アニメ化 関連記事

  • 映画『グレムリン』シリーズが前日譚アニメ化(※1984年公開『グレムリン』の場面写真より) 

    『グレムリン』、前日譚のアニメシリーズ製作

    アニメ・コミック

     ジョー・ダンテ監督、スティーヴン・スピルバーグ製作のヒット映画『グレムリン』シリーズ。米ワーナーメディアのストリーミング配信サービスで、前日譚のアニメシリーズが製作されることが決まったという。@@cutter かわいい不思議な生物モグワイが3つの飼育方法を守らなかったことで凶暴なグレンムリンと化し、街をパニックに陥れる『グレムリン』シリーズ。Varietyによると、アニメシリーズのタイトルは『Gremlins:Secrets of the Mogwai(原題)』。原題の意味は「グレムリン:モグワイの秘密」だ。  1920年代の中国・上海が舞台となり、1作目でビリーの父親がモグワイを入手したチャイナタウンの骨董店店主の少年時代が描かれるという。10歳の少年サム・ウィングがギズモという名前のモグワイに出会い、路上で盗みを働く10代のエルと、ギズモを連れて危険な旅に出るとのこと。時に中国の寓話に登場する怪物や霊魂、追っ手の強欲な実業家と彼のグレムリン軍団と戦いながら、ギズモを家族のもとに戻そうと奮闘し、伝説の財宝を発見するという。  1話30分の10話構成となり、映画『凍える夜に、盲目の殺し屋トポ』のジー・チャンが脚本を執筆、共同製作総指揮を務める。製作総指揮には、アンブリン・テレビジョンのダリル・フランクやジャスティン・ファルヴェイらが名を連ねる。  ボイスキャストや配信時期などの詳細は不明。今後の続報が待たれるところだ。

  • 『ヴィンランド・サガ』×『ポンコツクエスト』特別コラボアニメ 場面写真

    『ヴィンランド・サガ』×『ポンコツクエスト』コラボ再び! 原作者・幸村誠も出演

    アニメ・コミック

     初回放送を直前に控えたテレビアニメ『ヴィンランド・サガ』と、YouTube再生回数が合計6200万回を突破した人気作『ポンコツクエスト』による特別コラボアニメが公開。2015年以来の再コラボとなった今回は、『ヴィンランド・サガ』の原作者・幸村誠がスペシャルゲスト声優として出演。「カク」と「イムラ」とのやりとりを展開している。@@cutter アニメ『ヴィンランド・サガ』は、「アフタヌーン」(講談社)にて連載中の幸村誠の同名コミックが原作。千年期の終わり頃、あらゆる地に現れ暴虐の限りを尽くした最強の民族、ヴァイキング。最強と謳われた戦士の息子トルフィンは、幼くして戦場を生き場所とし、幻の大陸“ヴィンランド”を目指す。  『ポンコツクエスト』は魔王に仕えるポンコツな魔物「カク」と「イムラ」の、グダグダな日常を描いたコメディアニメ。2013年8月からYouTubeで配信がスタートし、人気を博している。  公開された特別コラボアニメでは、カクとイムラが『ヴィンランド・サガ』のテレビアニメ化を知り、とある人物に出演交渉を持ちかける。途中から声で出演する原作者・幸村と、ユニークなやりとりを展開するさまが描かれている。  テレビアニメ『ヴィンランド・サガ』は、NHK総合にて7月7日24時10分放送。関西地方は24時45分放送。初回放送は第1話から第3話まで一挙放送予定。

  • 長編アニメーション映画『犬王』は2021年公開予定

    湯浅政明×松本大洋×野木亜紀子がタッグ 『平家物語 犬王の巻』映画化

    アニメ・コミック

     軍記物の名作『平家物語』の現代語訳を手掛けた古川日出男による、能楽師・犬王の実話をもとに新たに生まれた『平家物語 犬王の巻』が、『犬王』のタイトルで長編アニメーション映画化が決定。“能楽”を題材とする本作の映像化には、監督・湯浅政明、キャラクター原案・松本大洋、脚本・野木亜紀子と日本を代表するトップクリエイターたちが集結した。@@cutter 原作となる『平家物語 犬王の巻』は、古川により『平家物語』に連なる物語として、南北朝~室町期に活躍し、世阿弥と人気を二分した能楽師・犬王の実話をもとに誕生。今回発表された映画『犬王』は、600年以上の歴史を誇り、現存する世界最古の舞台芸術と言われる“能楽”を題材にしてミュージカル・アニメーションとして描かれる。  監督は、『きみと、波にのれたら』の湯浅が務め、自身初の“能楽”のアニメーション化に挑戦。キャラクター原案は、新連載『東京ヒゴロ』(ビッグコミックオリジナル/小学館)がスタートしたばかりの漫画家・松本が担当し、原作の装画を務めた彼が、初めて小説原作のキャラクター原案を手がける。  脚本は、ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』『アンナチュラル』など数々のヒット作を世に送り出している野木。ドラマ・映画と活躍し、向田邦子賞、市川森一賞をW受賞した彼女が自身初のアニメーション映画脚本に挑む。  公開されたビジュアルは、原作の持つ雰囲気がシンプルに表現された1枚。アニメーションとしての実際の表現がより気になる仕上がりとなっている。  今回の発表について古川は「私が書いたのは芸能についての小説だ。芸能とは歌であり演奏であり、感情、感動である。私は文字だけでその物語化を成し遂げようと試みた。今回、それらは一冊の本の内側から解き放たれる。すなわち音が、声が、色彩が。それから感情が、もちろん感動が。その監督やその脚本家やそのキャラクターの設計家や、音楽家や、その他その他によって、それらはついに放たれるのだ」と、アニメーションでの表現に期待を寄せている。  さらに、湯浅は「歴史にはわずかにしか書き記されていない、『犬王』という猿楽師を大胆に解釈された古川さんの物語。野木さんの脚本。松本さんのイメージ。・・・これは面白くなるしかないですね」、松本は「湯浅監督はじめ作品に関わる人間が楽しんで作ることができたら、きっとすごいアニメーションになると期待しています」、野木は「古川さんが著した『平家物語 犬王の巻』を読んだときの高揚と切なさをどう脚本に落としこむのか、地の文からどう世界をすくい上げるのか、難しくもやり甲斐のある仕事でした。アニメ表現は無限であり実写の何倍も出来上がりの予想がつきません」とそれぞれ映画化にあたりコメントしている。  長編アニメーション映画『犬王』は2021年公開予定。

