リディアン・ヴォーン 関連記事

  • 映画『サイバー・ミッション』場面写真

    アジアスターたちがハッカーに 『サイバー・ミッション』場面写真解禁

    映 画

     元SUPER JUNIORのハンギョンが主演を務め、リディアン・ヴォーン、リー・ユエン、山下智久らも出演する映画『サイバー・ミッション』より、ストーリーの鍵を握る場面写真5点が解禁された。@@cutter 本作は、悪の組織から世界を救うために立ち上がったオタク系ホワイトハッカーと、サイバー犯罪を企てる国際的ブラックハッカーのハッキング&アクションバトルを描くタイムリミットサイバーアクション。  主人公のオタク系ホワイトハッカー・ハオミンを元SUPER JUNIORのハンギョンが演じ、ブラックハッカーのチャオ・フェイ(ゼブラ)を台湾スターのリディアンが、チャオ・フェイのパートナーでもある美しき犯罪者スー・イーを雑誌「Ray」のモデルでもあったリーが演じる。  また、サイバーテロリストのボス、モリタケシを、初の海外進出、初の悪役として山下智久が演じ、流暢な英語と中国語を披露することでも話題になっている。  今回公開されたのは、ホワイトハッカーのハオミンがブラックハッカーのチャオ・フェイとスー・イーに銃を突きつけられて裏社会の大仕事に巻き込まれる場面や、こちらに銃口を向けてくるチャオ・フェイ&スー・イーのクールな名コンビぶり、チャオ・フェイが謎の部屋で1人佇むシーンからは、国際的なサイバー犯罪に関わる緊迫感が伝わってくる。  また、紆余曲折を経てタッグを組むことになったハオミンとチャオ・フェイのイケメン2人組がアジトでくつろぐショットや、ハオミンと彼が密かに好意を寄せるスー・イーがPC前に顔を寄せ合って情報を収拾する胸キュンショットなど、サイバー犯罪に関わる彼らの活躍を予感させる内容になっている。  映画『サイバー・ミッション』は2019年1月25日より全国公開。

  • 映画『サイバー・ミッション』ポスタービジュアル

    豪華アジアスター大集結!映画『サイバー・ミッション』公開決定

    映 画

     元SUPER JUNIORのハンギョンが主演、リディアン・ヴォーン、リー・ユエン、山下智久が出演する中国映画『REBORN(原題)』が、『サイバー・ミッション』の邦題で2019年1月に公開されることが決定。予告映像とポスタービジュアルも解禁された。@@cutter 本作は、最強オタク系ホワイトハッカーと最凶ブラックハッカーがハッキングやアクションバトルを駆使して対決するタイムリミットサイバーアクション。  オタク系プログラマーのハオミンは、かつてハッキング対決で負かしたコードネーム“ゼブラ”が裏世界で危険な仕事に手を染めていることを香港警察から聞かされる。次の大仕事にハオミンを巻き込むべく、ゼブラはパートナーの美少女スー・イーを介して接触。ハオミンはゼブラの次なる狙いを探るため、覆面捜査官として潜入し、モリタケシという裏世界の大物がそのバックに絡んでいることを知る。モリの真の目的が明らかになるにつれ、ハオミンは予想だにしなかった危険な世界へと足を踏み入れていく。  ハンギョンがハオミン役を演じるほか、『モンガに散る』『GF*BF』に出演する台湾スターのリディアンがゼブラに、雑誌「Ray」のモデルとして活躍したリーが美しき犯罪者スー・イーに扮する。本作が初の海外進出作となる山下は、サイバーテロリストのボス、モリタケシ役を担当し流暢な英語と中国語を披露するなど、アジアを代表するスターたちがスクリーンを華やかに彩った。また、『バイオハザードV:リトリビューション』などのアクション監督、ニコラス・パウエルがハリウッド仕込みのアクション演出を手がけている。  公開された予告映像では、スー・イーに銃を突きつけられたハオミンに向かって、ゼブラが「このシステムをハッキングしろ。60秒以内に」と命令する場面から開始。続けて、ハッキングに成功したハオミンが得意げな表情でピースサインする姿、「奴は用済みだ。始末しろ」と告げるモリの冷酷な表情などをスピーディーに描写していく。要所で挟まれる激しいカーアクションや銃撃戦のシーンも相まって、事件が加速していく高揚感を感じさせるスリリングな内容となっている。  ポスタービジュアルも、ホワイトハッカーのハオミンが白の、ブラックハッカーの3人が黒のサイバー空間を背景として、クールな表情を浮かべて佇む姿をフィーチャー。本作のスタイリッシュさと緊張感を十分に伝えるものに仕上がっている。  ハンギョンは「8Fの高さから飛び降りたりとけがの絶えないスリリングな撮影で、何度か危ない動きもありましたが、一人一人がテストしてお互いにアドバイスをしながらやりました」と、撮影時のエピソードを披露。  また山下も「初めての悪役という新しい挑戦をしているので、ぜひ今までの僕とのギャップを楽しんでいただきたいと思っています」と、自信に満ちたコメントを残している。  映画『サイバー・ミッション』は2019年1月25日より全国公開。

  • 『GF BF』場面写真

    彼と彼女、彼女と彼、彼と彼の、27年間にわたる愛の物語『GF BF』公開決定

    映 画

     台湾のアカデミー賞と言われる台湾金馬奨ほかアジアの映画賞を席巻した話題の青春感動作『GF BF』が、6月7日より日本公開されることが決定した。@@cutter 本作は、戒厳令下の1985年から2012年までの激動の台湾社会を背景に、27年間にわたる男女3人の友情と切ない三角関係を描いた感動の青春ドラマ。『Orzボーイズ』以来、4年ぶりの新作となるヤン・ヤーチェ監督のもと、『藍色夏恋』『海洋天堂』のグイ・ルンメイ、『花蓮の夏』『台北の朝、僕は恋をする』のジョセフ・チャン、『モンガに散る』『九月に降る風』のリディアン・ヴォーンら、台湾の人気俳優が集結した。  高校に通う美宝、忠良、心仁の3人は高雄で生まれ、のどかな田園風景を見て育つ。1985年、社会革命が広がる直前の台湾。戒厳令下で自由を手に入れたい美宝ら3人も、自分たちができる小さな抵抗を繰り返していた。やがて、田舎を離れ、台北の大学生となった忠良、心仁は、自由と民主主義を訴えるデモに参加。以前にも増して理想のために戦う2人のもとに、地方で就職した美宝も時間を見つけて度々やって来ては一緒に過ごす。そんな中、忠良の長い間隠していた秘密が明らかになる…。  本国・台湾では、2012年8月に公開され、第49回台湾金馬奨の観客賞ならびに最優秀主演女優賞(グイ・ルンメイ)を受賞。さらには第14回台北電影奨でジョセフ・チャンが主演男優賞を獲得するなど話題を集め、日本でも昨年の第8回大阪アジアン映画祭、第4回アジアンクィア映画祭にて上映され、共にチケットが早期完売するなど大好評を博するなど、アジアの映画祭を席巻した。  なお、主人公たちがデモや三月学運に参加するシーンなど、実際の出来事が数多く反映されたストーリーとリンクし、中国と台湾が昨年6月に調印した「サービス貿易協定」の承認法案に反対する学生らにより抗議運動が行われている現地で再上映され、注目を集めた。

あわせて読みたい

ビデオ人気ランキング

コミック人気ランキング

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access