ディラン・オブライエン 関連記事

  • バンブルビーの声に抜擢されたディラン・オブライエン

    『トランスフォーマー』新作、主役バンブルビーの声はディラン・オブライエン

    映 画

     マイケル・ベイ監督の人気SFアクション『トランスフォーマー』シリーズ。初めてのスピンオフで日本では来年3月22日公開予定の『バンブルビー』に、映画『メイズ・ランナー』シリーズの俳優ディラン・オブライエンがバンブルビー役で声の出演を果たすことが判明した。@@cutter バンブルビーは本家シリーズの中では言葉が話せず、これまでは車のラジオを操って人間とコミュニケーションを取っていたが、前日譚となるスピンオフ『バンブルビー』では言葉を話すという。プロデューサーのロレンツォ・ディ・ボナヴェンチュラ氏が、IGNとのインタビューで明かしたという。  同作はバンブルビーのオリジンストーリーになるゆえ、「彼の声を聞けるのが妥当だと感じた」とコメント。「採用したのはシンプルなロジックで、長期的には異なってくる。短期的なことで言えば、基本的にはバンブルビーが何者なのかというミソロジーをリセットしているので、彼がどんな声をしているのか、聞けるのは理にかなっている」と説明している。  ディランの声で話すバンブルビーの姿を一部の限られた人々に試写で見せたとのことだが、バンブルビーにふさわしい声と好評だったという。  『バンブルビー』は1980年代を地球を舞台に、古びた1967年式ビートル(フォルクスワーゲン)に変形していたバンブルビーがジャンクヤードでチャーリーという少女に出会い、親交を深めながら地球の危機を救うために立ち上がるというストーリー。チャーリー役は、映画『スウィート17モンスター』の女優ヘイリー・スタインフェルドが演じる。監督はアニメ『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』のトラヴィス・ナイトが務める。

  • ディラン・オブライエンとナイトクラブに出かけたクロエ・モレッツ

    クロエ・モレッツ、『メイズランナー』D・オブライエンと急接近か

    セレブ&ゴシップ

     4月にブルックリン・ベッカムと破局して以来、シングルだった女優のクロエ・モレッツが、映画『メイズランナー』の主演俳優ディラン・オブライエンと一緒にいる姿をパパラッチされ、新しい恋を噂されている。@@cutter The Blastによると、クロエとディランが一緒にいるところを目撃されたのは現地時間7日。二人はセレブに人気のロサンゼルスのナイトクラブ、The Nice Guyに別々に来たが、同じ車で去ったという。その後、二人はハリウッドにある別のナイトクラブ、Avenue LAで時間を過ごしたとのことだ。  今月26日に27歳になるディランと、現在21歳のクロエ。ディランは2011年に Hollywireのインタビューで、セレブではクロエに熱を上げていることを語ったが、当時、クロエが未成年だったため、あとで発言を撤回したという。  二人が最初のクラブで待ち合わせをしていたかは不明。ディランは映画『トゥモローランド』の女優ブリット・ロバートソンと2011年から交際していたが、今年初めから一緒にいるところを目撃されていないとのことだ。ディランが現在シングルで、クロエと今後、真剣交際に発展することがあれば、注目を集めるハリウッドカップルが誕生することになる。

