進撃の巨人 関連記事

  • AnimeJapan2019『進撃の巨人 Season3』スペシャルステージの様子

    <AJ2019>梶裕貴、『進撃の巨人 Season3』Part.2のアフレコは「楽しみで仕方ない」

    アニメ・コミック

     声優の梶裕貴が3月24日、東京ビッグサイトで開催された「AnimeJapan2019」にて、出演アニメ『進撃の巨人 Season3』のスペシャルステージに、共演の石川由依、井上麻里奈、神谷浩史らと登壇。4月より放送されるPart.2のアフレコについて、エレン役の梶は「役者としては楽しみで仕方ない。メチャクチャになりたい」と意気込みを語った。@@cutter イベントはまず、通常のエンディングとは異なる映像が差し込まれ、話題となったSeason3 Part.1の最終回の話からスタート。Part.2で放送されるであろう、リヴァイに対しエレンとミカサが衝突する衝撃の場面が流れたことに対して梶は「色んな所でお話はしてますけど、『テレビが壊れたのかな』という意見をたくさん頂いた(笑)。監督たちの遊び心といいますか、原作の展開を知っててもあの演出は驚いたと思いますけど、今あのシーンを絶賛アフレコ中です」とコメント。  またSeason3は「エレンに限らず、他のキャラクターも胸が締め付けられる展開が多い」と梶。「いろんな役をやらせてもらってますが、エレンは自分とシンクロしてしまう役。でも神谷さんの胸ぐらはつかめないので、アフレコ後の食事の時、自分を切り替えないと」とのこと言葉に「“巨人”後の食事はいつもガラ悪いよね」と神谷、続いて「いらいらしてるよね」と井上も暴露する一幕も。  イベントの最後には、Part.2への意気込みを語った4人。神谷は「最初、リヴァイという役のプレッシャーに押しつぶされそうになっていて、スタジオに行くのが怖かったし億劫だった。でも年数を重ねてきてスタッフさんやキャストとの信頼関係が出来上がってきて、この人達と一緒だったら自分が思ってもないところにたどり着けるに違いないと思うように。このメンバーと一緒に最後まで頑張っていきたい」とコメント。  梶は「この後のシーンをやるのが怖いと先程言いましたが、それは僕本人として。役者としては楽しみ以外の何物でもない。メチャクチャになりたいです。自分がどうなるのかわからないけどその感覚をすごく求めてますし、そうなる自分が楽しみです」と語った。  アニメ『進撃の巨人 Season3』Part.2は、NHK総合にて4月28日24時10分より放送。

  • TVアニメ『進撃の巨人』Season3 Part.2、メインビジュアル公開

    TVアニメ『進撃の巨人』Season3 Part2、メインビジュアル公開

    アニメ・コミック

     TVアニメ『進撃の巨人』Season3 Part.2が、4月28日よりNHK総合にて放送されることが決定した。メインビジュアル&PVが公開され、OPテーマをLinked Horizon、EDテーマをcinema staffが担当することがわかった。@@cutter 『進撃の巨人』は、諫山創が「別冊少年マガジン連載」(講談社)で連載中のコミックが原作。キャストは、梶裕貴、石川由依、井上麻里奈、下野紘、神谷浩史、子安武人らが務める。  人類が永きにわたって壁の中に隠してきた、大いなる秘密。その真実に一歩近づいた調査兵団だったが、時の王政により反逆者の汚名を着せられてしまう。しかし、真実を追い求めるエルヴィン・スミスの執念は兵団のトップを動かす。現体制に対するクーデターが勃発し、人類は新たな時代を迎えようとする…。  本作のSeason3 Part.2の放送に向けて、解禁となったメインビジュアルは互いの生き残りを賭けた激しい戦いが繰り広げられるであろう、今後の展開を想起させる姿が描かれ、また、PVでは調査兵団面々が激戦を繰り広げようとする姿も披露された。  OPテーマ担当のLinked HorizonのRevoは、「今回オープニングテーマに帰ってまいりました。そして、エレン達もついにシガンシナ区に帰ってきます。長い期間がありました。その間に色んな出来事があり、色んな戦いがあり、色んな思いをエレン達も背負ってやってきています」とコメント。さらに「僕たちも、色んな思いがあります。その思いをすべてぶつけると言いますか、今まで歌で参加してきた色んな事も踏まえて、その集大成になるような楽曲として今回のオープニングテーマを作りました」と意気込みをアピール。  EDテーマを担当するcinema staffは、「今回楽曲を作るにあたり、荒木監督から頂いたオリエンテーションを元に、僕らは様々なタイプの10曲ほどの新曲スケッチを書いた中で、最後に出てきたのがこの曲です」と明かす。  続けて「この曲は、一言で言えば、『絆』について歌った曲です。絆の生まれる瞬間と絆の破壊される瞬間を歌った曲です。2度と戻らない輝く時代の歌です。ボロボロになりながら、前を向く人達の歌です。『進撃の巨人』Season3 Part.2のエンディングテーマとして、相応しい曲になっていると良いのですが。今はまだ、僕らの責任が果たせているのか不安の中ではありますが、それにも増して、作品を見られる日が楽しみでなりません!」と心境を露わにしている。  また、3月23日・24日に開催される「AnimeJapan 2019」では、24日9時30分よりCOBALT BLUEステージにてキャスト登壇のスペシャルステージが行われる。  TVアニメ『進撃の巨人』Season3 Part.2は、4月28日24時10分よりNHK総合にて放送予定。

