秋田書店 関連記事

  • 舞台「『弱虫ペダル』新インターハイ篇~制・限・解・除(リミットブレイカー)~」イラストビジュアル

    舞台『弱虫ペダル』最新作、坂道役・糠信泰州など新キャストが解禁

    アニメ・コミック

     漫画『弱虫ペダル』の舞台化最新作「新インターハイ篇~制・限・解・除(リミットブレイカー)~」が、2019年5月10日からの公演が決定した。併せて、小野田坂道役を新たに演じる糠信泰州(ぬかのぶ たいしゅう)らキャスト情報なども公開された。@@cutter 本作は2008年より「週刊少年チャンピオン」で連載中の漫画『弱虫ペダル』が原作。ロードレースという自転車競技を題材に、男女問わず漫画ファン、自転車愛好家など多くの人から支持され、コミックス累計1,700万部を突破している。物語は孤独なアニメオタク少年の小野田坂道が、総北高校自転車競技部の仲間と共にインターハイを目指し、その中でライバル校である王者・箱根学園や京都伏見高校らのメンバーと切磋琢磨しながら成長していく姿が描かれる。  本作の舞台版作品は2012年からスタートし、インターハイの3日間を描く「インターハイ篇」やライバル校・箱根学園メンバーをフィーチャーした「箱根学園篇」。坂道が2年生になり新体制となったチームを描く「総北新世代、始動」、「箱根学園(ハコガク)新世代、始動」といった作品を経て、2017年2月には、記念すべき10作目「新インターハイ篇~スタートライン~」が上演された。さらに新インターハイ篇1日目の決着を描く「新インターハイ篇~ヒートアップ~」、2日目スプリント勝負までを描いた「新インターハイ篇~箱根学園王者復格~」と続々新作をおくり、その勢いを増している。  最新作「新インターハイ篇~制・限・解・除(リミットブレイカー)~」では新キャストとして、小野田坂道役・糠信をはじめ、水田信行役・阿部大地、巻島裕介役・栁川瑠衣(やながわ るい)、東堂尽八役・秋葉友佑が出演。さらにメインキャラクターが描かれたイラストビジュアルもお披露目となった。  舞台「『弱虫ペダル』新インターハイ篇~制・限・解・除(リミットブレイカー)~」は、東京公演をシアター1010にて来年5月10日から5月19日まで、大阪公演を浪切ホールにて同5月25日から5月26日まで上演。

  • 「舞台『弱虫ペダル』新インターハイ篇~箱根学園王者復格(ザ・キングダム)~」メインビジュアル

    舞台『弱虫ペダル』新作ビジュアル公開 キャラビジュアルも一挙解禁

    アニメ・コミック

     大人気舞台『弱虫ペダル』の新作公演「舞台『弱虫ペダル』新インターハイ篇~箱根学園王者復格(ザ・キングダム)~」のメインビジュアルが発表された。また、先行して公式サイトにてアップされていたキャラクタービジュアルも一挙に解禁となった。@@cutter 『弱虫ペダル』は、2008年より「週刊少年チャンピオン」(秋田書店)にて連載中の、渡辺航が描く漫画作品。ロードレースという自転車競技を題材にし、男女問わず漫画ファン、自転車愛好家など多くの人から支持され、コミックス累計2000万部を突破した今最も熱いスポーツ少年漫画。  2012年より始まった舞台『弱虫ペダル』では、気鋭の作・演出家の西田シャトナーが、独自に生み出した表現技法“パズルライドシステム”を駆使し、舞台化不可能と言われていたロードレースという自転車競技を舞台上で表現。一本のハンドルと俳優によるマイムで自転車を走らせているような演出方法は、演劇界の革命的手法と各方面から賞賛された。舞台で幅広く活躍する躍進的な実力派俳優たちはロードレースを表現するため、舞台上を縦横無尽に全力で疾走する。舞台袖にはけると倒れ込んで酸素を吸引しなくてはならないほど、本気の走りと汗による「熱気」は観る者の心を「熱く」させ、多くの観客を感動させている。  今回、メインビジュアルのほか、先行して公式サイトにてアップされていたキャラクタービジュアルも一挙に解禁となった。今泉俊輔役の猪野広樹、鏑木一差役の原嶋元久、黒田雪成役の伊藤澄也、真波山岳役の杉山真宏と注目の新キャストも加わり、舞台『弱虫ペダル』はますますパワーアップしていく。  大人気舞台『弱虫ペダル』の新作公演「舞台『弱虫ペダル』新インターハイ篇~箱根学園王者復格(ザ・キングダム)~」は、東京公演を3月2日から3月11日まで東京芸術劇場にて公演。3月16日から3月18日まで新神戸オリエンタル劇場で神戸公演が行われる。