  • 集中砲火&ゾンビから逃げまくる!『メイズ・ランナー』カーアクション映像公開

    集中砲火&ゾンビから逃げまくる!『メイズ・ランナー』カーアクション映像公開

    映 画

     巨大迷路に閉じ込められた若者たちの運命を描いたサバイバルアクション『メイズ・ランナー』シリーズの完結編となる『メイズ・ランナー:最期の迷宮』から、3つの壮絶カーアクションシーンを凝縮した本編映像が到着した。映像には、戦闘機に追われながら荒野を疾走するトーマスたちや、<ラスト・シティ>を疾走する巨大バスなどが収められている。@@cutter 完結編では、秘密組織<WCKD>に攫われたミンホを救い出すため、そしてすべての謎を解き明かすため、トーマス(ディラン・オブライエン)と仲間たちが最期のメイズに挑む。  解禁された本編映像は、本作の大きな見どころである刺激的な3つのカーアクションシーンをまとめた特別版。冒頭に登場するのは、WCKDの移送列車からミンホの救出に挑むシーン。車に乗り込んだブレンダ(ローサ・サラザール)とホルヘが、列車と併走するも、背後からはWCKDの戦闘機が迫る。容赦ない集中砲火が続く中、ホルへが見事なハンドルさばきを披露する。  続くシーンでは、トーマス、ニュート(トーマス・ブロディ=サングスター)ら3人が、ラスト・シティへとつながる危険なトンネルを疾走。3人を乗せた車のトンネルに潜伏していたクランクと呼ばれるゾンビが襲いかかる。パニック状態に陥るも、車を激しく蛇行させ、なんとかクランクを振り落とすことに成功するのが、その反動で車は大横転してしまうことに。  最後のシーンに登場するのはラスト・シティを疾走する巨大バス。ハンドルを握るブレンダは、WCKDの追っ手から逃れるため、ハンドルを切り激しいクラッシュを仕掛ける。大型トラックの運転手も顔負けの大胆な運転で追っ手をまいたブレンダは思わず高笑いするが、バスの背後には更なる追っ手たちが猛迫してくる。  果たして、ミンホを救出して無事逃げ切ることができるのか。  映画『メイズ・ランナー:最期の迷宮』は6月15日より全国公開。

  • 3人のランナーが決死の空中ダイブ!『メイズ・ランナー:最期の迷宮』本編映像公開

    高層ビルから決死の空中ダイブ!『メイズ・ランナー』“絶体絶命”映像解禁

    映 画

     全世界累計興収1000億円突破のメガヒット・シリーズ『メイズ・ランナー』の完結編となる『メイズ・ランナー:最期の迷宮』の日本公開に先駆け、主人公トーマスら3人のランナーたちが宿敵に追われ、絶体絶命の危機に直面する本編映像が公開された。@@cutter 本シリーズは、巨大迷路に閉じ込められた若者たちの運命を描いたサバイバルアクション・シリーズ。第1作で巨大迷路<グレード>からの脱出に成功し、第2作で凶暴化した伝染病患者<クランク>と戦い、やがて自分たちが伝染病対策のための人体実験サンプルであることを知った主人公トーマスたち。完結編となる本作では、仲間のミンホを助けるため、サンプルを集める秘密組織<WCKD>本部に逆侵入し、最期の戦いに挑む。  公開された映像は、トーマスとニュートがWCKDに潜入し、やっとの思いでミンホと再会を果たした直後から始まる。ホッとしたのもつかの間、宿敵ジャンソンが現れ、3人は高層階にある研究室の一室へと逃げ込む。  絶体絶命の3人は逃げ場がない状況に追いつめられ、ついに高層階のガラス窓を破壊し決死の空中ダイブ!果たして逃げ切ることができたのか…。  『メイズ・ランナー:最期の迷宮』は6月15日より全国公開。

  •  

  • 『メイズ・ランナー:最期の迷宮』プレミアに、まさかの“ギャリー”が登場!

    『メイズ・ランナー』プレミア開催 “あの男”がまさかのサプライズ登場!