  • ハリウッドで実写映画化される『進撃の巨人』

    『進撃の巨人』がハリウッドで実写映画化! 『IT/イット』監督がメガホン

    映画

     諫山創の大ヒットコミック『進撃の巨人』が、映画『IT/イット“それ”が見えたら、終わり。』のメガホンを取ったアンディ・ムスキエティ監督の手で実写映画化されることが決定した。@@cutter 同作は、巨人がすべてを支配する世界で、まだ見ぬ外の世界に憧れる少年・エレンらと巨人との戦いを描いたダークファンタジー。2009年から「別冊少年マガジン」(講談社)で連載され、国内累計発行部数7600万部を超える。2013年にはテレビアニメ化され、今年7月からSeason3が放送、12月7日には単行本の27巻が発売予定となっている。  監督を務めるムスキエティは、ブエノスアイレスの製作会社クアトロ・カベサスでCM監督としてキャリアをスタート。ヨーロッパに拠点を移し、クリエイティブパートナーの姉バルバラと共にスペインでCMや映画の製作会社トーマ78を設立、カンヌ・ライオンズの金賞など、世界最大級の広告賞を多数受賞した。ギレルモ・デル・トロが製作総指揮を務めたホラー映画『MAMA』で長編映画監督デビューを果たし、2017年に公開された『IT/イット“それ”が見えたら、終わり。』が世界興収770億円を超え、ホラー映画史上最もヒットした作品となった。  ハリウッド実写版『進撃の巨人』の制作を手がけるのは、プロデューサーのデイビッド・ヘイマンが運営する独立系制作会社ヘイデイ・フィルムズ。1997年の設立以来、J.K.ローリング原作の『ハリー・ポッター』シリーズの全8作品、アルフォンソ・キュアロン監督によるアカデミー賞受賞作『ゼロ・グラビティ』などの制作を担当してきた。  キャストなどの詳細はまだ未定。製作・配給はワーナー・ブラザースが行う。

  • TVアニメ『進撃の巨人』Season3“NHK総合”にて2018年7月放送!「まさか」「すごいな」の声溢れる

    『進撃の巨人』Season3、“NHK総合”にて2018年7月放送!「まさか」の声溢れる

    アニメ・コミック

     TVアニメ『進撃の巨人』Season3が、7月よりNHK総合にて放送されることが公式サイトおよび公式ツイッター、NHKアニメワールドなどで発表された。@@cutter 『進撃の巨人』は、諫山創が手掛ける累計発行部数7100万部を超える大人気漫画。巨人が全てを支配する極限の世界で、必死に生き抜こうとする若者たちを描く。現在は、劇場版第3弾として『劇場版 進撃の巨人 Season2~覚醒の咆哮~』が公開中だ。    これまで放送時期のみが発表されていた同作。ネット上では「まさかNHKでやるなんて」「念願だったんだよ本当に」「凄いな進撃の巨人season3」など、全国放送の“NHK”での放送決定に歓喜と驚きの声が寄せられたほか、ツイッターでは「NHK総合」「season3」等の言葉が、さっそくトレンドに上がった。    『進撃の巨人』Season3は、2018年7月よりNHK総合にて放送。

  • (左から)肥塚正史監督、井上麻里奈、梶裕貴、石川由依、細谷佳正、橋詰知久。『劇場版 進撃の巨人 Season2~覚醒の咆哮~』初日舞台挨拶にて

    梶裕貴、「僕、降板!?」 『進撃の巨人』Season3新ビジュアルにエレンおらず…

    アニメ・コミック

     『劇場版 進撃の巨人 Season2~覚醒の咆哮~』初日舞台挨拶が13日、都内にて行われ梶裕貴、石川由依、井上麻里奈、細谷佳正、橋詰知久、肥塚正史監督が登壇。梶は「アニメのおさらいをしつつ、シーズン3の伏線になるような充実した内容だったと思います」と、大満足といった様子で同作について語った。@@cutter 本作は、累計発行部数7100万部を超え、コミックやアニメにとどまらずさまざまなジャンルに拡大を続ける『進撃の巨人』の劇場版第3弾。前作で“女型の巨人”との死闘を繰り広げた主人公エレンが所属する調査兵団のその後を描き、「壁とは何か、戦士とは誰か、真実は何処にあるのか」をテーマに、新たな敵と遭遇し、そして衝撃の真実に直面していく。    今夏に放送を予定しているテレビアニメ『進撃の巨人』Season3へとつながる新規カットも含まれた本作。そのため舞台挨拶では、Season3の新ビジュアルも初お披露目された。公開されたビジュアルは、リヴァイ(CV:神谷浩史)と新キャラクターの2人のみが全面に描かれたデザインとなっており、梶演じる主人公・エレンのほか舞台挨拶に登壇したキャスト陣が演じているキャラクターは“ひとりも”描かれていない。梶は思わず「ついに僕、降板じゃないですか!?」と発言し、会場から笑いを誘ったが驚きは隠せない。肥塚監督いわく「Season3はいかにリヴァイが(物語の)根幹にいるか、ということを伝えるため」このデザインにしたとのことだが、「頑張って戦ってたのに…」と、梶はちょっぴり不満な表情を浮かべた。    Season3新ビジュアル公開のほか、イベントでは登壇者全員が絵馬をかたどったフリップで今年の抱負を発表。梶は「駆逐してやる!!」、石川は「馬に乗る!!」、井上は「外の世界へ」、細谷は「クズの役をやりたい」、橋詰は「もう裏切りたくない」、肥塚監督は「Season3の成功!」と記載。“駆逐”を抱負に挙げた梶は「僕にとって、『進撃の巨人』のエレンはライフワーク」と語り、Season1から数えて約5年間にわたって演じるキャラクターへの思いを感じさせた。    最後は、『進撃の巨人』イベントでは恒例となっている同作の決めポーズ「心臓をささげよ!」をキャストと会場に集まった観客の全員で行い、イベントは終了した。    『劇場版 進撃の巨人 Season2~覚醒の咆哮~』は全国公開中。

  • 『進撃の巨人』、ロバート秋山のクリエイターズ・ファイルとコラボ!

    『進撃の巨人』、ロバート秋山のクリエイターズ・ファイルとコラボ!