  • 『弱虫ペダル』、御堂筋が“映画村をぶっつぶす”東映太秦映画村とコラボ

    『弱虫ペダル』、御堂筋が“映画村をぶっつぶす”東映太秦映画村とコラボ

    アニメ・コミック

     シリーズ第4期『弱虫ペダルGLORY LINE』放映に合わせ、コラボイベント第2弾「弱虫ペダルGLORY LINE京都ステージIN映画村 御堂筋の逆襲」が東映太秦映画村で開催決定。地元の縁で映画村の村長に就任した御堂筋がまさかの「映画村ぶっつぶします」宣言。その報を聞きつけ坂道たちも続々と上洛し、映画村に弱虫ペダル歴代メンバーの大集合が実現し、各校選手が腕をふるって映画村のイベントをプロデュースする。@@cutter 今回、東映太秦映画村でコラボイベントが行われる『弱虫ペダル』は、渡辺航による自転車ロードレースコミックで「週刊少年チャンピオン」(秋田書店)にて2008年から連載。ロードレースに全てをかける高校生たちが繰り広げる熱いドラマと戦いにファンは熱狂し、コミックスの累計発行部数は2000万部を突破。テレビアニメシリーズは、これまで第1期(2013年)から第3期(2017年)までテレビ東京系で放送され、性別・年齢を問わず多くの幅広いファンを獲得し、「自転車ロードレースアニメの金字塔」の地位を確立した。2012年には舞台化、2015年には劇場版アニメが公開、さらに2016年にはテレビドラマが放送されるなど、メディアミックス展開が行われており、2018年1月からはテレビアニメ第4期『弱虫ペダル GLORY LINE』が絶賛放送中の人気作となっている。  コラボイベント第2弾「弱虫ペダルGLORY LINE京都ステージIN映画村 御堂筋の逆襲」では、総北・箱根学園・京都伏見が協力して開発するコラボフード、村長タスキリレーや原画展示など様々な催しを行う。また、御堂筋と坂道たちが新選組に扮した大迫力のキービジュアルに加え、22人の選手達の時代劇コスプレver.のミニキャラが、同イベントの描き下ろしイラストとして描かれ、グッズやアトラクションの景品として大活躍。さらに、期間中は出演声優トークショーも開催される。  会場では描き下ろしイラスト使用のグッズに、ノベルティが当たるスタンプラリーやゲームなども登場。また、イベント開催を記念し、描き下ろしミニキャラデザインのスライダーポーチがついた映画村コラボ入村券が販売される。  「弱虫ペダルGLORY LINE京都ステージIN映画村 御堂筋の逆襲」は、3月17日から5月20日まで開催。

  • 『弱虫ペダル SPARE BIKE』で「それいけアラキタくん」も映像化決定

    『弱虫ペダル』スピンオフ、「それいけアラキタくん」の上映も決定!

    アニメ・コミック

     TVアニメ第3期シリーズが2017年1月から放送される『弱虫ペダル』のスピンオフシリーズで、9月9日から映画館での特別上映が決定している『弱虫ペダル SPARE BIKE(スペアバイク)』。本作のおまけパートとして、『弱虫ペダル スペアバイク それいけアラキタくん』がアニメ化され、上映されることが決定した。@@cutter 『弱虫ペダル』は、「週刊少年チャンピオン」で連載中の渡辺航による青春スポーツ漫画。自転車ロードレースにすべてを懸ける高校生たちの戦いとドラマを描いた作品で、これまでにTVアニメシリーズ第2期までが放送されている。  特別上映が決まっている『弱虫ペダル SPARE BIKE』は、原作者・渡辺航自らが手がける人気シリーズで、原作連載開始当時3年生だったキャラクターたちの過去が描かれる。アニメ映像化は今回が初めてとなり、作中の2大クライマー(登板に強い選手)である総北高校の巻島裕介の高校入学時と、東堂尽八の中学二年生当時の物語が綴られる。  また、今回おまけパートとして上映されることが発表された「それいけアラキタくん」は、「月刊少年チャンピオン」で不定期連載中の、箱根学園のエースアシストである荒北靖友のヤンキー時代の日常を描くシリーズ。「SPARE BIKE」とはひと味違い、よりコミカルな作風で人気を博している。  荒北役は吉野裕行が担当。荒北といえば、本編では“野獣”と称されるほど荒々しい走りとキャラクターで個性を発揮しているが、本作ではどのような顔を見せるのか、そして吉野がどのように演じるのか、早くも注目が集まっている。  『弱虫ペダル SPARE BIKE』は9月9日より2週間限定特別上映。

