刀剣乱舞 関連記事

  • 『映画刀剣乱舞』場面写真

    『映画刀剣乱舞』刀剣男士が躍動する初映像解禁

    映 画

     『映画刀剣乱舞』より、初の映像となる特報が解禁となった。刀剣男士たちの躍動感あふれるアクションシーンが映し出されている。@@cutter 本作は、名だたる刀剣が戦士へと姿を変えた“刀剣男士”を率い、歴史を守るために戦う刀剣育成シミュレーションゲーム「刀剣乱舞‐ONLINE‐」を初めて実写化。刀剣男士のキャストには、三日月宗近役に鈴木拡樹、山姥切国広役に荒牧慶彦、薬研藤四郎役に北村諒、へし切長谷部役に和田雅成、日本号役に岩永洋昭、骨喰藤四郎役に定本楓馬、不動行光役に椎名鯛造、鶯丸役に廣瀬智紀ら、舞台を中心に活躍する若手実力派俳優たちが集結する。さらに織田信長役で山本耕史、羽柴秀吉役で八嶋智人の出演も発表されている。  解禁となった特報では、刀剣男士それぞれのアクションを垣間見ることができる、疾走感あふれる映像となっている。新情報が解禁されるたびに爆発的な盛り上がりを見せている本作だが、初の映像解禁ということで、さらなる旋風を巻き起こしそうだ。  さらに映像解禁に併せ、11月23日に発売となる第二弾ムビチケカードのビジュアル3点も解禁された。それぞれ、荒牧慶彦演じる〈山姥切国広〉、和田雅成演じる〈へし切長谷部〉、定本楓馬演じる〈骨喰藤四郎〉の3人が刀を構えた姿が収められている。  ムビチケカードは全9種類が3回に分けて発売され、発売済みの第一弾には〈三日月宗近〉〈日本号〉〈鶯丸〉が登場。12月14日から発売される第三弾は〈薬研藤四郎〉〈不動行光〉と8振り集合ビジュアルの3点となっている。  『映画刀剣乱舞』は2019年1月18日より全国公開。

  • 『映画刀剣乱舞』本ポスター

    『映画刀剣乱舞』山本耕史が織田信長役&八嶋智人が羽柴秀吉役で参戦 

    映 画

     俳優の山本耕史と八嶋智人が、『映画刀剣乱舞』に出演することが明らかになり、併せて刀剣男士たちが躍動する姿を描いた本ポスターも解禁となった。@@cutter 本作は、名立たる刀剣が戦士へと姿を変えた刀剣男士を率い、歴史を守るために戦う刀剣育成シミュレーションゲーム「刀剣乱舞‐ONLINE‐」を初めて実写化。キャストには鈴木拡樹や荒牧慶彦、北村諒ら、舞台を中心に活躍する若手俳優たちが名を連ねる。  山本は豪快で凄みのある立ち居振る舞いで天下統一を狙う織田信長を演じ、八嶋は信長を支える家臣で後に天下統一を成し遂げる羽柴秀吉に扮する。  山本は「時代劇はいろいろやらせていただいていますが、織田信長は初めて演じます。自分がもうそんな年齢になったのかと感慨深い思いでした」とコメント。さらに「若いキャスト・スタッフのチームでの仕事は自分にとっても刺激的でした。どんな映像になっているか仕上がりを楽しみにしています」と期待を寄せる。  一方の八嶋は「美しい刀剣男士の乱舞に魅了されてると急に放り込まれる人間の生々しさを担当しております八嶋智人でございます。我々が知る『歴史』とはいかに表層的であるか。この映画はそう実感させてくれる力強いロマンだ!」と話している。  併せて解禁となった本ポスターでは、三日月宗近(鈴木)に加え、そのほかの刀剣男士たちが勢ぞろい。バックには霧がかった城と炎が描かれており、激しく壮大なストーリーを予想させる仕上がりとなった。なお物語が描くのは、かの有名な“本能寺の変”。刀剣男士たちがどのように歴史に関わっていくのかにも期待が高まる。  本作のムビチケカードは、作品に登場する8振りの刀剣男士たちそれぞれのキャラクターと全員集合仕様の全9種類を用意。11月2日より発売される第1弾は「三日月宗近」「日本号」「鶯丸」の3ビジュアル。続く第2弾、第3弾のカードのビジュアルは順次解禁となる。ムビチケの詳しい販売劇場情報は、公式サイトで確認できる。  『映画刀剣乱舞』は2019年1月18日より全国公開。

  • ミュージカル『刀剣乱舞』 加州清光 単騎出陣2018 ロゴ

    刀ミュ、『加州清光2018』&『真剣乱舞祭2018』開催発表

    アニメ・コミック

     ミュージカル『刀剣乱舞』より、佐藤流司が出演する『加州清光 単騎出陣2018』の上演が発表された。併せて、昨年に引き続き『真剣乱舞祭2018』も開催されることが分かった。@@cutter ミュージカル『刀剣乱舞』は、原案の『刀剣乱舞‐ONLINE‐』をDMM GAMESが制作、ニトロプラスがキャラクター及びシナリオを担当したシミュレーションゲーム。名立たる刀剣が刀剣男士と呼ばれる個性豊かな男性キャラクターとして登場し、歴史上の戦場を駆けめぐりながら部隊を編成・育成していくという人気コンテンツ。  今回の発表はミュージカル『刀剣乱舞』の『結びの響、始まりの音』公演の大千秋楽にて明らかになった。解禁された情報によると加州清光役の佐藤流司が出演する「ミュージカル『刀剣乱舞』 加州清光 単騎出陣2018」は、9月12日~17日まで東京・TBS 赤坂ACTシアターにて公演。そのほか、9月20日~21日に宮城・SENDAI GIGSにて、10月6日~8日まで大阪・豊中市立文化芸術センター 大ホールにて、10月13日に北海道・道新ホールでも上演される。  また、「ミュージカル『刀剣乱舞』 ~真剣乱舞祭2018~」は、11月24日にサンドーム福井での福井公演からスタートし、東京では11月27日~28日に日本武道館にて公演。その後、宮城公演が12月5日~6日にセキスイハイムスーパーアリーナ、大阪公演が12月11日~12日に大阪城ホール、千葉公演が12月15日~16日に幕張メッセ国際展示場9・10・11ホールにて開催される。