    アニメ・コミック

     ロバートの秋山竜次が、さまざまなクリエイターに扮することで話題沸騰のシリーズ「クリエイターズ・ファイル」と、『劇場版「進撃の巨人」Season2~覚醒の咆哮~』のコラボが決定。秋山が巨人のアフレコに挑む模様を収めた映像も到着した。@@cutter 「クリエイターズ・ファイル」は、秋山が最新鋭のクリエイターに扮し、仕事ぶりや人生について語る人気シリーズで、ハイブリッド型書店サービスhontoから毎月第1木曜日に発行されているオフィシャルマガジン 『honto+』の2015年4月号から連載が続いている。ユーチューブにて公開される公式動画は、累計5100万回再生(2017年11月時点)を超えており、これまでに30名以上のクリエイターが登場してきた。  コラボが実現した『劇場版「進撃の巨人」Season2~覚醒の咆哮~』は、超大型巨人の出現により人類の平和と幻想が破られたあの日から続く、エレン・イェーガーの果てしない戦いの日々を描く。到着した映像は、クリエイターズ・ファイルでも人気のクリエイター“声優:二木陽次”が同作のアフレコ現場に現れるところからスタート。『進撃の巨人』シリーズのキャスト勢には、オーディションで選ばれた面々が集っているが、二木のみ肥塚正史監督からの指名を受けて参加し、“巨人”役に挑戦した。  人ではない生物であり、非常に難しい役どころだが、開始前に肥塚監督から「知能がない生き物だということを意識して」というアドバイスをもらった二木は、天才的な発声法“臓声”で巨人を堂々と演じ、居合わせた関係者を驚かせた。アフレコ終了後には、特別に予告編のナレーション収録も実施。“臓声”を惜しみなく披露し、『進撃の巨人』の世界観を見事に具現化させた。アフレコ収録映像の後半には、その特別版予告も映し出されている。  『劇場版「進撃の巨人」Season2~覚醒の咆哮~』は2018年1月13日公開。

  • ゲーム『進撃の巨人2』第1弾PV&予約特典情報など解禁!

    ゲーム『進撃の巨人2』2018年3月発売 予約特典ほかPV第1弾公開

    アニメ・コミック

     高い人気を誇るアニメーション作品『進撃の巨人』をベースとした、タクティカルハンティングアクションゲームの続編『進撃の巨人2』が2018年3月に発売されることが分かった。併せて、第1弾となるプロモーションビデオ、さらに、Amazonなどで販売される限定セット『進撃の巨人2 TREASURE BOX』や予約特典の詳細も発表された。@@cutter 本作は、2016年2月に発売したゲーム『進撃の巨人』の続編。空中を自在に駆け回れる「立体機動装置」や、仲間と共に“巨人”へ立ち向かうアクションなど、作品の世界観を味わえる前作からの要素に加えて、ストーリーがアニメ版『進撃の巨人 Season 2』まで拡大するなど大幅にパワーアップ。プレイヤーが主人公をカスタマイズできる要素もあり、オリジナルのキャラクターで“調査兵団”の一員として活躍できる。  解禁されたプロモーションビデオでは、リヴァイやユミル、コニーといったおなじみのキャラクターたちも登場し、本作ならではの鬼気迫る“巨人”との戦闘シーンを中心に展開。また、本作で前作の10名から30人以上に増えたプレイアブルキャラクターの中から、アニ(CV:嶋村侑)、ライナー (CV:細谷佳正)、ベルトルト(CV:橋詰知久)の情報も公開されている。  さらに、Amazonなどで販売される限定セットには、キャラクター・ステージなどのデザイン画やCGモデルなどを特集した一冊「公式調査記録集」や、本作用に書き下ろされた楽曲を収録した「サウンドトラック」など豪華特典が付属。店舗別予約特典として、キャラクターの“私服”コスチュームを入手できる「『私服』コスチューム早期解放シリアル」や、缶バッジやアクリルフィギュアスタンドなども用意されている。  ゲーム『進撃の巨人2』は、PlayStation4、PlayStation Vita、Nintendo Switchでコーエーテクモゲームスより2018年3月15日に発売。通常版の価格は、PS4:7800円(税別)、PSVita:6800円(税別)、Nintendo Switch:7800円(税別)、Steam:7800円(税別)。

  • TVアニメ『進撃の巨人 Season3』ティザービジュアル

    TVアニメ『進撃の巨人』3期&劇場版公開決定に「ワクワクがとまらない」ファン歓喜

    アニメ・コミック

     諫山創原作によるテレビアニメ『進撃の巨人 Season3』が、2018年7月に放送開始されることが決定し、さらに劇場版『進撃の巨人 Season2~覚醒の咆哮~』が2018年1月13日より公開されることが発表された。同発表にネットでは、「ワクワクがとまらない」「どっちも楽しみいいい!」等、歓喜するファンの声で溢れている。@@cutter 『進撃の巨人』は2009年より「別冊少年マガジン」(講談社)にて連載中のコミック。ある日突然現れた巨人に世界を支配され、存亡の危機に瀕した人類が絶望的な闘いに挑む物語。2015年に2部作で実写映画化され、2017年4月からはTVアニメシリーズ第2期が放送、その他ライトノベル版やスピンオフなど様々な派生シリーズを生んできたメガヒット・シリーズだ。  公開された『進撃の巨人 Season3』のティザービジュアルには、背を向けたリヴァイの向こうに、鎖に繋がれ囚われたエレンの姿、そして振り返ったリヴァイの視線の先には銃を持った男が描かれ、緊張と波乱の展開を予感させる。  超大型巨人との遭遇や、凶猛な巨人たちとの激しい戦闘が映される劇場版『進撃の巨人 Season2~覚醒の咆哮~』の予告編は現在ユーチューブにて公開されており、11月4日より描き下ろしクリアファイルの特典が付くムビチケカードが販売開始される。  テレビアニメ第3期&劇場版第3弾ともに、総監督を荒木哲郎が務め、小林靖子がシリーズ構成を担当。エレン・イェーガー役の梶裕貴をはじめ、ミカサ・アッカーマン役の石川由依、アルミン・アルレルト役の井上麻里奈、コニー・スプリンガー役の下野紘、リヴァイ役の神谷浩史、エルヴィン・スミス役の小野大輔などお馴染みの豪華声優陣が集結する。  今回の立て続けの朗報を受けて、ファンからは「ワクワクがとまらない」「どっちも楽しみいいい!」「2期の劇場版もくるだろうと思っていたけれど、やはりきましたね……!」「進撃の巨人を好きになって本当によかった」など、喜びの声が相次いでいる。    劇場版『進撃の巨人 Season2~覚醒の咆哮~』は、2018年1月13日より全国公開。テレビアニメ『進撃の巨人 Season3』は、2018年7月より放送開始予定。