  • TVアニメ『スタンドマイヒーローズ PIECE OF TRUTH』“警視庁”ビジュアル解禁

    TVアニメ『スタンドマイヒーローズ』“警視庁”ビジュアル&劇場CM解禁

    アニメ・コミック

     薬物絡みの事件を取り扱う独立捜査機関=スタンドの新人マトリである泉玲と、<スタンド>の候補者として選出されたメンバーによる活躍が描かれるTVアニメ『スタンドマイヒーローズ』。この度、本作に登場する警視庁の4名が描かれた第2弾ティザービジュアルがお披露目。併せて、ボイス入りの劇場CMも公開された。@@cutter TVアニメ『スタンドマイヒーローズ』の原作は、2016年9月5日の配信スタートから、すでに100万ダウンロードを記録している同名の女性向けシナリオ×パズルゲームアプリ。  麻薬取締官、刑事、情報屋、著名人、名家の人間といった官民に関係なく適正のある者で構成された、薬物絡みの事件を取り扱う独立捜査機関=スタンド。新人マトリである泉玲は、<スタンド>の候補者として選出されたメンバーのスカウト役に任命される。しかし、その候補者として選出されたメンバーを待ち受けていたのは、異なる正義を持つ組織間の対立と、謎のドラッグに紐付く未解決事件であった。  公開された第2弾ティザービジュアルには、警視庁捜査一課―殺人や強盗など凶悪犯罪を担当している警視庁の4名、荒木田蒼生、朝霧司、服部耀、菅野夏樹の姿が収められている。彼らは、強靭な肉体と強い精神力を持つエリート集団であり、クセの強いメンバーで、服部の方針により全員がファーストネームで呼び合う。同じく公開された劇場CMは、新宿ピカデリー(東京)・なんばパークスシネマ(大阪)にて上映中の映像で、各キャラクターが一挙に登場する内容となっている。  TVアニメ『スタンドマイヒーローズ』は、10月よりTOKYO MX、BS11にて放送開始。

  • 『ぼくらの7日間戦争』ティザービジュアル

    『ぼくらの7日間戦争』、アニメ映画化決定 ティザービジュアル&特報解禁

    アニメ・コミック

     1988年に女優・宮沢りえ主演で実写映画化された宗田理のベストセラー小説『ぼくらの七日間戦争』を原作として新たなストーリーを描くアニメ映画が、『ぼくらの7日間戦争』のタイトルで12月に全国公開されることが発表された。同時にティザービジュアルと特報が解禁された。@@cutter 本作は、大ヒットした実写映画版で、親や教師からの管理教育に反抗し、廃工場に立てこもり大人たちをやっつけた少年少女たちの“七日間戦争”から30年ほどの時が流れた2020年が舞台。原作のスピリットを受け継いだ新たなストーリーがアニメーション映像によって展開される。その新ストーリーの象徴として、タイトルは漢数字の「七」ではなくアラビア数字の「7」を使った『ぼくらの7日間戦争』としている。  本作の企画は、1988年の実写映画公開から30年を迎え、宗田の「ぼくら」シリーズの累計発行部数が2000万部を超えたことがきっかけ。1985年に第1作『ぼくらの七日間戦争』が刊行された当時は、学生運動をした世代の管理教育といった社会背景が下地にあったことで中高生を中心に人気を呼んで大ベストセラーに。88年の実写映画は宮沢の女優デビューにして初主演作として注目を集め、戦車や廃工場でのアクションといった大胆な演出が反響を呼んだ。宗田はその後も30年にわたって40作を超える続編を発表、主人公の菊地英治や中山ひとみが中学生から高校生、大学生、そして大人へと成長していく姿を描いている。  91歳となった今なお現役でシリーズの新作を書き続けている宗田は、アニメによる再映画化について、シリーズのテーマである「大人への挑戦」と「ユーモラスな戦い」を描くことを条件に快諾した。  監督を務めるのは、テレビアニメ『ブレイブビーツ』で監督デビューし、『ドリフェス!』などの話題作を手がけてきた村野佑太。脚本を務めるのは、映画『ブレイブストーリー』やNETFLIXで話題となった『DEVILMAN crybaby』など数々のアニメ大作を執筆してきた大河内一楼。  ティザービジュアルには、舞台となる雄大な山々に向かい、これから始まる7日間への期待に胸を膨らませる少年少女6人が描かれている。  また、特報では主人公の守を中心に、それまでの何気ない日常生活から大人に対する抵抗の始まりと、少年少女が大人へと成長する初めの一歩、“スタートライン”を描き出しており、彼らにとっての戦争は何か、彼らが立ち向かう敵とは何なのか、そして英治とひとみは登場するのかなど、原作ファンの想像を膨らませる映像となっている。  映画『ぼくらの7日間戦争』は12月全国公開。