  • 『セトウツミ』 解禁された場面写真

    池松壮亮&菅田将暉、『セトウツミ』7月公開決定 “無駄話”ショットも解禁

    映画

     池松壮亮と菅田将暉のW主演で贈る映画『セトウツミ』の公開日が7月2日に決定した。また、場面写真も公開されたほか追加キャストが発表となった。本作は、「別冊少年チャンピオン」(秋田書店)で連載中の同名コミックを原作に、関西の男子高校生ふたりが、関西弁でまったりゆったりしゃべり続ける放課後トークの様子を映し出している。@@cutter 主人公は、クールな塾通い・内海と天然な元サッカー部・瀬戸の関西に住む男子高校生。ふたりはいつもの放課後、いつもの河原でまったりゆっくり喋るだけ…なのだが、ウィットに富んだ台詞と、絶妙な“間”のセンスが観る者を魅了する。内海役には池松、瀬戸役には菅田、そして彼らと三角関係を繰り広げる高校のマドンナ・樫村には中条あやみと注目の若手実力派が顔を揃え、全力の“無駄話”を作り上げた。  今回、河原の階段に座る内海と瀬戸を写した場面写真が遂に解禁。学ラン姿、ワイシャツ姿を始め、夜に私服で集まるふたり、何故かピエロと並んだシュールなシーンまで、様々なシチュエーションを公開。さらに、帰り道と思われる場所で樫村と話す瀬戸の姿も…本編でどのような喋りを繰り広げるのか期待が膨らむ。  また、追加キャストとして宇野祥平、鈴木卓爾、成田瑛基、岡山天音、奥村勲、笠久美、牧口元美も出演決定。彼らがどのような場面で、どのようなキャラクターとして登場するのかも注目だ。

  • 『弱虫ペダル』次回公演が開催決定

    舞台『弱虫ペダル』総北新世代へ突入!2016年3月に東京・福岡・大阪・神奈川で公演

    アニメ・コミック

     「週刊少年チャンピオン」(秋田書店)にて連載中の人気コミックを原作とした舞台『弱虫ペダル』の次回公演が開催決定。“総北新世代”へと突入し、2016年3月に東京・福岡・大阪・神奈川にて上演される。@@cutter 原作コミック『弱虫ペダル』は、サイクルロードレースにすべてを懸ける高校生たちの戦いとドラマを描き、単行本累計発行部数1400万部突破を記録している大ヒット作。舞台のほか、TVアニメ化、映画化など様々な展開でも好評を博している。  次回公演の開催決定は、10月8日~11月8日まで公演が行われていたシリーズ第7弾「IRREGULAR~2つの頂上」の福岡での千秋楽終了後に発表。追加情報は続々公開予定とのことなので、期待して待ちたい。

  • 『ばくおん!!』 2016年にTVアニメ&オリジナルアニメDVD化決定

    女子高生×バイク『ばくおん!!』TVアニメ&OAD化決定 バイクメーカー5社が全面協力

    アニメ・コミック

     「ヤングチャンピオン烈」(秋田書店)で連載中の“バイク×青春”コミック『ばくおん!!』が2016年にTVアニメ化決定。さらに、2016年3月18日発売のコミックス最新7巻限定特装版にはオリジナルアニメDVD(以下:OAD)が付属する。@@cutter 本作は、主人公・佐倉羽音を中心に、女子高生たちのオートバイ・ライフを描く青春マンガ。登校途中の坂道にへこたれたことがきっかけで、バイクに興味を持ち始めた羽音は、すでにバイクに乗っている同級生・天野恩紗とともにバイク部に入部する。個性的で楽しい仲間たちに支えられながら、念願のオートバイ・ライフをスタートするも、実際に乗ってみると毎日が驚きと発見の連続で…。  アニメ化にあたり、バイクメーカー5社「Kawasaki」「SUZUKI」「DUCATI」「HONDA」「YAMAHA」が全面協力し、アニメ本編には、実機と同じデザインのバイクが登場。羽音、恩紗、凛、聖、来夢先輩…丘乃上女子高等学校“バイク部”を取り巻くメンバーと、彼女たちの愛車がアニメーションで爆走する姿を楽しみに待ちたい。

