ジョジョの奇妙な冒険 関連記事

  • アニメ『ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風』グイード・ミスタ、キャラクターPVより

    『ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風』グイード・ミスタのキャラPV解禁

    アニメ・コミック

     10月より放送がスタートするテレビアニメ『ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風』(TOKYO MX/毎週金曜25時5分)から、本編に登場するキャラクターのひとり、グイード・ミスタのキャラクターPVが公開された。@@cutter 本作は、荒木飛呂彦が1987年から連載している漫画『ジョジョの奇妙な冒険』シリーズの第5部を映像化したアニメ作品。  ジョースター家の宿敵・DIOの血を継ぐ少年ジョルノ・ジョバァーナは、ひとりのギャングの男を救った事をきっかけに「人を信じる」ことを学ぶ。恩義を忘れず、敬意を持って自分に接するギャングが、彼の心をまっすぐにしたのだ。15歳になったジョルノは、イタリアの裏社会を牛耳るギャング組織「パッショーネ」とトラブルを起こし、狙われることとなり…。  このたび公開された映像は、本作に登場するグイード・ミスタのキャラクターPV。「俺のスタンドは暗殺向きだ」のセリフと共に、ミスタが拳銃を構える姿が確認できる。また、彼が拳銃で発砲した弾丸の上には、頭が尖った小人のようなスタンド「セックス・ピストルズ」の姿が。スタンドには、弾丸の軌道を変えたり、複数の標的に当てられるなどの能力が備わっている。  テレビアニメ『ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風』はTOKYO MXにて10月5日より毎週金曜25時5分放送。

  • 「荒木飛呂彦原画展 JOJO 冒険の波紋」プレス内覧会・トークセッションに登場した荒木飛呂彦

    荒木飛呂彦、描き下ろしのジョジョ大型原画は「ちょっと失敗した」

    アニメ・コミック

     漫画家の荒木飛呂彦が、21日に都内で開催された「荒木飛呂彦原画展 JOJO 冒険の波紋」プレス内覧会で行われたトークセッションに出席した。荒木は描き下ろした大型原画でのお気に入りを聞かれると「カーズの半分ヌード」と語った。@@cutter 荒木による人気漫画『ジョジョの奇妙な冒険』シリーズの誕生30周年の集大成として開催される本展では、初公開を含む肉筆原画や関係資料、限定公開となる12枚の新作大型原画など、約200点の多彩な展示物とともに『ジョジョ』の歴史をひも解く。  荒木は描き下ろした大型原画について「ちょっと失敗した」と告白。「DIOの背景の色が、わかんないんですよ。描いていると。でっかすぎて」と言い、「昨日見たときに、DIOのとこだけ濃いなって思いました。失敗して、本当に直したかったです(笑)」と包み隠さず思いを明かして会場を沸かせた。  描いたキャラクターを選んだ理由については「読者の皆様の人気があるとかっていう基準は全くなくて。あえてそういうことをしなくて、単純にキャラクターのシルエットで選びました」と振り返り、空条承太郎とDIOに関しては「象徴的な人物ですので、一番最初に2人を入れておいてという感じで選びました」と回想。また「カーズの半分ヌードっていうのが、すごく、描いていて、けっこう自分では良かったです」と白い歯を見せた。  11月25日から来年1月14日にかけては、大阪でも開催される本原画展。東京会場ならではの見どころを聞かれると「大きい絵画っていうのは、生まれて初めて描いた」としたうえで、「これ自体が東京のために書いたというか、今回のために描いた。美術館で皆さんとキャラクターが一体化するという目的で描かれたので、そこです。本当に、そういうところを見ていただきたいかな」と、大型原画の魅力をアピールしていた。  「荒木飛呂彦原画展 JOJO 冒険の波紋」 は8月24日~10月1日まで、東京・国立新美術館にて開催。

  • アニメ『ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風』キービジュアル

    アニメ『ジョジョ5部』キービジュアル&ジョルノPVなど最新情報一挙解禁

    アニメ・コミック

     TVアニメ『ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風』の放送が10月5日25時5分より、TOKYO MXにて開始することが明らかになった。さらにキービジュアル、最新PVが公開された。@@cutter 『ジョジョの奇妙な冒険』は、荒木飛呂彦によって「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載されたコミックが原作。  5作目となるTVアニメ『ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風』では、ジョースター家の宿敵・DIOの血を継ぐ少年、ジョルノ・ジョバァーナが、一人のギャングの男を救った事をきっかけに「ギャングスター」にあこがれ、そして15歳になった彼を中心とした物語が紡がれる。  今回公開されたキービジュアルには、メインキャラクターよりジョルノ・ジョバァーナ(CV:小野賢章)、ブローノ・ブチャラティ(CV:中村悠一)、レオーネ・アバッキオ(CV:諏訪部順一)、グイード・ミスタ(CV:鳥海浩輔)、ナランチャ・ギルガ(CV:山下大輝)、パンナコッタ・フーゴ(CV:榎木淳弥)が描かれた一枚に。  さらに「キャラクターPV:ジョルノ・ジョバァーナ」では、ジョルノのスタンド、ゴールド・エクスペリエンスの姿が初お披露目。「このジョルノ・ジョバァーナには夢がある!」のセリフと共に、ゴールド・エクスペリエンスの能力が垣間見える映像に仕上がった。  TVアニメ『ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風』は、10月5日よりTOKYO MXほかにて放送開始。