    映 画

     全世界累計興収1000億円突破のメガヒット・シリーズ「メイズ・ランナー」の完結編『メイズ・ランナー:最期の迷宮』より、海外で開催されたプレミアの様子を収めた写真を入手。写真には、完結編のキャスト陣とともに、シリーズ1作目に登場したギャリー役の俳優、ウィル・ポールターの姿が映っている。@@cutter 「メイズ・ランナー」シリーズは、ジェームズ・ダシュナーの小説を元に、巨大迷路に閉じ込められた若者たちの運命を描いたサスペンススリラー。シリーズ完結編となる『メイズ・ランナー:最期の迷宮』では、3年がかりで巨大迷路を攻略し、脱出に成功した主人公トーマスがさらわれた仲間を救出するために最後の戦いへ身を投じる。  アメリカとイギリスで開催された本作のプレミアには、トーマスを演じるディラン・オブライエンをはじめ、ニュート役のトーマス・ブロディ=サングスター、テレサ役のカヤ・スコデラーリオなどのキャスト、ウェス・ボール監督らが登壇。さらには、第1作目でトーマスを「新入り」と呼び、若者たちのリーダー格として登場したギャリー役のウィルがまさかのサプライズで姿をみせ、会場を沸かせた。  ウィル演じるギャリーといえば、第1作目では迷路からの脱出を目指すトーマスと仲間たちの行動を阻止しようとして、キー・ホン・リー演じるミンホの投げた槍が刺さって死んだはずだった…。それだけに、プレミアの会場にいたファンにとってはウィルの登場により、驚きとともに嬉しいサプライズとなったようだ。  映画『メイズ・ランナー:最期の迷宮』は、6月15日より全国公開。

  • 『メイズ・ランナー』場面写真

    第1作目から4年…場面写真で振り返る『メイズ・ランナー』

    映 画

     映画『メイズ・ランナー』シリーズの最新作で、6月15日に公開となる『メイズ・ランナー:最期の迷宮』の日本上陸に向けて、シリーズを総ざらい。第1作の公開から4年を経て、若きキャストたちの成長が一目でわかる場面写真が公開となった。@@cutter 1作目『メイズ・ランナー』では、理由も分からず送り込まれた巨大メイズからの脱出に成功した主人公トーマス(ディラン・オブライエン)と仲間たち。しかし、同年に公開された2作目『メイズ・ランナー2:砂漠の迷宮』では、ホッとしたのもつかの間、謎の組織WCKD(ウィキッド)に囚われ、自分たちが人体サンプルにされようとしているという、衝撃の事実を知ることとなった。  トーマスたちはWCKDの基地からの脱出に成功するが、目の前には廃墟と化した都市と灼熱の砂漠が広がっていた。ブレンダ(ローサ・サラザール)の導きによってレジスタンスと合流したトーマスと仲間たちには、ゾンビと化した「クランク」が襲いかかり、WCKDの追跡部隊も迫る。激闘が続く中、予想だにしないテレサ(カヤ・スコデラーリオ)の裏切りによって、ミンホ(キー・ホン・リー)が囚われてしまう事態に。  6月15日に公開となる最終章では、トーマスたちがWCKDに囚われたミンホの救出に挑む。一行は若者たちを移送する列車の強奪に成功するが、そこにミンホの姿はなかった。そこでトーマスたちは、WCKDの本部がある伝説のメイズ「ラスト・シティ」に逆侵入することを決意する。しかし、武装された巨大な壁によって隔てられた「ラスト・シティ」は、侵入不可能な要塞都市だった…。  公開された場面写真には、トーマス役のディランやテレサ役のカヤをはじめ第1作からの彼らの姿が収められており、さまざまな作品に抜擢されるなど活躍の場を広げている彼らの成長ぶりが見てとれる。  映画『メイズ・ランナー:最期の迷宮』は6月15日公開。

