劇団EXILE 関連記事

  • 『ゼクシィ海外ウエディング 2019 Spring & Summer』に登場した鈴木伸之

    鈴木伸之、初の新郎姿を披露 結婚は「いい人がいたら、明日にでも」

    エンタメ

     劇団EXILEの鈴木伸之が、12月22日発売の海外ウエディング情報誌「ゼクシィ海外ウエディング2019 Spring & Summer」で初の新郎姿を披露。鈴木は自身の結婚について「『この人だ!』と思ういい人に出会えたら、(自分の)性格的に明日にでもできます!」と語っている。@@cutter 同誌の特集「ハワイで男を上げる GROOM STYLE」に起用された鈴木は、タキシードスタイル、アロハスタイル、ビーチスタイル、トレッキングスタイルの4種類の衣装を着用。中でも一番のお気に入りはタキシードだそうで、鈴木は「なかなか着る機会がないので気持ちがビシッとしますし、やっぱり男が一番かっこよくなれるスタイルだと思います!」とコメント。  デニムシャツにスイムパンツ、サンダルを合わせたビーチスタイルを着た鈴木は「このままビーチに行きたいです!」と笑顔で一言。「サーフィンは一度だけやったことがあります。またやりたいですし、ウェイクボードも挑戦してみたいです!」と楽しそうに意気込んだ。  「将来的には結婚したい」と話す鈴木は撮影中、結婚のイメージを膨らませていたようで「毎日ニコニコ笑っていて、なるべく喧嘩もせず、仲の良い家庭を築けたらと思っています」と理想の夫婦像を告白。未来のパートナーへのプロポーズは、単刀直入に「結婚してください!」と伝えたいそうで、「思い出の場所でサプライズにトライしてもいいし、思い出に残る一日にできたらと思います」との答えが。  また、結婚式については「大勢の人を呼んで、海外で盛大にやりたいです!」と憧れを明かすと、続けて結婚のタイミングについて「現実的に考えると、腰を据えて自分の将来を考えられるようになっている30代半ばくらいにしたいかな」と答えた。  「ゼクシィ海外ウエディング 2019 Spring & Summer」は、リクルートマーケティングパートナーズより12月22日発売。

  • 映画『jam』初日舞台挨拶の様子

    青柳翔×町田啓太×鈴木伸之、HIROからの『jam』プロジェクト発表に驚き

    映 画

     劇団EXILEの青柳翔、町田啓太、鈴木伸之が、1日に都内で開催された映画『jam』初日舞台挨拶に出席。当日はVTR出演したEXILE HIROから、「『jam』プロジェクト」の始動が発表された。@@cutter 本作は、場末のアイドル演歌歌手・横山田ヒロシ(青柳)、瀕死の重傷を負った大切な恋人の意識回復だけを望み続けるタケル(町田)、刑期を終えシャバに戻ったテツオ(鈴木)という3人の男たちを軸に、一筋縄ではいかない「因果応報」の運命にもてあそばれる人々の姿を描く人間ドラマ。舞台挨拶にはほかに、秋山真太郎、八木将康、小澤雄太、小野塚勇人、佐藤寛太、野替愁平、SABU監督も登場した。  青柳は自身の撮影の際に、SABU監督が鈴木や町田を褒めていたと明かし「(自分は)負けず嫌いなところもあるから、焚きつけられるじゃないですか。で、すごく現場にやる気が出たんですよ」と述懐。しかし「後々聞くと、町田に『鈴木くん、良かったよ。昨日』って。三人に言っていたっていう(笑)」と、SABU監督が三人それぞれを別の場所でほめていたと暴露。「そういう演出方法も素敵だなと思いました」と笑顔を見せた。  一方の町田は、劇中でタケルが見せる変態的な行動を演じるうえで、SABU監督から「いやらしく」と演出を受けたことを回想。「目がいっちゃっている感じでやってしまったら、監督はモニターでずっとニコニコされていたみたいで。後から聞いたら、そのシーンを見た女性スタッフさんたちが『いや~! きも~い!』って言ったと(笑)。いやぁ、すごくうれしい悲鳴でしたね」と満足そうに語った。  他方で、激しいアクションシーンに挑んだ鈴木は、劇中で台詞がないことに言及し「セリフを覚えなくてよかったっていうのはありますし(笑)。すごくアクションに集中できたっていうのもありますし、楽しかったです」とコメントしていた。当日は、サプライズで本作のエグゼクティブプロデューサーを務めたHIROがVTR出演し、劇団EXILEの新たな表現の場所として「『jam』プロジェクト」の始動を発表する一幕も。SABU監督の頭の中には『jam2』の構想があるという。改めてマイクを握った青柳は「僕たちも知らなかったサプライズ」と明かしていた。

  • 映画『jam』キービジュアル

    町田啓太ら劇団EXILE総出演『jam』キービジュアル&主人公3人の場面写真

    映 画

     劇団EXILEメンバーが総出演するSABU監督の映画『jam』より、キービジュアルと場面写真が解禁された。キービジュアルには主演の青柳翔、町田啓太、鈴木伸之の3人が演じる主人公たちそれぞれの表情と、「この愛は天国か地獄か」というキャッチコピーが踊っている。@@cutter 本作は、一筋縄ではいかない「因果応報」の運命にもてあそばれる人々を描く、EXILE・HIROプロデュースによる完全オリジナルのエンターテインメント映画。主人公の3人を、現在放送中のドラマ『中学聖日記』(TBS系/毎週火曜22時)に出演中の町田、2017年放送のドラマ『あなたのことはそれほど』(TBS系)の鈴木、そして先日本作の歌唱シーンが解禁され話題となった青柳が演じる。  場末のアイドル演歌歌手・横山田ヒロシ(青柳)は、熱烈なファンに支えられ舞台では華やかに輝きながらも、いつも心に空虚感を抱えていた。ある日、コンサート終わるとファンの1人・昌子(筒井真理子)に付きまとわれ、そのまま彼女の自宅に監禁されてしまう。一方、瀕死の重傷を負った大切な恋人の意識回復だけを望み続けるタケル(町田)は、“善いこと”貯金をすれば、彼女の意識が戻るのではないかと信じ、毎日必死に生きる。そして、刑期を終えシャバに戻ったテツオ(鈴木)は、自分を刑務所送りにしたやくざに報復するため、事務所に単身殴り込みをかける。彼らのストーリーが同時間&同じ街で交差し絡み合いながら、それぞれの人生の“因果応報”が巡り巡っていく…。  主人公3人の場面写真では、熱狂的ファンから贈られた“お札レイ“を首にぶら下げながら浮かない表情の青柳扮するヒロシや、倒れかかる恋人を抱きとめる町田演じるタケル、鈴木が演じるテツオが鋭い視線を投げかけながら街を徘徊する姿など、さまざまな3人の表情が写し出されている。  映画『jam』は12月1日より全国公開。