  • 『ジョジョの奇妙な冒険』×UOMOのスペシャルコラボ UOMO10月号表紙

    ジョジョの奇妙な冒険×UOMO、荒木飛呂彦描き下ろし表紙でSPコラボ

    アニメ・コミック

     荒木飛呂彦の大ヒットコミック『ジョジョの奇妙な冒険』の人気キャラクターが、ブランド服を颯爽と着こなし、24日発売の男性ファッション誌「UOMO」10月号(集英社)に登場することが分かった。@@cutter 同号で表紙を飾るのは、美意識の高いとされる超人気キャラクター、ブローノ・ブチャラティ。もちろん衣装にもこだわりがあるためか、「バレンシアガ」の明るいショッキングピンクのフェイクファーに、飢餓のない世界を目指して活動する食糧支援機関「World Food Programme」へのサポートを示す「WFP」のロゴ入りインナーを身にまとっている。  この豪華なコラボは、発売日同日より東京・六本木で開かれる「荒木飛呂彦原画展 JOJO 冒険の波紋」の開催を記念して実現したもの。同表紙を描き下ろした荒木は、「久しぶりに描いたキャラクターだったので、自分でも楽しかったですね。個人的に注目してほしいのは……ブチャラティの『肘』です!」とコメントしている。  同号の巻頭ファッションストーリーでは、ジョジョ好きの俳優ディーン・フジオカが、稀代の悪役キャラクターのイメージで登場。ほかに、谷原章介、ケンドーコバヤシ、西野七瀬、内田理央、山口晃、最果タヒら、ジョジョファンが寄せるスペシャルトーク&メッセージも掲載。  さらに注目は、荒木が『ジョジョ』誕生から30年を振り返った特別インタビュー。原画展の見どころや、シリーズ中のベストバウト(見ごたえのあったバトル)、荒木が心底怖いと思うものについてなど、ファン垂涎の内容について語られている。  『ジョジョの奇妙な冒険』とコラボするファッション誌「UOMO」10月号は、集英社より8月24日発売。定価870円(税込)。

  • (左から)TVアニメ『ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風』ジャパンプレミアに登場した小野賢章、中村悠一

    アニメ『ジョジョ5部』のキャスト解禁! 小野賢章、中村悠一らが出演

    アニメ・コミック

     声優の小野賢章と中村悠一が5日、都内でアニメ『ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風』のジャパンプレミアに出席。榎木淳弥、山下大輝、鳥海浩輔、諏訪部順一とともに声優を務めることが明らかになった。@@cutter ギャングスターを夢見る主人公ジョルノ・ジョバァーナ(小野)、そして彼の仲間たちが、様々なスタンド使いと繰り広げる戦いを描く本作。中村はジョルノをギャングの組織に勧誘するブローノ・ブチャラティ役、諏訪部はレオーネ・アバッキオ役、鳥海はグイード・ミスタ役、山下はナランチャ・ギルガ役、榎木はパンナコッタ・フーゴ役を務める(四人はブチャラティの部下)。  小野は「(主人公の声優が)小野・小野と続いているので、最初冗談かな? と思ったところはあったんです(笑)」と回想。また「選んでいただいたからには、1部から続く思い、作品の熱意っていうのを、しっかり受け継いで、表現していけたらいいなという気持ちで、やる気に満ち溢れています」とコメントした。  一方の中村は、第1部のオーディション当日に風邪をひいて休んだこと、その後の部のオーディションも受けることができなかったことを振り返り「(4部のオーディションの時に)ここまで来たら多分5(部)もいくだろうから、何歳か分からないけど、そのとき頑張らせてくださいという話をしていた」と告白。「風邪をひいたのから運命だったのかもしれないと思いたいです(笑)」とも話し、小野は「それは、“黄金の風”だったんじゃないですか?」と副題に絡めて会場を沸かせた。  5部で好きなキャラクターを聞かれた小野はジョルノを挙げつつ「ペッシとプロシュートの兄弟。あの戦闘もすごく好き」とニッコリ。中村はブチャラティに加え、原作で印象的なエピソードを残したアバッキオに言及し「諏訪部さんがどういうお芝居を、アプローチをしてくるのかなっていうのが楽しみ」と話していた。  アニメ『ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風』は、10月より放送。

  • 『荒木飛呂彦原画展 JOJO 冒険の波紋』 記者発表会に登場した荒木飛呂彦

    『荒木飛呂彦原画展』大型の新作12枚を展示 キャラを等身大で描く

    アニメ・コミック

     漫画家の荒木飛呂彦が、21日に都内で行われた『荒木飛呂彦原画展 JOJO 冒険の波紋』(8月24日~10月1日開催)の記者発表会に登壇した。@@cutter 同展は、荒木の代表作『ジョジョの奇妙な冒険』誕生30週年の集大成として実施。国立新美術館で個展が開催される漫画家は手塚治虫氏以来28年ぶり2人目で、現役の漫画家では初となる。  荒木は「漫画界に感謝したい。手塚先生をはじめ、先輩たちの作品や助言がなければ『ジョジョの奇妙な冒険』は影も形もなかった。私より年下の漫画家さんが盛り上げていただいたので今回の開催がある」と感謝。そして「印刷とは違った何かが原画には必ずあります。『ジョジョ』は友情・努力・勝利が描かれているが、画としての発想だとか考え方を若い人たちの勉強、将来の仕事などに役に立ててほしい。それが僕の密かな野望です。…しゃべっちゃいましたけど」とお茶目に挨拶した。  核として展示されるのは荒木が同展のために描き下ろした12枚の新作原画。1枚2メートルという、通常のマンガと比較するとかなりの大型となる。完成したばかりという大型新作は「実物大のキャラを描くのが目的。170センチのキャラなら170センチ。それが12枚あります。キャラが実物大なので、同じ場所に存在しているように描いた」と明かした。  また、本展の大阪巡回も決定。11月25日~2019年1月14日まで大阪文化館・天保山にて行われることが発表された。それに併せて各会場のキービジュアルが会場で披露され、東京会場のキービジュアルは空条承太郎、大阪はディオが描かれている。  キービジュアルの構想について「2枚で1組のペア。2人とも神格化されているので、それを描くのがいいのかなと。日本の絵画だと風神雷神の2枚組があるのでそれから発想を得た」と告白。また「富士山の三角と丸い月という絵画的な構図にも注目してほしい。色も夜と昼というイメージ。かなり思いを込めた作品」と力作であることをアピールした。  さらに、会見の終盤には荒木自ら『ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風』が今秋にテレビアニメ化されることを解禁。「そのへんもよろしくお願いします」と笑顔で語った。  『荒木飛呂彦原画展 JOJO 冒険の波紋』は、8月24日~10月1日まで東京・国立新美術館にて開催。チケットは完全日時指定制で、6月23日10時より販売開始。