  • 『劇場版 弱虫ペダル』大ヒット御礼舞台挨拶に登場した代永翼と山下大輝

    『弱虫ペダル』TVアニメ第3期制作決定!山下大輝&代永翼、新シリーズへ期待大

    アニメ・コミック

     6日、公開中の映画『劇場版 弱虫ペダル』大ヒット御礼舞台挨拶が都内にて開催され、主人公・小野田坂道役の山下大輝と真波山岳役の代永翼が登壇。熱いトークを展開する中、『弱虫ペダル』のTVアニメ第3期制作決定が発表された。@@cutter 『弱虫ペダル』は、自転車“サイクル”ロードレースにすべてを懸ける高校生たちの戦いとドラマを描き、「週刊少年チャンピオン」(秋田書店)で連載中の人気作。2013年にTVアニメ第1期、2014年には第2期『弱虫ペダル GRANDE ROAD』が放送され、2015年8月には初のオリジナル長編『劇場版 弱虫ペダル』が公開となり更なる人気を呼んでいる。  舞台挨拶では、第3期制作決定を知らせる映像が流れ、会場からは大歓声に包まれた。代永は「皆さんの応援のおかげで、第3期が決定し僕らも今からすごく楽しみです。また、原作で登場する新キャラクターが出てくるのかも楽しみですね。今のうちに劇場版を目に焼き付けてテレビシリーズに備えて頂けたら嬉しいです」とファンに向けてアピール。  山下も「本当に嬉しいです!夢のようです!これまで全力で走って来たけど、まだ走れるという嬉しさがありますし、僕も原作の大ファンなので、あのシーンやるのかな?というワクワクが今から止まりません!」と興奮を隠しきれない様子で、「皆様の応援に応えられるように頑張って行きたいと思います。これからも、回転数(ケイデンス)を上げていくので皆さんついてきてくださいね!」と意気込みを語った。

  • 『劇場版 弱虫ペダル』キービジュアル

    『劇場版 弱虫ペダル』ストーリーが明らかに!熱き決意を胸に“最後のレース”に挑む

    アニメ・コミック

     人気コミック初のオリジナル長編映画『劇場版 弱虫ペダル』(8月28日公開)のキービジュアルと、原作者・渡辺航による書き下しストーリーが遂に解禁。さらに、本作の主題歌が、TVシリーズ第2期オープニングテーマも務めたLASTGASPの「Link」に決定した。@@cutter 『弱虫ペダル』は、「週刊少年チャンピオン」(秋田書店)にて連載中、サイクルロードレースにすべてを懸ける高校生たちの戦いとドラマを描き、単行本累計発行部数1300万部突破の人気コミック。2013年にはTVアニメ第1期、2014年には第2期シリーズが放送され、6月12日からは第2期の新総集編版『弱虫ペダル Re:ROAD』の公開を控える。  初のオリジナル長篇映画となる本作は、渡辺航による書き下しストーリー。インターハイ総合優勝を勝ち取った総北高校自転車競技部の元に、インターハイ成績優秀チームが出場する「熊本 火の国やまなみレース」からの出場招待が。箱根学園、京都伏見、広島呉南といったライバルチーム、そして“炎のクライマー”吉本を擁する熊本台一など強豪チームが参戦するこのレースに向け、総北メンバーは士気を高めていく。ただ一人を覗いて…。  現行のチーム総北にとって“最後のレース”を描いた本作。今回遂に解禁となったビジュアルでは、「魂を受け継ぎ、超えていく」の決意を胸に、再びスタートラインに立った総北メンバーと、打倒総北に燃えるライバルチームの熱き戦いを予感させるイラスト。また、『弱虫ペダル』ファンにはお馴染みのLASTGASPが担当した主題歌「Link」も物語を一層盛り上げる。

  • NMB48 山本彩の袋とじフォトブック付き!