  • 「舞台『刀剣乱舞』悲伝 結いの目の不如帰」三日月宗近

    舞台『刀剣乱舞』最新作、三日月宗近ら“六振り”のビジュアル解禁

    アニメ・コミック

     舞台『刀剣乱舞』最新作に出演する刀剣男士 十二振りの内、六振りのビジュアルが公開された。さらに追加キャストとして足利義輝役に中河内雅貴の出演が決定した。@@cutter 舞台『刀剣乱舞』の原案である『刀剣乱舞‐ONLINE‐』は、DMM GAMESが制作、ニトロプラスがキャラクター及びシナリオを担当したシミュレーションゲーム。名立たる刀剣が刀剣男士(とうけんだんし)と呼ばれる個性豊かな男性キャラクターとして登場し、歴史上の戦場を駆けめぐりながら部隊を編成・育成していく人気コンテンツ。女性層を中心に大きな支持を受け、全国に刀剣ブームを巻き起こしている。  その舞台版である舞台『刀剣乱舞』は第一弾公演「虚伝 燃ゆる本能寺」を2016年5月に東京・大阪にて上演。公演を収めたブルーレイは、2016年9月19日付のオリコン・ウィークリーチャートで総合1位を記録。2017年6月~7月上演の「義伝 暁の独眼竜」も動員数を増し、2017年10月30日付のオリコン・ウィークリーチャートでブルーレイ&DVDともに総合1位という快挙を成し遂げた。同年11月には新小田原城への来場者100万人達成記念として行われた一夜限りの野外公演、「外伝 此の夜らの小田原」が上演、12月に東京・大阪・福岡にて「ジョ伝 三つら星刀語り」が上演され、4月4日に発売されブルーレイ&DVDは、2018年4月16日付のオリコン・ウィークリーチャートで2作連続となる両ランキング総合1位を獲得した。  そして今回、最新作の副題が「悲伝 結いの目の不如帰」に決定。キャストには鈴木拡樹(三日月宗近役)、荒牧慶彦(山姥切国広役)、三津谷亮(骨喰藤四郎役)、椎名鯛造(不動行光役)、和田雅成(へし切長谷部役)、和田琢磨(歌仙兼定役)、健人(鶴丸国永役)、東啓介(燭台切光忠役)、川上将大(大般若長光役)、前山剛久(鶯丸役)、加藤将(大包平役)、玉城裕規(小烏丸役)と、実力派キャストが名を揃えた。  「舞台『刀剣乱舞』悲伝 結いの目の不如帰」は、明治座特別公演を6月2日から6日に明治座で公演。6月14日から7月1日まで京都劇場にて京都公演、7月4日から6日まで北九州ソレイユホールにて福岡公演。東京公演を7月19日から22日まで日本青年館ホールで行う。そして、東京凱旋公演を7月25日から29日まで天王洲 銀河劇場にて公演。

  • 『映画刀剣乱舞』、2019年全国公開決定

    『刀剣乱舞』初の実写映画化決定 鈴木拡樹、荒牧慶彦、北村諒ら舞台版キャスト集結

    映 画

     ゲーム・アニメ・舞台などでメディアミックス展開を見せる『刀剣乱舞』の実写映画化が決まり、その主要キャストとして、舞台版にも出演する鈴木拡樹、荒牧慶彦、北村諒ら若手俳優たちが起用されることが分かった。@@cutter 『刀剣乱舞』は、名立たる刀剣が戦士へと姿を変えた“刀剣男士”を率い、歴史を守るために戦う刀剣育成シミュレーションゲーム。2015年のリリースから、200万人以上が登録し、2016年リリースのスマホアプリ版は500万ダウンロードを突破。これまでに、アニメ2本、ミュージカル、舞台など多彩なメディアミックス展開を見せ、2017年には、ユーキャン新語・流行語大賞にもノミネートされるなど、社会現象を巻き起こしている。  今回の映画版における“刀剣男士”のキャストには、舞台『刀剣乱舞』でも三日月宗近を演じる鈴木拡樹をはじめ、荒牧慶彦、北村諒、和田雅成、岩永洋昭、定本楓馬、椎名鯛造、廣瀬智紀など、舞台を中心に活躍する若手実力派俳優が集結した。  本作でメガホンをとる耶雲哉治監督は「魅力的な刀剣男士たちと真剣な想いを胸にこの作品に取り組んでいます」と意気込みを語り、脚本担当の小林靖子は「特撮アクション畑の人間なので、≪萌え≫はないかもしれませんが、≪燃え≫はきっとあります」と自信をのぞかせている。  『映画刀剣乱舞』は2019年全国公開。

  • 舞台『刀剣乱舞』、三津谷亮、玉城裕規ら刀剣男子に! 最新作公演情報が解禁

    舞台『刀剣乱舞』、三津谷亮、玉城裕規ら刀剣男子に! 最新作公演情報が解禁

    アニメ・コミック

     舞台『刀剣乱舞』最新作の刀剣男士十二振りのキャストに、骨喰藤四郎役の三津谷亮、小烏丸役の玉城裕規らの出演が発表された。さらに、東京、京都、福岡で行われる公演の詳細も明らかとなった。@@cutter 舞台『刀剣乱舞』の原案である『刀剣乱舞‐ONLINE‐』は、DMM GAMESが制作、ニトロプラスがキャラクター及びシナリオを担当したシミュレーションゲーム。名立たる刀剣が刀剣男士と呼ばれる個性豊かな男性キャラクターとして登場し、歴史上の戦場を駆けめぐりながら部隊を編成・育成していくという、いま注目を集めている大人気コンテンツ。  舞台版である舞台『刀剣乱舞』は第1弾公演「虚伝 燃ゆる本能寺」を2016年5月に東京・大阪にて上演。公演を収めたブルーレイは、2016年9月19日付のオリコン・ウィークリーチャートで総合1位を記録、年末に行われた再演でも大好評を博した。そして、2017年6月から7月上演の「義伝 暁の独眼竜」も動員数を増し、2017年10月30日付のオリコン・ウィークリーチャートでブルーレイ&DVDともに総合1位という快挙を成し遂げた。    また11月には新小田原城への来場者100万人達成記念として行われた一夜限りの野外公演、「外伝 此の夜らの小田原」が上演、12月に東京・大阪・福岡にて「ジョ伝 三つら星刀語り」が上演された。そして今回、満を持して刀剣男士 十二振りで最新作を上演する。  今回、舞台『刀剣乱舞』最新作、刀剣男士十二振りの出演キャストが発表された。三津(骨喰藤四郎役)、玉城(小烏丸役) を始め、鈴木拡樹(三日月宗近役)、荒牧慶彦(山姥切国広役)、椎名鯛造(不動行光役)、和田雅成(へし切長谷部役)、和田琢磨(歌仙兼定役)、健人(鶴丸国永役)、東啓介(燭台切光忠)、川上将大(大般若長光役)、前山剛久(鶯丸役)、加藤将(大包平役)と、実力派キャストが名を揃えた。  舞台『刀剣乱舞』最新作、刀剣男士 十二振りは、東京公演が6月2日から6日に明治座で公演。6月14日から7月1日まで京都劇場にて京都公演、、7月4日から6日まで北九州ソレイユホールにて福岡公演が行われる。また、東京凱旋公演も決定。7月19日から22日まで日本青年館ホール、7月25日から29日まで天王洲 銀河劇場にて公演。