  • 『岸辺露伴は動かない』最新作「エピソード#10  ザ・ラン」

    『岸辺露伴は動かない』最新作、「週刊少年ジャンプ」掲載決定! コミックス第2巻発売

    アニメ・コミック

     『ジョジョの奇妙な冒険』第4部の人気キャラクター・岸辺露伴を描く『岸辺露伴は動かない』の最新作「エピソード#10 ザ・ラン」が「週刊少年ジャンプ13号」(2月26日発売)に掲載されることがわかった。さらに、この同エピソードを含む全4編を収録したコミックス第2巻の発売も決定した。@@cutter 『岸辺露伴は動かない』は、『ジョジョの奇妙な冒険』シリーズの第4部にあたる『ダイヤモンドは砕けない』に登場する天才漫画家・岸辺露伴を主人公とした短編作品。好奇心にあふれ、漫画家として常にリアリティを追及する露伴が、取材先などで体験する恐怖やスリルに満ちたエピソードが描かれる作品となっている。  本作は現在までに8つの短編が発表され、2013年にはその内の5編を収録したコミックス『岸辺露伴は動かない』第1巻が刊行されている。また、フランス・ルーヴル美術館が展開する「バンド・デシネ プロジェクト」として製作されたフルカラー作品『岸辺露伴 ルーヴルへ行く』が2011年に刊行されている。  『岸辺露伴は動かない』の最新作「エピソード#10 ザ・ラン」は、「週刊少年ジャンプ13号」に総48ページの描き下ろしで掲載。また、このエピソードを含む全4編を収録したジャンプコミックス『岸辺露伴は動かない』第2巻、そして第1巻に収録されている「エピソード#2 六壁坂」をOVA化したアニメDVDがセットとなる同梱版の発売も決定。アニメDVD同梱版は2月19日より、全国の書店およびネット書店にて予約受付開始。詳細は2月19日発売の「ウルトラジャンプ3月号」誌上でも確認ができる。 『岸辺露伴は動かない』の最新作「エピソード#10 ザ・ラン」は、2月26日発売の「週刊少年ジャンプ13号」に掲載。『岸辺露伴は動かない』コミックス第2巻は7月19日発売予定。

  • <TGS2017>叶姉妹がゲームショウ初参戦! 小野坂昌也に「アレッシーさんですよね」

    <TGS2017>叶姉妹がゲームショウ初参戦! 小野坂昌也に「アレッシーさんですよね」

    アニメ・コミック

     21日、千葉県・幕張メッセで開催中の東京ゲームショウ2017の『Exvision.』のブースにて声優・小野坂昌也公式YouTubeチャンネル『小野坂昌也☆ニューヤングTV』の公開収録イベントが行われ、叶姉妹がゲストとして出演。「アレッシーさんですよね」と小野坂の演じている『ジョジョの奇妙な冒険』の役柄を出して、挨拶した。@@cutter 『Exvision.』は、ゲーム実況に特化したユーチューバー支援サービス。この日、叶姉妹はスマホゲーム『黒騎士と白の魔王』をイメージした衣装で、会場を沸かせた。「ゲームショウは初めて」とのことで、姉の恭子は「歩く途中に、面白そうなものがいっぱいあったわね」とゲームショウを楽しんでいる様子。美香は「姉がデートしているときや時間があるときなど、癒しの時間にゲームをやっています。モンスターもハンターしたことあります」とゲーム好きな一面を明かしていた。  小野坂は「いい香りがします」と叶姉妹の印象を吐露。「声優業が本業なんです」と自己紹介すると、美香は「アニメは幅広く見ておりまして、結構好きなんです。ブログで“叶ポージングエクササイズ”のお写真を出していたら、みなさんから“ジョジョみたい”と言っていただいて。“ジョジョって?”と思い、姉も一緒に見るようになって興味を持ってくれたんです」と『ジョジョの奇妙な冒険』を見始めたきっかけを告白。恭子は「アレッシーさんですよね」と小野坂の演じる役柄を出して、小野坂を「はい、アレッシーです。あれはやりがいのある役でした」と喜ばせていた。  また小野坂と叶姉妹で『黒騎士と白の魔王』のガチャ運対決をする一幕も。小野坂が勝った場合は美香の写真集『Melting』がプレゼントされるとのことで、張り切って対決スタート。願掛けに叶姉妹のインスタグラムを見てからガチャを引いた小野坂は、その甲斐あってか見事勝利。「お2人に運をいただいた。信じられない!すごいですね!」と叶姉妹の強運パワーに驚きつつ、歓喜していた。

  • 「創刊50周年記念 週刊少年ジャンプ展 VOL.1 創刊~1980年代、伝説のはじまり」原哲夫×荒木飛呂彦トークショー

    原哲夫と荒木飛呂彦が対談!『北斗の拳』連載秘話や『ジョジョ』誕生のきっかけ語る

    アニメ・コミック

     『北斗の拳』を代表作に持つ原哲夫と、『ジョジョの奇妙な冒険』シリーズの荒木飛呂彦が、8日に都内で開催されたトークショーに出席。荒木は旅行好きな編集者に誘われたエジプト旅行がきっかけで『ジョジョの奇妙な冒険』を描いたことなどを明かした。@@cutter 2人の対談は、現在開催中の「創刊50周年記念 週刊少年ジャンプ展 VOL.1 創刊~1980年代、伝説のはじまり」の一環として実現。原に「何でそんなに若々しいんですか?」と質問された荒木は「けっこういろんな事やった。ダイビングとかもやりましたよ」と語り、「でもね、海で溺れたの一回。ダイビングしてて。それからもう行かないことにした(笑)。最近は、ちょっと山が好きですね」と運動を欠かさない様子。もともとは旅行嫌いだったというが、若手時代に旅行好きの編集者にエジプト旅行に連れて行かれたことを振り返り、「行って、書いたのが、あの『ジョジョの奇妙な冒険』」と意外なエピソードを披露した。  若手時代に拠点の仙台から修正のため集英社の会議室に呼び出され、隣の会議室に『キン肉マン』の作者・ゆでたまごが缶詰めになっていたと回想した荒木は、「『すいません、ゆで先生。ドライヤー貸してください』とか言って、ドライヤーとか持ってきてんですよ。先生はもう慣れてて、泊ってんのね」とコメント。これを聞いて「昔の漫画家みたいですね」と笑った原は、「周りの情報が、僕には入ってこなかったですね。漫画・北朝鮮みたいな(笑)」と自嘲して会場を沸かせたが、「大ヒット作が出たので、正解だったのかな」としみじみ。  原曰く、当時の荒木の担当編集者は大柄だったそうで、「荒木さんは可愛い女の子みたいな感じだから、抱きかかえられて連れて行かれちゃってる。僕、その後ろ姿よく見てましたよ(笑)」と懐かしそうに話し、荒木は「編集者と密接な感じになるんですよ。打合せとかも、一晩中ずっとやったりとか。ジャンプってそういう感じ」と続ける。『北斗の拳』連載時の作業ペースに話が及ぶと、原は時計を仕舞っていたことを明かし「ラジオしか聞いてなくて、漫画を描き終わった後に、浦島太郎みたいな気分で。本当に、世の中から取り残されたみたいな感じになっちゃいましたね」と苦笑。  一方、現在月刊誌で『ジョジョリオン』を執筆中の荒木は、週刊連載時代と同じペースを保っているそうで、「日月でネームやって、木曜日まで画をやる。金土休んでと。今日も休みだから来た」と白い歯を見せた。