  • 映画『PRINCE OF LEGEND』ポスタービジュアル

    14連壁ドン!映画『PRINCE OF LEGEND』特報&ポスタービジュアル解禁

    映 画

     『HiGH&LOW』シリーズをプロデュースしたHI‐AXチームが手掛ける“プリンスバトルプロジェクト”の映画『PRINCE OF LEGEND』から、第1弾特報映像とポスタービジュアルが解禁。映像では劇中に登場する14人の王子が火花を散らす姿が収められている。@@cutter “女の子”として生まれたすべての女子たちの“シンデレラ願望”を叶える、刺激的かつ極上のプロジェクト“プリンスバトルプロジェクト”。片寄涼太や佐野玲於をはじめとする今をときめくイケメンが集結し、10月3日スタートの連続ドラマをはじめ、2019年3月21日公開の映画『PRINCE OF LEGEND』、さらにゲームやライブ、イベントなどメディアを横断して、“伝説の王子誕生”を描いていく。  このたび公開された特報映像は、来春公開の映画の第1弾特報映像。映像では、劇中で描かれる「伝説の王子選手権」に出場する計14人の王子たちが勢ぞろい。「セレブ王子」を演じる片寄をはじめ、「ヤンキー王子」の鈴木伸之、川村壱馬、「生徒会長王子」の佐野、「先生王子」の町田啓太など、個性豊かな王子たちが“大渋滞”。「伝説の王子」の座を巡って激しく火花を散らす様子が描かれている。  さらに、併せて公開されたポスタービジュアルでは、この14名の王子たちが“14連壁ドン”を披露。インパクト溢れるビジュアルに仕上がっている。  映画『PRINCE OF LEGEND』は2019年3月21日公開。

  • 映画『jam』に総出演する劇団EXILE

    青柳翔、町田啓太、鈴木伸之ら劇団EXILEメンバー総出演『jam』特報公開

    映 画

     青柳翔、町田啓太、鈴木伸之ら劇団EXILEのメンバー全員が総出演する映画『jam』の公開日が12月1日に決定。併せてウェブ限定の特報映像も解禁された。@@cutter 本作は、映画『MR.LONG / ミスター・ロン』で台湾のトップスター、チャン・チェンを起用したSABU監督がメガホンをとるエンターテインメント・ムービー。主人公を青柳、町田、鈴木の3名が演じるほか、特撮ドラマ『ウルトラマンジード』の小澤雄太、『仮面ライダーエグゼイド』の小野塚勇人、映画『恋と嘘』の佐藤寛太、『ドクムシ』の秋山真太郎、『愛の病』の八木将康、SWAYこと野替愁平ら劇団EXILEのメンバー全員が初めて同じ作品に集結する。  「自分自身、俳優として歌手としても成長できたかなと思える作品になっていると思います」と語った青柳は、「それぞれの想いがぐちゃぐちゃのジャムのように交錯しセッションする『jam』。12月1日の公開を是非、楽しみにしてください」と意気込んだ。  自身の役柄について「僕は願いを叶えるためひたすら良い事をしたがる青年、タケルを演じさせていただきました」と明かした町田は、「メンバーならではの一体感とそれぞれの個性が詰まった映画にもなっています」とコメント。  鈴木は「タイトルにある『jam』とは色々な人間模様などが交差するという意味も含まれた作品になっています」と解説し、「今回特殊な役柄にチャレンジさせてもらいました!! 僕の役がどのように作品に交差するのか、そこも楽しんでもらえたらと思っています!!」と話し、作品をアピールした。  公開された特報には「jam始動!」という文字が映し出され、さまざまなキャラクターの男たちが続々と登場。映像の終わりには「3つのストーリー 絡み合う男たちの運命」という意味深なワードが綴られている。  映画『jam』は12月1日より全国公開。

  • ドラマ『プラスティック・スマイル』出演者集合ショット。左から片山萌美、百田夏菜子、青柳翔、武田真治

    ももクロ・百田夏菜子、地元静岡制作ドラマで初主演「穏やかな気持ち」

    エンタメ

     ももいろクローバーZの百田夏菜子が主演を務めるドラマ『プラスティック・スマイル』(NHK‐BSプレミアム/11月21日21時)の取材会が13日、静岡で行われた。静岡県出身の百田は本作について「オール静岡ロケなので静岡出身の私としてはすごく穏やかな気持ちでずっと撮影させて頂いています」と語っている。@@cutter 本作は、NHK静岡放送局が初めて制作する地域発ドラマ。静岡が全国一の出荷額を誇る“模型・プラモデル”や“コスプレ”での地域おこしをモチーフに、ヒロインが自らの仕事や人生と向き合い、成長を遂げていく姿を描いていく。ヒロインをこの作品がドラマ初主演となる百田が演じ、劇団EXILEの青柳翔がヒロインの先輩に扮する。  プラモデルメーカー・島田模型に勤務する林田紬(百田)は、仕事と趣味のコスプレを両立させる25歳。ある日、紬は社長から「働き方改革」推進を命じられる。ところが紬は、残業で徹夜もいとわない先輩・翔と新製品開発チームを組むことに。趣味を仕事にしない紬と、趣味を仕事にした翔は、正面からぶつかり合う。  百田は自身の役柄について「過去にトラウマがある役で、仕事も趣味もすごくきっちりやる、真面目でまっすぐな女の子です。ココスプレでもなんでもまっすぐするので、最初台本を読んだ時に、どうやって演じたらいいかな、と少し不安に思ったんですが、青柳さんと台本読み合わせをしたときに、紬という女の子のことが、すっと自分の中で分かってきて、自分でも迷いなく演じられるようになりました」と告白。  一方の青柳は「僕だけがいるときと百田さんが現場いる時では、スタッフさんの笑顔の数が明らかに違いますね(笑)」とコメント。さらに「昼食で、つい全国チェーン店のハンバーグ屋さんに行ってしまったのですが、地元で有名なハンバーグ屋さんがあるそうで、百田さんから『何でそっちに行っちゃったの!?』と突っ込まれてしまいました(笑)」と撮影中のエピソードも明かした。  なお、劇中で主人公の紬が愛する人気漫画『リエゾン・ディアーヴォロ』のキャラクターデザインを桂正和が、劇中漫画を榊原瑞紀が手がける。  ドラマ『プラスティック・スマイル』はNHK‐BSプレミアムにて11月21日21時より放送。

  • 川村壱馬の秘密を暴露する鈴木伸之 ※『PRINCE OF LEGEND』公式インスタグラム

    “王子”たちの秘密を“王子”が暴露!?『プリレジェ』インスタに注目!