  • 沙村広明『無限の住人』完全アニメ化決定

    沙村広明『無限の住人』、完全アニメ化決定

    アニメ・コミック

     木村拓哉主演で実写映画化もされた、沙村広明による人気コミック『無限の住人』の完全アニメ化が決定した。@@cutter 原作は、「アフタヌーン」(講談社)にて1993年6月から2012年12月まで連載された同名コミックで、剣客集団・逸刀流に両親を殺された少女・凜(りん)が不死身の用心棒・万次(まんじ)を雇い、敵討ちを目指す物語。  2017年に公開された実写映画『無限の住人』では、用心棒・万次を木村拓哉、少女・凜を杉咲花が演じ、そのほか福士蒼汰、市原隼人、戸田恵梨香ら豪華キャストが集結した。   今回、完全アニメ化の発表にあわせて、公式続編『無限の住人~幕末ノ章~』が、5月25日発売の「アフタヌーン」7月号から連載することも決定している。

  • TVアニメ『スタンドマイヒーローズ PIECE OF TRUTH』10月放送決定

    『スタンドマイヒーローズ』TVアニメ化、10月放送決定 ビジュアル&第1弾PV公開

    アニメ・コミック

     麻薬取締官(通称:マトリ)の活躍を描くゲームアプリ『スタンドマイヒーローズ』のTVアニメ化が決定し、10月から放送されることがわかった。併せて、本作のティザービジュアル、およびナレーション入りの第1弾PVが公開された。@@cutter 麻薬取締官、刑事、情報屋、著名人、名家の人間といった官民に関係なく適正のある者で構成された、薬物絡みの事件を取り扱う独立捜査機関=スタンド。ある日、新人マトリである泉玲(いずみれい)が、<スタンド>の候補者として選出されたメンバーのスカウト役に任命される。  しかし、候補者として選出されたメンバーを待ち受けていたのは、異なる正義を持つ組織間の対立と、謎のドラッグに紐付く未解決事件であった。彼らがたどりつく真実とは。  TVアニメの出演キャストには、杉田智和、浪川大輔、梶裕貴、前野智昭、鳥海浩輔、花江夏樹、高塚智人、柿原徹也、江口拓也、山谷祥生、白井悠介、山下誠一郎、八代拓、内田雄馬、西山宏太朗、武内駿輔、山下大輝、中島ヨシキ、沢城千春、梅原裕一郎、増田俊樹、村井美里といった人気声優が名を連ねている。  新たに公開されたティザービジュアルには、マトリの面々が描かれており、キャラクターの中には、麻薬取締部捜査企画課に所属する新人マトリ・泉玲の姿も。彼女は一部の薬物に対して耐性がある「薬効体質」の持ち主だ。  第1弾PVは、杉田智和のナレーション入りで、ティザービジュアルに描かれたキャラクターたちの活躍する姿をみることができる。また、後半には「謎の麻薬」「隠蔽工作」「薬物中毒」など作中で鍵を握るであろうワードが随所に散りばめられ、最後に「正義の反対は、もう一つの正義」というナレーションで締めくくられている。  TVアニメ『スタンドマイヒーローズ PIECE OF TRUTH』は、10月よりTOKYO MX、BS11にて放送開始。

  • TVアニメ『俺を好きなのはお前だけかよ』10月放送決定

    『俺を好きなのはお前だけかよ』アニメ化、10月放送決定

    アニメ・コミック

     第22回電撃小説大賞で金賞を受賞し、現在までにシリーズ9冊を刊行している『俺を好きなのはお前だけかよ』のTVアニメ化が決定し、10月から放送されることが明らかになった。@@cutter 『俺を好きなのはお前だけかよ』は、原作・駱駝、原作イラスト・ブリキによる「電撃文庫」の人気作。“俺”こと主人公・如月雨露(通称:ジョーロ)が、3人のヒロイン、三つ編みメガネ・三色院菫子(通称:パンジー)、クール系美人・秋野桜(通称:コスモス先輩)、かわいい系幼馴染み・日向葵(通称:ひまわり)と繰り広げるラブコメディ。  TVアニメにはキャストとして、ジョーロ役・山下大輝、パンジー役・戸松遥、ひまわり役・白石晴香、コスモス役・三澤紗千香が出演し、アニメーション制作は、『ストライク・ザ・ブラッド』などを手掛けたCONNECTが担当する。  また現在、ユーチューブではパンジー役の戸松による、原作者・駱駝描き下ろし短編『私のお願い』朗読ムービーが公開中となっている。  TVアニメ『俺を好きなのはお前だけかよ』は10月より放送開始。

  • 『アイ★チュウ』アニメ化決定ビジュアル

    恋愛ゲーム『アイ★チュウ』アニメ化 ビジュアル&PV公開

    アニメ・コミック

     アイドルの卵“アイチュウ”を一人前のアイドルに育成する恋愛リズムアドベンチャーゲーム『アイ★チュウ』がアニメ化する。今回の発表に合わせて、ステージへと足を踏み出す愛童星夜のビジュアル、さらにボイス入りのPVが公開された。@@cutter 『アイ★チュウ』の原作は、リベル・エンタテインメントが贈るiOS/Android向けの恋愛リズムアドベンチャーゲーム。舞台は有名事務所「エルドール」が設けた学園「エトワール・ヴィオスクール」。アイドルの卵を一人前のアイドルに育成する本学園において、彼らの教師であり、プロデューサーの貴方(プレイヤー)は、彼らを一人前のアイドルとして成長させていく。  今回のアニメ化は、4月14日に行われたファンミーティング「アイ★チュウFan Meeting~Happy Orange Day~」にて発表された。会場ではアニメ化決定ビジュアルに加え、星夜がアイドルを目指すことを決意した様子の収められたPVが公開された。

