鬼灯の冷徹 関連記事

  • 『おそ松さん』が始まったぞ!“藤田陽一くくり”もアリ 2017年秋アニメの楽しみ方

    『おそ松さん』が始まったぞ!“藤田陽一くくり”もアリ 2017年秋アニメの楽しみ方

    アニメ・コミック

     あっという間に終わってしまった感のある2017年、夏。気づけば10月に突入し、『おそ松さん』第2期が始まっている!そう、すでに秋アニメがスタートしています。「まだチェックしきれていない」という人、「何を観たらいいのか悩み中」という人も多いはず。そこで「こんな楽しみ方もできるかも…」というポイントを探ってみたい。@@cutter まず2017年秋アニメの最注目作品にあげられるのが、前述の『おそ松さん』第2期。2015年10月から翌年3月まで放送された『おそ松さん』第1期は、豪華声優陣が6つ子を演じるというキャスティングも話題となり、自虐ネタ、パロディ、下ネタありのチャレンジングな展開が大ウケ。おそらく製作陣も予想しなかったほどの社会現象を巻き起こした。満を持して2日深夜にスタートした第2期では、その人気ぶりを自虐ネタとしていじってみたり、6つ子のダメっぷりなど、うれしくなるほど相変わらずの内容で、ファンを喜ばせている。  第1期に引き続き『おそ松さん』の監督を務めるのは、藤田陽一。はっちゃけたギャグやテンポ感に定評のある藤田監督だが、今季は彼がストーリー監修として関わる『銀魂』新シリーズ、『クラシカロイド』第2シリーズもお目見え。実写化の成功も記憶に新しい『銀魂』は、「ポロリ篇」というクスッとしてしまうようなタイトルで、取りこぼした様々な“ポロリ”を新作短編集として届けてくれる。  ベートーヴェンやモーツァルトなど実在の音楽家たちと同じ名前の登場人物たちが大暴れする『クラシカロイド』では、第2シリーズから声を松岡禎丞が担当するワーグナーが参戦。一層、賑やかになること必至。“藤田陽一くくり”として3作品を堪能し、お腹を抱えながら秋の夜長を過ごすのも楽しそうだ。@@separator これまでにあげた作品もそうなのだが、シリーズものが多いのも今季の特徴。『ラブライブ!サンシャイン!!』(第2期)、『鬼灯の冷徹』(第2期)、『3月のライオン』(第2期)、『干物妹!うまるちゃんR』(第2期)、『Wake Up,Girls! 新章』『結城友奈は勇者である』(第2期)などなど「待ってました!」と声をかけたくなるシリーズものが登場。前期を観ていなかったとしても、人気があってこその続編スタートなので観てみる価値アリ。ぜひ人気の秘訣を感じてみてはいかがだろう。  また創立55周年を迎えたタツノコプロは、『Infini‐T Force(インフィニティ・フォース)』と『タイムボカン 逆襲の三悪人』を世に送り出す。『Infini‐T Force(インフィニティ・フォース)』には、『科学忍者隊ガッチャマン』『宇宙の騎士テッカマン』『破裏拳ポリマー』『新造人間キャシャーン』のヒーローが集結。フル3DCGで迫力の戦いを描き出す。  一方の『タイムボカン 逆襲の三悪人』は、40年以上続く「タイムボカンシリーズ」をもとにした最新作。憎めない三悪人が主役の座を奪うべく大奮闘。KinKi Kidsが担当するオープニングテーマも見逃せない。世代を超えて愛されるキャラクターを生み出しているタツノコプロ。この秋はその魅力をたっぷりと味わう、絶好の機会となりそうだ。2017年も残り3ヵ月。それぞれの楽しみ方を見つけて、アニメで明日への活力を養おう!