    NMB48山本彩のオール水着フォトブック付き!「週刊少年チャンピオン」

    アニメ・コミック

     5月9日(木)に発売された「週刊少年チャンピオン23号」(秋田書店)の袋とじ付録にNMB48の山本彩が登場。オール水着フォトのスペシャルフォトブックとなっている。@@cutter 山本のオール水着フォトブックのほか、QUOカードが応募者全員サービスとしてプレゼントされる企画も用意(実費負担あり)。  また、巻頭カラー&表紙に最強刑務所脱獄記『囚人リク』が登場。さらに、TVアニメのキャストも決定し、今話題沸騰の自転車ロードロマン『弱虫メダル』など人気作目白押し。  そのほか6週連続企画、手塚治虫B・J誕生40周年を記念した『ブラック・ジャック REAL~感動の医療体験談~』第5弾『まもりたいもの』も掲載されている。

  • 真っ白ビキニで巻頭グラビアに登場した紗綾

    Fカップ紗綾、ぷるるん巨乳を披露!「週刊少年チャンピオン」グラビアに登場

    アニメ・コミック

     4月18日(木)に発売された「週刊少年チャンピオン20号」(秋田書店)の表紙&巻頭グラビアに、グラビアタレントの紗綾が登場。真っ白なビキニでFカップのぷるるん巨乳を大胆に披露している。@@cutter 紗綾の両面BIGポスターが付属されるほか、貴重なQUOカードが応募者全員サービスとしてプレゼントされる企画も用意(実費負担あり)。  巻頭カラーに本格大相撲巨編『バチバチBURST』と、前代未聞のタイトルチェンジを図った不燃焼系男子中学生ギャグ『いきいきごんぼZ』が登場。  さらに、今号も袋とじコラボ企画の最後となる第3弾『ドカベン×大甲子園! 水島オールスターズ』本誌限定大人気ソーシャルゲーム『ドカベン×大甲子園! 水島オールスターズ』の選手カードが付くほか、6週連続企画、手塚治虫B・J誕生40周年を記念した『ブラック・ジャック REAL~感動の医療体験談~』第3弾『死者の入れ歯』も掲載されている。

  • 白肌まぶしいビキニで登場した松井珠理奈

    SKE松井珠理奈、白肌まぶしいビキニショット「週刊少年チャンピオン」巻頭グラビア

    アニメ・コミック

     4月11日(木)に発売された「週刊少年チャンピオン19号」(秋田書店)の表紙&巻頭グラビアに、SKE48を牽引する若きエース松井珠理奈が登場。ピンクのビキニで若さはじける白肌を惜しげもなく披露している。@@cutter 松井の両面BIGポスターが付属されるほか、貴重なQUOカードが応募者全員サービスとしてプレゼントされる企画も用意(実費負担あり)。  巻頭カラーに単行本第1巻が発売されたばかりのソウルフル美少女コメディ『あまねあたためる』。また、センタカラーはヤンキー友情グラフィティ『クローバー』、水島オールスターが夢の競演をする『ドカベン ドリームトーナメント編』が登場。  さらに、今号も袋とじコラボ企画第2弾として『ドカベン×大甲子園! 水島オールスターズ』本誌限定大人気ソーシャルゲーム『ドカベン×大甲子園! 水島オールスターズ』の選手カードが付くほか、6週連続企画、手塚治虫B・J誕生40周年を記念した『ブラック・ジャック REAL~感動の医療体験談~』第2弾『嵐の中の緊急手術』も掲載されている。

  • セクシーな高橋みなみが表紙の「週刊少年チャンピオン17号」

    高橋みなみ、セクシーな肩出しショット!「週刊少年チャンピオン」巻頭グラビア

    アニメ・コミック

     3月28日(木)に発売された「週刊少年チャンピオン17号」(秋田書店)の表紙&巻頭グラビアに、AKB48グループ総監督の高橋みなみが登場。黒のワンショルダーでセクシーな肩出しを披露している。@@cutter 高橋の両面BIGポスターが付属されるほか、貴重なQUOカードが応募者全員サービスとしてプレゼントされる企画も用意(実費負担あり)。  巻頭カラーは、アニメ&漫画の両面ピンナップポスターが付録として付く「侵略!イカ娘」が登場。また、センターカラーには大相撲が題材の「バチバチBURST」が登場。さらに新連載第2話で早くも話題沸騰の「泳げ!ひなのちゃん」も見逃せない。