  • TVアニメ『消滅都市』キービジュアル

    TVアニメ『消滅都市』 玄田哲章&津田健次郎が出演 キャラクター設定解禁

    アニメ・コミック

     いよいよ7日から放送されるテレビアニメ『消滅都市』の追加キャストに、カイバラ役・玄田哲章、ダイチ役・津田健次郎が名を連ねた。併せて、キャラクター設定も明かされた。@@cutter 同名アプリゲームを原作としたアニメ『消滅都市』。一匹狼の運び屋の男タクヤ(杉田智和)と、消滅から唯一生還したと言われる少女ユキ(花澤香菜)。2人は、消息を絶ったと思われていたユキの父親からのメッセージを頼りに、消滅都市(ロスト)へと向かう。その道中で立ちふさがる障害や、残された人の想い、暗躍する謎の組織、そして隠された陰謀。タクヤとユキは、旅の中で絆を深めつつ、消滅都市の謎へと迫る。  今回発表された両キャラクターは、物語に深く関わるキャラクター。玄田演じるカイバラは、探偵事務所の所長で、現在は消息不明となっている。また、津田演じるダイチは、主人公ユキの父親である。  テレビアニメ『消滅都市』は4月7日より、TOKYO MX、BS11ほかにて順次放送開始。

  • アニメ『かつて神だった獣たちへ』7月放送決定 新ビジュアル解禁

    アニメ『かつて神だった獣たちへ』7月から放送決定 新ビジュアル解禁

    アニメ・コミック

     新作テレビアニメ『かつて神だった獣たちへ』の放送時期が2019年7月からということが決定した。また、主人公・ハンクが描かれたメインビジュアルが新たに公開となった。@@cutter 『かつて神だった獣たちへ』は、アニメーション制作をMAPPAが手掛け、キャストとしてハンク役・小西克幸、シャール役・加隈亜衣、ケイン役・中村悠一、エレイン役・能登麻美子、クロード役・石川界人、ライザ役・日笠陽子が出演する新作アニメだ。  かつて、長き戦乱を和平へと導いた【擬神兵】。しかし彼らは、時が立ち、その過ぎたる力ゆえ、人々からただ【獣】と称ばれ、恐れ蔑まれる存在へと変わっていた。そして、元擬神兵部隊の隊長【ハンク】は、【獣】に身を堕としたかつての戦友でもある【擬神兵】を殺す者【獣狩り】として旅に出るのであった。  この度、主人公・ハンクを正面に据えたメインビジュアルが公開。ハンクと旅をともにする少女・シャールが描かれた第一弾ビジュアルとは対の1枚だ。  テレビアニメ『かつて神だった獣たちへ』はTOKYO MX・MBS・BS11にて7月より放送。

  • TVアニメ『なんでここに先生が!?』が4月7日放送決定

    『なんでここに先生が!?』4月7日放送決定 上坂すみれが歌うPV映像解禁

    アニメ・コミック

     「ヤングマガジン」(講談社刊)にて連載中の“ちょっと過激なハイスクールラブコメ”『なんでここに先生が!?』のTVアニメ化が決定し、4月7日より放送されることがわかった。併せて、児嶋加奈役として出演する上坂すみれが歌うOPテーマ使用の第2弾PVが公開され、4人の先生が描かれたキービジュアル第3弾、EDテーマ情報も解禁となった。@@cutter 本作は、蘇募ロウが「ヤングマガジン」(講談社刊)にて連載中のコミックが原作。いろいろな場所で巻き起こる、大人の魅力にあふれた先生と、男子高校生によるギリギリ感満載のエッチなハプニングの連続に、先生たちの普段は見せない意外な素顔を、知れば知るほど好きになる。「あまあま」で「たゆたゆ」なかわいい先生たちとのハイスクールライフが、過激なシチュエーションで描かれる。  出演は、児嶋加奈役の上坂すみれに加え、佐藤一郎役・鈴木崚汰、松風真由役・後藤邑子、鈴木凛役・増田俊樹、葉桜ひかり役・石上静香、高橋隆役・山本和臣、立花千鶴役・山本希望、田中甲役・小林裕介が名を連ねている。  OPテーマは上坂が歌う「ボン●キュッ●ボンは彼のモノ●」(●はハートマーク)で、EDテーマは4人の先生それぞれのソロ歌唱バージョンが楽しめる「りんご色メモリーズ」に決定。第2弾PVには児嶋先生、松風先生、葉桜先生、立花先生が登場。初解禁となるOPテーマにのせ、“地上波ギリギリ”なシーンの数々が披露されている。  また、3月23日・24日開催の「Animejapan2019」にて本作のイベント実施も決定。23日17時50分よりKILLER PINKステージにて、メインキャストによるスペシャルトークステージが行われる。  TVアニメ『なんでここに先生が!?』は、4月7日よりTOKYO MX、BS11、AT‐Xにて放送。

  • TVアニメ『なむあみだ仏っ!‐蓮台 UTENA‐』、4月8日から放送決定

    TVアニメ『なむあみだ仏っ!』放送日決定 水中雅章らキャストコメント到着

    アニメ・コミック

     現世に降臨した仏様たちのドタバタ共同生活を描くTVアニメ『なむあみだ仏っ!‐蓮台 UTENA‐』が、4月8日から放送決定。キャストには、水中雅章、前野智昭、柿原徹也、小林裕介らが発表され、出演にあたりコメントも到着した。@@cutter 本作は、今冬配信予定の煩悩浄化バトルRPG『なむあみだ仏っ!‐蓮台 UTENA‐』を原作にアニメ化。釈迦如来の使命を受け、現世に降臨した帝釈天と梵天。彼らは煩悩の化身・マーラから人々を守ることを使命に、釈迦如来率いる十三尊の仏たちと共に梵納寺で共同生活を始める。しかし、過去に起きた「ある事件」のせいで、顔を合わせては反発しあってばかりの帝釈天と梵天。煩悩から人々を救おうと奮闘する彼らの物語が描かれる。  キャストには、水中、前野、柿原、小林に加え、豪華男性声優陣が集結。平川大輔、森久保祥太郎、松岡禎丞、木島隆一、堀江瞬、八代拓、村瀬歩、内田雄馬、天崎滉平、谷山紀章、河西健吾、山下大輝、鈴木達央、大塚剛央が名を連ねている。  自身の演じるキャラクターについて帝釈天役・水中は「ゲームでは、物静かな中にも情熱のある真っ直ぐなキャラクターという印象があったのですが、いざアニメの収録が始まると意外と天然といいますか、帝釈天の真っ直ぐすぎるその姿勢に思わず笑ってしまう描写があって可愛らしいところもあるんだなと微笑ましくなりました(笑)」と明かす。  釈迦如来役・森久保は「イケメンの仏たちがわんさか出てくる作品ですが、そのやりとりが面白い!個性が際立っているし、ストーリーも興味深いものがあります」と見どころをアピール。地蔵菩薩役・八代は「初めて地蔵菩薩を演じさせていただいてから何年も経つので、彼はもちろん、他の仏達も、アニメーションになるというのが感慨深いです」とアニメ化を喜んでいる様子だ。  また、3月23日・24日開催の「AnimeJapan 2019」では、開催期間中「第1話」をノーカットフル視聴できるPlayPicカードを「DMM picturesブース」内で限定配布。24日13時20分からは同ブースにて、水中と八代、MCのなすなかにしが登壇するステージが行われる。  TVアニメ『なむあみだ仏っ!‐蓮台 UTENA‐』は、4月8日からTOKYO MXほかにて放送。