  • 最新作『メイズ・ランナー:最期の迷宮』では、成長したキャスト陣の姿をみることができる

    『メイズ・ランナー』キャストオーディション映像発掘! 5年前の初々しい姿公開

    映 画

     完結編の公開を6月に控えた、全世界累計興行収入1000億円突破のメガヒット・シリーズ『メイズ・ランナー』から、キャストのオーディション映像が本邦初公開された。映像ではトーマス役のディラン・オブライエンをはじめとするキャストたちのオーディション時の幼さの残る表情から、この5年間の成長ぶりが伺える。@@cutter 映画『メイズ・ランナー』シリーズは、絶えず変形する謎の巨大迷路“メイズ”に閉じ込められた若者たちの運命を描くアクション超大作。完結編となるシリーズ最新作『メイズ・ランナー:最期の迷宮』では、巨大迷路を3年がかりで攻略したトーマスたちの姿を描く。  秘密組織“WCKD”にさらわれたミンホを救うために、トーマスたちは巨大な壁で囲われた要塞都市の中心部にあるWCKD本部へ侵入することを決意。しかし、その場所は近づくことさえ簡単ではない、侵入不可能な伝説の“メイズ”だった。  今回公開されたのは、“ヒーローになるための最初の試練”と題されたオーディション時の映像。『メイズ・ランナー』シリーズを生き抜いたキャストたちの“最初の試練”とも言えるオーディション時の映像を、現在の彼らがみてコメントしてる。  主演のディラン、ミンホ役のキー・ホン・リー、ニュート役のトーマス・ブロディ=サングスターら、幼さの残る3人がオーディションで自己紹介する姿から映像はスタート。ウェス・ボール監督が「キャスト全員にピンと来た。主人公のディラン以外はね」といたずらっぽい表情で一言。その理由について「ジェルでガチガチに固めた髪で別の撮影から直行したんだ。今見るとヤバい」とディラン本人が笑いながら説明。さらに映像には、テレサ役のカヤ・スコデラーリオがオーディションを振り返りながら「自信はまったくなかった。ダメだと思って、泣きながら帰ったわ」と明かす一幕も収められている。  映画『メイズ・ランナー:最期の迷宮』は6月15日より全国公開。

  • 『メイズ・ランナー:最期の迷宮』場面写真

    『メイズ・ランナー』完結編、監督&キャストらが“シリーズ最高宣言”

    映 画

     全世界累計興収10億ドル(約1000億円)を突破した映画『メイズ・ランナー』シリーズの完結編となる『メイズ・ランナー:最期の迷宮』から、ウェス・ボール監督とトーマス役のディラン・オブライエンら4大キャストが、最新作の魅力と見所を語る特別映像が解禁となった。@@cutter 本シリーズは、絶えず変形する謎の巨大迷路<メイズ>に閉じ込められた若者たちの運命をスリリングに描くアクション超大作。巨大迷路を3年がかりで攻略し遂に脱出したトーマスたち。しかしある日、秘密組織<WCKD>に仲間のミンホが攫われてしまう。トーマスらはミンホを救うため、巨大な壁で囲われた要塞都市<ラスト・シティ>中心部にある<WCKD>本部に逆侵入することを決意するが、その場所は近づくことさえ容易ではない、侵入不可能な伝説の<メイズ>だった…。  解禁された特別映像は、「深い感情面を描きつつスケールの大きさも維持し、三部作の完結編としてふさわしいー壮大な物語のアクション超大作だ」というポール監督の“シリーズ最高宣言”で幕を開ける。俊足ランナーのミンホを演じるキー・ホン・リーは、「決死の覚悟で挑む。命懸けの大バクチだからこそ、スリル満点のアクションが続く」と説明。  一方、テレサ役のカヤ・スコデラーリオは、「ひとつのシリーズとして一貫性があるのは同じ監督だからよ。喜ばしいことだわ」と、ボール監督がシリーズ全作で監督を務めたことを強調する。またニュート役のトーマス・ブロディ=サングスターも「全3作とも同じ監督で良かった。シリーズを通じて物語と雰囲気が一貫している」と続ける。  シリーズのフィナーレを飾る本作では、攫われたミンホを救い出すため、そしてすべての謎を解き明かすため、トーマスと仲間たちが最期のメイズに挑むこととなる。カヤは「すべての謎が遂に解き明かされる」と明言。ディランも「三部作の最後を飾るのにふさわしい、感情が渦巻く傑作さ」と話し、作品の仕上がりに自信をのぞかせている。  映画『メイズ・ランナー:最期の迷宮』は6月15日より全国公開。

