アメトーーク! 関連記事

  • 霜降り明星・粗品

    霜降り明星・粗品の「俺が母ちゃんを守る」 その言葉の理由とは

    エンタメ

     お笑いコンビ・霜降り明星の粗品が11日放送の『アメトーーク!』(テレビ朝日系/毎週木曜23時20分)に出演。母親の心配性な性格を明かしたほか、父親を亡くした当時の決意を吐露した。@@cutter 昨年の「M‐1グランプリ2018」で優勝を飾った際、獲得した賞金1000万円の使い道について「母ちゃんの欲しいものを10個買ってあげたい」と話すなど母親思い一面を見せていた粗品が今回「お母さん大好き芸人」として登場した。  母親の性格については「心配性過ぎて。息子のことが気になってしゃあないんでしょうね」と明かした粗品。さらに「母ちゃんはよくツイッターで僕の名前で検索をする」とし、ネット上で自身と俳優の小栗旬が似ているというまとめ記事があがっていた際の出来事を振り返った。  記事のコメント欄には、「めちゃくちゃブスやんけ」「お前の旬はいつやねん」など自身に対する誹謗中傷の言葉が並んでいたそうだが、「1個だけフォローのコメントが入ってて」と粗品。「『私はめちゃくちゃかっこいいと思います。日本で1番男前だと思います。彼は自慢の息子です』って、母ちゃんやないかい!」と母親が書き込みをしていたのを見つけたと話し「かわいくないですか。心配してくれてるなあって」とその思いやりに感謝していた。  番組では、そんな母親からのアンケートを紹介。「うれしかったこと」として「お父さんが亡くなった時、『俺が母ちゃんを守るから』と言ってくれた。大学を中退した時に『必ず結果を出すから』と言って夜遅くまでネタを作っていたのを覚えています。今まで息子を信じてきて良かったと思います。お父さんに今の直人を見せたかった」とつづられていた。  母親からの言葉を受け、粗品は「一人っ子なので、母ちゃんと2人っきり…」と話し、「(母親が)60数年生きてきて、一番弱っている時期やと思って。僕に出来ることは力強い言葉をかけてあげないといけないなと思って、絶対守るって話はしましたね」と、父親が亡くなった当時に決意した心境を振り返りっていた。このエピソードに共演者らがしんみりする中、最後はおなじみの“粗品節”で「好感度がうなぎのぼり」と決めセリフを吐いてスタジオを沸かせていた。

  • 堀未央奈

    乃木坂46・堀未央奈が描く“牛”にチュート徳井が驚愕「初めての世界観!」

    エンタメ

     乃木坂46・堀未央奈が21日、『アメトーーーーーーク!ゴールデン3時間SP』(テレビ朝日系)の「絵心ない芸人」に出演。自身が“絵が上手い”と思っていたと明かしたほか、個性的な絵を次々と披露した。@@cutter 冒頭、MCの宮迫博之が「絵心ない芸人」初登場となる堀とお笑いコンビ・ミキの亜生を紹介。これに対して堀は「呼ばれたときに、うまい側だと思って…」と困惑気味に話すと、絵心ある芸人としてスタジオにいたバカリズムが「え…?」と一言。さらに堀は「まさか自分がヘタって言われる時が来るとは思わなくて…」と語ると、家族から“味があってイイ絵を描いている”と褒められていることも明かした。  そんな彼女が書いたゴリラの絵が紹介されると、スタジオからは共演者や観覧客からの悲鳴にも似た「えー!!」という驚きの声が。みんなのリアクションを見た堀は思わず手で口を覆い驚きの表情に。  続いて公開されたのは、バスケットボールのダンクシュートを描いたイラスト。ダンクシュートを決めている選手の歯を描き込んでいるにもかかわらず、バスケットゴールの網が描かれていないことについて宮迫が「網は無視やもんね」と指摘すると、堀は「バスケに網がある“概念”がなくて…」と謎の弁解。これを聞いたバカリズムは「知識だよ知識」と冷静にツッこんでいた。  その後、堀が描いた牛の乳搾りの絵が披露されると、その独特の世界観に共演者らは驚きの表情。地面に這いつくばっているような状態の牛の腹部に、人間が自動車整備士のように潜り込んでいるような状態のイラストに、徳井義実は「初めての世界観!」ともらし、陣内智則は「この子はアカンわ~!」とコメント。  絵を見た宮迫が、牛の頭と顔の境目に描かれた線を「コレは何なん?」と質問すると、堀は「前髪です」とキッパリ。これを聞いた絵心ある芸人のケンドーコバヤシが「牛って前髪あったっけ?」と追及すると、堀は「あります」と真顔で即答し、スタジオの笑いを誘っていた。