  • 『鬼灯の冷徹』第弐期ビジュアル解禁

    テレビアニメ『鬼灯の冷徹』第弐期、ビジュアル&特報映像解禁

    アニメ・コミック

     今年10月より放送開始となるテレビアニメ『鬼灯の冷徹』第弐期より、キービジュアルと特報映像が公開。さらに、第弐期OPテーマを、第壱期に続いて“地獄の沙汰オールスターズ”が担当することも明らかになった。@@cutter 公開されたキービジュアルは、鬼灯が地獄の釜の蓋を開けると、『鬼灯の冷徹』の賑やかな面々が現れる様を描いており、よく見てみると、第弐期から新たに登場する新キャラたちの姿も確認できる。一方、特報映像は2パターン。鬼灯(CV.安元洋貴)とシロ(CV.小林由美子)が聞かせる、『鬼灯の冷徹』らしいナレーションに注目してほしい。  先日には、上坂すみれがエンディングテーマを担当することが発表された本作。第壱期で記録的ヒットを叩き出したオープニングテーマを、第弐期では誰が担当するのかに注目が集まっていたが、第弐期のオープニングテーマも、第壱期に続いて“地獄の沙汰オールスターズ”が担当することが発表された。サウンドプロデュースにはサイトウ“"JxJx” ジュン(YOUR SONG IS GOOD)を迎え、演奏はYOUR SONG IS GOODが担当する。オープニングシングルは、2017年10月11日に発売予定で、初回限定盤には『鬼灯の冷徹』OCDのオーディオドラマにのみ登場した名曲たちも多数収録される。  さらに、LINEバイトとのコラボ企画“地獄の沙汰もバイト次第!?楽しい地獄バイト”が実施されることも決定。気になる企画内容は、なんと地獄の沙汰オールスターズが歌う第弐期オープニングテーマのコーラスを担当するというもの。収録された楽曲は、10月より放送のTVアニメ第弐期のどこかの回のオープニングで使用されるようだ。また、東京・アニメイト池袋本店では、8月6日に作品のマスコット的存在にもなっている金魚草の着ぐるみが登場し、オリジナルうちわを配布予定のほか、11月22日には6つの豪華アイテムを収納した“鬼灯の冷徹プレミアムBOX”が発売されることも明らかになった。  テレビアニメ『鬼灯の冷徹』第弐期は、2017年10月より放送開始。

  • 『鬼灯の冷徹』イベントのライブ・ビューイング決定

    アニメ『鬼灯の冷徹』イベントのライブ・ビューイング決定! 登壇キャストも追加発表

    アニメ・コミック

     TVアニメ『鬼灯の冷徹』の新プロジェクト第2弾として開催が決定していたイベント“地獄の大鑑賞会 in 六本木”のライブ・ビューイングが全国15劇場で開催されることが決定。さらに、同イベントに、主人公鬼灯役の安元洋貴、閻魔大王役の長嶝高士に加え、シロ役の小林由美子と白澤役の遊佐浩二の出演も発表された。@@cutter 本作は、シリーズ累計発行部数1000万部を突破した、同名の大ヒットコミックをアニメ化した作品。地獄を舞台に、閻魔大王第一補佐官である鬼灯を中心としたキャラクターたちの日常をコメディ感たっぷりに描く。  2014年1月にTVアニメの放送がスタートして以降、OADが発売されるなど幅広いファンを獲得してきた本作。2016年には新プロジェクトの始動が発表され、新プロジェクト第1弾では、ファン待望の新作OADの制作が決定している。  第2弾となる“地獄の大鑑賞会 in 六本木”は、豪華キャストによるトークに加え、3月23日発売の単行本24巻限定版に付属予定の新作OADの先行上映が行われる。さらに、イベントの当日には新プロジェクトの第3弾企画の発表も予定している。  また、新作OADのポチ役に宮田幸季、花咲爺さん役に西村知道、金太郎役に羽多野渉が務めることが発表された。新キャストが追加されたことで、さらにパワーアップしたアニメ『鬼灯の冷徹』が楽しめそうだ。  TVアニメ『鬼灯の冷徹』イベント“地獄の大鑑賞会 in 六本木”は3月11日にTOHOシネマズ六本木ヒルズで開催。

  • 『一番くじ 鬼灯の冷徹~休日の過ごし方~』 D賞 神獣白澤ちびきゅんキャラ ~二日酔い確定~(全1種)