  • 3rd写真集「Reception」発刊イベントを開催した佐藤流司

    佐藤流司、ゴスロリ&猫耳カットを収めた写真集への思い「人生観を見せる」

    エンタメ

     俳優の佐藤流司が3rd写真集「Reception」の発刊イベントを11日に東京都内で開催した。佐藤は「自分の脳内、人生観をお見せするために作りました。今まで以上に気合の入った写真集になっていると思う」と写真集への思いを語った。@@cutter ミュージカル『刀剣乱舞』やライブ・スペクタクル『NARUTO-ナルト-』をはじめとした2.5次元舞台を中心に、現在放送中のドラマ『御茶ノ水ロック』(テレビ東京系/毎週水曜26時35分)など映像作品でも活躍を続ける佐藤。本写真集は、淡い学生時代を彷彿させるカットやアクションもあるハードな表情など、本人プロデュースによる6つのシーンを収録した。  この日のイベントに5000人のファンを集めた佐藤。初版4万部を突破、発売前に重版も決定した本写真集について「想像もできない数字ですが、こうやってたくさんの人の目に触れるというのはすごくありがたいこと」と真摯に話す。 おすすめの写真を聞かれると、猫耳をつけた写真をあげ、「(写真集は)素の姿で本棚から本を取るところからスタートして、そこから6つの世界がスタートする。(ラストに収録されている)猫耳は、人生の一番最新の出来事として、猫を2匹買ったということから、最後に持ってくるってことにしていました」と説明した。  また、本写真集では佐藤がゴスロリファッションに身を包んだ衝撃的なカットも収められているが、それについては「人間は中性的な部分があると思います。自分は女性的な部分は少ないと思っていますが、もし自分が女性に生まれてきたらと思ったらと考えたとき、ゴスロリになるのかなと思いました」とその思いを話した。  「仕事ではの一番の望みは安定なので平行線を辿れたら。もちろん、いけるところまでいきたいとは思ってます」と今年の目標を語った佐藤。プライベートでは「英語の勉強をして、今年中にペラペラになりたい」と笑顔を見せた。  佐藤流司3rd写真集『Reception』は2月14日発売。HMV&BOOKS SHIBUYAでは全フロアジャックのパネル展が18日まで開催中。

  • アニメ『けものフレンズ』ビジュアル

    『けもフレ』『Fate』『刀剣乱舞』…2017年TVアニメ話題作を振り返る

    アニメ・コミック

     今や年間制作本数200作品を超えると言われるTVアニメ。2017年のTVアニメ界もバラエティに富んだラインナップが集結した。上半期の話題を独占した『けものフレンズ』、女性の圧倒的な支持を集める『活撃 刀剣乱舞』や『おそ松さん』第2期、アイドルアニメを牽引する『ラブライブ!サンシャイン!!』第2期、シリーズ人気を見せつけた『Fate/Apocrypha』など話題作を振り返る。@@cutter 2017年のTVアニメを振り返る上で絶対に外せないトピックが、1~3月まで放送された『けものフレンズ』の大ヒットであることには、異存はないと思う。本作は少女の姿をした「フレンズ」と呼ばれる動物たちが、動物園「ジャパリパーク」に迷い込んだ記憶のない少女・かばんちゃんと出会い、秘められたパークの謎は次第に明らかにされながら、冒険を繰り広げる物語だ。  「すごーい!」「たのしー!」といったフレンズたちのセリフも大流行し、出演声優がフレンズの姿で歌い踊る主題歌「ようこそジャパリパークへ」も大ヒット。フレンズ&動物の魅力を第一にしたアニメづくりを徹底し、SNSを積極活用したスタッフ陣の愛情あふれる地道な活動もファンを増大した。なにより、謎に満ちたSF的“鬱展開”を予感させる設定でありながら、子どもでも楽しめる明るく素直で元気な世界観を追求したことも、ヒットの要因だろう。低予算&約10人という少数制作体制でも、創意工夫で大ヒットが生み出せる好例を示せたことも『けもフレ』の功績だ。すでに第2期の制作も発表済みなので、続報に注目したい。  7月スタートで現在も2クール目が放送中の『Fate/Apocrypha』、2015年に第1期が人気で2期が10月から放送中の『血界戦線&BEYOND』は、原作人気の高いシリーズ物の強さを実感させてくれた。とくに『Fate/Apocrypha』は、ゲーム&アニメファンから絶大な人気を誇るTYPE‐MOON原作の『Fate/stay night』のスピンアウト小説のアニメ化。そもそも「Fate」シリーズは、『Fate/stay night』を出発点として、様々な視点からどんな願いも叶う「聖杯」を賭けた「聖杯戦争」の裏表が描かれるのだが、過去の英雄や伝説上の存在が召還される「サーヴァント」も、作品ごとに立場やキャラクター性が異なるなど、複雑で壮大な楽しみ方ができるのが魅力。『Fate/Apocrypha』も、スピンアウトらしく『Fate/stay night』を元にしながらもまったく異なる世界を描き、ファンの心を惹き付けている。@@separator シリーズ作品の強みを見せつけた作品といえば『ラブライブ!サンシャイン!!』も外せない。2016年夏の第1期に続くストーリーで、学園の統廃合を阻止すべく、再びスクールアイドルコンテスト「ラブライブ!」優勝をめざす少女たち=Aqours(アクア)の奮闘を描いている。初代『ラブライブ!』から受け継がれる王道の青春ストーリーと、キャスト陣がキャラクターになりきり、クオリティの高い歌とダンスを繰り広げるリアルライブも魅力の本作。Aqoursは、来年夏の3ndライブツアーでメットライフドーム、大阪城ホール、マリンメッセ福岡での各2日間公演を発表。作品を含めての人気の高さが伺える。  女性向けTVアニメが充実していたのも2017年の特徴だ。なかでも話題を集めたのは、7月~9月にオンエアされた『活撃 刀剣乱舞』と、2015年~2016年にかけて一大ブームを呼び、10月から第2期が放送中の『おそ松さん』だ。『活撃 刀剣乱舞』は、2年前から刀剣ブームを巻き起こす同シリーズの決定版。重厚かつシリアスな物語と、クオリティの高さに定評ある制作会社・ufotableの作画力、演出力がハイレベルで融合した。『おそ松さん』第2期も作画と演出クオリティの高さが魅力。女子向けの内容だった第1期に比べ、よりブラックギャグテイストを押し出した第2期は、男性にもおすすめしたい作品になった。  ほかにも夏アニメでは、心温まる内容と食事シーンのクオリティの高さが絶賛された『異世界食堂』、ギャンブルに支配された異色の学園ドラマを斬新なキャラクター演出で描いた意欲作『賭ケグルイ』。秋アニメでは愛と優しさにあふれたファンタジー世界を丁寧に描いた『魔法使いの嫁』、競技ダンスに打ち込む若者達のドラマをダイナミックかつ繊細な作画で表現する『ボールルームへようこそ』など秀作も多数。見逃したという方は、有料動画配信サイトやパッケージ盤で、年末、お正月に一気見してみてはいかがだろうか?