  • 度を超えた猫愛を語った徳井義実(チュートリアル)

    徳井義実『アメトーーク!』で異常な猫愛を告白 愛し過ぎるトークにドン引き

    エンタメ

     20日、テレビ朝日系バラエティ『アメトーーク!』に、“猫メロメロ”を自称する芸人6人が登場。それぞれが猫を愛する気持ちや、自身の飼い猫自慢などをアピールする中、徳井義実(チュートリアル)が異常とも呼べる猫への愛情を示すエピソードを語り、会場に集まった猫好きに衝撃を与えた。@@cutter この日登場した猫メロメロ芸人は、徳井、原西孝幸(FUJIWARA)、竹若元博(バッファロー吾郎)、菅良太郎(パンサー)、岩井勇気(ハライチ)、川原克己(天竺鼠)、そして猫に興味はない高橋茂雄(サバンナ)。  各々の飼っている猫をアピールする中、徳井は自身が好きな「広島カープ」の助っ人外人から名前を取ってつけたという2匹の猫を紹介。その猫の特技は、徳井の顔を舐めてくること。「舌(で舐めてくるとき)のザラザラ感に“痛い、痛い”って言っているのがイイんです!」と、至福のひと時を明かす。  「雑菌なんかエグイでしょ?」と司会の宮迫博之(雨上がり決死隊)がたずねると、「雑菌ウェルカムですよ!」と即答した徳井。さらに「(猫は)甘いものが好きだから、チョコレートやクッキーとか食べているとメッチャ口の周りを舐めてくるんです。たまに口を開けると、口の中のチョコなんかを舐めてきて」と、かなり衝撃的なエピソードを語ると、宮迫はかなりこわばった表情で「雑菌エグいで!」とダメ押しの一言。  加えて徳井は、自分以上に猫好きだという母について「猫が風邪を引いて鼻が詰まったりすると、赤ん坊にやるみたいに、猫の鼻水をズー!って吸いよるんですよ」と、さらにエグイ話を披露。高橋は一言「気持ち悪い」と漏らし、徳井母のエピソードには集まった観客含めドン引きした様子であった。

  • オードリー・若林正恭『アメトーーク!』収録中に『キングダム』にハマる

    オードリー若林、収録中にマンガ『キングダム』の虜に「めちゃめちゃ面白い」

    アニメ・コミック

     28日、『アメトーーク!』(テレビ朝日系)にケンドーコバヤシ、平成ノブシコブシ・吉村崇、サバンナ・高橋茂雄、小島瑠璃子ら、歴史漫画『キングダム』を大好きな芸人たちが、それぞれキャラクターのコスプレに身をまとって登場。物語の魅力を存分に語った。@@cutter 「週刊ヤングジャンプ」(集英社)で連載中の『キングダム』は、古代中国の春秋戦国時代を舞台に、大将軍を目指す少年・信と後の始皇帝となる秦王・政が中国を統一するまでの戦乱の世を描く。NHKでテレビアニメが放送されたほか、「第17回手塚治虫文化賞」のマンガ大賞も受賞した人気漫画。  番組内でキングダム芸人たちは思い思いの言葉で、本作を読んでないオードリー・若林正恭や土田晃之などに魅力をアピール。「中だるみがなく、ずっと面白い」「魅力的なキャラクター」「え? この人がこんなことになっちゃうの?」など、それぞれ魅力を伝えようとする。吉村も「荒れに荒れた土地で苦しんで苦しんでキャラクターたちがお互いに上を目指すというストーリーなんですよ」と熱弁するも、ネタバレになってしまうため核心に触れられない説明に四苦八苦。  そこで、漫画をまだ読んでいない芸人の代表としてオードリー・若林が別室で1巻を試し読みすることに。1巻の後半では前のめりで熟読した若林は「めちゃめちゃ面白いですね。いやあ皆さんの説明がうまかったな」と感心。2巻を手に持ちスタジオに戻った。  ほか、ポテト少年団・菊地智義、中川家・礼二、狩野英孝、千秋が出演した。