    『鬼灯の冷徹』最新一番くじは“休日の過ごし方” 神獣白澤、初のちびきゅんキャラに

    アニメ・コミック

     TVアニメも好評を博した人気コミック『鬼灯の冷徹』が、“ハズレなしのキャラクターくじ”「一番くじ」の最新作『一番くじ 鬼灯の冷徹~休日の過ごし方~』(1回620円・税込)として、9月12日より書店、TSUTAYA、アニメイト、アミューズメント施設などで順次販売される。@@cutter 本商品は『鬼灯の冷徹』を題材に、9等級全24種+ラストワン賞の中から必ずいずれかが当たる“ハズレなしのキャラクターくじ”。今回は、“休日の過ごし方”をテーマに、主人公“鬼灯”をはじめ、普段見られないキャラクターたちの裏側を描いたアイテムがラインナップ。  A賞は、休日に鏡の前で身支度をする様子をデザインしたクリアファイルコレクションブック。B賞には、扉絵に登場した頬にハートマークが付いている“金魚草”が、抱きまくらぬいぐるみになって登場。そして、C賞は“猫好好”をモチーフにデザインしたインパクト大のスリッパ。D賞では、初ちびきゅんキャラ化の“神獣白澤”が飲み過ぎてぐったりしている様子を再現している。  その他、『一番くじ 鬼灯の冷徹』シリーズ初となるグラスや、握り心地が良いふわにぎマスコットストラップ、ラバーコースターなど、バラエティー豊かなアイテムをラインナップ。また、ラストワン賞では、ふわふわな手触りで、抱き心地の良い「芥子」の抱きまくらぬいぐるみ。ダブルチャンスキャンペーンでは、B賞の“金魚草”抱きまくらぬいぐるみの“ダイヤバージョンが抽選で100名にプレゼントされる。

  • 『一番くじ 鬼灯の冷徹』芥子や猫好好、金魚草がグッズに!

    『一番くじ 鬼灯の冷徹』芥子や猫好好、金魚草がグッズに!最新作は地獄の日常

    アニメ・コミック

     『鬼灯の冷徹』の一番くじ最新作『一番くじ 鬼灯の冷徹~動物たちとあの世巡り~』は、“鬼灯”の地獄の日常を再現した可愛いグッズがラインナップ。芥子や猫好好、金魚草、桃太郎ブラザーズなど人気キャラクターがきゅんキャラびねっとやブランケットで登場。気になる商品デザインをすべて見せます!

  • 鬼灯と桃太郎ブラザーズきゅんキャラびねっとに!

    『鬼灯の冷徹』最新一番くじは動物と一緒! 桃太郎ブラザーズや金魚草グッズも登場

    アニメ・コミック

     TVアニメも大好評となった人気コミック『鬼灯の冷徹』が、“ハズレなしのキャラクターくじ”「一番くじ」の最新作『一番くじ 鬼灯の冷徹~動物たちとあの世巡り~』(1回620円・税込)として、12月27日より書店、TSUTAYA、アニメイト、一部のアミューズメント施設などで順次発売開始される。@@cutter 本商品は『鬼灯の冷徹』を題材に、9等級全20種+ラストワン賞の中から必ずいずれかが当たる“ハズレなしのキャラクターくじ”。今回は、“あの世巡り”がテーマ。主人公“鬼灯”や、地獄で暮らす動物たちなど、魅力的なキャラクターたちが様々なアイテムになって登場する。  A賞は“鬼灯”と“桃太郎ブラザーズ”の地獄の日常や風景を再現した、きゅんキャラびねっと。B賞は“鬼灯”や動物たちと四季を楽しめる2015年版カレンダーが登場。そしてC賞では、“芥子”をモチーフにしたブランケットが、D賞には、“猫好好”を大胆にデザインしたフェイスクッションがラインナップ。  さらにE賞は“桃源郷”デザインと“EU地獄”デザインの「巾着ポーチ」(全2種)、F賞は“鬼灯”や“お香”の着物をモチーフにした封筒と“金魚草”や蛇柄を描いた「着物風封筒付き一筆箋」(全2種)、G賞には“金魚草”や“猫好好”をモチーフにデザインした「ミニシール付きボールペン」(全2種)と続く。  そしてラストワン賞には、原作者・江口夏実がアイテムをイメージした「金魚草マグカップ」。ダブルチャンスキャンペーンには、A賞「鬼灯&桃太郎ブラザーズきゅんキャラびねっと」のスペシャルカラーバージョンが抽選で100名にプレゼントされる。  『一番くじ 鬼灯の冷徹~動物たちとあの世巡り~』は12月27日より発売開始。

  • 『鬼灯の冷徹』モバイルバッテリー(鬼灯)