    エンタメ

     2019年春公開の映画『PRINCE OF LEGEND』公式インスタグラムが、フォロワーが増えるたびに出演者が出演者の秘密を動画で公開する企画を実施。現在、劇団EXILEの鈴木伸之、THE RAMPAGEの藤原樹、長谷川慎がTHE RAMPAGE川村壱馬の、EXILE/GENERATIONSの関口メンディーが同じくGENERATIONS佐野玲於の秘密を公開し、ファンの間で盛り上がっている。@@cutter 本作は、2014年から2017年にかけて大ヒットした『HiGH&LOW』シリーズを手がけたスタッフが、映画、ドラマ、ゲーム、ライブ、イベントなど各方面に展開する新プロジェクト。“王子が大渋滞”というキャッチコピーで、注目の若手俳優たちがチームに分かれてバトルを繰り広げていく。  13日、公式インスタグラムのフォロワーが5万人を突破した記念に“王子”キャストが別の“王子”の秘密を暴露していく企画がスタート。  第1弾の鈴木は、劇中で弟を演じる川村について「壱馬は焼肉屋に行くとユッケを一人で5人前食べます。あいつは食いしん坊です。カルビも大好き。カルビ食ってユッケ食ってカルビ食ってユッケ食って…あいつは果てしないです」とささやかな秘密を暴露。「だからこれからあいつのことをインスタグラムに乗っけるときは #ユッケ王子 でお願いします」と締めくくった。  7万人を突破した14日には、関口メンディーが、同じGENERATIONSメンバーの佐野について「よく(一緒に)お酒を飲むんですけど…ま、たまにですね、お酒を飲んで酔っ払ってくると『メンディーお前頑張ってるな』と。あの“塩”の会長が“砂糖”の部分を見せてくれます」と佐野のツンデレ対応を穏やかに微笑みながら報告した。  8万人突破の15日に登場した藤原と長谷川は、鈴木に続き川村の秘密を暴露。「壱馬さんの下着、めっちゃ派手です。派手パン王子です」「…確かに(笑)」と、メンバー同士ならではの秘密にファンは大盛り上がり。  それぞれ「ユッケ王子かわいい」「リアル兄弟に見えた」、「めんめん親子エピありがとう」「玲於くんなんだかんだメンさんのこと大好きだもんね」「塩王子は砂糖になっても上からなんですね」、「いつまこむり強すぎ…」「まことちゃんが壱馬の下着派手言うたあとの笑うとこくそかわいい」といった反響が寄せられている。 引用:https://www.instagram.com/prince.of.legend/    https://twitter.com/PRINCELEGEND_PR    https://twitter.com/therampagefext

  • 酔っ払いメイクを披露した川栄李奈 ※「川栄李奈」インスタグラム

    川栄李奈、酔っ払いメイクに「カワエーですね!」「何か、色っぽい」と反響

    エンタメ

     2018年公開の映画『恋のしずく』での主演が決定している女優の川栄李奈が、12日にインスタグラムを更新し、“酔っ払いメイク”のオフショットを公開した。この投稿にファンからは「えらいべっぴんさん」「ほんまにかわええ」「ほろ酔い可愛らしい」など、絶賛の声が相次いでいる。@@cutter 川栄の主演する映画『恋のしずく』は、広島を舞台に、思いがけず老舗酒蔵で研修を受けることになった農大生・橘詩織(川栄)が、酒造りと恋に奮闘する姿を描く青春ドラマ。『ラーメン侍』の瀬木直貴監督がメガホンを取り、川栄の相手役として、蔵元の息子役を劇団EXILEの小野塚勇人が演じる。  川栄は、本作の撮影のため、以前から広島を訪れていることを明かしており、この日は、「また広島での撮影開始 今日は酔っ払いメイク~」というメッセージと共に、ほんのり赤ら顔のまま上目づかいにカメラへとまなざしを向けるキュートな写真をアップ。  これに対し、コメント欄では「カワエーですね!」「酔っ払いメイクも、やっぱり可愛い」「今日は酔っ払ったのかと…笑」「何か、色っぽい」「赤くなっちゃって」「実際も飲んだ時は、こんな感じになるのかな?」など、多数の感想が寄せられている。 引用:https://www.instagram.com/rina_kawaei.official/

  • 映画『恋のしずく』に出演する川栄李奈と小野塚勇人

    川栄李奈、“農大生”スタイル披露 主演映画『恋のしずく』撮影開始

    映 画

     主演に川栄李奈、共演に劇団EXILEの小野塚勇人を迎えた映画『恋のしずく』が、広島県・西条でクランクインしたことが発表され、稲刈りスタイルの川栄の写真が公開された。川栄は「これから共演者の方々と映画を作っていくことがとても楽しみです」とコメントを寄せている。@@cutter 本作は、思いがけず老舗酒蔵で研修を受けることになったオクテな理系女子が、酒造りと恋に奮闘する姿を描く青春ドラマ。『マザーレイク』『ラーメン侍』の瀬木直貴監督がメガホンを取る。    ワイナリ―での研修を夢見るリケジョの農大生、橘詩織(川栄)だったが、決まった実習先は広島県の酒蔵。老舗を継ぐことに抵抗する蔵元の息子(小野塚)、病に伏している蔵元、厳格な杜氏、そして、米農家であると同時に蔵人でもある美咲らが詩織を迎える。美咲の家に下宿しながら実習を開始する詩織だったが、仕事は失敗続き。そんな矢先、蔵元がこの世を去ってしまう…。  ドラマの舞台である西条は、現在の「日本酒ブーム」の影響もあり、注目を浴びる長い歴史を誇る銘醸地。撮影は、実際の酒蔵など西条周辺で行われている。  主演を務める川栄は、「地元の方々の協力を得ながら撮影がスタートしました。日本酒の勉強も始めました。これから共演者の方々と映画を作っていくことがとても楽しみです」と意気込みを話す。  また、詩織の研修先である蔵元の息子・乃神莞爾役を演じる小野塚は、実際に酒蔵などを見学し「僕ら世代が抱いている日本酒のイメージが凄く変わりました」と大いに触発されたことを明かし、「この映画を通して少しでも多くの方に日本酒の素晴らしさ、酒蔵で真正面から向き合う職人達の葛藤などをこの作品で伝えれたらと思います」と作品への想いを語った。  映画『恋のしずく』は、2018年全国公開