  • 神木隆之介&梶裕貴、『ジョジョ』“康一”の奇跡的な双子コーデに「相思相愛」と反響 ※「梶裕貴スタッフ」ツイッター

    神木隆之介&梶裕貴、『ジョジョ』“康一”の奇跡的な双子コーデに「相思相愛」と反響

    エンタメ

     声優の梶裕貴が、3日に自身の近況等も報告するスタッフツイッターを更新。公開中の実写映画『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』で自身がアニメ版で担当したキャラクター・広瀬康一を演じる神木隆之介と“お揃い”のツーショットを公開し、ファンからは「双子コーデ、とてもかわいい」「相思相愛だったのですね!」など反響が寄せられている。@@cutter この日の投稿で「先日、ジョイポリスに行ってきたのですが…」と伝えた梶は、ハットに白地のTシャツ、黒いパンツに肩掛けのカバンという神木との“瓜二つ”な写真をアップし「じぶんたちもびっくり…」「なんの打ち合わせもしてないのに…」「神木くんとまさかの…」「“双子コーデ状態”」と報告。ともに同じキャラを演じたということもあり「W康一だからかな…?(笑)」と、まさかの意思疎通に思いを巡らせていた。  この投稿に対して、コメント欄では「二人とも可愛いです!」「可愛い双子さん」「神木さんと洋服が被るとは…!」 「意図せずなんてすごい!」「やっぱりお二人とも気が会うんですね」といった、賞賛や驚きの声が多数上がっている。 引用:https://twitter.com/KAJI_staff

  • 山崎賢人、新田真剣佑、『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』インタビュー

    山崎賢人「ジョジョだからこそのプレッシャー」、新田真剣佑の存在が良い相乗効果に

    映画

     累計発行部数1億部を超える荒木飛呂彦の大人気コミック『ジョジョの奇妙な冒険』が、『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』としてついに実写映画化された。これまで数々の人気コミックが実写化されてきたが、これほど反響の大きかった作品はかつてないというほど、大きな話題になった本作。製作発表で緊張と期待を口にしていた主人公・東方仗助役の山崎賢人と、虹村億泰役の新田真剣佑が、完成した作品への思いを語った。@@cutter 「とにかく死ぬ気で、全力でやった」と撮影を振り返った山崎。ただですら賛否が飛び交う人気コミックの実写映画化。そのなかでも、超のつく話題作だけに大きなプレッシャーがあったと思われるが「ジョジョだからこそ味わえるプレッシャーだと思うと、こんな経験めったにできないし、ワクワクした気分で臨めました」と笑顔をみせる。新田も「プレッシャーがあっても撮影はやってくるし、立ち向かうしかない」と気合が入ったという。  出来上がった作品について「率直にスゲーなって思いました。普通にスタンドが出てきたときにはめっちゃテンションが上がったし、能力を持っているスーパーヒーローって男の子の憧れじゃないですか」と山崎は興奮気味に語ると「サスペンスエンターテインメント作品となっていますが、もう新しい“ジョジョ”ってジャンルの映画です」と唯一無二の作品に仕上がったことを強調。新田も「自信を持ってお届けできます。想像のはるか上をいく出来。日本でこんなCGが作れるんだとびっくりしましたし、ハリウッド顔負けの映画になっています」と追随した。  また本作は、舞台となる杜王町のイメージを再現するため、スペインのシッチェスを中心としたロケでの撮影が行われたが、山崎は「シッチェスで撮影できたことには大きな意味がありました。ジョジョのスケール感にぴったりの街並みで、世界観に完全に入り込めました」と環境にも大きな影響を受けたことを明かすと、新田も「本当に街並みに説得力がありました。役作りをする上でもやりやすかったし、幸せな現場でした」と充実した時間だったことを力説していた。@@separator 山崎は「やっぱり男なので、バトル漫画が大好きなんですよ」と本作に出演できたことに喜びの表情を浮かべると、新田も「少女漫画って今しかできないものなので、貴重な経験だと思いますが、こういった男と男の感情のぶつかりあいみたいな作品はワクワクしますし、気合も入りました」とニヤリ。  劇中では、仗助と億泰の激しいバトルが繰り広げられるが、新田は「仗助が山崎さんと聞いたとき、同世代でこれだけ活躍されている方なので、ぜひ会ってみたいと思ったし、きっと刺激を受けられると思っていたんです」と印象を語ると、山崎は「真剣佑は完全に億泰だったよね」と憑依したような役作りを絶賛。さらに「真剣佑も神木隆之介も同世代なので、そういう存在が一緒にいるのは心強かったし、真剣佑の役に向き合っている姿勢をみて、俺も頑張ろうと思えた」と互いの存在が良い相乗効果を生み出したようだ。  「映像表現としてこんな世界もあるんだということと、生きた人間がやっている生身感を味わってほしい」と作品をアピールした山崎。新田も「僕自身が生きたスタンドを観たいと思っていたので、それが体験できて幸せでした」と興奮した様子で語っていた。(取材・文・写真:磯部正和)  『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』は絶賛公開中。 ※山崎賢人の崎は立つ崎(たつさき)が正式表記