  • 梶裕貴、『進撃の巨人 attack on titan in JOYPOLIS- Season 2 -』記者発表会にて

    梶裕貴、エレン等身大フィギュアお披露目「やったー!」 腰の入り具合や筋肉に注目

    アニメ・コミック

     『進撃の巨人 attack on titan in JOYPOLIS- Season 2 -』記者発表会が東京ジョイポリスで13日に行われ同作のエレン役声優・梶裕貴とミカサ役の石川由依が登壇した。当日は新作等身大フィギュアの除幕式も実施。今回はどのキャラクターになるか注目されていたが、エレンだということがわかると、梶は「やったー!」とガッツポーズ。また、梶は「腰の入り具合や筋肉の筋がたまらない」と前後からまじまじとフィギュアを凝視していた。@@cutter イベントが始まると、梶は第一声、「ジョイポリスに初めて来たのは高校生の遠足のとき。仕事でまた来られてうれしい」と笑顔を見せると、石川は「前回のイベントのときも伺わせていただいたのですが、また呼んでいただきありがとうございます」とお礼を述べる。続けて、石川は「アニメシーズン3の制作も決まりましたので、これからも熱い思いで皆と作っていきますので、応援よろしくお願いします」とファンに呼びかけた。  最後に梶は「お待たせいたしましたが、僕らも精一杯アフレコ頑張りますので、原作と合わせて応援していただければと思います」と述べ、「いつも、こういった機会では心臓を捧げさせてもらっているのですが、僕が『心臓を捧げよ』と言ったら右手は心臓の上、左手は腰に回してもらえれば」と話し、エレンやミカサたち兵士が敬礼をする際の『心臓を捧げよ』ポーズでイベントを締めた。    東京ジョイポリスでは10月1日まで『進撃の巨人 attack on titan in JOYPOLIS- Season 2 -』を開催。占いアトラクションやオリジナルグッズ展開、謎解きイベントなどの企画を予定している。

  • 『曇天に笑う<外伝> ~決別、犲の誓い~』より

    劇場3部作アニメ『曇天に笑う<外伝>』、上映日決定&キャスト情報解禁

    アニメ・コミック

     唐々煙原作のコミック『曇天に笑う<外伝>』が、3部作の劇場アニメとして製作されることが決定。前篇『曇天に笑う<外伝> ~決別、犲の誓い~』が12月2日に劇場公開されることが明らかになり、特報映像とキャストの情報も解禁された。@@cutter 『曇天に笑う<外伝> ~決別、犲の誓い~』は、琵琶湖のほとり、大津の街を照らす曇三兄弟たちの活躍を壮大なスケールで描く歴史浪漫群像活劇。  原作を新たな形で映像化するのは、『進撃の巨人』『甲鉄城のカバネリ』のアニメーション制作を手がけたWIT STUDIO。キャストには、三兄弟の長兄・天火役の中村悠一をはじめ、梶裕貴、代永翼、鳥海浩輔、櫻井孝宏など、人気と実力を兼ね備える豪華声優たちが名を連ねた。  2018年には福士蒼汰が主演を務める実写版の公開も控えている。  映画『曇天に笑う<外伝> ~決別、犲の誓い~』は12月2日より全国公開。

  • 舞台『進撃の巨人』公演中止 アクロバット監督死去を厳粛に受け止め決断

    舞台『進撃の巨人』公演中止  アクロバット監督死去を厳粛に受け止め決断

    アニメ・コミック

     『進撃の巨人』では初となる舞台『ライブ・インパクト「進撃の巨人」』の公演中止が13日、公式サイトにて発表された。今月10日に、同舞台の開催場所であった千葉・舞浜アンフィシアターにて、舞台の演出機器(ワイヤーの稼働装置)の点検作業中に落下事故が発生。同舞台のアクロバット監督、吉野和剛さんが亡くなったことを受けての決断となる。@@cutter 舞台公式サイトでは、「公演に関する重要なお知らせ」と題し、公演中止の発表とその決断に至った経緯を掲載。「主催者として今回の事態を厳粛に受け止め、公演の実施について慎重に検討を重ねました。本公演では、世界的に活躍されていた吉野さんにアクロバットの監督、パフォーマーのコーディネートそしてご自身の出演をお願いしておりました。アクション演出全般で重要な役割を担っていただいており、カンパニーにとってかけがえのない方でした」と記載。    また、「これから公演までの期間で、今の体制で公演を行うことが難しいと判断し、大変残念ながら、今回の公演を中止させていただくことになりました」としている。    亡くなった吉野さんの死因については「現在確認中で詳細は不明ですが、事故原因の解明のため警察の捜査に全面的に協力してまいります」とし、「亡くなられた吉野和剛さんのご冥福を心よりお祈りいたします」と結んだ。    なお、チケット購入者の払い戻し方法については、今月21日に同舞台の公式サイトにて発表するとしている。 引用:https://shingeki-stage.com/

  • ついにリヴァイ登場!『ライブ・インパクト「進撃の巨人」』遠藤雄弥(リヴァイ役)

    舞台『進撃の巨人』、 エレン、リヴァイ、ミカサ、アルミンのビジュアル解禁!