  • 『今からあなたを脅迫します』に出演することが発表された劇団EXILE・鈴木伸之

    劇団EXILE・鈴木伸之が癒し系男子に!ディーン&武井咲W主演新ドラマに出演

    エンタメ

     劇団EXILE・鈴木伸之が、10月からスタートするディーン・フジオカ&武井咲W主演の新ドラマ『今からあなたを脅迫します』(日本テレビ系)に出演することがわかった。4月期ドラマ『あなたのことはそれほど』(TBS系)で、ヒロイン・波瑠と浮気をするゲス夫を演じて注目を集めた鈴木は、本作では一転、武井演じる澪の隣人役の好青年で、癒し系男子を演じる。@@cutter 本作は警察や探偵では扱えないような依頼を受け「人に脅迫することで解決する」という危険な脅迫屋・千川完二(ディーン)と、変人級な「善人&お人よし」で困っている人を放っておけない性格のため、いつも事件に巻き込まれるお嬢様・金坂澪(武井)を中心に描かれるクライムミステリー。  鈴木は主演のディーンについて「色々な才能をお持ちの方だなと思いますし、様々な作品を拝見させていただいているので、今回共演をさせて頂けるのが本当に楽しみです」と期待。また好青年役を演じるにあたっては「監督と意見を交換しながら一緒に作り上げていきたいというのが第一で、視聴者の方に『ほんわかしたような空気感』をお届けする役割を担っていけたら」と意気込んでいる。  また、武井演じる澪の祖父役で近藤正臣が23年振りに同局の連続ドラマに出演することも決定。孫娘役の武井について「とても気持ちのいい女優さんですね。きっと“いい女”に違いないと思っています」と印象を語ったほか、NHK連続テレビ小説『あさが来た』以来となるディーンとの共演に「とても楽しみです」とコメントしている。  そのほかの共演には、脅迫屋たちの行きつけのBAR従業員・ロビン役に蛭子能収、澪の大学の同級生・カンちゃん役に山賀琴子、同じく親友のぱるこ役に佐藤玲、BAR青龍のもう一人の従業員・レイチェル役に内藤理沙が決定している。  ドラマ『今からあなたを脅迫します』は、日本テレビ系で10月より毎週日曜22時30分放送。

  • 川栄李奈、映画『恋のしずく』の“リケジョの農大生”役で映画初主演

    川栄李奈、リケジョ役で映画初主演! 酒造りと恋に奮闘する『恋のしずく』製作決定

    映 画

     女優の川栄李奈が、広島県東広島市の西条を舞台に、思いがけず老舗酒蔵で研修を受けることになったオクテな理系女子が、酒造りと恋に奮闘する映画『恋のしずく』で初主演を務めることが決定した。@@cutter 映画『恋のしずく』は、ワイナリ―での研修を夢見るリケジョの農大生、橘詩織(川栄)を中心に描かれる青春ドラマ。実習先の広島県の酒蔵で出会ったのは、やる気のない蔵元の息子、病に伏している蔵元、厳格な杜氏、そして、米農家であると同時に蔵人でもある美咲。失敗続きの詩織であったが、そんな矢先、蔵元がこの世を去ってしまう……。  ドラマ『フランケンシュタインの恋』での元ヤンの大工職人役、『僕たちがやりました』でのエロかわな女子高生役など個性的なキャラクターを演じ注目を集める川栄。映画初主演となる本作では、日本酒の魅力に目覚め、歴史ある酒造りに、そして初めての恋に奮闘する“リケジョの農大生”役に挑戦する。  相手役の酒蔵の息子を務めるのは、昨年放送されたドラマ『朝が来る』で山本健太役を演じた、劇団EXILEの小野塚勇人。共演として、宮地真緒、津田寛治、小市慢太郎と豪華キャストが脇を固め、『マザーレイク』などの瀬木直貴監督がメガホンを取る。  映画『恋のしずく』は、2018年全国公開。

  • 『あなそれ』クズ夫役でブレイク中の劇団EXILE・鈴木伸之

    鈴木伸之、エゴサーチ・虫嫌いを告白 意外なギャップにファン歓喜

    エンタメ

     劇団EXILE・鈴木伸之が、27日に日本テレビ系の情報バラエティ番組『PON!』に出演し、自身が出演する映画『東京喰種 トーキョーグール』(29日公開)のハードな撮影を振り返った。@@cutter これまでは割と悪役を演じることが多かったと語る鈴木。4月期に放送されたドラマ『あなたのことはそれほど』(TBS系)では、主人公のヒロインと不倫をするクズ夫役で話題となり人気に火がついたが、ネットでエゴサーチ(自分のことを検索)をしたところ「鈴木伸之のクズ役まとめ」というサイトがが出てきたことにショックを受けたことを告白。  『東京喰種トーキョーグール』では一転して正義を貫く喰種捜査官・亜門鋼太郎役を担当し、「今回は正義感のある役柄なので、すごく楽しかった」と喜んだ。かなりハードなバトルシーンにもチャレンジしており、番組ではメイキングシーンを披露し、初挑戦であるという棒術などの映像とともに「今までで一番アクションを鍛えさせていただきました」と撮影までの日々を振り返った。  一方、自身の苦手なものとして「虫がすごく苦手」と語る鈴木は、子供のころには虫取りにも行っていたようだが「今は触れなくなっちゃって…」とカブトムシ等の人気ペットにも触れなくなっており、常に防虫グッズはそろえているという。  そんなギャップを見せたこの日の鈴木の姿に、番組放送後ツイッターでは「鈴木伸之くん爽やか~」「伸之くんめっちゃかわいい」「伸く~ん、カッコイイ!あっ、確かに髪短くなってるわ」とファンから喜びの声が多く寄せられている。