  • 『岸辺露伴は動かない』新作、シリーズ初の女性コミック誌「別冊マーガレット」に登場

    『岸辺露伴は動かない』新作、シリーズ初の女性コミック誌「別冊マーガレット」に登場

    アニメ・コミック

     今年、誕生から30周年を迎えた『ジョジョの奇妙な冒険』。同シリーズ第4部に登場する人気キャラクター・岸辺露伴を主人公とする短編シリーズ『岸辺露伴は動かない』の最新作「エピソード#9 D・N・A」が、8月12日発売の少女マンガ誌「別冊マーガレット」に掲載されることが分かった。@@cutter 本作は、『ジョジョの奇妙な冒険』シリーズの第4部「ダイヤモンドは砕けない」に登場する天才漫画家・岸辺露伴を主人公とした短編作品。1997年に週刊少年ジャンプで掲載された「エピソード#16 懺悔室」を皮切りに、好奇心に溢れ、漫画家として常にリアリティを追求する露伴が、取材先などで体験する恐怖やスリルに満ちた物語が展開していく。  少女マンガ誌での掲載は初めてとなる最新作「エピソード#9 D・N・A」では、露伴が出会うある女性の幼い娘にあらわれた、謎の現象の真相を解明してほしいと依頼されるところから始まるエピソードが描かれる。  また、今月19日に発売されるコミック誌『ウルトラジャンプ 8月特大号』には、シリーズ初となるノベライズ版『岸辺露伴は動かない 短編小説集(1)』が特別付録として封入。気鋭の若手作家が執筆した3編のエピソードが収録され、文庫本と同じ装丁の豪華な仕上がりとなっている。  『岸辺露伴は動かない』の最新作「エピソード#9 D・N・A」掲載の「別冊マーガレット」9月特大号は、8月12日発売。

  • 『ジョジョの奇妙な冒険』デザインマンホール

    ジョジョがマンホールに! 聖地・仙台で期間限定設置「グレートですよこいつはァ」

    アニメ・コミック

     仙台市にて今夏に開催される「荒木飛呂彦原画展 ジョジョ展 in S 市杜王町2017」を盛り上げる企画の1つとして、『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない』などの『ジョジョ』シリーズ作品に登場するキャラクターがデザインされた下水道用のマンホールが、期間限定で設置されることが発表された。SNS上では、「グレートですよこいつはァ!」と4部主人公の東方仗助の口癖をマネたものや、「4部キャラじゃないけど花京院も」「億泰いないんだけど… 」等、思い思いのファンのコメントが寄せられている。@@cutter 『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない』は、荒木飛呂彦による漫画『ジョジョの奇妙な冒険』シリーズの第4部。劇中では、架空の街・杜王町を舞台に、主人公の東方仗助や、仗助の甥に当たる空条承太郎らが、スタンドと呼ばれる超能力を用いながら、不可思議な事件を解決していく姿が描かれた。8月4日からは、同作を基にする山崎賢人主演の実写映画『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』が公開する。  バンダイナムコエンターテインメントの協力のもと製作されたマンホールのデザインは、全部で9種類。「1東方仗助 西公園C60広場内『杜の都れんが下水洞窟』前に出現」「2岸辺露伴 せんだいメディアテーク前に出現」「3空条承太郎 広瀬通と東二番丁通の交差点に出現」「4広瀬康一 広瀬通と東二番丁通の交差点3の向かい側に出現」「 5花京院典明 花京院郵便局周辺に出現 」(※花京院は第3部『スターダストクルセイダース』に登場)「6杉本鈴美 ローソン柳町通店前に出現」「7吉良吉影 仙台一番町一番街商店街内『むかでや』周辺に出現」「8鋼田一豊大 セルコホーム ズーパラダイス八木山(八木山動物公園) 東門周辺に出現」「9音石明 地下鉄東西線荒井駅南1出口より徒歩1分の場所に出現」となっている。作品に思いを馳せながら、市内各所に出現した“グレートな”キャラクターを探してみては?  『ジョジョの奇妙な冒険 』デザインマンホールは、8月4日~9月10日に出現(※7吉良吉影は8月9日からの設置)。

  • 山崎賢人、『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』キックオフイベントにて

    山崎賢人、『ジョジョ』キックオフイベントで“小ぶり”リーゼント披露!

    映画

     俳優の山崎賢人が19日、都内で行われた映画『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』キックオフイベントに参加。山崎演じる東方仗助のリーゼントスタイルにちなみ結成された「JOJOリーゼント部」の女子中高生300人のヘアスタイルに、山崎は「リーゼントは不良の髪型という認識に偏りがちですが、女性がやっても似合いますね」と笑顔で会場を見渡していた。@@cutter 本作は、シリーズ累計1億部を突破している新木飛呂彦の人気コミックを、映画『無限の住人』の三池崇史監督が実写映画化。壮大なストーリー展開のなか、第4部「ダイヤモンドは砕けない」を、山崎をはじめ、神木隆之介、小松菜奈、岡田将生、新田真剣佑、山田孝之、伊勢谷友介ら豪華キャストによって命を吹き込んだ。  この日、本人いわく「小ぶりのリーゼント」で登場した山崎は、リーゼントの名前の由来などのうんちくを語ると「角度がビシっと決まると『行くぜ~』って気持ちになるんです。仗助のリーゼントは普通よりもボリューミーなので、より気合が入りました」と撮影を振り返る。さらに衣装についても「仗助の長ランはスタイリッシュで格好いいので、髪型を決めると『イケるぜ』って思えるんです」とジョジョの世界観をうまく再現できたと自信をのぞかせる。  スペインでの撮影について「シッチェスやバルセロナという都市で撮影したのですが、メチャクチャいい場所で、日本だけれど日本じゃないような杜王町の雰囲気にぴったりでした。神木くんや真剣佑とは毎日ご飯に行っていましたし、伊勢谷さんや将生くん、孝之さんとも仲良くさせていただきました」と充実したロケだったことを明かした。  また本作は、スイスの「第17回ヌーシャテル国際ファンタスティック映画祭」や、カナダの「第21回ファンタジア国際映画祭」のコンペティション部門での出品も決定しているが「偉大な原作をみんなで一生懸命作った作品、世界中の人たちに観てもらえるのはとてもうれしい」と笑顔をみせると、詰め掛けた女子中高生に「女の人はジョジョに触れたことがない人が多いと思いますが、ぜひジョジョの世界観を体感してほしいです」と熱いメッセージを送っていた。  『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』は8月4日より全国公開。

  • 『ジョジョの奇妙な冒険』初のコラボキャップ登場!