  • 『本好きの下剋上 司書になるためには手段を選んでいられません』TVアニメ化決定

    『本好きの下剋上』TVアニメ化決定、井口裕香&速水奨出演 ティザーPVも公開

    アニメ・コミック

     シリーズ累計100万部突破の『本好きの下剋上 司書になるためには手段を選んでいられません』のTVアニメ化が決定。主人公のマイン役に井口裕香、神官長フェルディナンド役は速水奨が担当し、ボイス入りのティザーPVも公開された。@@cutter 本作はシリーズ累計100万部突破に加え、“このライトノベルがすごい!”(宝島社刊)2018年、2019年で2年連続第1位(単行本・ノベルス部門)に輝いた話題作。  現代の日本で生活している「本須麗乃(もとすうらの)」は、念願である図書館への就職が決まったその日に亡くなってしまう。もっと多くの本が読みたかった、そんな未練を抱いたままの彼女は気が付くと異世界の幼女マインとしての身体を持って意識を取り戻す。  そして、物語の舞台となるのは、魔法の力を持つ貴族たちに支配された中世のような異世界の都市エーレンフェスト。厳格な身分制度の中、現代日本の知識を持つ少女マインが、本を手に入れるために奮闘する。  公開されたティザービジュアルは、井口演じる主人公のマインが描かれた1枚。ボイス入りのティザーPVには、本への情熱を存分に発揮するマインの姿も描かれ、速水演じる神官長フェルディナンドも登場している。

  • 『異世界チート魔術師』TVアニメ化決定&第1弾キービジュアル公開

    『異世界チート魔術師』アニメ化決定 ビジュアル&キャスト解禁

    アニメ・コミック

     シリーズ累計140万部を突破した『異世界チート魔術師』のTVアニメ化が決定し、“チート”な魔力を持つ2人が描かれたキービジュアル第1弾が公開された。キャストには天崎滉平、高橋李依が名を連ねる。@@cutter 『異世界チート魔術師』は、小説投稿サイト「小説家になろう」から始まった“異世界ファンタジー英雄譚”をアニメ化。  どこにでもいる普通の高校生・西村太一と、運動神経抜群でモデル体型の美少女・吾妻凛。平和な高校生活を送っていた2人はある日、恐ろしい魔物が生息し、獣人やドワーフ、エルフといった多様な種族が存在する、まるでファンタジーのような世界に迷い込む。そんな中、異世界へと導かれた太一と凛は、この世界で生き抜くために「冒険者」になることを決意。だが、適性検査で2人が“チート”な魔力を持っていることが判明する。  キャストは、全ての魔術属性に適正を持たない魔導師の能力を持つ西村太一役に天崎、火、風、土、水の四大魔術属性すべてを扱える希少な四大魔術師の能力を持つ吾妻凛役に高橋、監督は『ARIA The ORIGINATION』など、多数の作品に参加している筑紫大介が務める。  シリーズ構成は、アニメ『櫻子さんの足下には死体が埋まっている』などで知られる伊神貴世、音楽は『ラブライブ!』の藤澤慶昌が担当。公開されたキービジュアル第1弾には、天崎演じる西村太一、高橋演じる吾妻凛の姿が堂々と収められている。  また、3月23日の「AnimeJapan 2019」の東7ホールKADOKAWAブース内ステージでは、天崎、高橋が出演するスペシャルステージが行われ、当日ステージの模様は、ネットでのライブ配信も予定している。