  • 町田啓太、レアな和服姿を披露 ※「町田啓太」インスタグラム

    町田啓太、レアな和服姿にファンもメロメロ「キュンキュン惚れてしまう」

    エンタメ

     劇団EXILEのメンバーで俳優の町田啓太が5日、自身のインスタグラムを更新し、『HiGH & LOW THE PHOTOGRAPHY第2弾』ショットとして和服姿を公開した。ファンからは「似合ってます」「本当かっこいい」などの反響が寄せられている。@@cutter 『HiGH&LOW』のキャラクターサイドとキャストサイド(本人)の両面から構成される新感覚のPhotobook『HiGH&LOW THE PHOTOGRAPHY』。第1弾では、三代目J Soul Brothers/EXILEの岩田剛典に決定し、COBRA(コブラ)/岩田剛典として発売。  今回その第2弾となる町田は、インスタグラムで投稿した写真に「ノボル/町田啓太」と添え、日本家屋の木陰で袴を羽織り一人佇むショットを公開。ハッシュタグでは「和装」と付け加え、さらに「本当は カツラ 甲冑 にも挑戦してみたかった 今日この頃です」とみずからの心境を伝えた。  この投稿に対して、コメント欄では「かっこよくてびっくり! レアな和服はいい」「けいたくん和がめちゃめちゃ似合います!」「着物姿もステキ」「キュンキュン惚れてしまう」など、普段とは異なる装いの町田に好感を寄せる声が多数書き込まれている。 引用:https://www.instagram.com/keita_machida_official/

  • HIRO、映画『たたら侍』撮影でコンビニ一軒を差し入れ

    EXILE HIRO、映画撮影で“コンビニ一軒”差し入れ「必然的に量が増えて…」

    映 画

     映画『たたら侍』の完成披露上映会が31日に都内で実施され、主演の青柳翔(劇団EXILE)と共演の小林直己、田畑智子、石井杏奈、宮崎美子、早乙女太一、AKIRA、奈良岡朋子、津川雅彦、錦織良成監督、EXILE HIROが登壇。青柳は作品の魅力について「人を許す気持ちとか、そういった気持ちがこの作品にはたくさん詰まっていると思います」と語った。@@cutter 戦国時代を舞台に、伝統を継承して守る宿命を背負った主人公の伍介(青柳)が、葛藤や挫折を経験しながら、真の「侍」へと成長する姿を描く時代劇。主演の青柳は「1シーン1シーン、とても大切に時間を有意義に使って撮影させてもらったのは、本当にありがたかった」と撮影を述懐。また、「『憎しみの連鎖を断ち切る』というセリフがあるんですけど、本当に簡単なことではないけれど、人を許す気持ちとか、そういった気持ちがこの作品にはたくさん詰まっていると思います」と作品の魅力をアピールした。  村を守る尼子再興軍の長・真之介役のAKIRAは、本作が各国の映画祭で好評を博していることについて「たたらという伝統技術を題材にした作品が認められたということは、たたら吹きの方々の功績であったり歴史であったり、様々な思い、その人たち自身が抱える、侍道ではないんですけれども、そういったものが世界に認められたということ。少しでも自分たちがこの作品を通して、何か力になれたことはうれしく思いますし、青柳主演の作品に参加させていただき、うれしく思います」とにっこり。    たたらの村で暮らす男・新平を演じた小林は「時代劇なんですけど、現代を生きる人にもつながるところがある作品だなと思います」とコメント。一方の津川は、エグゼクティヴ・プロデューサーを務めたHIROが現場にプレハブのコンビニ一軒を差し入れしたことを報告。これを受けたHIROは「皆さん本当に寒い中やられていたので、少しでもお役に立ちたいなと思って。色々と聞いていったら必然的に量が増えて、まあコンビニくらいな量になったってだけなんですけど(笑)」と明かしていた。  映画『たたら侍』は5月20日全国公開。

  • 劇団EXILE町田啓太、『人は見た目が100パーセント』で“初”の理系男子役に

    劇団EXILE町田啓太、『人は見た目が100パーセント』で“初”の理系男子役に

    エンタメ

     劇団EXILEの町田啓太が、4月から放送開始となる桐谷美玲主演の新ドラマ『人は見た目が100パーセント』(フジテレビ系)に出演することが発表された。本作で理系男子を演じる町田は「脱体育会系をして理系男子の面白味を引き出せるよう励みたいと思います!」と意気込みを語っている。@@cutter ドラマ『人は見た目が100パーセント』は、大久保ヒロミによる人気同名コミックの実写版。製薬会社勤務で、真面目で見た目も冴えない“女子モドキ”の城之内純(桐谷)が、ある仕事を通して「美の特別研究」を始めることになり、やがてイケメン美容師・榊圭一(成田凌)へ恋する姿を描く。  町田が演じるのは、純と同じ会社に勤める研究員の丸尾拓馬。丸尾は、主人公の純たち女子モドキと同様、あまり冴えない理系男子。仕事が終わった後、密かに行われている『美の特別研究』を不思議がっており、「美」や「女子力」と大真面目に向き合い、苦戦する純たちに対して、容赦ないツッコミを入れていくという役どころだ。  本作でフジテレビの連続ドラマに初出演となる町田は「今まで理系とほとんど接点のない体育会系に生きてきた僕にとって、理系という真逆に近い世界はとても興味深く、演じさせていただくのが楽しみでなりません。脱体育会系をして理系男子の面白味を引き出せるよう励みたいと思います!」と意気込みを語っている。  新ドラマ『人は見た目が100パーセント』は、フジテレビ系にて4月より毎週木曜22時放送。

  • 『イタズラなKiss THE MOVIE2 ~キャンパス編~』特報解禁!