  • 「週刊少年チャンピオン11号」

    夢枕獏の書き下ろしが連載スタート!「週刊少年チャンピオン」

    アニメ・コミック

     2月14日(木)に発売された「週刊少年チャンピオン11号」(秋田書店)で、夢枕獏の書き下ろし原作による「真・餓狼伝」の連載がスタートした。@@cutter 原作:夢枕獏、作画:野部優美による新連載「真・餓狼伝」。明治が舞台の格闘純史となる。オールカラーの袋とじは、本誌の兄弟誌である別冊チャンピオンからの出張掲載、「バキ」の人気キャラ・花山薫の学生時代を描いた「バキ外伝 創面(きずづら)」。また、センターカラーは同じく別冊チャンピオンからの出張掲載であり、板垣恵介氏公認「バキ」のパロディ「バキどもえ」である。  さらに、隠れた人気作品「木曜日のフルット」が連載200回を突破したことを記念して、カラー&2本立て掲載となっている。

  • SKE48から松井玲奈、古川愛李、高柳明音が登場!

    SKE48の松井玲奈、古川愛李、高柳明音、ハート柄ビキニで巻頭グラビアに!

    アニメ・コミック

     1月31日(木)に発売された「週刊少年チャンピオン9号」(秋田書店)の表紙&巻頭グラビアに、SKE48から松井玲奈、古川愛李、高柳明音が水着姿で登場。3人ともキュートなハート柄ビキニで満面の笑みを浮かべている。@@cutter 松井、古川、高柳のBIGポスター付録やQUOカードの応募者全員サービスも行っている今号。巻頭カラーには、今週よりスタートした新連載大攻勢の第1弾、増田英二「実は私は」が登場。どんなこともすぐ顔に出てしまう、純粋過ぎる高校2年生の主人公が、決して他人には言えない同級生の秘密を知り、苦悩するラブコメディである。また、今号で阿部共実の「空が灰色だから」が最終回を迎えている。  さらに、本誌の兄弟誌である「別冊チャンピオン」から、「サクラサクラ」が出張参戦している。

  • 「週刊少年チャンピオン8号」はセクシ-過ぎる谷間を披露した小嶋陽菜が表紙!

    小嶋陽菜、セクシ-過ぎる谷間を披露!「週刊少年チャンピオン」巻頭グラビア

    アニメ・コミック

     1月24日(木)に発売された「週刊少年チャンピオン8号」(秋田書店)の表紙&巻頭グラビアに、3号連続ノースリーブスの最後を飾る小嶋陽菜が登場。水玉模様のビキニ姿で、セクシーな“こじはる”を全面に押し出した表紙となっている。@@cutter たかみな、峯岸に続き、付録にはこじはるのBIGポスター、またQUOカードの応募者全員サービスなど豪華企画満載となっている今号。さらに、巻頭カラーには炊場サバイバル戦が終わり、新展開に突入した「囚人リク」が登場。センターカラーにはTVアニメ化も決まり、ますます大注目のサイクルロードロマン「弱虫ペダル」、ドリームトーナメント1回戦が最終局面を迎えた「ドカベン ドリームトーナメント編」が登場した。  また、まんが大賞150万円を獲得した大型新人の集中連載「くろすぶりーど」もセンターカラーとなっている。

  • 「週刊少年チャンピオン7号」は峯岸みなみが表紙! 

    峯岸みなみ「週刊少年チャンピオン」巻頭グラビア!「サンセットローズ」も参戦

    アニメ・コミック

     1月17日(木)に発売された「週刊少年チャンピオン7号」(秋田書店)の表紙&巻頭グラビアに、先週のAKB48・高橋みなみに続き、3号連続ノースリーブス第2弾として峯岸みなみが登場。今回も、付録にはBIGポスター付き、さらにQUOカードの応募者全員サービスなど豪華特典満載となっている。@@cutter 巻頭カラーには各方面で話題となっている、大相撲巨編「バチバチBURST」が登場。また、センターカラーは、2月8日(金)には単行本1巻が発売となる不燃焼系男子中学生ギャグ「いきいきごんぼ」となる。  さらに、本誌の兄弟誌である「別冊少年チャンピオン」から、海賊漫画の先駆け的存在である「フルアヘッド! ココ」の続編「サンセットローズ」が出張参戦している。