  • 特別映像「2分でわかる『メイズ・ランナー』」より

    『メイズ・ランナー』、シリーズの全てがわかる特別映像到着

    映 画

     全世界累計興収10億ドル(約1071億円)を突破した『メイズ・ランナー』シリーズ。完結編となる最新作『メイズ・ランナー:最期の迷宮』の公開を前に、これまでのシリーズの復習にぴったりな特別映像“2分でわかる『メイズ・ランナー』”が公開された。@@cutter 絶えず変形する謎の巨大迷路(メイズ)に閉じ込められた若者たちの運命をスリリングに描いたSFサバイバルアクションである本シリーズ。これまで巨大迷路<グレード>を3年がかりで攻略し、脱出した主人公たちは、灼熱の砂漠で凶暴化した伝染病感染者<クランク>と闘いながら決死のサバイバルを経験してきた。  シリーズのエッセンスを凝縮した特別映像は、猛スピードで上昇するエレベーターのシーンからスタート。主人公のトーマス(ディラン・オブライエン)が、ギャリー(ウィル・ポールター)やニュート(トーマス・ブロディ=サングスター)らの仲間となる様子、そして立ちはだかる迷路の秘密を探る「ランナー」として、何度も迷路に足を踏み入れる姿を映し出す。俊足ランナーのミンホ(キー・ホン・リー)やテレサ(カヤ・スコデラーリオ)らとともに脱出に成功したトーマスたちだが、彼らを待ち受けていたのは、秘密組織WCKDの研究者エヴァによる「これから実験は第二段階よ」というメッセージだった。  再び拘束されたトーマスたちは、フレアという感染病の治療薬のために、自分たちが実験台にされるという衝撃的な事実を知らされる。彼らは他の迷路から来た若者たちと共に脱走に成功するが、彼らの前には灼熱の砂漠が出現。フレアに感染し、脳も冒されたクランクという人間たちが次々と襲来する中、逃亡を続けるトーマスたちは、ブレンダ(ローサ・サラザール)に案内されてWCKDに対抗するレジスタンス集団ライト・アームと合流する。しかし、クランクとの激しい戦いでブレンダは深い傷を負い、予期せぬテレサの裏切りによって、トーマスたちをWCKDが急襲。ミンホが攫われてしまう。  最新作では、攫われたミンホを救い出すため、そしてすべての謎を解き明かすために、トーマスと仲間たちは、最期のメイズに挑む。巨大迷路、灼熱の砂漠を遙かに凌ぐ難攻不落のラスト・シティを前に、トーマスと仲間たちはどんな闘いを挑むのか。これまでは試練を“与えられた”彼らが、自ら試練に“身を投じる”ことになる姿に注目だ。  映画『メイズ・ランナー:最期の迷宮』は6月15日より全国公開。