    映画『イタキス』第2弾、キャンパス編映像解禁! 新キャラも登場

    映 画

     “イタキス”初の映画版『イタズラなKiss THE MOVIE ~ハイスクール編~』(公開中)に続き、第2弾『イタズラなKiss THE MOVIE2 ~キャンパス編~』(2017年1月全国公開)の特報が解禁され、新キャラクターを演じるキャストも発表された。@@cutter パート2“キャンパス編”では、パート1に続き、女子生徒の憧れの的・天才イケメン入江直樹役を佐藤寛太(劇団EXILE)、ドジでおバカだけど友達思いのポジティブガール相原琴子役を美沙玲奈が続投。晴れて直樹と同じ斗南大学に通うことになり、キャンパスライフに期待を膨らませる琴子だったが、大学は同じでも、入江は秀才の集まる理工学部、琴子は“大学のF組”と言われる文学部で学部は別々。少しでも「入江くんと一緒にいたい!」と直樹を追いかけてテニスサークルに入部。そこで琴子を待っていたのは、厳しい特訓と入江を狙うライバルの存在。また、父・重雄から同居生活解消の話も飛び出す…。  二人を取り巻く個性的な仲間たちに、山口乃々華(E‐girls)、大倉士門、灯敦生が続投。さらに、琴子の父に陣内孝則、入江の父役に石塚英彦、母役を鈴木杏樹が好演。サークルの須藤先輩役に牧田哲也、琴子のライバル松本祐子に文音と、新キャラクターも続々登場する。また、原作者・多田かおると生前親交があった溝口稔が、引き続き監督・脚本を務める。  特報映像では、琴子の恋のライバルとして、琴子とは正反対の才色兼備な松本祐子が登場。強力なライバル出現に加え、父・重雄が「いつまでも入江家の世話にはなれない」と同居生活解消の話を持ち出す。さらに、直樹も「一度家を出て、将来のことを考えたい」と口に出すなど、二人に立ちはだかる様々な波乱を予感させる様子が描き出されている。  なお『イタズラなKiss THE MOVIE2 ~キャンパス編~』に続き、映画版第3弾『イタズラなKiss THE MOVIE 3 ~プロポーズ編~』が2017年春に全国公開されることも決定している。

  • 映画『イタキス』予告編映像&ポスター解禁!

    佐藤寛太の“リアル入江直樹”ぶりに注目! 映画『イタキス』予告編&ポスター解禁

    映 画

     累計発行部数3500万部を誇る、多田かおるによる人気少女漫画『イタズラなKiss』の初の実写映画『イタズラなKiss THE MOVIE ~ハイスクール編~』がこの秋、公開される。それに先駆けて、佐藤寛太(劇団EXILE)のクールな“リアル入江直樹”ぶりが炸裂する予告編映像と、ポスターが解禁された。@@cutter 本作は、美沙玲奈演じる万年落ちこぼれのクラスいちおバカな女子高生・相原琴子を主人公にした学園青春ラブコメディ。入学式のときに一目惚れしたイケメンかつIQ200の天才・入江直樹に、2年越しの思いを告白してフラれた琴子だったが、ある事件をきっかけに共同生活を始めることになる…。  今回、解禁された予告編は、決死の告白へ挑む琴子と直樹のシーンからスタート。イタキスファンから“リアル入江直樹”と呼び声の高い佐藤、天然で愛らしい琴子を等身大で演じる美沙による大豪邸での同居生活に加えて、池沢金之助を演じる大倉士門、その他、山口乃々華(E‐girls)、灯敦生(ともりあつき)、石塚英彦、石田ひかり 、陣内孝則といった彼らをとりまくコミカルな登場人物も必見だ。  また、愛おしそうに直樹を見つめる琴子と、クールな表情の直樹が印象的なポスターでは、作品ならではのドキドキ感やワクワク感が伝わってくる。映画『イタズラなKiss THE MOVIE ~ハイスクール編~』は、11月25日より全国ロードショー。

  • 『HiGH&LOW ~THE STORY OF S.W.O.R.D.~』ポスタービジュアル

    AKIRA&TAKAHIROの壮絶な戦い初披露 映画『HiGH&LOW』特報解禁

    映 画

     EXILE TRIBEが出演する日本テレビ系深夜ドラマ『HiGH&LOW~THE STORY OF S.W.O.R.D.~』が23日に最終回を迎え、ドラマシーズン2の放送決定が発表された。併せて2016年7月公開の映画特報も解禁。AKIRA演じる琥珀とTAKAHIRO演じる雨宮雅貴の壮絶な戦いが初披露されるほか、豪華キャストの面々も登場する。@@cutter 『HiGH&LOW~THE STORY OF S.W.O.R.D.~』は、映画、ドラマ、コミック、アルバム、ライブとさまざまなメディアコンテンツで展開するEXILE TRIBEによる総合エンタメプロジェクト。不良チームが集まる“SWORD地区”で巻き起こるプライドをかけた闘い、友情、絆を完全オリジナルストーリーで描く。  今回発表となったドラマシーズン2は、シーズン1最終回で登場した、ELLY、早乙女太一、大屋夏南らが演じる謎のチーム「MIGHTY WARRIORS」が遂に動き出し、SWORD各チームを騒乱に巻き込んでいく。伝説のチーム「ムゲン」の誕生、そして突然の解散の裏に隠された真実など過去のエピソードが明らかになり、新キャラクターも続々と登場。さらに重厚なドラマが展開される。  また、解禁映像と合わせて新たなビジュアルも公開。本ビジュアルではムゲン、雨宮兄弟、SWORD各チームのリーダー格が並び、AKIRA、TAKAHIROらEXILE TRIBEもさることながら、窪田正孝、林遣都、山田裕貴ら実力派若手俳優陣の鬼気迫る表情が目を引く。  『HiGH&LOW~THE STORY OF S.W.O.R.D.~』映画は2016年7月16日全国ロードショー。ドラマ シーズン2は2016年春放送予定。

  • 町田啓太、NHKドラマ『ガッタンガッタン それでもゴー』記者会見にて

    町田啓太に「全然劇団っぽくない!」、松尾スズキがギャップに衝撃

    エンタメ

     NHK岐阜開局75周年ドラマ『ガッタンガッタン それでもゴー』の完成試写会と記者会見が行われ、キャストの谷村美月、町田啓太(劇団EXILE)、松尾スズキらが登場。撮影のエピソードやお互いの印象を語った。@@cutter 岐阜県の奥飛騨を舞台に、悩みながら生きる若者たちが地域の人々や知られざる奥飛騨の宝との出会いを通じて、自分の進む道を見出していく物語。母の死をきっかけに奥飛騨に帰ってきて、家業を継ぎながら、村おこしの“ガッタン号”の運営を手伝うヒロイン・加奈を演じるのが谷村だ。  その谷村と“ガッタン号”の仕掛け人・小谷役の松尾は、2008年に放送された年賀状のCMで親子役で共演しており、その時以来の再会となった。松尾は今回共演すると聞いて、「最近どうなってるかなと思ってネットで検索したら、(谷村が)ブラジャー一枚で男を誘っているような画像がでてきたので、『これはどういうことだ!』と思って…」と驚きを明かし、「若干不安だったんですけど、現場に入ったら以前と変わらない、携帯をずっといじってるような子でした」と笑った。  加奈の同級生で、アメリカに憧れる老舗旅館の三代目・信一を演じる町田は、谷村と今回が初共演。町田は谷村について、「大人っぽい人だなと思ってたら実は同い年と知って、逆に僕も年上に思われてたみたいで(笑)。役柄としても同級生で親近感を感じました」とその印象を話した。  また松尾も町田とは初共演だったが、「町田くんは“劇団”の人と聞いて、僕も劇団の人間なんでシンパシーをおぼえるような人が来るのかなと思ってたら、『全然劇団っぽくない!』と驚きました」と、イメージしていた演劇人とのギャップを感じたという。  撮影は8月、奥飛騨の大自然の中で行われたそうで、岐阜県に行ったのが初めてという谷村は「初めて流星を見れたのが印象的でした」と目を輝かせていた。  単発ドラマ『ガッタンガッタン それでもゴー』は10月28日22時より、NHK BSプレミアムで放送。