  • TVアニメ『荒ぶる季節の乙女どもよ。』7月放送決定

    『荒ぶる季節の乙女どもよ。』TVアニメ化、7月放送決定! ビジュアル&キャスト発表

    アニメ・コミック

     岡田麿里が原作を務める漫画『荒ぶる季節の乙女どもよ。』のTVアニメ化が決定し、7月より放送することがわかった。併せて、第1弾キービジュアルの解禁に加え、出演するキャスト陣が発表されコメントが到着した。@@cutter 本作は、アニメ『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』などで知られる岡田と、漫画『それでも僕は君が好き』の絵本奈央による、「別冊少年マガジン」(講談社)で連載中の同名漫画のTVアニメ化。文芸部に所属する小野寺和紗たち女子高生5人が、“性”に振り回されていく青春群像劇だ。  発表されたキャストは、小野寺和紗役・河野ひより、菅原新菜役・安済知佳、須藤百々子役・麻倉もも、本郷ひと葉役・黒沢ともよ、曾根崎り香役・上坂すみれ、典元泉役・土屋神葉の6人。出演について河野は「原作を初めて読んだときに、和紗の経験する戸惑いや悩みに共感してばかりだったのと、『こんなに色々なものを曝け出している作品があってもいいのか…!』と衝撃を受けました。和紗を演じると自分も学生時代に味わったことのある感情がたくさんフラッシュバックして、心が爆発しそうな気持ちになります!」と心境を明らかにした。  安済は「この『荒ぶる季節の乙女どもよ。』の青春のキーワードは『性』。誰もが通る道といいますか、一度は考えてしまう本能的なものに、思春期の少女達がぐちゃぐちゃに振り回されている様子がとにかく青臭くてひたむきで……大変引き込まれてしまいました」とコメント。麻倉は「ひとりひとりが自分の問題や疑問に悩み立ち向かっていく姿には胸がぎゅっとなりました…!」と本作の印象を露わにした。  また、黒沢は「私が女だからかもしれないのですがパンチのある話なのにたまらなく愛おしくて。私が演じるひと葉は口数が少ないけど内包しているエネルギーは割とあるのではと感じています」と自身の演じるキャラクターについて。同じく原作を読んだ上坂は「思春期という得体のしれないものに思い切り顔をはたかれるような感覚に襲われる作品です。曾根崎さんは自分に重なる部分が多いキャラクターなので、演じるのがとても楽しみです!」と語った。  そして、今回発表された唯一の男性キャストの土屋は「女性の思春期を正面からとらえる作品は、自分にとって初めての挑戦であり衝撃的でしたが、心の変化に理性的な理解が追い付かないという思春期ならではの戸惑いには、性別を越えた強いシンパシーを感じました」とコメントを残している。  TVアニメ『荒ぶる季節の乙女どもよ。』は、2019年7月より放送。

  • 主題歌入りのアニメ『ULTRAMAN』予告解禁!

    アニメ『ULTRAMAN』、主題歌が流れる予告編公開 早田進次郎らの場面写真も解禁

    アニメ・コミック

     「月刊ヒーローズ」で連載中のコミックを原作にアニメ化された『ULTRAMAN』より、最新の予告編が解禁。OLDCODEXによる主題歌「Sight Over The Battle」にのせて、鋼鉄の強化スーツを身に纏って戦う“等身大のヒーロー”たちの活躍を見ることができる。@@cutter 本作の舞台は、かつて、ウルトラマンが危機を救った地球。早田進の息子・進次郎は、父がかつてウルトラマンであったこと、地球に暗躍する宇宙人たちの存在を知る。そして進次郎は、科学特捜隊の井手によって開発されたウルトラマンスーツを着用し、地球で暗躍する宇宙人たちとの戦いに挑もうとする。  新たに公開された予告編では、早田進次郎/ULTRAMAN、諸星弾/SEVEN、北斗星司/ACEの姿が、映像としてお披露目。大迫力の戦闘に加え、まだ正体の明かされていない異星人も多数登場している。ヒロインのレナがピンチとなるシーンでは、ULTRAMANのカラータイマーが赤く発光する場面も。さらに、主題歌「Sight Over The Battle」が本予告編にて初公開となった。  また今回、場面写真も新たに解禁。早田進次郎をはじめ、かつてウルトラマンだった早田進や、エド、ベムラーら、物語の鍵を握る主要キャラクターが多数収められている。  アニメ『ULTRAMAN』は、4月1日からNetflixにて世界同時配信開始。

  • TVアニメ『消滅都市』追加キャラクター設定公開

    TVアニメ『消滅都市』放送日決定! 追加キャラクター&出演者も公開

    アニメ・コミック

     人気ゲームを原作としたTVアニメ『消滅都市』の放送日が、4月7日よりTOKYO MX、BS11にて順次放送決定。また追加出演として、鈴木崚汰、てらそままさき、山谷祥生、伊丸岡篤、久保ユリカが発表され、キャラクター設定が公開された。@@cutter アニメ『消滅都市』は、「ドラマ×アクション×RPG」を掲げた大人気アプリが原作。物語の舞台は、ある日、ひとつの都市が消滅した世界。一匹狼の運び屋の男タクヤと、消滅から唯一生還したと言われる少女ユキは、あるメッセージを頼りに消滅都市(ロスト)へと向かう。その旅の中で彼らは、数々の陰謀を目の当たりにし、やがて消滅都市の謎へと迫ってゆく。  今回公開されたキャラクターとして、まずはユウジ、ケイゴ、シュンペイと、先日発表となったリョウコを加えたこの4人は、ティザーイラストにも描かれており、ユウジ役を鈴木、ケイゴ役をてらそま、シュンペイ役を山谷が担当する。  さらに、ヨシアキ&ツバサの兄弟ほか、ツバサの元に集まった「怪盗団」の団員でルイ、スミレ、ジャック、カナの4人も新たに追加。ジャック役は伊丸岡、カナ役は久保が演じる。  そのほかのキャストには、ユキ役・花澤香菜、タクヤ役・杉田智和、アキラ役・中村悠一、スズナ役・佐倉綾音、ヨシアキ役・松岡禎丞、ツバサ役・島崎信長、ルイ役・KENN、スミレ役・日岡なつみ、リョウコ役・黒沢ともよの出演が既に決定している。  TVアニメ『消滅都市』は4月7日より、TOKYO MX、BS11ほかにて順次放送開始。

  • アニメ『MIX』で西村勇役を演じる中尾隆聖

    アニメ『MIX』、中尾隆聖の出演決定 『タッチ』上杉達也のライバル西村勇役を再演

    アニメ・コミック

     あだち充作品『タッチ』の舞台である明青学園の約30年後が描かれるTVアニメ『MIX(ミックス)』。本作の追加キャストが発表され、西村勇役で中尾隆聖の出演が明らかになった。『タッチ』から引き続き、上杉達也のライバルだった西村役を演じることについて「約34年ぶりに同じキャラクターに逢えるなんて…。とても楽しみです」とコメントを寄せている。@@cutter 『MIX(ミックス)』は、あだち充が「ゲッサン」(小学館月刊少年サンデー)で連載中のコミックが原作。TVアニメ版のキャストとして、梶裕貴(立花投馬役)、内田雄馬(立花走一郎役)、内田真礼(立花音美役)のほか、高木渉、井上喜久子、花澤香菜らが既に決定している。  今回、中尾が演じる西村役は、『タッチ』で浅倉南を追いかけていた上杉達也のライバル。現在は母校、勢南高校野球部の監督をしている。出演について中尾は「三枚目で見栄っ張りでおっちょこちょいで、それでいて、何処か憎めない、私の大好きなキャラクターです」と自身の演じるキャラクターの魅力について語っている。  TVアニメ『MIX(ミックス)』は、4月6日より読売テレビ・日本テレビ系にて毎週土曜17時30分放送。(※一部地域を除く)

  • TVアニメ『MIX(ミックス)』キービジュアル第2弾公開!