  • 『メイズ・ランナー:最期の迷宮』より

    『メイズ・ランナー』最終章、アクション全開の日本版予告が到着

    映 画

     『メイズ・ランナー』シリーズの完結編『メイズ・ランナー:最期の迷宮』の日本公開日が6月15日に決定。併せて、ド迫力なアクションシーン満載の日本版オリジナル予告が解禁された。@@cutter 全世界累計興収が10億ドルを超える『メイズ・ランナー』シリーズは、若者たちが謎の迷宮“メイズ”の攻略に挑む姿を描くサバイバル・アクション。最終章となる今作では、巨大迷路“グレード”を3年がかりで攻略し、脱出した主人公・トーマスたちが、灼熱の砂漠で凶暴化した伝染病感染者“クランク”と闘いながら決死のサバイバルを敢行。その中で、自分たちが人類を滅ぼす伝染病対策のための人体実験サンプルだった事実を知り、サンプルを求める秘密組織・WCKD(ウィケッド)によって、仲間の一人・ミンホがさらわれてしまう。ミンホを奪還するために、トーマスと仲間たちは、伝説のメイズに逆侵入することを決意する。  今回解禁された約90秒の日本版オリジナル予告映像では、冒頭からラストまで迫力満点のアクションシーンがノンストップで展開されている。荒野を疾走する列車をトーマスたちが改造車を使って猛スピードで追走し、巨大な壁で囲われた要塞都市「ラスト・シティ」に侵入するなど、スリリングなシーンが連続する。  キャストは、トーマス役のディラン・オブライエンを筆頭に、仲間を裏切り、WCKDに身をおくテレサ役にカヤ・スコデラリオ、共に戦うニュート役にトーマス・ブロディ=サングスター、ミンホ役にキー・ホン・リーら、シリーズの顔が勢ぞろい。また、日本の漫画『銃夢』の実写版『アリタ:バトル・エンジェル』に大抜擢された注目の女優ローサ・サラザールが、前作に続いてブレンダを演じ、監督はシリーズ1作目からメガホンを取る、ウェス・ボールが続投している。  映画『メイズ・ランナー:最期の迷宮』は6月15日より全国公開。

  • 映画『メイズ・ランナー:最期の迷宮』

    『メイズ・ランナー』最新作にして完結作、6月日本公開 予告編が到着

    映 画

     『メイズ・ランナー』シリーズの最新作にして完結作となる『メイズ・ランナー:最期の迷宮』が6月に日本公開することが決定した。到着した予告編には、壮絶なバトルに身を投じる主人公たちが映し出されている。@@cutter 『メイズ・ランナー』シリーズは、ジェームズ・ダシュナーによるヤングアダルト向けSFスリラー小説を基に、若者たちが謎の迷宮“メイズ”の攻略に挑む姿を描くサバイバル・アクション。2015年に公開されたシリーズ1作目『メイズ・ランナー』では謎の巨大迷路が、2作目『メイズ・ランナー2:砂漠の迷宮』では荒廃した砂漠の廃墟がメイズとして登場し、2作品で全世界興収6億6000万ドルを記録した。  完結作では、巨大迷路から脱出するために3年もの歳月を費やしたトーマスと仲間たちが、囚われた仲間ミンホを救うため、そして自分たちが閉じ込められた理由を解明するため、決死の覚悟で難攻不落の伝説の迷路に逆侵入することを決断する。  解禁された予告編では、大陸を疾走する、ミンホと若者たちが囚われている列車を追うトーマスたちのピックアップトラックが、完全武装した強大な敵と激突。激しい戦闘の末、巨大ヘリコプターを使って一車両ごと奪還する激しいアクションが繰り広げられる。さらに謎の組織「WCKD」のエヴァの意味深な言葉や、人類滅亡の危機を救う“治療法”といった、結末に向けて気になる要素が詰まった映像となっている。  シリーズ全作品で監督を務めるウェス・ボール監督のもとには、ハリウッドを担う若手俳優たちが結集。主人公トーマス役でブレイクしたディラン・オブライエン、『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』のヒロインに抜擢されたカヤ・スコデラーリオ、『ラブ・アクチュアリー』の名子役から成長著しいトーマス・ブローディ=サングスター、ミンホ役のキー・ホン・リーらが顔をそろえるなか、メイズの秘密を握る女性エヴァを演じるパトリシア・クラークソンが圧巻の存在感を披露する。また、ジェームズ・キャメロンが製作・脚本を手掛ける日本の漫画『銃夢』の実写版『Alita:Battle Angel(原題)』のヒロインに抜擢されたローサ・サラザールにも注目だ。  映画『メイズ・ランナー:最期の迷宮』は6月に日本公開。