  • 『イタズラなKiss THE MOVIE ~ハイスクール編~』琴子役の美沙玲奈、入江直樹役の佐藤寛太(劇団EXILE)

    『イタズラなKiss』初映画化!天才・入江直樹役に劇団EXILE・佐藤寛太

    映 画

     累積発行部数3000万部、国内外で複数回に渡るドラマ化など、根強い人気を誇る少女コミック『イタズラなKiss』の、初の映画化が決定。『イタズラなKiss THE MOVIE~ハイスクール編~』のタイトルで、映画初主演の新人俳優・佐藤寛太(劇団EXILE)と美沙玲奈がメインを務め、2016年秋に公開されることが発表となった。@@cutter 『イタズラなKiss』は、1990年代に「別冊マーガレット」(集英社)で連載された少女コミック。IQ200で全国模試1位、スポーツ万能な超イケメン高校生・入江直樹と、ドジで勉強もイマイチだが明るく根性だけは誰にも負けない女子高生・相原琴子の恋愛模様を描き、大人気を博した。しかし、1999年に作者・多田かおるの急逝により、未完の作品となっていた。  本作でメガホンを取るのは、多田の夫である音楽プロデューサー・西川茂と親交があり、2008年には未完部分のアニメ化を企画した溝口稔監督。アニメ化以降の『イタキス』関連作品の全てに企画プロデューサーまたは脚本監修、そして脚本家としても参加してきた経験を活かし、初の映画化に挑む。  直樹役を演じる佐藤は「主演と聞いて最初はあまり実感が無かったのですが、『イタキス』の世界を知っていくうちに大好きになり、直樹という役を演じる実感と挑戦心が沸いてきました」とコメント。また、「初めての映画出演で、初の主演ということでプレッシャーはありますが、全身全霊で演じさせて頂きます」と意気込みを語る。  溝口監督からの大抜擢を受けた琴子役・美沙は「正直びっくりしました!新人である私が抜擢されて本当に幸せです!」と喜びを語り、「琴子の明るく元気な性格を出すためにボイトレから初めて、アニメやドラマ、漫画を読んで雰囲気を掴みつつ、日ごろからテンション高めに過ごしていました」と役作りを明かした。

  • LDH総合エンタメプロジェクト『HiGH&LOW』始動!

    EXILE TRIBE、世界初の総合エンタメプロジェクト始動!映画、ドラマ、ライブ連動

    映 画

     EXILE、三代目J Soul Brothersらが所属するLDHが、総合エンタテインメントプロジェクト『HiGH&LOW』の始動を発表した。本プロジェクトでは、EXILE TRIBEをはじめとした超豪華キャスト総出演の映画、ドラマ、連動型ライブなど、様々なメディアコンテンツ展開を繰り広げる。@@cutter 『HiGH&LOW』は、映画(2016年7月16日公開)を軸に、日本テレビとオンライン動画配信サービス「Hulu」での連続ドラマ(10月スタート)、原作のコミカライズ、「Instagram」などのSNSを展開。そしてEXILE TRIBEのグループの垣根を越えたオリジナルサウンドトラックを制作し、『HiGH&LOW』の世界観を表現するライブツアーの計画など、様々なメディアコンテンツ全てが映画に連動した世界初の総合エンタテインメント・プロジェクトとなる。  企画プロデュースをEXILE HIROが担当し、多くのMVやライブ映像をEXILE HIROとともに創りあげてきた久保茂昭が映画・ドラマの監督に初挑戦。完全オリジナル原作をもとに、不良チームが集まる“SWORD地区”での壮絶な闘いと、その裏のリアリティある大人の世界・生き様を描く。  本企画について、HIROは「世の中をビックリさせたい、ワクワクさせたいという気持ちと、メンバーの夢や、普段からのアーティスト活動や役者活動などを照らし合わせていくうちに様々なアイデアが生まれてスタート致しました」と説明する。「日頃から僕らは “Love, Dream, Happiness”を根本に活動しておりますが、本企画では全く別の角度から、“Love, Dream, Happiness”を届けていきたいと思っております」と意気込みを明かした。

  • 『美女と男子』 町田啓太のお気に入りの一枚

    劇団EXILE・町田啓太『美女と男子』オールアップ報告 「生涯絶対に忘れない時間」

    エンタメ

     NHKドラマ10『美女と男子』に出演中の劇団EXILE・町田啓太がブログにて、同作の撮影がオールアップしたことを報告。「無事に完走させていただきました!」と、約半年間に渡る全20話の撮影を振り返りながら、作品に対する思いを綴っている。@@cutter 『美女と男子』は、仕事はできるが人望がない、上から目線の“美女”一子(仲間由紀恵)と、若くてイケメンだがやる気がない“男子”遼(町田啓太)が、反目しあいながらも芸能界の頂点を目指し奮闘するサクセスストーリー。  町田は5日のブログで、「こんばんは。昨夜の『美女と男子』第17話ご覧いただけたでしょうか?楽しんでいただけていれば本当に嬉しいです!」と挨拶をし、「そして皆様…なんと…『美女と男子』全20話、約半年間の撮影がオールアップいたしました!無事に完走させていただきました!」とファンに向けて報告。  「でも、終わった感じが全くしないのは何故なのでしょうか。(笑)きっとずっと続いていくような気持ちにさせてくれているからですかね!僕にとって生涯絶対に忘れない時間になりました」と振り返る。また同作についてのコメントに対し「終わってしまうのが寂しい、などなど嬉しいお言葉をいただけていて熱くなりました」と、胸中を語る。  最後に、ロックスナックハローに飾られている“初期ひのでプロ”集合写真を公開し、「まだ詰まりに詰まった3話が控えていますよ!熱量全開な展開になっていますし、絶対楽しんでいただけると思いますので是非ご覧ください!」と、熱くアピールした。  このブログには「『美女と男子』で町田さんのことが知れて、元気を貰えて、素敵なドラマに出会えたことに本当に感謝です」「一番大好きなドラマありがとうございました」「あと3回で終わるのは悲しいですが、ぜひとも続編希望です(笑)」などの声が届いている。  『美女と男子』はNHK総合にて毎週火曜22時放送。

  • 『ワイルド・ヒーローズ』 TAKAHIRO初主演ドラマにEXILE TRIBEが集結!