    『ジョジョの奇妙な冒険』初コラボキャップ登場! 仗助、承太郎、露伴ら全5種発売

    アニメ・コミック

     実写化も話題の人気アニメ『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない』とヘッドウェア&アパレルブランド「NEW ERA」がコラボレーションを果たす最新グッズ「ジョジョの奇妙な冒険 NEW ERA キャップ」が、バンダイ公式ショッピングサイト「プレミアムバンダイ」で販売されることが発表された。@@cutter 本商品は、アニメ『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない』をモチーフに、作中に登場する各キャラクターにちなんだモチーフを刺繍としてあしらったキャップ。第4部の主人公・東方仗助や、第3部の主人公・空条承太郎。さらに、天才漫画家・岸辺露伴、連続殺人鬼・吉良吉影、イタリア料理店トレラサルディーのシェフであるトニオ・トラサルディーの5モデルがラインナップされている。  各グッズの詳細として、東宝仗助モデルでは、仗助の着る学ランの詰め襟にデザインされた“ハートマーク”と“イカリマーク”を再現。空条承太郎モデルでは“Jの文字”と作中で承太郎が被っている帽子と同様の“手のひらマーク”があしらわれているほか、岸辺露伴モデルには画家らしくGペンの“ペン先”、吉良吉影モデルでは作中で身につけているネクタイの“ドクロ柄”、トニオ・トラサルディーモデルではスタンド“パール・ジャム”が刺繍され、世界観を味わえるファン垂涎の仕上がりとなっている。  「ジョジョの奇妙な冒険 NEW ERA キャップ」は、バンダイ公式ショッピングサイト「プレミアムバンダイ」で予約受付中(準備数に達し次第終了)。価格は各モデルとも7020円(送料・手数料別途)。

  • 小野大輔&櫻井孝宏、ジョジョフェス参加決定!

    ジョジョフェス、小野大輔&櫻井孝宏の参加決定!

    アニメ・コミック

     8月12日から9月10日の30日間にわたって、宮城県仙台市で行われる人気コミック『ジョジョの奇妙な冒険』のスペシャルイベント『ジョジョフェス in S市杜王町』の全出演者が発表となり、すでに発表された小野友樹に続き、櫻井孝宏と小野大輔の参加が決まった。@@cutter 同イベントでは「荒木飛呂彦原画展 ジョジョ展 in S市杜王町2017」を実施、貴重な原画を間近で目にすることが出来る。ただし、今回の原画展は、2012年に行われた原画展の再開催ではなく、『ジョジョの奇妙な冒険』誕生30周年を記念して、展示内容を一新するという。またイベント期間中には、他にも数多くのコンテンツの実施を予定している。  イベントには、すでに発表されているTVアニメ『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない』の東方仗助役を務めた小野友樹に加え、岸辺露伴役の櫻井孝宏、空条承太郎役の小野大輔さんの出演が決定。さらに同アニメのオープニング曲「Great Days」を歌った青木カレンとハセガワダイスケも出演する。出演者は、8月13日に東京エレクトロンホール宮城で、昼/夜2回にわたって行われるイベントに登場する。  『ジョジョフェス in S市杜王町』は8月12日~9月10日に仙台市で開催。

  • 『ジョジョの奇妙な冒険 公式アプリ』6月下旬配信決定!

    『ジョジョ』誕生30周年記念 公式アプリ配信決定! イギー育成ゲームが無料

    アニメ・コミック

     漫画家・荒木飛呂彦の代表的作品『ジョジョの奇妙な冒険』の誕生30周年を記念し、『ジョジョの奇妙な冒険 公式アプリ』が配信されることがわかった。本アプリでは毎日1話無料で読むことができ、 人気キャラクター・イギーを育成できるゲーム「イギー人間に飼われる」などを楽しむことができる。@@cutter アプリでは『ジョジョの奇妙な冒険 第1部 ファントムブラッド』から現在ウルトラジャンプで連載中のシリーズ最新第8部『ジョジョリオン』まで、どの部のどの話からでも1話単位で読むことができる。フルカラー版、モノクロ版を選ぶこともでき、毎日1話無料で楽しめる。  そのほかにも、ジョジョに登場する名セリフを見ることでコミックが読めるコインが手に入る「今日の名言」、ジョジョに登場する名所を地図でたどることができる「物語を地図でたどる」、最新の関連NEWSを伝えるコーナーなど、アプリでしか楽しめない限定コンテンツを配信する予定だという。  荒木飛呂彦原作の『ジョジョの奇妙な冒険』は、「週刊少年ジャンプ」1987年1・2合併号から連載がスタート。現在は「ウルトラジャンプ」誌上で第8部『ジョジョリオン』が連載されている。ジョナサン・ジョースターとディオ・ブランドーという2人の少年の出会いから始まるジョースター家の血縁と因縁を描く大河作品で、第1部から第8部まで部ごとに主人公が代替わりしていくという、独特の手法で描かれている。シリーズの累計発行部数は1億冊以上。印象的なポージング、斬新な擬音、特徴的な台詞まわしと、そのオリジナリティ溢れる世界観は多くのクリエイターたちにも支持されている。