  • 映画『バーニング・オーシャン』ティザービジュアル

    2010年に起こった世界最大級の“人災”事故、M・ウォールバーグ主演で映画化決定

    映 画

     2010年4月20日、メキシコ湾沖約80kmの石油掘削施設“ディープウォーター・ホライゾン”にて発生した大事故を実写映画化した作品『バーニング・オーシャン』(原題:DEEPWATER HORIZON)が公開されることが決定した。@@cutter 2010年4月20日、メキシコ湾沖約80kmの石油掘削施設“ディープウォーター・ホライゾン”が、海底油田より逆流してきた天然ガスの引火により大爆発を起こした。  その原因は、技術的不手際から掘削中の海底油田から逆流してきた天然ガスが引火爆発したものとされており、海底へ伸びる5500mの掘削パイプが折れて大量の原油がメキシコ湾へ流出。7月16日までの原油流出量は約78万キロリットル(490万バレル)、被害規模は数百億USドルとされる。  その後も未曾有の被害を出す大事故となり、施設だけでなく海上一面が火の海と化した。この事故は、世界最大級の“人災”でもあった。日本でも大きく報道されたが、それは事故後の原油流出による環境汚染、世界の大企業を巻き込んだ巨額の賠償問題が中心だったからだ。  この物語は、施設内に閉じ込められた現場作業員が、被害の拡大を食い止め決死の脱出を図る姿を壮大なスケールで描いた、実話に基づく海洋ディザスター。  監督は『ローン・サバイバー』、『バトルシップ』など、リアルなアクション描写に定評のあるピーター・バーグ。見る者がまるでその場にいるかのような迫力の映像を作り上げた。  そして、人為的ミスの連鎖、親会社と下請け会社の確執など、大事故へとつながる小さな原因の積み重ねを緊張感たっぷりに描いた。主演は『トランスフォーマー/ロスト・エイジ』、『ローン・サバイバー』のマーク・ウォールバーグ。共演に、実力派のカート・ラッセル、ジョン・マルコヴィッチ。さらにはジーナ・ロドリゲスや『メイズ・ランナー』のディラン・オブライエン、ケイト・ハドソンが名を連ねている。    2017年4月全国ロードショー。

  • ディラン・オブライエン、怪我の状況は?(『メイズ・ランナー2:砂漠の迷宮』場面写真)

    『メイズ・ランナー』主演俳優が怪我 シリーズ第3弾の公開1年延期

    映 画

     SFアクション『メイズ・ランナー』シリーズ第3弾となる『The Maze Runner:The Death Cure(原題)』の公開日が1年延期になることがわかった。2015年3月、本作の撮影中に主演俳優ディラン・オブライエンが車に轢かれて、病院へ運ばれる事態となった。現在も療養中であるため、配給元のFOXは公開日を2017年2月から2018年1月に延期することを決定した。@@cutter 事故が起きた日からディランの公式ツイッターは何も更新されておらず、ワーク・セイフBCはディランの怪我を「脳震盪、顔面骨折、裂傷」などを含むものだと報じている。ディランの広報担当者も「ディランの怪我はとても深刻なものです。回復には時間を要することになります」と発表。  FOXはザ・ハリウッド・レポーターに対して「ディラン・オブライエンに怪我から完全に回復してもらうために『The Maze Runner:The Death Cure』の撮影は延期となっております。私たちはディランの早い回復を願っており、すぐにでも製作を再開することを楽しみにしています」とコメントしていた。  『The Maze Runner:The Death Cure』の公開延期を受けて、FOXは他の新作映画の公開日を調節する事態に。『プレデター』最新作は2018年3月2日から2018年2月9日へ変更、ガル・ガドットやアイラ・フィッシャー、ジョン・ハム、ザック・ガリフィアナキスらが出演する『Keeping Up with the Joneses(原題)』は2016年10月21日公開予定に変更されている。