  • 注目の若手俳優、猪野広樹ファースト写真集発売決定

    『刀剣乱舞』猪野広樹、1st写真集発売決定 温泉でのしっとり色っぽい姿も披露

    エンタメ

     舞台『刀剣乱舞』義伝 暁の独眼竜への出演や、連続ドラマ『スター☆コンチェルト~オレとキミのアイドル道~』での主演などで注目を集める若手俳優・猪野広樹のファースト写真集が、12月21日に発売されることがわかった。猪野は「25歳という自分の中の一つの節目の時にこうして発売できることを嬉しく思います」と喜びを語っている。@@cutter 今回発売となるファースト写真集では、信州の大自然を舞台に、猪野が持つ男らしさ、クールさ、優雅さ、大胆さ、少年っぽさなど多面的な魅力を1冊に凝縮。さわやかに乗馬をする姿、森の中での幻想的なシーン、温泉ではしっとりと色っぽい姿など、さまざまなシチュエーションと衣装により猪野の魅力を網羅できる仕上がりとなっている。  ファースト写真集の発売にあたり「写真集が発売できるのも、全て応援してくださっている皆様のお陰でございます。本当にありがとうございます!」とファンへの感謝を伝える猪野は、撮影について「いつもお世話になってる方々に撮って頂いたので、リラックスして挑めました!」と報告。「僕の人生の一瞬を切り取った写真集、ぜひ皆さまの手元に届いてくれたらいいなー!」とコメントを寄せている。  『猪野広樹ファースト写真集(仮)』は、東京ニュース通信社より12月21日発売。価格は2800円(税別)。

  • 「劇場版総集編アニメ 『刀剣乱舞‐花丸‐』~幕間回想録~」

    アニメ『刀剣乱舞‐花丸‐』2期、新ビジュアル&特報解禁!劇場版総集編の公開も決定

    アニメ・コミック

     アニメ『刀剣乱舞‐花丸‐』の第2期が「続『刀剣乱舞‐花丸‐』」として2018年1月に放送開始となること、2期放送を前に劇場版総集編の上映が行われることが決定。さらに、劇場版総集編の新ビジュアルと特報も解禁となった。@@cutter 「続『刀剣乱舞‐花丸‐』」は、名立たる刀剣が個性豊かな男性キャラクターへと姿を変えた“刀剣男士”を集めて自分だけの部隊を結成し、歴史改変を目論む敵を討伐するために、様々な合戦場を攻略していく刀剣育成シミュレーションゲーム『刀剣乱舞‐ONLINE‐』のアニメ版第2期。劇中では、“とある本丸”を舞台に活躍する刀剣男士たちの姿が描かれる。監督は越田知明が、キャラクターデザインは谷口淳一郎が、シリーズ構成・脚本はライトワークスが、アニメーション制作は動画工房が担当する。  本作の放送を前に、劇場版総集編となる「『刀剣乱舞‐花丸‐』~幕間回想録~」の上映も決定。 12月1日より、全国21館にて2週間限定公開となる同作は、最古参として“とある本丸”を見続けてきた加州清光の目線を通して、テレビアニメ1期で描かれた、多彩な刀剣男士たちの1年間の物語を再編集。アニメ2期で描かれる刀剣男士たちの新たな日々の“幕開け”に繋がる“回想録”を届ける。解禁された新ビジュアルには、大和守安定と加州清光の姿が描かれている。  一方、特報映像では、睦月から師走まで、四季を通して描かれるTVシリーズ『刀剣乱舞‐花丸‐』の名シーンが次々と展開。個性あふれる刀剣男士たちの活躍を振り返ることができる。なお、劇場前売券は9月29日より発売開始となり、「アニメイト限定グッズ付き前売券(ムビチケ)」の発売も決定している(詳細は後日発表)。さらに、『刀剣乱舞-花丸-』歌詠集全曲&新規録音楽曲を収録した「歌詠全集」の発売も決定。『刀剣乱舞‐花丸‐』歌詠集 其の一~六に収録されていた全12曲に加え、劇場版の主題歌にもなっている新規録音楽曲を1曲収録しているほか、神風動画によるエンディング映像全てを収録した豪華Blu-ray付き“歌詠全集”が12月6日に発売決定した。こちらは12月1日より、劇場版公開館にて先行発売も実施される。  「続『刀剣乱舞‐花丸‐』」は2018年1月放送開始。