  • 映画『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』キャラクターバナービジュアル

    『ジョジョの奇妙な冒険』新映像公開! ついに“スタンド”お目見え

    映画

     シリーズ累計発行部数1億部を超える人気コミックの実写映画化『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』(8月4日公開)にて、新予告映像が解禁となった。また合わせて主要キャラクターがデザインされたキャラクターバナービジュアルも公開された。@@cutter 主人公“ジョジョ”こと、東方仗助役の山崎賢人をはじめ、仗助の同級生・広瀬康一役の神木隆之介、同じく同級生の山岸由花子役の小松菜奈、仗助と対立する虹村形兆役を岡田将生、形兆の弟・虹村億泰役を真剣佑、仗助の母親・東方朋子役に観月ありさ、祖父・東方良平役に國村隼、町の平和をおびやかす殺人犯“アンジェロ”こと片桐安十郎役を山田孝之、仗助を導く空条承太郎役を伊勢谷友介と、若手俳優からベテラン俳優陣まで豪華キャストが名を連ねる。  今回解禁される新予告映像では<杜王町>に暮らす東方仗助が、町の路地裏で不良に絡まれるシーンより、仗助を中心に、康一、由花子、承太郎といった仗助を取り巻く人物の関係性が徐々に明かされていく。そしてシーンは一変、凶悪な連続殺人犯・アンジェロが登場。「俺の邪魔をするやつは許さない。絶対に殺してやる」と、アンジェロを演じる山田の言葉とは対照的に、最凶な殺人犯から「俺がこの町を守りますよ、どんなことが起ころうとも」と山崎が放つ力強い言葉は、壮絶な戦いを感じさせている。  後半では正体不明の“水”のようなものが人を襲うシーンが映し出され、遂に“ジョジョ”シリーズの特徴ともいえる“スタンド”が披露される。果して“スタンド”がどのように描かれるのか。他にも謎だらけの本映像は、映画を期待させる仕上がりとなている。  また公開キャラクターバナービジュアルでは、仗助や康一、由花子をはじめとする本作に登場するキャラクターたちの新たなビジュアルが一挙公開。紫がかったビジュアルと「“奇妙”な運命が、動き出す――。」というキャッチコピーからは、<杜王町>に今後振りかかるであろう“奇妙”な事件、そして壮絶な戦いを連想させるものとなっている。

  • 真剣佑、映画『ジョジョ』フライヤーをチラ見せ「明日からゲットできます」 ※「真剣佑」インスタグラム

    真剣佑、映画『ジョジョ』フライヤーをチラ見せ「明日からゲットできます」

    エンタメ

     映画『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』に、虹村億泰役で出演する真剣佑が、同作のフライヤーを自身のインスタグラムでチラ見せ。「明日から映画館でフライヤー、ゲットできます。ぜひ」とアピールしている。@@cutter 本作は、生誕から30年を迎える荒木飛呂彦作の人気コミック『ジョジョの奇妙な冒険』の実写映画化。シリーズの中では第4部となる杜王町を舞台に、ジョースター家の血を引く東方仗助を主人公に物語は展開する。  裏面と思われるフライヤーには、現在ビジュアルが解禁されている仗助役の山崎賢人、広瀬康一役の神木隆之介、山岸由花子役の小松菜奈、虹村形兆役の岡田将生、その弟・億泰役の真剣佑、片桐安十郎役の山田孝之、空条承太郎役の伊勢谷友介のビジュアルが並び、「誰も観たことのない不良・山崎賢人!豪華キャストと共に贈る、奇妙なサスペンス・エンターテイメント!」と綴られている。    真剣佑のインスタグラムには「ゲットしなきゃ」「まっけん億泰の表情たまらない」「明日もらいにいきます!!」など、さっそく劇場へと足を運ぶ予定のファンの声で溢れている。  映画『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』は、2017年8月4日より全国公開。 引用:https://www.instagram.com/mackenyu.1116/

  • 映画『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』ポスタービジュアル解禁!

    実写『ジョジョ』本編映像解禁!山崎賢人の鬼気迫る表情に「この町、何かがおかしい」

    映画

     俳優の山崎賢人が主演を務める、生誕30年を迎えた人気コミックの実写化映画『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』から、SNS上を騒がせた仗助をはじめとする“ジョジョイヤー”キャラ解禁に続き、ベールに包まれていた本作の映像と、山崎演じる東方仗助のティザーポスタービジュアルが解禁となった。@@cutter 本作の原作は、シリーズ累計発行部数1億部を超える、漫画家・荒木飛呂彦の代表作『ジョジョの奇妙な冒険』。舞台は、美しい海沿いの町、杜王町(もりおうちょう)。平和に見えるこの町で、変死事件など次々と奇妙な出来事が起き始めた…。  監督はカンヌをはじめ海外の映画祭で高く評価される三池崇史。主役のジョジョこと東方仗助を演じる山崎をはじめ、共演には神木隆之介、小松菜奈、岡田将生、真剣佑、山田孝之、伊勢谷友介など主演クラスの超豪華キャストが集結している。  今回解禁となった本編映像の冒頭では、ロケ地であるスペイン・シッチェスの街並みから、杜王町の世界観が映し出されている。そして平和な空気が漂う広域に映し出された風景から一変、ついに東方仗助が登場。学生服に身を包んだ仗助の目前では人が飛び、路地裏で繰り広げられる光景など、このストーリーならではの世界観が映し出され、山崎の鬼気迫る表情が不穏な物語の始まりを予感させる。  さらに、塗装の剥げた立入禁止看板、謎の矢、物々しい鉄扉の奥に広がる屋敷、「一家惨殺犯人の手掛かりゼロ」という見出しのスクラップ記事など、ラストに表示される「この町、何かがおかしい」という言葉通り、サスペンスフルな映像となっている。  また、あわせて解禁となったティザーポスターでは、タイトルのキーワードである“ダイヤモンド”をイメージした背景をバックに、リーゼントで力強い眼光を向ける仗助のクールなビジュアルが表現されている。  映画『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』は、2017年8月4日より全国公開。

  • 実写版『ジョジョの奇妙な冒険』、アンジェロ役・山田孝之ビジュアル解禁!