  • 「漫画全巻ドットコム」サイトのスクリーンショット

    「月刊少年チャンピオン」連載中の漫画家陣が「あなた」の似顔絵を描いてくれる

    アニメ・コミック

     コミック、マンガ、ライトノベルの漫画全巻専門書店「漫画全巻ドットコム」では、現在、お年玉企画として「月刊少年チャンピオン」(秋田書店)に執筆中の漫画家陣が、自身の似顔絵を描いてくれる豪華企画を行っている。@@cutter この超豪華お年玉企画は、「月刊少年チャンピオン」に執筆中の漫画家8人の対象作品となる少年チャンピオンコミックスを購入した人の中から、各漫画家がそれぞれ1人の当選者の似顔絵を色紙に描きプレゼントするというもの。  企画に参加する漫画家は「戦国BASARA3 ‐Bloody Angel‐」の伊藤龍、「オイ!! オバさん」 のいづみかつき、「かみさまドロップ」のみなもと悠、「ドロップOG」の鈴木大、「ナリキン!」の鈴木大四郎、「チキン」の歳脇将幸、「ハカイジュウ」の本田真吾、「エグザムライ戦国」の山口陽史の豪華8人。  キャンペーン応募の際には、購入時に備考欄に“似顔絵希望”との記載が必要になる。  なお、みなもと悠の「かみさまドロップ」は対象となるコミックスが発売されていないため 「ハルポリッシュ」が対象作品となる。詳しくは漫画全巻ドットコム公式HPにて。

  • 「週刊少年チャンピオン6号」は高橋みなみが表紙!

    たかみな「週刊少年チャンピオン」巻頭グラビア登場!「バキ」公認パロディは出張参戦

    アニメ・コミック

     1月10日(木)に発売された「週刊少年チャンピオン6号」(秋田書店)の表紙&巻頭グラビアに、AKB48グループ総監督・高橋みなみが登場。付録には高橋のBIGポスター付き、さらにQUOカードの応募者全員サービスなど豪華特典満載となっている。@@cutter 巻頭カラーではOAD付き限定単行本第2弾の発売も決まり、ますます絶好調の「侵略!イカ娘」が登場。また、センターカラーには、ついにクリスの登場でさらなる盛り上がりを見せる「バイオハザード~マルハワデザイア~」が待望の連載再開となっている。  さらに、本誌の兄弟誌である「別冊少年チャンピオン」から、大人気格闘漫画「バキ」の公認パロディ漫画「バキどもえ」が出張参戦。花山薫の学園生活を楽しく描いている。(タイトル「バキどもえ外伝 創どもえ」)

  • 完全漫画化された「まんまこと」

    「しゃばけ」の畠中恵原作の時代シリーズが完全漫画化!

    アニメ・コミック

     大ヒットシリーズ「しゃばけ」の畠中恵原作の人気時代シリーズ「まんまこと」が、紗久楽さわの手により完全漫画化され、現在発売中となっている。@@cutter 「まんまこと」は、「しゃばけ」シリーズで人気の畠中恵原作のお江戸人情ミステリー小説。町名主の息子・麻之介が悪友たちと共に町のいざこざを裁く時代人情もの。  今回、「まんまこと」の漫画化にあたりコミックスでしか読めない畠中恵描きおろしエピソード「味くらべ」も収録。描きおろしエピソードを紗久楽さわが漫画化しており、原作ファンにもたまらない1冊となっている。  また現在、秋田書店公式ホームページでは、「まんまこと」1話まるごとweb試し読みも行っている。(※コミックス収録時とは異なる)  漫画版「まんまこと」は560円(税込)にて絶賛発売中

  • SKE48が表紙の「週刊少年チャンピオン2+3号」

    SKE48の松井玲奈、向田茉夏、木崎ゆりあがサンタ姿で「週刊少年チャンピオン」に登場!両面BIGポスターやQUOカードプレゼントなど盛りだくさん

    アニメ・コミック

     12月13日に発売された「週刊少年チャンピオン2+3号」(秋田書店)の表紙&巻頭グラビアに、大人気アイドルSKE48の松井玲奈、向田茉夏、木崎ゆりあの3人がプリティなサンタの格好で登場した。@@cutter SKE48の3人は、表紙&巻頭グラビアを飾っているほか、両面BIGポスターやQUOカードの応募者全員サービスなど企画が盛りだくさんとなっている。  また、巻頭カラーには、ますますドキドキの展開に目が離せない、熱き男たちの破獄ドラマ「囚人リク」(瀬口忍原作)が大増26Pで掲載。その他、現在、生誕20周年記念企画開催中の浜岡賢次原作の「毎度!浦安鉄筋家族」や、新作舞台が控えるサイクルロードロマン「弱虫ペダル」、TVドラマも好評の「シュガーレス」など注目作が絶賛連載中となっている。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access