    TAKAHIRO“初主演”ドラマにEXILE TRIBE集結 青柳翔、岩田剛典ら悪ガキ仲間7人

    エンタメ

     日本テレビで、2015年4月より“日曜22時30分”の新連続ドラマ枠がスタート。第1弾として、ドラマ初主演のEXILE・TAKAHIROを筆頭にEXILE TRIBEが共演する『ワイルド・ヒーローズ』が放送される。この度、出演するEXILE TRIBEメンバーが、青柳翔、岩田剛典、野替愁平、八木将康、佐藤大樹、黒木啓司であることが発表され、7人が揃ったポスタービジュアルが解禁となった。さらに、TAKAHIROら仲間たちで守る少女が桜田ひよりに決定した。@@cutter TAKAHIRO演じる主人公・瀬川希一は、思いがけず一人の少女を救い、なぜか裏社会に命を狙われているらしいその少女と、行動を共にすることになってしまう。そんな事情もわからずいきなり追われる身となった瀬川が頼ったのは、かつての高校の、悪ガキ仲間たちだった…。  今回、ドラマ初主演のTAKAHIROは「まだ役者としては右も左もわからない新人ではありますが、“主演”という素晴らしい機会をいただけたことに、まず感謝しております」とコメント。また、「7人が揃ってポスター撮影をしました。LDHの仲間で構成されているので“どんな雰囲気になるのかな”と思っていたのですが、とても和気藹々と幸先のいい一歩を踏み出せました」と好調な滑り出しとなったようだ。  また、悪ガキ仲間の一人で“ちょこ”というあだ名の持ち主、佐伯春太郎役の岩田は「アクション、立ち回りはダンスの振り付けに通じるものがあるのでそこは体で覚えつつ機敏に“ちょこまか”と動きたいと思います」と意気込みを語った。  『ワイルド・ヒーローズ』は日本テレビ系にて4月より、毎週日曜22時30分~23時25分に放送。初回(4月19日)は22時~23時25分まで。

  • 町田啓太「3才児のようなピュアな心」で初主演に挑んだ『スキマスキ』

    劇団EXILE・町田啓太、ラブシーンで初の前貼り! 「尋常じゃない痛さ」初体験

    映 画

     『うさぎドロップ』の宇仁田ゆみが描いたフェチズムの名作『スキマスキ』が映画化され、劇団EXILEの町田啓太が本作で映画初主演を果たした。どこまで“バカ”になれるかが最重要課題だったという隙間フェチの主人公・ヘイサクを見事に演じ切り、監督から「町田さんはおそらくバカです!惜しげもなく自分のバカさを魅力たっぷりに演じてくれた」と称賛された町田に、様々な角度から話を聞いた。@@cutter 最初に本作の台本を手にした際、「先に原作を読んでいたので色んな情景が浮かび、原作とはちょっと違った形のシーンもあったので、新しい素敵な作品だなって思いました。そして初主演ということで高揚しました」と期待に胸を膨らませたという町田。最重要課題のバカさについては、「自分の中にあるバカを出すために、昔のことを思い返しながら、3才児のようなピュアな心を出して行こうと意識しました。仕草や身なりも意識して、面白いTシャツをチョイスしたり、自分のちょっと汚れている靴を履いたりしました」と役作りをしたという。  もう一人の主演である佐々木心音の印象については、「飾らずに自然体な方でコミュニケーションも取りやすく接してくださったので、現場もやりやすかったですね」と感謝。隙のある女性を見事に演じていたが、「実際も隙がありそうで、実はない感じがしました。そういうところがフミオちゃんと被って、佐々木さんらしいフミオちゃんに魅力を感じました」と褒め称えた。  この映画では、そんな佐々木と町田のリアルなラブシーンも見どころの一つ。「とにかく緊張しました。また童貞という設定だったので、特に何かをするわけでもなく、その緊張感のままやろうと思って挑みました」と振り返った。また、一番苦労した点を聞いてみると、「前貼りが初めてで、助監督さんに貼ってもらったり、それを長時間付けていたり、剥がすときの尋常じゃない痛さだったりがとにかく大変でしたね」とこのシーンを挙げ、思い出しながら苦笑いを浮かべた。@@separator そんな本作の見どころを聞くと、「ヘイサクとフミオのちょっと変わった恋愛模様や、色濃いキャラクターが普通に生活している面白さなど、楽しんでいただける要素がところどころ散りばめられているので、楽しんで見てください」とPRしてくれた。  また、本作にかけて、町田自身は何フェチか聞いてみると、「笑ったときに出るほうれい線ですね。幸せそうな感じがしていいです」と意外な答え。さらに、好きな女性のタイプについては、「一歩引いた感じのお淑やかな女性が好きですね。外見も和風な女性がいいです」と悩みながらも返答。しかし、結婚願望に関しては「全然ないです!」と即答した。  そんな町田は、GENERATIONSの候補メンバーに選ばれ、一度は劇団EXILEを脱退するも、その後再加入した経歴を持つ。「最初に劇団EXILEでお芝居をやらせていただいて、役者に対する思いも強まっていたので、ダンスも大好きでしたが、役者一本の道に絞ってやらせていただきたいという気持ちが固まり、こういう形になりました」と役者へのこだわりを明かし、GENERATIONSの今の活躍を見て、「同世代なので刺激は受けますね!すごく嬉しいですし、僕も応援しているので、いつか自分が何かの作品で僕が主演をしたときに、主題歌を歌っていただけるくらい、僕も頑張らないとなって思います」と目を輝かせた。(取材・文・写真:風間直人)  映画『スキマスキ』は2月7日シネマート六本木・心斎橋にて公開、Google Playほか同時配信。

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access