  • 舞台『刀剣乱舞』義伝 暁の独眼竜に大倶利伽羅役で出演する、猪野広樹

    猪野広樹、舞台『刀剣乱舞』出演に「夢が叶った」 キャラクターを生きる決意明かす

    アニメ・コミック

     6月1日から上演中の舞台『刀剣乱舞』義伝 暁の独眼竜に大倶利伽羅役で出演する俳優・猪野広樹。これまで数々の舞台を経験しキャリアを積んできた猪野だが、近年はドラマ等での活躍も目立つ。そんな彼が本舞台にかける思いや、俳優としての今後について語った。@@cutter ストレートプレイからミュージカルまで、さまざまな舞台で活躍中の猪野。ゲームからスタートした『刀剣乱舞』はこれまで数々のメディアミックス展開をしてきたが、「1年前にやっていた初演舞台がとても素晴らしく、映像も見させていただいたのですが、すごく格好よくて、機会があったら『是非出たい』と思っていた作品だったんです」と語る。  そんな作品からの出演オファーに「いいんですか?」と咄嗟に答えてしまったという猪野。「めちゃくちゃ前傾姿勢でした」と当時を振り返ると「夢が叶った気分。気合の入れ方が半端なかったです」と思いを語る。原作ゲームファンも非常に多く、キャラクターへの思い入れも強い作品だが「もちろんプレッシャーもありますが、とにかく真剣にキャラクターと向き合うこと。そこで自分なりに答えを出して、しっかりとキャラクターを生きる。それが原作ファンへの恩返しだと思うんです」とキャラクターとの向き合い方を明かす。  稽古を重ね、本作の魅力がより実感できたという猪野。「戦のシーンは、血みどろの合戦シーンも生々しいですが、結構な人数が合戦をする場面は『来たー』って熱くなりました」と見どころを語る。  今回、女性にも人気の高い作品の舞台出演とのことで、もし猪野が女性だったら、登場人物の誰に憧れるかを聞いてみると「みんな個性が強いですからね」と苦笑いを浮かべつつも「大人っぽく落ち着いた燭台切か天真爛漫な太鼓鐘貞宗ですかね。一緒にいて楽そうですから」と迷いながらも2人を挙げてくれた。@@separator 最近は舞台以外にもドラマ出演も続き、活躍の場が広がっているが、「出る前までは、ドラマも舞台もやることは一緒だと思っていたのですが、完成した作品などを見ていると、やっぱり表現方法は違うんだなと思いました。やりすぎると芝居が大きくなってしまうし、自然過ぎても残らない。どう演じていくかとても難しいです」と語る。  「いまはいろいろなことに挑戦したい」と目を輝かせた猪野。「昔からそういう思いは持っていたのですが、最近ちょっとチャレンジする気持ちが弱くなってきた感じがするので、貪欲に挑みたい」と語ると「僕はもともと陰キャラなので、『白夜行』みたいなドロドロした役をやってみたいです」と思わぬ発言も。また事務所の先輩には数多くの実力派俳優がそろっているが「山田孝之さんや柳楽優弥さん、林遣都さん、濱田岳さん、市原隼人さん……その他にも尊敬する先輩がたくさんいて、見習うことばかりです」と憧れを抱く。  忙しい日々が続いている中、普段から「自分に勝つこと」を強く心に思っているという。「やっぱり甘えたくなったり……そういう気持ちが出てきてしまいそうになるのですが、そういうときは小声で『自分に勝つ』って言い聞かせています」と笑顔で語った猪野。「今までは後輩キャラでいられたのですが、今年25歳を迎え、そうも言っていられなくなってくると思うので、後輩ができたときに教えられることを増やしておきたいと思っています」と抱負を述べた。(取材・文・写真:磯部正和)  舞台『刀剣乱舞 義伝 暁の独眼竜』は6月1日(木)~6月25日(日)まで天王洲 銀河劇場(東京)、6月29日(木)~7月2日(日)まで京都劇場(京都)、7月13日(木)~14日(金)まで福岡サンパレス ホテル&ホール(福岡)にて上演。また、7月14日(金)19時から全国映画館(約100館)にてライブビューイング開催が決定。チケット(税込3600円)は、6月26日から「チケットぴあ」にて発売される。

  • 「舞台『刀剣乱舞』義伝  暁の独眼竜」新キービジュアル&追加キャスト解禁!

    「舞台『刀剣乱舞』義伝 暁の独眼竜」8キャラの新ビジュアル&追加キャスト解禁!

    アニメ・コミック

     オンラインゲームを皮切りに、様々なメディアミックス展開をみせる『刀剣乱舞』シリーズ。その舞台版の最新作「舞台『刀剣乱舞』義伝 暁の独眼竜」の新たなキービジュアルと共に、追加キャストとして富田翔、早乙女じょうじ、高松潤の出演が発表された。@@cutter 本作は、名だたる刀剣をモチーフにした“刀剣男子”たちを、歴史上の戦場を巡りながら舞台として編成、育成するPC向けオンラインゲームが原作。女性層を中心に全国的な刀剣ブームを巻き起こし、16年5月には東京、大阪で「舞台『刀剣乱舞』 虚伝 燃ゆる本能寺」を上演。連日満員の人気を博し、このたびの新作上演が決定した。  今回、発表された「刀剣男子8振り」のキービジュアルでは、三日月宗近(鈴木拡樹)、山姥切国広(荒牧慶彦)、大倶利伽羅(猪野広樹)、燭台切光忠(東啓介)、太鼓鐘貞宗(橋本祥平)、鶴丸国永(健人)、小夜左文字(納谷健)、歌仙兼定(和田琢磨)の8キャラが競演。  追加キャストとして、伊達政宗役として富田、細川忠興役として早乙女、片倉景綱役として高松の出演が告知されている。  舞台「『刀剣乱舞』義伝 暁の独眼竜」は、東京・天王洲劇場で6月1日から25日まで。京都・京都劇場で6月29日から7月2日まで。福岡・福岡サンパレス ホテル&ホールで7月13日から14日まで上演される。

  • Anime Japan2017『刀剣乱舞』スペシャルステージにて

    『刀剣乱舞‐花丸‐』アニメ第2期は18年1月から 『活撃』OPは斉藤壮馬

    アニメ・コミック

     人気ゲーム『刀剣乱舞』スペシャルステージが26日、東京ビッグサイトで開催されたAnimeJapan 2017のREDステージで開催。続編が告知されていたテレビアニメ『刀剣乱舞‐花丸‐』の放送開始時期が2018年1月に決まった。@@cutter 「花丸」キャストからは市来光弘(大和守安定役)、増田俊樹(加州清光役)、新垣樽助(へし切長谷部・長曽祢虎徹役)が登壇。新垣は「またへし切長谷部を演じられるのはうれしい。どんなストーリーなのか私も楽しみに待っている」といい、増田は「次はそばでも打つんですかね?」とうどんに続く“ミュージカル”に期待を寄せていた。  また、7月に放送スタートの『活撃 刀剣乱舞』の発表も。オープニング曲は、鶴丸国永・鯰尾藤四郎役でゲームに出演している斉藤壮馬が歌い、エンディング曲はKalafinaが担当する。また、これまで明かされていなかった同作のイントロダクションが公開され、時代設定は文久3年の幕末であることが明らかに。アニメでは剣戟パート専門のアニメーター3人の起用し、「花丸」と違った新たな刀剣男士を描き出していく。  「活撃」は夏からの放送ながら、すでにアフレコはスタートしており、丁寧に作品作りを行っているという。木村良平(和泉守兼定役)は「スタッフさんの熱量が伝わってくる。半端なものは作れない」と気を引き締めていた。濱健人(陸奥守吉行役)、榎木淳弥(堀川国広役)も参加し、同作のトークを繰り広げた。  ステージには、原作プロデューサーのでじたろう、エグゼクティブプロデューサーの花澤雄太も上がり、ゲーム展開を告知。鳴狐、長曽祢虎徹、大倶利伽羅、同田貫正国の4振りの近侍曲が実装することを発表した。詳しい時期は今後、明らかになる。  ゲーム『刀剣乱舞‐ONLINE‐』は名刀を擬人化した刀剣男士を歴史上の戦場で戦わせながら、育成していくゲームで2015年1月14日よりサービスを開始。女性を中心に支持を集め、舞台化もされている。

  • アニメ『活撃 刀剣乱舞』ビジュアル&第2弾PV解禁

    アニメ『活撃 刀剣乱舞』2017年7月放送開始! 最新ビジュアル&第2弾PV解禁

    アニメ・コミック

     2015年のサービス開始以来、登録ユーザー数150万人を突破するほどの人気を誇る刀剣育成シミュレーションゲーム『刀剣乱舞‐ONLINE‐』。これまでも舞台やミュージカルといったメディアミックス展開を成功に収めてきた同作のテレビアニメ版『活撃 刀剣乱舞』の、最新のキービジュアルと第2弾となるPVが解禁された。@@cutter 2016年3月開催のアニメイベント「AnimeJapan 2016」で発表された同作のアニメ化。その発表以来、タイトルや放送時間ともにベールに包まれたままであったが、正式タイトルや放送時期もようやくの解禁となった。  最新のキービジュアルには、火の粉が舞い散り戦火を思わせる背景に凛々しく和泉守兼定、陸奥守吉行の姿が。さらに、第2弾となるPVには、堀川国広を加えた三振りの“刀剣男子”たちの姿が描かれている。  アニメ『活撃 刀剣乱舞』は、2017年7月より放送スタート。

  • ミュージカル『刀剣乱舞』、“真剣乱舞祭”メインビジュアル解禁!