  • 『メイズ・ランナー』場面写真

    『メイズ・ランナー』謎だらけの予告編解禁! 世界中を虜にした巨大迷路を初公開

    映 画

     全世界55ヵ国でNo.1の大ヒット記録を樹立した映画『メイズ・ランナー』の本予告映像が解禁となり、世界中を虜にした巨大迷路の全貌と、多くの謎に包まれたストーリーの一部が明らかになった。@@cutter 本作は、形を変える巨大迷路(メイズ)の謎を描くサバイバル・アクション。原作は、全米累計発行部数160万部の売上げを記録し、約1年間に渡ってニューヨーク・タイムズのベストセラー・リストにとどまった小説。小説は3部作として構築されており、本作はその第1部の映画化作品となる。  高い壁に囲まれた巨大な迷路は、朝になると扉が開き、夜が訪れる前に扉は閉じられる。夜の間、迷路はその構造を変化させ、二度と同じ道順は出現しない。迷路に囲まれたエリアには、月に一度、生活物資とともに新しい「ランナー」が送り込まれてくる。彼らは記憶を失っているものの、コミュニティを形成し、選ばれた数名が迷路の構造を調べて、この地からの脱出法を探すのだった。  今回公開された予告編では、冒頭から突然リフトが開き、主人公トーマスが高いコンクリートの壁に囲まれた巨大な迷路を目にする場面から始まる。そして、巨大迷路の残酷なルールが壮大な世界観の中で語られ、観客の心を鷲掴みにする。彼らは、すべての謎を解き、脱出することができるのか。命を賭けた脱出劇がスリリングに映し出される。  予告編でも異様な存在感を放っている、物語の要となる巨大迷路は、約5メートルの壁を実際に撮影スタジオに建設されたもの。そこに視覚効果が加えられ、約30メートルのド迫力のビジュアルが完成したという。すでに続編の全米公開も決定しており、今後も話題になること間違いなし。あらゆる予想を超えた衝撃のクライマックスが待っている。  映画『メイズ・ランナー』は5月22日より全国ロードショー。

  • 『メイズ・ランナー』 TOHOシネマズ日劇ほか5月22日より全国ロードショー

    世界55ヵ国で初登場NO.1『メイズ・ランナー』公開決定! 姿を変える巨大迷路が舞台

    映 画

     全米をはじめ55ヵ国で初登場NO.1を記録し、全世界で興行収入400億円突破の大ヒット作『メイズ・ランナー』が、5月22日に日本公開決定。自ら姿を変える謎の巨大迷路と、その中を知力・体力を使い命がけで挑むランナーたちによる奇想天外なストーリーが話題を呼ぶ本作が、公開に先駆けてポスター解禁となった。@@cutter 本作は、記憶を失った状態で、謎の巨大迷路に送り込まれてきた“ランナー”たちが、脱出するために駆け抜け、驚愕の秘密を突き止める物語。迷路に挑む若者たちの友情やバトルもドラマチックに展開し、一瞬先も読めないストーリーと未体験の映像ワールドが、映画全編を通してハイテンションな緊迫感を醸し出す。  主人公トーマスを演じるのは、次期スパイダーマン役の候補にも挙げられた注目俳優ディラン・オブライエン。さらに『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズ最新作のヒロインに抜擢されたカヤ・スコデラリオ、『ナルニア国物語/第3章:アスラン王と魔法の島』のウィル・ポールター、『大統領の執事の涙』のアムル・アミーンら実力派若手キャスト陣が名を連ねる。  監督は、長編初挑戦のウェス・ボール。視覚効果の出身とあって、迷路内外の斬新なビジュアルなど、独自の映像センスが一層物語を盛り上げる。本作の大ヒットを受けて、既に続編の全米公開も決定している。  迷路に隠された秘密とは、そしてランナーたちの運命は、あらゆる予想を超えた衝撃のクライマックスが待ち受ける…。『メイズ・ランナー』は5月22日より全国ロードショー。

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access