    アニメ・コミック

     初の舞台化で注目される『ライブ・インパクト「進撃の巨人」』。150名という規格外のキャスト数を誇る作品の内容に期待も集まる中、エレン・イェーガー、ミカサ・アッカーマン、アルミン・アルレルト、リヴァイの舞台版ビジュアルが解禁された。@@cutter 同作は、累計発行部数6200万部を超える人気コミックが原作。巨大な防壁を築き、謎の巨人たちの侵略を防ぐ人類。人類最強の兵士・リヴァイ(遠藤雄弥)を中心に、反撃の狼煙となる「トロスト区奪還作戦」が始まる……。  人気キャラ・リヴァイを演じる遠藤は、「ビジュアル撮影の時に、立体機動装置、団員の服に袖を通し、身が引き締まる思いでした」とコメント。「この作品がどこまで熟成され、みなさんの目の前に広がるのか、心臓捧げる覚悟を持った一人ひとりの勇姿を焼き付けて頂けたら」と開演への思いを述べる。  他のキャストからもコメントが到着し、主人公である家族を奪われた少年の訓練兵・エレン役三浦宏規は「今現在は55公演のロングランに耐えられる体づくりと、原作を読み込むことに専念し、エレンを自分に落としていっている最中」と近況を報告。エレンの幼馴染であるミカサ役の佃井皆美は「アクション満載のドキドキが止まらない舞台になるんじゃないか」と期待を込めるほか、アルミン役の阪本奨悟は「僕なりのアルミンをしっかり出して行きたい」と意欲を示している。  尚、4キャラのビジュアル解禁と共に、エレンの挫折と成長の物語に不可欠であるマルコ・ポット、トーマス・ワグナー、ハンネス、カルラ・イェーガー。そして死力を尽くす精鋭兵士であるハンジ・ゾエ、ペトラ・ラル、イアン・ディートリッヒ、リコ・ブレツェンスカ、ミタビ・ヤルナッハの9名の登場が発表されている。  舞台『ライブ・インパクト「進撃の巨人」』は、舞浜アンフィシアターで7月28日から9月3日まで上演。

  • Anime Japan2017『進撃の巨人 Season 2』ステージにて

    梶裕貴、『進撃の巨人』4年ぶりの本編収録に「漠然と不安も」 下野紘は出演増に喜び

    アニメ・コミック

     4月から放送を開始するテレビアニメ『進撃の巨人 Season 2』の放送直前キックオフイベントが26日、東京ビッグサイトで行われたAnimeJapan 2017のREDステージで開催。エレン・イエーガー役の梶裕貴、ミカサ・アッカーマン役の石川由依、アルミン・アルレルト役の井上麻里奈、コニー・スプリンガー役の下野紘、サシャ・ブラウス役の小林ゆうが登壇した。@@cutter 2013年4月から9月に放送された人気アニメの続編。あいまに『進撃!巨人中学校』などがあったものの、本編の収録は約4年ぶり。久しぶりのアフレコに梶は「シリアスに戻ることに漠然とした不安もありましたが、特に意識することなく、みんな戻っていけた」といい、下野も「時間もあいていて不安もあったけど、みんなピシッとできていた」と1話の現場を振り返った。  シーズン2には謎に包まれた“獣の巨人”が登場するほか、104期生の中に潜む“裏切り者”の存在が発覚するという波乱の展開に。梶はPVにも収録されている「この裏切り者が!」というせりふを早く言いたかったようで「この裏切り者のキャラクターが嫌いになるくらい気持ちを込めました」。さらに「久しぶりに1回のアフレコでのどをつぶす収録で、『ああ、進撃の巨人が帰ってきたな』と思った」と語った。  また、下野と小林は前作に比べ自身のキャラクターの出番が増えたことに大喜びの様子。下野は「序盤から出ている。それが本当にうれしいんです。コニーファンの皆さん、コニーはこれからですよ!」と声を弾ませ、小林も「新たなサシャが見られますので!」とアピールした。  さらにファンに向け、梶は「いよいよシーズン2が開始になります。僕たちは原作を知っていて、アフレコもしていますが、改めて1話を観て面白い作品だなと感じます」と胸を張り、「ぜひ最終回まで欠かさずに観てください」と呼びかけ、キャスト陣全員の“心臓を捧げよ”ポーズで締めた。  『進撃の巨人 Season 2』は、4月1日より全21局にて放送スタート。

  • 『ライブ・インパクト「進撃の巨人」』

    舞台『進撃の巨人』出演キャスト150人が繰り広げる圧巻のステージに

    アニメ・コミック

     累計発行部数6200万部を超える大人気漫画『進撃の巨人』を舞台化した『ライブ・インパクト「進撃の巨人」』のキャストが、150人を超えることが明らかになった。演出を手掛ける児玉明子は「人間力とテクノロジーが融合した、皆さんに“衝撃の舞台だった”と感じて頂けるような舞台を目指し頑張ります!」と意気込みを語っている。@@cutter 『進撃の巨人』は、人類と巨人が繰り広げる戦いを描く人気漫画。その舞台版となる本作には、注目を集める新進気鋭の俳優たちに加えて、世界的に活躍しているパフォーマーが多数参加。キャストの総数は、150名を超えている。  演出を手掛ける児玉明子は、 「舞台化にあたり、原作の持っている世界観を実現するには、この公演の規模、劇場のスケール、150人もの出演者が必要だと思っています」とコメント。また、「日本を代表する、そして世界で活躍するクリエイターの方々と共に、人間力とテクノロジーが融合した、皆さんに“衝撃の舞台だった”と感じて頂けるような舞台を目指し頑張ります!期待してください!」と気合十分。  本公演には原作の担当編集・川窪慎太郎も参加。数々の舞台作品を手掛けてきたネルケプランニングの演劇プロデューサー松田誠と強力なタッグを組んで、プロデュースを手掛ける。これまでアニメ、実写映画、大型イベントなど、数々の快進撃を見せてきた『進撃の巨人』は、舞台でも観客を魅了するのか?上演に向けて、期待が高まる。  『ライブ・インパクト「進撃の巨人」』は、2017年7月28日から9月3日まで舞浜アンフィシアターで上演。7月28日から30日はプレビュー公演。