    ミュージカル『刀剣乱舞』、“真剣乱舞祭”メインビジュアル解禁!

    アニメ・コミック

     開催が間近に迫る人気ミュージカルのライブ、「ミュージカル『刀剣乱舞』~真剣乱舞祭 2016~」のメインビジュアルが解禁された。11月12日に厳島神社世界遺産登録20周年記念奉納行事「ミュージカル『刀剣乱舞』 in 厳島神社」で初めての共演を果たした11名の“刀剣男子”たちによる、新たなライブが繰り広げられる。@@cutter PC版ブラウザゲーム、スマートフォンアプリとして人気の『刀剣乱舞』を原作にした、ミュージカル『刀剣乱舞』の既成概念を打ち破る、新たな形のライブとして開催する本舞台。  今回、解禁されたメインビジュアルには、すでに上演されたシリーズ「阿津賀志山異聞」と「幕末天狼傳」の刀剣男子たちの姿が並ぶ仕様に。これまでの公演とは異なる雰囲気のビジュアルにより、新たな展開への期待も高まる。  「ミュージカル『刀剣乱舞』~真剣乱舞祭 2016~」は、12月13日に大阪城ホール、12月20日から21日に両国国技館で上演。

  • 再演される舞台『刀剣乱舞』虚伝 燃ゆる本能寺のキャラクタービジュアル発表!

    刀剣男士再び! 再演決定の舞台『刀剣乱舞』キャラクタービジュアル解禁

    アニメ・コミック

     12月15日から再演が決定している、舞台「『刀剣乱舞』虚伝 燃ゆる本能寺」の刀剣男士12振りのキャラクタービジュアルと、物語に関わる人物2名のビジュアルが公開された。@@cutter 本作は、大ヒットゲーム『刀剣乱舞‐ONLINE‐』の舞台版で、2016年5月に東京・大阪で上演された作品の再演。そもそも、原作となっているゲームは、名だたる刀剣が刀剣男子と呼ばれる個性豊かな男性キャラクターとして登場し、歴史上の戦場を駆け巡りながら部隊を編成・育成していくというシミュレーションゲームで、女性を中心にブームを巻き起こしている。その舞台版とあって、初演時には連日満員、千秋楽のライブビューイングには計4万人以上が観劇するほど、高い人気を博している。  鈴木拡樹演じる三日月宗近など、人気の高いキャラクターはもちろんだが、初お披露目される、新キャストの瀬戸祐介が演じる江雪左文字と、健人演じる鶴丸国永のビジュアルにも注目。さらに丸目聖人が演じる森蘭丸と、窪寺昭が演じる明智光秀の姿も解禁となった。  初演時のブルーレイがオリコン・ウィークリーチャートで総合1位を記録するなど、いまだ熱いブームの最中にある『刀剣乱舞』。本公演の続報も期待して待ちたい。  舞台「『刀剣乱舞』虚伝 燃ゆる本能寺」は、12月15日~30日に天王洲 銀河劇場ほかで上演。

  • TVアニメ『刀剣乱舞‐花丸‐』第1話先行上映会にて

    TVアニメ『刀剣乱舞‐花丸‐』、アフレコ現場はみんなで筋トレ!? キャストが暴露

    アニメ・コミック

     TVアニメ『刀剣乱舞‐花丸‐』第1話先行上映会が24日、都内にて行われ、市来光弘(大和守安定役)、増田俊樹(加州清光役)、新垣樽助(へし切長谷部役)、佐藤拓也(燭台切光忠役)が登壇。アニメとなった『刀剣乱舞』への思いやアフレコ現場の様子などを語った。@@cutter 同作は、名立たる刀剣が個性豊かな男性キャラクターへと姿を変えた“刀剣男士”を集めて、自分だけの部隊を結成、歴史改変を目論む敵を討伐するために、様々な合戦場を攻略していく刀剣育成シミュレーションゲーム『刀剣乱舞‐ONLINE‐』のTVアニメ化作品。    市来は、“誠”と書かれた扇子、増田は、自身の刀剣“加州清光”のレプリカを持参。そして、新垣と佐藤は自身らが演じるキャラクターが着用しているデザインとソックリな“ジャージ姿”で登場、大歓声を受けて始まった同イベント。また、このイベントが全国19ヵ所でライブ・ビューイングされ、約8000名のファンが見ていると司会者が報告。それを聞いた新垣は「ジャージ姿でごめんなさい」と頭を下げ、笑いを誘う。    同作は数多くの“刀剣男士”が登場することから、必然的に男性が多い現場だという。市来は「すごく笑いのある現場」と言い、なかでも“男ばかり”であるからなのか「休憩中に筋トレをしている人もいる」と明かし、佐藤のほうへ視線を向ける。さらに、佐藤の筋トレ暴露は続き、先日は正しいスクワットのやり方をキャスト陣に教えていたとのことで、会場でも正しいスクワットのやり方を披露することに。舞台前方に立った4人のキャストは、「まず足は肩幅に開きます」という佐藤の指示のもと、正しいスクワットを披露。思わぬ方向に進んだトークに、会場ではファンの大きな笑い声が響いた。    ゲームではあまり見ることのないキャラクターたちの姿のほか、増田いわく“花丸”というタイトルからは、当初想像していなかった「骨太の作品」だというTVアニメ『刀剣乱舞‐花丸‐』は、10月2日より放送開始。TOKYO MXは毎週日曜24時~、関西テレビは毎週日曜25時55分~、BS‐11は毎週日曜24時30分より放送。

  • TVアニメ『刀剣乱舞』(仮)より

    TVアニメ『刀剣乱舞』、PV第1弾公開 ufotable制作に“期待しかない”

    アニメ・コミック

     舞台やミュージカルといったメディアミックス展開が拡大していく『刀剣乱舞 ‐ONLINE‐』から、2016年3月の「AnimeJapan 2016」にて発表された、ufotable制作によるTVアニメーション版の第1弾PVが公開となった。@@cutter DMMゲームズとニトロプラスが共同製作した『刀剣乱舞 ‐ONLINE‐』は、名刀の擬人化である「刀剣男士」を収集、および強化し、合戦場の敵を討伐していくことを目指す刀剣育成シミュレーション。2015年1月にサービスを開始すると、瞬く間に登録ユーザー150万人を突破した。  第1弾PVは、『Fate/stay night』をはじめとする、クオリティの高い映像作品群で数多くのアニメファンを魅了してきたufotableが手掛けたもの。圧倒的な映像美は既にファンの心を掴んでいるようで、「やっぱufoの作画を…最高やな!」「ついにこの時が…淋しいようななんだこの虚無感は…見るまでしねない」「この時点でめっちゃ綺麗 期待しかないよ」といった期待と絶賛の声が寄せられている。  TVアニメ『刀剣乱舞』(仮)は2017年放送予定。

  • 小越勇輝、とうらぶ稽古中は鳥越裕貴の甘え拒否!?