  • バカリズム&ヒャダイン、しずかちゃんに扮し『アメトーーク!』出演

    バカリズム、『ドラえもん』しずかちゃんは「女優です」 小悪魔な一面が明らかに

    アニメ・コミック

     5日に放送された『アメトーーク!』(テレビ朝日系)で、藤子・F・不二雄漫画作品『ドラえもん』のしずかちゃんにスポットを当てた「しずかちゃん大好き芸人」を放送。番組では、しずかちゃんの魅力やその知られざる意外な一面を追究した。@@cutter 出演者にはしずかちゃんに扮装したゴールデンボンバーの鬼龍院翔、バカリズム、よゐこ有野、サバンナ高橋、ヒャダイン、織田信成らが登場。また、バンクーバー五輪出場の際に『アメトーーク!』のDVDを持参したというほどの番組のファンである織田は、収録40分前からカツラをセットしていたほど力が入っていた。  番組では、しずかちゃんの女子力を分析。のび太が話しかけざるをえないほどの元気のない顔を見せながら、「のび太さんに話してもどうにもならないわ」と男心をくすぐりつつ、捨て猫を押し付けるという1シーンを紹介。しずかちゃんのおねだり上手な一面を明かす。高橋は「女の子としては100点のおねだりです」と持ち上げ、バカリズムは「女優です。女優」と絶賛していた。  さらに、のび太が“なんでも覚えられる”暗記パンの説明をすると「クラスで一番わすれんぼのあなたが!」と爆笑するしずかちゃん。のび太が「安心して、僕がついてる」と声をかけると「だから心配なのよ」と返すしずかちゃん。「2人で一緒に作らない? 赤ちゃん」と言ってきたのび太をボコボコにするしずかちゃん。街に芸能人がやってきたら「ウキー」と叫んで喜ぶミーハーなしずかちゃん。バイオリンが下手すぎて時空をゆがめるしずかちゃん。大好物は焼き芋なのだが、それをバラされると激怒するしずかちゃんなど、意外な一面も紹介していた。  ほかにも、ゲッターズ飯田がしずかちゃんを姓名判断。源静香は“非常に気が強く、狙った男を必ず手に入れるタイプ”。野比静香になると“全くモテない。仕事運が悪く、パートを転々とする”。出来杉静香になると“モテすぎて、不倫に注意”ということがわかった。

  • バカリズム&ヒャダイン、意外と可愛い(!?)しずかちゃんに変身

    バカリズム&ヒャダイン、“しずかちゃん”姿を披露 「可愛い変態だ!」ファン歓喜

    エンタメ

     お笑い芸人・バカリズムが自身のインスタグラムに、ミュージシャンのヒャダインと共に『ドラえもん』のしずかちゃんに扮した写真を掲載。これは、3月5日放送のテレビ朝日系バラエティ『アメトーーク!』の収録の際のものだと明かしている。@@cutter この日収録された『アメトーーク!』のテーマは「しずかちゃん大好き芸人」。バカリズムやヒャダインを始め、織田信成、鬼龍院翔ら出演者が、しずかちゃんの衣装を身に纏い、しずかちゃんにまつわるトークを繰り広げるというものだ。  バカリズムは「アメトーーク収録!ヒャダリズム」というコメントと共に、ヒャダインとの2ショットを公開。2人のしずかちゃん姿を見て「可愛い変態だ!」「めちゃくちゃ可愛いです(笑)」「かわいいいいい!ヒャダリズム好き!」と、絶賛の声が届いている。  2人のしずかちゃん姿がもっと見たい人は、3月5日23時30分からテレビ朝日系列にて放送の『アメトーーク!』をチェックして欲しい。

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access