    『鬼灯の冷徹』モバイルバッテリーが登場! 鬼灯様&シロの2デザインで展開

    アニメ・コミック

     コミック誌「モーニング」(講談社)で連載中であり、TVアニメも大好評だった人気コミック『鬼灯の冷徹』のモバイルバッテリーが発売された。@@cutter 今回発売されるモバイルバッテリーは、全2種類。鬼灯デザインは、赤と黒の鬼灯カラーで仕上げた商品。裏面には、今にも叫び声が聞こえてきそうな表情をした金魚草が描かれている。鬼灯は女性に人気の高いキャラクターではあるが、本商品はクールな色合いのデザインなので、男性が持ち歩いても違和感ないだろう。  もう一種類は、桃太郎ブラザーズデザイン。裏面には、桃太郎ブラザーズの中でも一番人気のシロさんがちょこんと「お座り」。その可愛らしさが目を引くデザインとなっている。  本商品は、デザインの秀逸さもさることながら、使い勝手も抜群。6000mAhという大容量なので、長時間のお出掛けでも安心だ。  また、USBポートに繋ぐだけで簡単に蓄電できる手軽さもありがたい。本体にマイクロUSBコネクタが内蔵されているので、マイクロUSBポートの機器はこの1台だけで充電ができる。そのため、iPhoneをはじめ、Androidケータイやゲーム機にも使うことができるのだ。  人気キャラクターたちがデザインされた本商品。ファンのコレクトアイテムとしてはもちろん、外出時の必需品としても重宝しそうだ。  『鬼灯の冷徹』モバイルバッテリーは、キャラクター雑貨販売サイト「ラナタウン」にて発売中。価格は各5400円(税込)。

  • 金魚草のぬいぐるが秀逸!『鬼灯の冷徹』一番くじ第2弾が登場

    <フォト特集>『鬼灯の冷徹』一番くじ、金魚草のぬいぐるが秀逸!白澤&猫好好も登場

    アニメ・コミック

    『鬼灯の冷徹』一番くじ第2弾が登場!鬼灯やピーチ・マキ、白澤が“ちびきゅんキャラ”で登場しているほか、ラストワン賞に金魚草“マサ子ver.”のぬいぐるみがラインナップ。『鬼灯の冷徹』ワールド全開の一番くじ商品をすべてご紹介します。

  • 『鬼灯の冷徹』キャラが初のきゅんキャラ化! 『一番くじ 鬼灯の冷徹~鬼灯とゆかいな仲間たち~』

    一番くじ『鬼灯の冷徹』第2弾 初のきゅんキャラや金魚草ぬいぐるみなどが登場!

    アニメ・コミック

     「モーニング」にて連載中で、前クールで放送されたTVアニメが大好評だった人気コミック『鬼灯の冷徹』の「一番くじ」第2弾『一番くじ 鬼灯の冷徹~鬼灯とゆかいな仲間たち~』が決定。5月23日より、鬼灯を始め魅力的なキャラクターたちが様々なアイテムで再び登場する。@@cutter 「一番くじ」は、コンビニを中心に人気を博している“ハズレなしのキャラクターくじ”。今回は、人気コミック『鬼灯の冷徹』を題材に、7等級全18種 + ラストワン賞の中から必ずいずれかが当たる。A賞~C賞は、「鬼灯&シロ」、「ピーチ・マキ&金魚草」、「白澤&猫好好」がそれぞれセットで、“ちびきゅんキャラ”に初登場。  D賞~F賞では、手ぬぐいやステッカーセットなど、実用的なアイテムが揃っている。そしてG賞では、ピンズと台紙がリンクするデザインのストーリースナップピンズがもらえる。さらに、“最後のくじ”を引くともらえるラストワン賞では、「金魚草ぬいぐるみ~マサ子ver.~」。そして、くじの半券から応募できるダブルチャンスキャンペーンでは、A賞景品の色違いである「鬼灯&シロちびきゅんキャラセット~パールカラーver.~」が100名に当たる。  主人公の鬼灯はもちろん、約50ものキャラクターをアイテムに盛り込んだ、バリエーション豊かなラインナップとなっている。  『一番くじ 鬼灯の冷徹~鬼灯とゆかいな仲間たち~』は5月23日より、書店、TSUTAYA、アニメイト、一部のアミューズメント施設、一部のローソン・セブン‐イレブン店舗などで展開。価格は1回600円(税込)。