    小越勇輝、『とうらぶ』鳥越裕貴の甘えを全力で拒否!?

    アニメ・コミック

     俳優の小越勇輝が、鳥越裕貴とのツーショットを自身のインスタグラムに掲載した。鳥越の甘えを全力で拒否する小越の表情に「可愛すぎか(笑)」「仲良しコンビ」「仲良しな、とりくんおごっぺのコンビが好きですよ」など、2人の姿にファンはメロメロになっているようだ。@@cutter 「なんか甘えてきた。全力で嫌な顔 笑」とキャプションをつけた小越は、鳥越が肩に寄りかかるのを全力で嫌がる1枚をアップ。一方、鳥越は自身のツイッターで、「本日の稽古終了。やらなあかんことが山積みです。そんな時は一息つきます。肩借ります」と、共演者と思われる人物の肩にもたれかかる写真をアップ。して、誰かの肩にもたれかかっている写真をアップしていた。稽古着の色や髪型を見る限り、この寄りかかられた人物こそ小越だったというわけだ。  小越と鳥越が稽古をする舞台とは、今秋上演予定のミュージカル『刀剣乱舞』。鳥越は大和守安定役、小越勇輝は堀川国広役をつとめる。  ファンからは「仲良しですね」「ツンデレのツンを発揮してますね。たまにはデレてあげてくださいね」「え?え?めっちゃ可愛いです」「なかよしですね。小越くんの塩対応な感じと鳥越の寂しそうな顔がなんとも言えません」「待って、鬼カワ」など、2人の姿にファンは“萌え”を感じている様子だ。

  • 丸目聖人、舞台『刀剣乱舞』の東京公演千秋楽を報告

    丸目聖人、舞台『刀剣乱舞』の東京公演千秋楽を報告 「大阪公演も頑張ります!」

    アニメ・コミック

     舞台『刀剣乱舞』で森蘭丸を演じた丸目聖人が15日、『刀剣乱舞』東京公演の千秋楽を無事迎えたと自身のブログで報告した。へし切長谷部役・和田雅成、明智光秀役・窪寺昭、宗三左文字役・佐々木喜英、不動行光役・椎名鯛造、薬研藤四郎役・北村諒と撮影した写真を公開している。@@cutter 丸目は、「ご来場誠にありがとうございました。本当に大きな怪我をする事なく、誰1人欠けることなくカーテンコールをむかえられてよかったです」と安堵した様子で、「お手紙やプレゼントもありがとうございました!!森蘭丸として頑張る事ができました」と感謝の言葉と共に、無事に東京公演が終了したことを報告。  次は大阪公演だと言い、「大阪公演でも1公演、1公演大切にそして、怪我なく頑張ります」と意気込んだ。また、この日はオフだったようで、リラックスしていることを明かした。  ファンからは「丸目くん、東京公演おつかれさまでした~!」「聖人くんの蘭丸とっても素敵でした!気付いたらずっと目で聖人くんの事を追ってしまうぐらいかっこよかったです」「チケットは逃してしまいましたが20日のライブビュイングにて精一杯応援させていただきます!」「20日のライブビューイング、蘭丸目くんの殺陣もお芝居も楽しみです」などの応援コメントが相次いだ。  舞台『刀剣乱舞』大阪公演は、大阪メルパルクホールにて5月17日~20日まで上演。

  • 舞台『刀剣乱舞』開幕! 三日月役・鈴木拡樹「最高に楽しんでもらえるステージを用意」

    舞台『刀剣乱舞』開幕! 三日月役・鈴木拡樹「最高に楽しんでもらえるステージ」

    アニメ・コミック

     「舞台『刀剣乱舞』虚伝 燃ゆる本能寺」の公開ゲネプロが3日、都内にて行われ鈴木拡樹(三日月宗近役)、荒牧慶彦(山姥切国広役)、佐々木喜英(宗三左文字役)、北村諒(薬研藤四郎役)、染谷俊之(鶴丸国永役)ほか、全12人の刀剣男子たちが、ゲネ後の囲み会見に応じた。@@cutter 本舞台は、DMMゲームズが制作、ニトロプラスがキャラクター及びシナリオを担当したシミュレーションゲーム『刀剣乱舞 ‐ONLINE‐』が原作。刀剣が、刀剣男子と呼ばれる個性豊かな男性キャラクターとして登場し、歴史上の戦場を駆けめぐりながら部隊を編成・育成していくという、大人気コンテンツ。  本作のメインキャラクター三日月宗近役を演じる鈴木は、『刀剣乱舞』シリーズが、パソコンゲームから始まり、アプリゲーム化、TVアニメ化、ミュージカル化、そして本舞台へと続く流れに「新たなコンテンツとして皆様に楽しんでもらえるように、『刀剣乱舞』のゲーム共々頑張っていきたいと思います」と挨拶。鶴丸国永役の染谷は「楽しみにしてくれている皆さんに驚きの結果を届けられるように、精一杯、刀剣男子として生き抜いていきたいと思います」と意気込みを語る。    最後に、改めて本舞台の座長・鈴木から「本作は顔合わせの時に『戦ってください』と言われました。なので、我々一同、すべての物事と戦い続け、観劇して頂く皆さまに最高に楽しんでもらえるステージを用意して、この作品を届けたいと思っています」と力強くコメントした。    ほか刀剣男子は輝馬(江雪左文字役)、納谷健(小夜左文字役)、和田雅成(へし切長谷部役)、椎名鯛造(不動行光役)、廣瀬大介(一期一振役)、杉江大志(鯰尾藤四郎役)、東啓介(燭台切光忠役)らが登壇した。  「舞台『刀剣乱舞』虚伝 燃ゆる本能寺」は東京・シアター1010にて5月3日~14日まで上演。大阪メルパルクホールにて5月17日~20日まで上演。

