからは、ツイッターに「お美しい!」「何してもさまになりますな」「ナイスな美ボディ!」「いーーーーしごとだなー」「カッコいいです」「素敵な背中~」などのコメントが寄せられている。  菜々緒は現在『BG~身辺警護人~』(テレビ朝日系)に出演中。また4月に放送開始となる新土曜ドラマ『Missデビル 人事の悪魔・椿眞子』(日本テレビ系)では主演を務め、悪女を超えた悪魔のような人事コンサルタントに扮することが発表されている。 引用:https://www.instagram.com/nanao_official/    https://twitter.com/NANAO1028

  • 菜々緒が新土曜ドラマ『Missデビル 人事の悪魔・椿眞子』に主演

    菜々緒、4月期ドラマ主演決定 悪女を超えた悪魔のような人事コンサルタントに

    エンタメ

     女優の菜々緒が、4月にスタートする日本テレビの新土曜ドラマ『Missデビル 人事の悪魔・椿眞子』で主演を務めることが分かった。悪魔のような凄腕人事コンサルタントを演じる菜々緒は「今回は、いかに視聴者の方に怖がってもらうかということを常に考えながら演じさせていただきます」とコメントを寄せている。@@cutter 本作は、悪魔と呼ばれるほど冷酷非情にして凄腕の人事コンサルタント・椿眞子(菜々緒)が、とある企業を舞台に、セクハラ、パワハラ、派閥争い、モンスター社員など、どんな会社でも起こりうる問題を、悪魔のような大胆な方法で解決していく姿を描く、痛快なオフィス・エンターテインメント。「悪女が似合うと言われるのは、私にとって最高の誉め言葉」と言い切る菜々緒は、本作でゴールデンタイムのドラマ初主演を務める。  「あなたには、この会社を辞める権利があります」が決めゼリフの眞子に扮する菜々緒は、「『デビル』と言われるような役をいただくのは、大歓迎です。念願のダークヒロインをやらせていただけるのは、ありがたく、感無量です。今回は、いかに視聴者の方に怖がってもらうかということを常に考えながら演じさせていただきます」とコメント。「私が一番輝けるのは悪女役だと思うので、今まで培ってきた悪女のエッセンスを詰め込んで、気合を入れて皆さんを震え上がらせたいです(笑)」とも語っている。  役柄については「眞子はミステリアスで、企業の問題を解決するために非情な手段を使って大胆な行動をしていきますが、会社を良くしようという一心で仕事をまっとうしている女性なんです」としたうえで、「眞子が一体何をするのか、視聴者の方がハラハラドキドキして怖がりつつ応援したくなるような女性にもなればと思っています」と発言。さらに「たくさんの方に観ていただけるような面白いドラマをお届けできる手応えを感じて、私もワクワクしています。お子さんから大人まで釘付けになるストーリー、魅力的なキャラクターになると思いますので、楽しみにしていただきたいです」とメッセージを寄せた。  新土曜ドラマ『Missデビル 人事の悪魔・椿眞子』は、日本テレビ系にて4月より毎週土曜放送。

  • 木村拓哉主演ドラマ『BG~身辺警護人~』、共演者の豪華な顔ぶれにスピンオフ期待の声

    木村拓哉主演『BG~身辺警護人~』、豪華キャストに「スピンオフも期待!」の声

    エンタメ

     木村拓哉が主演を務めるドラマ『BG~身辺警護人~』(テレビ朝日系/毎週木曜21時)の第1話が18日に放送され、江口洋介や石田ゆり子といった共演者の豪華な顔ぶれに、「スピンオフもできそう!」と今後の展開に期待する声が集まった。@@cutter 『BG~身辺警護人~』は、武器を持たず人を守る民間の警護人“BG=ボディガード”を主人公にしたドラマ。ある出来事をきっかけに工事現場の一警備員となった元敏腕ボディガードを主人公に、彼が過去を隠し新人ボディガードとして復帰し、チームの仲間とともに一癖も二癖もある依頼者の警護にあたる姿を描いていく。  第1話は、敏腕ボディガード・島崎章(木村)が人気サッカー選手・河野純也(満島真之介)の身辺警護に当たっている姿からスタート。そして時は移って現代。章は道路工事の警備員をしていた。そこに一台の黒塗りの車が通りかかると、後部座席には連日のようにマスコミを賑わせる現職大臣・立原愛子(石田)の姿が。記者に追われ急を要する気配を感じた章は車に抜け道を指示する。  その翌日、章は自身が勤める日ノ出警備保障の社長・今関(永島敏行)に呼び出され、身辺警護課の新設とボディガードとしての着任を打診される。ボディガードの世界から身を引いていた章は戸惑いながらも、今関の強い希望を受け入れることに。厳しい訓練を終えた章はチームの仲間とともに、初の任務に挑んでいく。  木村をはじめ江口、石田、斎藤工、菜々緒など主演級キャストが集結した本作。ドラマの冒頭からSNS上では「キャストが超豪華!」「これだけ主演級がいたらスピンオフとかできそう」などの投稿が寄せられた。章と同じ身辺警護課に所属しながらメンバーと距離を置く高梨雅也(斎藤)や、チーム唯一の女性ボディガード菅沼まゆ(菜々緒)といった個性豊かなキャラクターが登場すると、「斎藤工と菜々緒のバチバチが最高」「高梨は過去に何があったの?」など今後の展開に期待するツイートも寄せられた。  さらに視聴者の間では、劇中で木村が着用していた衣装が注目され、ネット上ではユーザーが早々にブランドの“特定”に乗り出した。ドラマ前半のトレーニングシーンで木村が来ていたパーカーが都内を中心に柔術道場を展開するCARPE DIEM(カルペディエム)のものであることがわかると、さらにドラマの終盤で木村が着用していた蜂の刺繍の付いたシャツが話題に。これがDior Homme(ディオールオム)のものであることも特定され、「さすが!」「オシャレBG!」などの声が集まった。

  • 菜々緒、「夏が恋しい」 とインスタグラムで水着姿披露 ※「菜々緒」インスタグラム

    菜々緒、「夏が恋しい」 セクシーな水着姿披露にファン歓喜

    エンタメ

     女優・モデルの菜々緒が、13日に自身のインスタグラムを更新し、胸の谷間をあらわにしたセクシーなビキニ姿を披露した。ファンからは「あっー気絶寸前」「綺麗な海そしてセクシーな菜々緒さん。最高ですね」とその姿に悩殺されたという声が多く寄せられている。@@cutter 「夏と海と水着が恋しい」と綴られたこの日の投稿では、赤い肩紐無しのトップスで、胸の谷間からへそまで露わにした菜々緒の姿を収めた写真をアップ。さらに、南国の青い海の砂浜にたたずむ姿と、海を満喫する菜々緒の動画もあわせて公開されている。  この写真に対して、ネット上では「菜々緒さんの水着姿見るのひそかな楽しみです」「冬の水着もいいね」「菜々緒さんは、ビキニ姿が美しいです」「セクシーすぎますわ」と菜々緒の姿を絶賛し喜ぶ声が多く寄せられた。 引用:https://www.instagram.com/nanao_official/    https://twitter.com/NANAO1028/

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access