  • ハリウッドでリメイクとなるか(※映画『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』より)

    『進撃の巨人』、ハリウッドで映画化権の獲得に向けた動きか

    映画

     巨人に支配された世界で生き残った人間達が安全だった城壁をも打ち破って襲ってくる巨人達との闘いを強いられる諫山創のSF漫画『新劇の巨人』。アニメ化もされ、2015年には三浦春馬主演で二部構成の映画版『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』が公開されたが、ハリウッドで映画化に向けた動きが見られるという。@@cutter Deadlineによると、米ワーナー・ブラザースが映画化権の獲得に向けて動いているという。現在、交渉中とのことだが、交渉がどれほど進んでいるかは不明。実際に制作されることになれば、日本の実写映画版のリメイクとなり、映画『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』(16)の製作を務めるデヴィッド・ハイマンがプロデュースするという話だ。  三浦春馬が主人公のエレンを演じた『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』前後編は、樋口真嗣のメガホンで2015年8月と9月にそれぞれ日本公開となった。累計49億円以上の興行収入をあげ、日本映画製作者連盟(映連)の発表によると、2015年度の邦画興行収入ランキングでは前編が7位、後編の『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド』が22位にランクインしている。

  • 『進撃の巨人・ザ・リアル 4‐D:2』がUSJに登場!

    USJ『進撃の巨人』アトラクション再び登場! 巨人の餌になる恐怖を体験

    アニメ・コミック

     大阪のユニバーサル・スタジオ・ジャパンの開園15周年記念イベント「ユニバーサル・クールジャパン 2017」が13日より開幕となった。同イベントでは、目玉アトラクションとして『進撃の巨人・ザ・リアル 4‐D:2』が登場。12日に行われたプレスツアーで、その魅力に迫った。@@cutter 『進撃の巨人・ザ・リアル 4‐D:2』は、60メートル級の「超大型巨人」と、圧倒的な強さを誇る「鎧の巨人」が、ゲストの目の前で壮絶なバトルを繰り広げるシアター・アトラクション。巨人から身を守るために建設された壁が、初めて打ち砕かれた日の絶望感、そして生き残るために巨人に立ち向かう緊張感、さらには巨人の餌になることの恐怖を味わうことができるライドは、並んででも体験する価値がある。  巨人との戦いに備える際には、ぜひコラボフードを味わってほしい。おすすめは、「進撃の壁パイ~スイートポテト~」。壁の模様がイメージされた焼き色が刻まれた生地の中に詰め込まれているのは、程よい甘さの温かいスイートポテト。園内を歩き回って疲れた時に食べると、より一層おいしく感じられそうなスイーツだ。  ライドの外には、「鎧の巨人」が15メートル強の等身大サイズで君臨している。地面をたたき割ろうとしている瞬間が切り取られた姿は圧巻で、下から見上げると本当に食われるのではないかと思えてくる。巨人に右手で掴まれているシーンをイメージして写真を撮ることもできるので、ぜひフォトスポットとして活用してほしい。  日本のアニメやゲームなどのアトラクションを集めた「ユニバーサル・クールジャパン2017」は、大阪のユニバーサル・スタジオ・ジャパンにて1月13日から5月28日まで開催。

  • 舞台『ライブ・インパクト「進撃の巨人」』イメージ

    大人気コミック『進撃の巨人』舞台化決定  “立体機動装置”はどうなる!?

    アニメ・コミック

     単行本累計発行部数6000万部を突破、アニメ化、実写化のメディアミックスを経て社会現象にまで発展した大人気コミック『進撃の巨人』が2017年夏、『ライブ・インパクト「進撃の巨人」』として舞台化されることが発表された。@@cutter 圧倒的な力を持つ巨人とそれに抗う人間たちの戦いを描いたファンタジーストーリー『進撃の巨人』は、「別冊少年マガジン」に2009年から連載されている漫画家・諫山創の人気作品。  舞台の会場や公演日程などの詳細は、まだ発表されていないが、既に公開されている公式ホームページからメルマガ登録すると、メルマガ会員限定で最速先行チケットを手に入れることができる。また、詳細は来年年明けに発表される予定。  週刊少年マガジンの編集担当・川窪氏は「作品の世界観が舞台でどう表現されるのか。例えば、巨人出現のシーンや、調査兵団の“立体機動装置”がどのように演出されるのか。五感をフルに活用して体験してもらえるステージになるように企画しています。楽しみにしていて下さい!」と作品をアピールしている。  舞台『ライブ・インパクト「進撃の巨人」』は2017年夏に上演予定。

  • 漫画家・諫山創、くまモン&めじろんの応援イラストを公開

    大分出身『進撃の巨人』諫山創、くまモン・めじろんイラストで被災地を応援

    アニメ・コミック

     『進撃の巨人』で知られる漫画家の諫山創が20日、九州地方で続く地震の被災者に向けた応援イラストをブログに掲載した。「熊本地震、被災地の方々に向けて応援イラストを描かせていただきました」と書かれたブログには、熊本のゆるキャラ「くまモン」と大分のゆるキャラ「めじろん」、『進撃の巨人』のキャラクター、エレンとミカサが描かれている。@@cutter 大分県出身の諫山は、イラストと共に「自分が辛かった時は過酷な状況でも、必死に戦う漫画の主人公を思い浮かべ、その時を耐えしのいだことを思い出し、このようなイラストを描かせていただきました 一日も早い復興を願っております」と綴った。  ファンからは「先生独特の勢いがあって元気が出るイラストですね!くまモンが強そうです」「被災地の方々に少しでも早く笑顔を取り戻せる日がきますように…」「大分市在住のファンです。諫山先生は大分県民の宝です。本当にありがとうございます」「一つの絵で大きな感動を与えられて漫画家さんは凄い」「めじろんも仲間に…嬉しいです!」などのコメントが寄せられている。