  • ミュージカル『刀剣乱舞』 ~阿津賀志山異聞~製作発表会見の様子

    ミュージカル『刀剣乱舞』新作公演、今秋上演!鳥越裕貴&小越勇輝ら“刀剣男士”に

    アニメ・コミック

     「ミュージカル『刀剣乱舞』 ~阿津賀志山異聞~」の製作発表会見が30日、都内にて行われ、 黒羽麻璃央、佐藤流司らキャスト陣が登壇。さらに、ミュージカル『刀剣乱舞』新作公演(タイトル未定)が今秋上演されることも発表され、鳥越裕貴、小越勇輝ら演じる新たな刀剣男士5名がお披露目された。@@cutter 原作は、名だたる刀剣が擬人化した“刀剣男士”を収集・育成・強化する刀剣育成シミュレーションゲーム『刀剣乱舞‐ONLINE‐』(DMM ゲームズ/Nitroplus)。本舞台は、刀剣男士たちによるミュージカルとライブパフォーマンスの2部で構成される。1月1日には“刀剣男士 team 三条 with 加州清光”としてCDデビューも果たし人気を博している。  今回、トライアル公演からさらにパワーアップ、新たな楽曲も追加した完全版として、5月末より東京・大阪・京都の3ヵ所で本公演が行われることが決定。この日の会見では、三日月宗近役の黒羽麻璃央、小狐丸役の北園涼、石切丸役の崎山つばさ、岩融役の佐伯大地、今剣役の大平峻也、加州清光役の佐藤流司のキャストが登壇した。  黒羽は「三日月宗近という役はもっとも美しいと言われる刀。きれいに見せることはもちろん、所作であったり、衣装もすごくこだわっていただいてるので、そういう面も見せていきたいと思います。自分のことをジジイと言うような“抜け感”も出していきたい」と役作りを明かし、佐藤は「加州清光という役は繊細な魅力が詰まった役。大胆だったり熱いところがあったりクールだったり一言では語りきれない。それを佐藤流司がどう演じていくのかを観てほしい」と、意気込みを語った。  また同日、今秋上演のミュージカル『刀剣乱舞』新作公演(タイトル未定)のキャストとして、大和守安定役の鳥越裕貴、和泉守兼定役の有澤樟太郎、堀川国広役の小越勇輝、蜂須賀虎徹役の高橋健介、長曽祢虎徹役の伊万里有の新たな5名の刀剣男士がお披露目。鳥越は「この衣装にまだ慣れませんが、秋までに“安定”という役を 自分のものにできるように」と言葉にし、小越は「いよいよ始まるなという気持ちがわいてきました」と気合い十分な様子をみせた。  ミュージカル『刀剣乱舞』 ~阿津賀志山異聞~は、5月27日~6月12日にAiiA 2.5 Theater Tokyo(東京)で、6月17日~19日に森ノ宮ピロティホール(大阪)で、6月23日~26日に京都劇場(京都)で上演。またミュージカル『刀剣乱舞』新作公演は9月~11月に東京・福岡・大阪で上演される。

  • 人気ゲーム『刀剣乱舞』2作、TVアニメ化決定!

    <AJ2016>人気ゲーム『刀剣乱舞』2作、TVアニメ化決定!

    アニメ・コミック

     26日、東京ビッグサイトで開催された「Anime Japan2016」のREDステージにて、人気ゲーム『刀剣乱舞‐ONLINE‐』のスペシャルステージが行われ、第1幕『刀剣乱舞‐花丸‐』(2016年10月放送)、第2幕『刀剣乱舞(仮題)』(2017年放送)の2作同時のTVアニメ化決定が発表された。@@cutter 登壇したのは、鳥海浩輔(三日月宗近役)、前野智昭(山姥切国広役)、石川界人(歌仙兼定役)、興津和幸(蜂須賀虎徹役)、濱健人(陸奥守吉行役)、市来光弘(大和守安定役)、エグゼクティブプロデューサーの花澤雄太(DMMゲームズ)、原作プロデューサーの小坂崇氣(ニトロプラス)。サプライズで増田俊樹(加州清光役)の参加も叶い、会場を喜ばせた。  『刀剣乱舞‐ONLINE‐』は、名だたる刀剣が“刀剣男士”と呼ばれる個性豊かな男性キャラクターとして登場するPCブラウザ&スマホ向けゲーム。この日発表されたのは、第1幕『刀剣乱舞‐花丸‐』、第2幕『刀剣乱舞(仮題)』のWアニメ化。女性が多く駆け付けたステージでは、発表が行われると大きな歓声が沸き起こった。    第1幕『刀剣乱舞‐花丸‐』のティザービジュアルに描かれたのは、新撰組の沖田総司の愛刀である大和守安定(CV:市来光弘)と加州清光(CV:増田俊樹)の2人。アニメーションスタッフもあわせて解禁となり、監督は、TVアニメシリーズ初監督となる直谷たかし。キャラクターデザインは、『魔法少女まどか☆マギカ』などの谷口淳一郎、シリーズ構成・脚本は、『ばらかもん』などのピエール杉浦に決定。アニメーション制作は動画工房が担当する。一方、第2幕『刀剣乱舞(仮題)』は、ufotableが制作を担う。    アニメ化発表によせて、市来からは、「これによりゲームでもアニメでもいつでもどこでも(!?)敵兵の首を落とせるようになるのかと思うとワクワクしますねぇ(笑)。審神者の皆さん!アニメで動く加州清光、大和守安定、そして刀剣男士達を…首長くして待てっ!」との喜びのコメントが到着。増田は「まさかティザービジュアルに選ばれるとは、何があるかわかりません。アニメでは動く彼らがさらに生きたセリフを喋るはず!僕自身とても楽しみにしています!」とワクワクとした思いを明かした。    第1幕『刀剣乱舞‐花丸‐』は2016年10月放送予定、第2幕『刀剣乱舞(仮題)』は2017年放送予定。

  • 舞台『刀剣乱舞』発表された第4弾キャスト陣

    舞台『刀剣乱舞』第4弾キャストが発表 新キャラは一期一振、鶴丸国永、謎の役柄

    アニメ・コミック

     人気オンラインゲームを原作とした舞台『刀剣乱舞』の全キャストが遂に発表された。新たに、椎名鯛造(役柄は未発表)、一期一振役の廣瀬大介、鶴丸国永役の染谷俊之の出演が決定し、すべての“刀剣男子”が出揃った。@@cutter 原作はニトロプラスとDMMゲームズがタッグ組んだ刀剣育成シミュレーションゲーム。プレイヤーは、名だたる名刀が擬人化した“刀剣男子”を育て、強化して楽しむことができ、女性層を中心に大きな支持を得ている。  『刀剣乱舞』は他にも、ミュージカル企画も進行しており、5月の本公演に向け2015年10月~11月にはトライアル公演を行った。そして今回、満を持してストレートプレイの第4弾キャストが発表されて全“刀剣男子”が勢揃いし、公演に向けてますます期待が高まっている。  舞台『刀剣乱舞』は東京・シアター1010にて5月3日~13日、大阪メルバルクホールにて5月17日~20日に上演。詳細は公式サイトまで。

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access