    山田孝之、極悪フェイスに衝撃! 実写『ジョジョ』“アンジェロ”役ビジュアル解禁

    映画

     生誕から30周年を迎える人気コミック『ジョジョの奇妙な冒険』。実写化発表から、主人公・東方仗助役の山崎賢人など、さまざまなキャストの情報が話題を集めてきたが、新たに“アンジェロ”こと片桐安十郎を演じる山田孝之のビジュアルが解禁された。@@cutter 原作はシリーズ累計発行部数1億部を記録する大人気コミック。19世紀末のイギリスを舞台にした第1章から始まる“ジョジョ”こと“ジョースター家”の代々の戦いを描いた作品で、第4部『ダイヤモンドは砕けない』をもとにした実写版では、仗助を支える友人・広瀬康一役に神木隆之介、兄の虹村形兆と共に仗助を狙う虹村億泰役に真剣祐の出演も発表されている。  本作で山田が演じるのは血も涙もない最低の凶悪犯“アンジェロ”こと片桐安十郎。犯行の邪魔をした仗助を破滅させようと狙い続ける役柄で、解禁されたビジュアルでも不敵な笑みを浮かべている。  昨年9月の発表会見で山田は「『ジョジョ』という大きな作品は、東宝とワーナーが組んでの一大プロジェクトとなりますし、本当ならば気負いしそうなんですが、片桐安十郎は史上最低の殺人鬼でわりと素に近いと思います。なので、リラックスしてやれると思う」とコメント。さらに、「僕はこういった役なので変わらずに、夜道を歩く時は誰かを狙います。いちおう大きな組織に属しているので、本当はしないですが精神的に狙います(笑)」と自身の役どころとの類似点を明かしていた。  映画『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』は、8月4日から全国ロードショー。

  • 『ジョジョフェス in S市杜王町』キービジュアル

    『ジョジョフェス in S市杜王町』開催決定ィィィ! 原画展も実施

    アニメ・コミック

     8月12日から9月10日の30日間にわたって、宮城県仙台市で人気コミック『ジョジョの奇妙な冒険』のスペシャルイベント『ジョジョフェス in S市杜王町』が開催されることが決定した。@@cutter これは19日に開催されたアニメ『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない』スペシャルイベント『GREAT FESTIVAL』内で発表されたもの。  本イベントのメインコンテンツとしては「荒木飛呂彦原画展 ジョジョ展 in S市杜王町2017」を実施、貴重な原画を間近で目にすることが出来るという。ただし、今回の原画展は、2012年に行われた原画展の再開催ではなく、『ジョジョの奇妙な冒険』誕生30周年を記念して、展示内容を一新するという。  またイベント期間中には、他にも数多くのコンテンツの実施を予定。原作者・荒木飛呂彦描き下ろしのキービジュアルも即日公開。公式サイト・公式ツイッターなども立ち上がり、随時情報が発信される。 『ジョジョフェス in S市杜王町』は8月12日~9月10日に仙台市で開催。

  • 映画『ジョジョの奇妙な冒険』虹村兄弟

    岡田将生&真剣佑、『ジョジョ』“虹村兄弟”ビジュアル解禁!破壊力抜群のインパクト

    映画

     人気コミックの映画版『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』から“虹村兄弟”のビジュアルが解禁された。虹村兄・形兆役には岡田将生、弟・億泰役には真剣佑が配役。2人のビジュアルからは、異様な雰囲気が漂っており、山崎賢人人演じる主人公・東方仗助らとどう対峙していくのか期待が膨らむ。@@cutter 金髪でロングヘアーの形兆はある恐ろしい目的のために杜王町で暗躍している冷酷無比な男。原作ファンを公言している岡田は、自身の役について「冷酷な部分もあるけれど、信念のある役」と語りつつ、「衣装とヘアスタイルが本当に素敵。毎日準備しいく中で形兆になっていける。強味になっている」と自信をのぞかせている。  役作りのために、サイドの髪を銀色に染め上げ、剃り込みを入れて眉毛も剃って撮影に臨んだ真剣佑は「億泰を演じるうえで試行錯誤を繰り返しましたが、作り込んで行く中で近付いていけたと思います」と明かす。億泰は深く物事を考えずいつも形兆の足を引っ張る困った弟という役どころだが、「億泰は兄の形兆のことをものすごく愛している役。ちょっと抜けているところもあるので、憎めない億泰を演じたい」と意気込みを語っていた。  ほか、キャストには仗助の同級生・広瀬康一役を神木隆之介、同じく同級生の山岸由花子役を小松菜奈、仗助の母親・東方朋子役に観月ありさ、仗助の祖父・東方良平役に國村隼、町の平和をおびやかす殺人犯・片桐安十郎役を山田孝之、仗助を導く空条承太郎役を伊勢谷友介と、最旬の若手俳優だけでなく、ベテラン俳優陣が脇を固めている。  映画『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』は8月4日より全国超拡大ロードショー。

  • 映画『ジョジョの奇妙な冒険』康一×由花子ビジュアル解禁!

    映画『ジョジョの奇妙な冒険』広瀬康一&山岸由花子、ビジュアル解禁!

    映画

     人気コミックの映画化『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』の康一&由花子のビジュアルが解禁となった。神木隆之介演じる康一は学ランに身を包み、どことなく頼りなさげで、由花子から一方的に熱い思いを寄せられる役どころ。小松菜奈演じる由花子はウェーブの長い髪が特徴で、成績優秀かつ料理や裁縫が上手いというハイスペック女子。意志を感じさせる不敵な表情にミステリアスな雰囲気を漂わせている。@@cutter 原作はシリーズ累計発行部数1億部を記録し、文化庁が主催する日本のメディア芸術100選マンガ部門では第2位にランキングされた『ジョジョの奇妙な冒険』。19世紀末のイギリスを舞台にした第1部から始まる“ジョジョ”と呼ばれる“ジョースター家”の代々の戦いを描く大河ストーリーのなかから、今回は第4部『ダイヤモンドは砕けない』を映画として描く。  神木と小松以外には、主人公・東方仗助役に山崎賢人のビジュアルが、すでに披露されている本作。今後、虹村形兆役の岡田将生や、形兆の弟・虹村億泰役の真剣佑、片桐安十郎役の山田孝之、空条承太郎役の伊勢谷友介など、続々と公開されていくであろうキャラクターのビジュアルに期待が掛かる。  また2月8日より、公式サイト内にて、スマホ待ち受けダウンロードプレゼントも開始。映画『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』は8月4日より、全国超拡大ロードショー。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access