    アニメ『MIX』、内田雄馬、花澤香菜、高木渉ら出演決定 キービジュアル第2弾も公開

    アニメ・コミック

     4月から放送されるTVアニメ『MIX(ミックス)』より、追加キャストとして、花澤香菜、内田雄馬、内田真礼、高木渉、井上喜久子の出演が決定し、あわせてキービジュアル第2弾も公開された。実の弟と兄妹役を演じることとなった内田真礼は「実際は…役に入ってしまうとそんなこと忘れて没頭してしまう気もします」とコメントを寄せている。@@cutter 『MIX(ミックス)』は、あだち充が「ゲッサン」(小学館月刊少年サンデー)で連載中のコミックが原作。あだちによる大人気コミック『タッチ』の舞台となった明青学園の約30年後が描かれる。コミックスは13巻までで、累計発行部数750万部以上を記録している。  TVアニメ版のキャストには、先日発表された立花投馬役の梶裕貴に加え、親の再婚によって投馬と家族になる立花走一郎役の内田雄馬、立花音美役の内田真礼、そして投馬の実父・立花英介役の高木渉、走一郎と音美の実母・立花真弓役の井上喜久子が出演。さらに、幼い頃、投馬に会っていたという新体操の選手・大山春夏役は花澤香菜が担当する。  出演について内田雄馬は「自分も身体を鍛えて、任された大役を果たさねばと思っています!」とコメント。内田雄馬の実の姉である内田真礼は、弟との兄妹役での出演について「不思議な感じです!まだアフレコが始まっていませんが、実際は…役に入ってしまうとそんなこと忘れて没頭してしまう気もします」と語っている。  また花澤は、「野球観戦や野球を描く作品が大好きなのでとても嬉しかったです。ただ、原作を読ませていただいて、春夏ちゃんに憧れを抱いている方がたくさんいらっしゃるのだろうと思い、責任重大だと感じています」と思いを露わにした。  高木は「オーディションではなく、立花英介役をお願いしますと直接お話をいただいたので、嬉しさと共にその期待に応えなくてはと気持ちが引き締まりました。井上喜久子さんとの夫婦役も楽しみです」と明かす。一方、井上は自身が演じるキャラクターについて「辛い過去があったにせよ、明るく前向きに生きている元気で魅力的な母です♪彼女の今の家族を大切に想う気持ちにまっすぐ向き合いたいと思います」と意気込みをアピールしている。  TVアニメ『MIX(ミックス)』は、4月6日より読売テレビ・日本テレビ系にて毎週土曜17時30分放送。(※一部地域を除く)

  • TVアニメ『消滅都市』ティザービジュアル第7弾

    TVアニメ『消滅都市』、オープニング映像&最新ビジュアル解禁

    アニメ・コミック

     2019年4月より放送が決定したTVアニメ『消滅都市』より、本作の主題歌として、阿部真央が歌う新曲「答」が使用されたアニメオープニング映像が公開。併せて、最新のティザービジュアルが公開された。@@cutter ドラマ『消滅都市』は、「ドラマ×アクション×RPG」を掲げた大人気アプリが原作。最新作『消滅都市0.』を含めたDL数は、全世界950万を突破している。物語の舞台は、ある日、ひとつの都市が消滅した世界。一匹狼の運び屋の男タクヤと、消滅から唯一生還したと言われる少女ユキは、あるメッセージを頼りに消滅都市(ロスト)へと向かう。その旅の中で彼らは、数々の陰謀を目の当たりにし、やがて消滅都市の謎へと迫ってゆく。  キャストには、ユキ役・花澤香菜、タクヤ役・杉田智和のほか、アキラ役・中村悠一、スズナ役・佐倉綾音、ヨシアキ役・松岡禎丞、ツバサ役・島崎信長、ルイ役・KENN、スミレ役・日岡なつみ、リョウコ役・黒沢ともよら、人気声優が名を連ねている。  監督は、『鬼平 ~その男、長谷川平蔵~』『僕らはみんな河合荘』などを手がけた宮繁之、シリーズ構成は『黒子のバスケ』シリーズや『サクラクエスト』で知られる入江信吾、キャラクターデザインは『食戟のソーマ』シリーズや『サクラダリセット』の下谷智之、音楽は『GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊』『Fate/stay night』『機動戦士ガンダムOO』など数多くの作品を生み出した川井憲次が担当する。  公開されたオープニング映像には、阿部による新曲「答」にのせ、物語の鍵を握るユキとタクヤの姿。さらに原作ゲームファンも嬉しい、多数の演出が収められた。なお、本作のエンディング主題歌は作中に登場するアイドルユニット「SPR5」による「With Your Breath」に決定している。  また解禁となった最新のティザービジュアルには、主人公ユキの弟:ソウマとタイヨウ・ツキ・スズナが描かれている。タイヨウ役で高橋英則、ツキ役に今井麻美が出演する。  TVアニメ『消滅都市』は、4月よりTOKYO MX、読売テレビ、BS11にて放送開始予定。