  • 「ラスカル×『進撃の巨人』コラボグッズ」 クリアファイル(300円・税別)

    ラスカル×進撃の巨人、コラボグッズ発売 “あらいぐま兵士”が立体機動で宙を舞う

    アニメ・コミック

     『あらいぐまラスカル』と『進撃の巨人』のコラボが決定。主人公のエレンを始め、ミカサ、アルミン、リヴァイ、ハンジに扮し、立体機動で宙を舞う“あらいぐま兵士”をモチーフにしたグッズが、期間限定オープンの「原宿ラスカルショップ」を皮切りに全国のアニメイト等で発売される。@@cutter 『あらいぐまラスカル』は、日本アニメーション株式会社が1977年に制作した人気アニメ。今回、「別冊少年マガジン」(講談社)で連載し、アニメ化・実写映画化も果たした大ヒット作『進撃の巨人』とコラボを行う。同作の人気キャラクターであるリヴァイがきれい好きであることから、きれい好きとして知られる“あらいぐま”のラスカルとのクロスオーバーが実現となった。  グッズは、新米の“あらいぐま兵士”が所属する“しっぽ兵団”をモチーフとしたカンバッジ(3種/各550円・税別)、 クリアファイル(2種/各300円・税別)、アクリルキーホルダー(3種/各800円・税別)、ランチバッグ(2100円・税別)、ポーチ(2種/各1400円・税別)、ミニタオル(2種/各700円・税別)、ラバーキーホルダー(3種/各800円・税別)、 キーカバー(2種/各800円・税別)などがラインナップされている。  「ラスカル×『進撃の巨人』コラボグッズ」は、5月1日~31日に東急プラザ表参道原宿に期間限定オープンする「原宿ラスカルショップ」を皮切りに発売。また、20日からはサンシャインシティ専門店街アルパにある日本アニメーションオフィシャルショップ「ANi★CUTE(あに★きゅーと)」、および全国のアニメ専門店「アニメイト」でも発売。なお、「原宿ラスカルショップ」と「ANi★CUTE」で同商品を購入すると、もれなく非売品のノベルティがプレゼントされる。

  • 梶裕貴、石川由依、井上麻里奈、原作者・諫山創ら『進撃の巨人』メンバーで記念写真

    井上麻里奈、『進撃の巨人』リヴァイと記念写真 梶裕貴&石川由依らとUSJへ

    アニメ・コミック

     アニメ『進撃の巨人』でアルミン・アルレルト役を演じる井上麻里奈が29日、エレン・イェーガー役の梶裕貴、ミカサ・アッカーマン役の石川由依、原作者の諫山創と共に、人気キャラクターのリヴァイを模した等身大フィギュア“クロノイド”と一緒に撮った記念写真をツイッターに投稿。「兵長と皆で記念撮影!クロノイド、初めて生で見ましたが本当にリアルな質感でした」と感想を綴っている。@@cutter 『進撃の巨人』は、「別冊少年マガジン」(講談社)にて連載中の人気コミック。人間を襲う謎の生物“巨人”と、それに対抗する人類の戦いを描き、これまでアニメ化、実写映画化を果たして話題を呼んだ。現在、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンでは『進撃の巨人』を題材としたアトラクション「進撃の巨人・ザ・リアル 2」を展開中。井上、梶、石川、諫山は、28日にUSJで行われたサプライズイベントに登場し、ファンを沸かせた。  井上が公開した記念写真には「外で並んでたら皆さんが突然出られてきてビックリしました!」「えっ!昨日、行ってきました!」「クロノイド動き出しても不思議ではないくらいリアルですよね!」「調査兵団の格好カワイーです!私もいきたかったなー」「今ちょうど進撃の巨人体験しました!メチャ楽しかったです!」といったコメントが届いている。

  • 『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』ブルーレイ&DVD特典映像が解禁

    水原希子「“役”に命かけた」 『進撃の巨人』で挑んだ迫力のアクションシーンの裏側

    映画

     2015年に公開され話題となった映画『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』のブルーレイ&DVDの発売に先駆け、特典映像に収録されるメイキング映像の一部が公開となった。水原希子とアクションチームが体当たりで挑んだ、立体機動装置のシーンの裏側が明かされた。@@cutter 本作は、「別冊少年マガジン」(講談社)にて連載中の諫山創によるコミックを原作に、人間を捕食する巨人とそれに抗う人々の戦いを描いたバトルファンタジー。三浦春馬、長谷川博己、石原さとみ、本郷奏多ら人気俳優が共演し、2015年8月と9月に2部作が公開され、合計興行収入は50億円に迫る大ヒットを記録した。  本日発売となる前篇のブルーレイ&DVD豪華版には、177分に及ぶ映像特典が収録。公開となった映像では3ヵ月に及ぶ撮影準備期間に行なったトレーニングの模様や、実際の撮影シーン、水原や樋口監督、アクションコーディネーターの田渕景也らが証言するインタビューが映っている。  オファーをもらったその日から「身体を鍛えなければ」と焦り、準備をしていた水原。アクションコーディネーターの田渕景也が「できないと思った」という“身体測定”を見事にやってのけた水原は、インタビューで「舐めてもらっちゃ困る!私だってこの役に命をかけている! 生半可な気持ちでやってると思わないでほしい」と思ったことを話し、いい意味でのぶつかり合いがあったことを明かしている。  このほか、実写映画化への道のりを、原作者・諫山創と監督・樋口真嗣のインタビュー映像や、ビジュアル資料を交え解説する「進撃の映画化」、ワイヤーアクションに挑むキャストに密着したドキュメント、そして今や世界遺産ともなった軍艦島でのロケハンの様子を追った軍艦島特集映像など見どころ満載の映像特典となっている。  『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』ブルーレイ&DVDは前篇が発売中。後篇は3月23日発売。ブルーレイ豪華版は6800円(税別)、DVD豪華版は5800円(税別)。通常版も同時発売。