  • 書店員が選ぶ“女子がハマった男子漫画”第1位は『弱虫ペダル』

    書店員が選ぶ“女子がハマった男子漫画”第1位は『弱虫ペダル』

    アニメ・コミック

     現在発売中の新雑誌「エンタミクス」5月号にて、全国3000店の女性書店員の投票による「女子がハマった男子漫画ランキング」を、連載中作品と完結作品に分け、Best20を発表している。連載中作品で、栄えある第1位に輝いた漫画は『弱虫ペダル』に決定した。@@cutter 新雑誌「エンタミクス」は、映画、TV、漫画、アニメ、ゲーム、コンビニグルメ、ファストフードなど、日常生活圏内に溢れるエンターテイメントの中から良作良品をリコメンドして、毎月届ける日本で唯一のインドアエンタメ総合誌。  今回、連載中の作品で堂々の第1位となった『弱虫ペダル』は、オタク高校生が自転車競技にのめり込んでいく姿を描く。「週刊少年チャンピオン」(秋田書店)にて連載中で、単行本は既刊32巻で累計850万部を突破。現在TVアニメも放送中の本作を推薦した書店員は「主人公やその仲間、ライバルたち。少年の成長物語に、男の子っていいなぁと思わずにはいられません」などとコメントしている。    第2位には、「モーニング」(講談社))連載中の『鬼灯の冷徹』がランクイン。ドSの主人公・鬼灯が厄介事を始末していくゆるゆる地獄コメディだ。第3位は「別冊少年マガジン」(講談社)にて連載中でありTVアニメも好評を博し、さらに実写映画化も決定した諫山創の『進撃の巨人』。「だんだんと明らかになっていく謎に加え、巨人の描写の気持ち悪さ。癖になる作品です」と、投票した書店員の言葉の通り、女性もこの異色ファンタジーにハマっている。   ■「女子がハマった男子漫画ランキング/連載中作品Best20」※11位以下は本誌にて。 第1位:『弱虫ペダル』(渡辺航) 第2位:『鬼灯の冷徹」(江口夏実) 第3位:『進撃の巨人』(諫山創) 第4位:『ハイキュー!!』(古舘春一) 第5位:『ジョジョリオン』(荒木飛呂彦) 第6位:『ONE PIECE」(尾田栄一郎) 第7位:『七つの大罪』(鈴木央) 第8位:『3月のライオン』(羽海野チカ) 第9位:『黒子のバスケ』(藤巻忠俊) 第10位:『暗殺教室』(松井優征)

  • 人気冬アニメランキング第1位となった『鬼灯の冷徹』

    レコチョク、人気冬アニメランキング発表!第1位は『鬼灯の冷徹』

    アニメ・コミック

     レコチョクが、ユーザー投票による“人気冬アニメランキング”を発表。第1位となったTVアニメは、地獄を舞台にした『鬼灯の冷徹』に決定した。@@cutter 同ランキングは、iPhoneやAndroidなどのスマートフォン向け「レコチョク」、「レコチョク音楽情報」サイトで1月10日~1月29日の期間で行ったユーザー投票をまとめたもの。  第1位となった『鬼灯の冷徹』は、「モーニング」(講談社)で連載中の同名漫画のアニメ化。地獄を舞台にした、いわゆる“日常系”を描いており、閻魔大王の第一補佐官を務める鬼・鬼灯(ほおずき)が主人公となる。ユーザーからは「毎週鬼灯様の冷徹さが楽しみです!」(17歳/女性)、「現実の世界ではなく、地獄の世界をギャグとして取り入れて面白く描いているところ」(16歳/男性)などのコメントが届いた。  第2位は『ノラガミ』。「月刊少年マガジン」(講談社)に連載中の人気漫画のアニメ化であり、人間からの依頼を賽銭5円で引き受ける神様”夜ト”と、その周りで繰り広げられる、神々や人間たちの物語。「物語がすごく面白いし、声優が豪華かといってしっかり理想と声があってる」(14歳/女性)などの声が多く、ストーリー性のほか神谷浩史や内田真礼、梶裕貴など人気声優が顔を揃えていることも魅力の一つとなっている。  そのほか第3位に『ニセコイ』、第4位に『ハマトラ』、第5位に『中二病でも恋がしたい!戀』と並ぶ。 ■人気冬アニメランキング 第1位『鬼灯の冷徹』 第2位『ノラガミ』 第3位『ニセコイ』 第4位『ハマトラ』 第5位『中二病でも恋がしたい!戀』 第6位『咲‐Saki‐全国編』 第7位『未確認で進行形』 第8位『のうりん』 第9位『ディーふらぐ!』 第10位『世界征服~謀略のズヴィズダー~』

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access