  • 『かつて神だった獣たちへ』2019年TVアニメ化決定

    『かつて神だった獣たちへ』、2019年TVアニメ化決定 制作はMAPPA

    アニメ・コミック

     「別冊少年マガジン」(講談社)で連載中の異形のダークファンタジー『かつて神だった獣たちへ』が、2019年TVアニメ化決定。アニメーション制作は、『ユーリ!!! on ICE』などで知られるMAPPAが担当し、ハンク役・小西克幸、シャール役・加隈亜衣の出演も明らかになった。@@cutter 本作は、『黄昏乙女×アムネジア』や『結婚指輪物語』で知られる、めいびいによるコミックが原作。かつて、長きに渡る内戦を終結させるために産み出され、<神>と称えられた救国の英雄<擬神兵>。物語は、戦争が過去へと移り変わる中、<擬神兵>は人々からただ<獣>と称ばれ、恐れ蔑まれる存在となった。そんな中、元・擬神兵部隊隊長であり、現在は<擬神兵>を殺す<獣狩り>と呼ばれるハンクと、彼に父親を殺された少女・シャールは旅を共に。かつての仲間を殺し続けるハンクの旅路の行き着く先とは。  この度、発表された本作は、『ユーリ!!! on ICE』『神撃のバハムート』『この世界の片隅に』など、数々のハイクオリティ作品を世に送り出して来たヒットメーカー・MAPPAがアニメーション制作を担当。  監督は、『はじめの一歩』2期・3期監督、『ユーリ!!! on ICE』では演出チーフを務めた宍戸淳、シリーズ構成・脚本として『ゾンビランドサガ』『牙狼アニメシリーズ』の村越繁が参加する。また公開されたビジュアルには、武器を手に掛けるシャールと、意味深に背中を見せるハンクの姿が収められている。  さらに今回、出演キャストとして発表された2人からコメントが到着。ハンク役・小西は「大好きな作品でしたので、オーディションにも力が入りました。皆さんのイメージに合うよう、そして、自分も楽しんで収録したいと思います」と明かす。  一方、シャール役・加隈は「オーディションの時に原作を読ませて頂いたのですが、悲しみを背負いながらも一生懸命自分の意思で前に進んでいく、芯の強い彼女の姿。そして時折みせる等身大の可愛らしさがとても印象的でした」と振り返り、「そんな彼女と一緒に、精一杯この世界を生きて行きたいと思います」と意気込みを語っている。

  • TVアニメ『キンプリ』ゲスト声優発表

    『キンプリ』TVアニメ版、4月8日より放送開始! ゲスト声優も解禁

    アニメ・コミック

     『KING OF PRISM』シリーズ最新作『KING OF PRISM ‐Shiny Seven Stars‐』のTVアニメ版が、テレビ東京ほかにて4月8日から放送されることが決定。あわせて、第2話、第3話に出演する豪華ゲスト声優として、白石涼子、山寺宏一、久川綾、麦人らが発表された。@@cutter 本作は、同シリーズ初となるTVアニメ版。シリーズは、プリズムスタァを目指す個性豊かな男の子たちが、女の子をもっともトキめかせる“プリズムキング”を目指してさまざまな試練や困難に立ち向かっていくストーリーで、フィギュアスケート、歌、ダンス、そして心の飛躍を表現するプリズムジャンプを組み合わせた“プリズムショー”が話題となっている。  初回は、シリーズ初心者も楽しめる特別企画『「KING OF PRISM ‐Shiny Seven Stars‐」30分でわかるキンプリ』を放送。視聴者がセリフを音読して参加できるシーンとしてお馴染みの“プリズムアフレコ”など、シリーズならではの楽しみ方を岩井勇気(ハライチ)、サンシャイン池崎らと一緒に学ぶことができる。  また今回、第2話・第3話のゲスト声優と設定画も解禁。太刀花ユキノジョウと香賀美タイガの家族らも公開され、それぞれの幼少期が描かれることも明らかになった。ゲスト声優には、ユキノジョウの母・紫子(節子)を久川、祖父・雪翁を麦人、ユキノジョウの幼少期を白石、父・菊右衛門(菊也)は前シリーズから引き続き山寺が演じる。加えて、香賀美タイガの家族はタイガの出身地になぞらえて青森出身のキャストで固められており、父・広大を高橋英則、母・朗香(ほがらか)を棟方真梨子、姉・大空を山本希望が演じ、タイガの幼少期は田村睦心が務める。  TVアニメ『KING OF PRISM ‐Shiny Seven Stars‐』は、4月8日からテレビ東京、テレビ愛知、テレビ大阪にて、4月10日からBSテレ東にて放送開始。

  • 『まちカドまぞく』がTVアニメ化決定!

    女子高生VS魔法少女を描く『まちカドまぞく』、TVアニメ化決定

    アニメ・コミック

     月刊4コマ漫画雑誌「まんがタイムきららキャラット」(芳文社)にて連載中の漫画『まちカドまぞく』のTVアニメ化が決定し、ビジュアルが公開された。本作は、ある日突然「魔族」の力に目覚めた主人公の女子高生が、自身と敵対する光の一族に選ばれし同級生の「魔法少女」に立ち向かう“ファンタジック系コメディ”だ。@@cutter 伊藤いづもが「まんがタイムきららキャラット」(芳文社)にて連載中の『まちカドまぞく』。闇の一族の末裔であり、ある日突然「魔族」としての力が覚醒した主人公・吉田優子は、同級生であり、ご町内に住む「魔法少女」を倒すことが任務だった。ツノと尻尾は生えたけど、力は普通の女の子以下な優子が、“月4万円生活の呪い”解除めざして奮闘する様子が描かれる。  また、TVアニメ化決定と同時に公開されたビジュアルには、「打倒 魔法少女!!」を掲げた「魔族」の少女と、彼女が戦いを挑む「魔法少女」の姿をみることができる。  TVアニメ『まちカドまぞく』は、TBS・BS‐TBSにて放送予定。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access