  • 南キャン・しずちゃん、海外ラグビー選手との婚活希望「強い巨人が産める気がする」

    南キャン・しずちゃん、海外ラグビー選手と婚活希望!?「強い巨人が産める気がする」

    アニメ・コミック

     南海キャンディーズの“しずちゃん”こと山崎静代が11日、コーエーテクモゲームスが2月18日発売の新作ゲーム『進撃の巨人』の完成発表会にサプライズ登場。とろサーモンの村田秀亮、こりゃめでてーなの大江健次と共に本作をPRし、相方の山里亮太や自身が恋の相手として紹介された“ラグビー関係者”について語った。@@cutter 本作は、同名の人気TVアニメのゲーム化作品。作中では、アニメの世界観をモチーフにタクティカルハンティングアクションが展開され、100体以上の巨人が登場するという。プレイヤーは原作でおなじみの“立体機動装置”を駆使して巨人を駆逐していく。4人でのオンライン協力プレイのアップデートも実施する予定。    ステージに登場した大江は「吉本(興業)に入ったのもキース(・シャーディス)教官のため」と、同じスキンヘッドの登場キャラクターの名を挙げてはしゃぎ、村田は「8m級の巨人」が好みとコメント。“進撃愛”をアピール。  さっそく本作をプレイしようとすると、ステージの照明が赤くなってスクリーンに超大型巨人の映像が流れ、超大型巨人の顔が次第にしずちゃんに变化。しずちゃんは巨人ばりにセット上から顔を出して開口一番、「お前ら喰べるぞ!」と声を上げて会場を盛り上げた。  プレイ終了後には、村田と大江のプレイぶりを横から見つめていたしずちゃんが、「巨人の種類が多いから、自分に一番近い巨人はどれか探す楽しみがある」と“巨人目線”でコメント。本作にちなんで、跡形もなく駆逐したいものを問われると「山ちゃん」と回答。「ものすごい腹黒い、人の悪口が大好きな人間。ああいう悪は駆逐したほうがいいかな」と積年の恨みつらみをにじませた。  また「ラクビー関係の人に出会った」と最近の恋バナを披露。「今度、トンガの選手とかを紹介してもらいたい。強い遺伝子を頂けるから、すごい強い巨人が産めるような気がする」と本作にかけた発言で締めくくった。  ゲーム『進撃の巨人』は、PlayStation4、PlayStation3の価格は7800円(税別)、PlayStation Vitaからは6800円(税別)で、2月18日発売予定。

  • 「ユニバーサル・クールジャパン」オープニングセレモニーに出席したきゃりーぱみゅぱみゅ

    きゃりーぱみゅぱみゅ、USJの“新感覚”きゃりーアトラクションを体験「異次元」

    アニメ・コミック

     1月15日から約5ヵ月に渡り開催される「ユニバーサル・クールジャパン2016」。開幕日前日となる14日、大阪市内のユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)で同イベントのオープニングセレモニーが行われ、イベント特命大使を務めるきゃりーぱみゅぱみゅが登壇。自身が代表するKAWAIIカルチャー、アニメ・ゲームによる新たな日本文化をさらに世界へ発信すべく、イベントの開会宣言を行った。@@cutter “和”をテーマにしたこの日のセレモニーで、きゃりーはポップな柄の模された袴、門松や正月を想起させる緑のファーを身にまとい人力車に乗って登場。赤と青のコントラストが鮮やかなエルモ&クッキーモンスターのエスコートを受けレッドカーペットを進むと、特別招待を受けた国内外のファンから「かわいい!」の声が飛んだ。  ビジュアルとサウンド、両面で自身の世界を取り込んだアトラクション「きゃりーぱみゅぱみゅ XRライド」が同イベントでお披露目となるきゃりーは、セレモニーの前にいち早くこのアトラクションを体験。「ポップでとってもかわいらしいんですけど、いざ乗ってみたら結構怖くて、単にかわいいアトラクションではなく、絶叫が好きな人もいいんじゃないかなと思いました。異次元を走ってる感じがしました」とその“新感覚”を語りつつPR。  セレモニーにはそのほか『エヴァンゲリオン』メカニックデザイナーの山下いくと、『進撃の巨人』担当編集者の川窪慎太郎、『モンスターハンター』プロデューサーの辻本良三、『バイオハザード』開発プロデューサーの川田将央も登壇。きゃりーとともに新イベントの幕開けを祝った。  日本の漫画やゲームなどのアトラクションを集めた「ユニバーサル・クールジャパン2016」は1月15日から6月26日まで開催される。

  • PS4/PS3/PS Vita用ゲーム『進撃の巨人』アニ、ユミル、クリスタ、ライナーらのビジュアルが公開

    ゲーム版『進撃の巨人』、高再現度の追加ビジュアル公開! アニ、クリスタら登場

    アニメ・コミック

     コーエーテクモゲームスから発売されるPlayStation4/PlayStation3/PlayStation Vita用ゲーム『進撃の巨人』の最新情報として、訓練兵団「アニ」「ユミル」「クリスタ」「ライナー」「ベルトルト」「マルコ」「キース」、駐屯兵団「ピクシス」「イアン」「リコ」のキャラクター、さらに巨人4体のスチルが公開された。@@cutter 本作は、大ヒットアニメ『進撃の巨人』の独特かつ魅力的な世界を忠実に再現したタクティカルハンティングアクションゲーム。アニメ版と同じ豪華声優陣がキャラクターボイスを務め、メインモードでは、2013年放送のTVアニメ一期の内容をすべて網羅している。  今回の新情報として、キャラクターのスチルのほかにも、「訓練地」と「トロスト区」でのイベントシーンや兵士同士の日常が描かれる要素「キャンプ」、ステージ「訓練地」の画像も公開。高再現度のビジュアルとなっている。  PlayStation4/PlayStation3/PlayStation Vita用ゲーム『進撃の巨人』は、今冬発売予定。価格は未定。

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access