hulu 関連記事

  • 日欧共同製作ドラマ『THE HEAD』に出演する山下智久

    山下智久、エミー賞受賞プロデューサー総指揮サバイバルミステリーに参戦

    エンタメ

     俳優の山下智久が、日欧共同製作の国際ドラマ『THE HEAD』にメインキャストの一人として出演することが発表された。2020年春に日本国内で「Hulu オリジナル」の連続ドラマとして配信が予定されているほか、世界規模での公開が決定している。@@cutter 本作は、南極の科学研究基地を舞台にした“極限サバイバルミステリー”。欧州有数の製作会社THE MEDIAPRO STUDIOが製作を主導し、日本の動画配信サービスHuluも参加する。エミー賞も受賞した世界的ヒットドラマ『HOMELAND/ホームランド』のエグゼクティブ・プロデューサーを務めたラン・テレムが製作総指揮を担当する。日本での配信のほか、ヨーロッパの主要放送局や、中南米、HBO Asiaが網羅する23の国と地域で放送、各国の配信プラットホームで同時公開される。  南極の科学研究基地の研究員たちは、暗闇と氷河に覆われる“長い冬”を迎えるにあたり、「越冬隊」の10名を残し、基地を去ることに…。しかし、半年にわたる冬のさなかに突如、基地と外界の交信が断絶。数週間後に研究員たちが基地に戻ると、そこには目も当てられない惨状が広がり、ほとんどの研究員が死亡、1名は行方不明、生存者2名になっていることが判明する。いったい6ヵ月の間に何が起こったのか。異なるタイムラインの中でひもとかれていく謎。食い違う証言。陸の孤島ともいえる南極の基地で、極限状態に置かれた人間たちが壮絶な心理戦を繰り広げていく。  撮影は、12週間かけてスペインとアイスランドで行われる予定。世界規模のドラマシリーズ初出演となる山下は、物語において極めて重要な役どころである研究員を演じ、全編英語のせりふに挑む。  山下は「プロジェクトへの参加が決まったときは喜びと同時に、『この作品の一部にちゃんとなりたいな』という思いを抱きました」と語り、「『THE HEAD』はスリリングな物語を通し、しっかりと人間の本質を描き出しているからこそ、僕自身も考えさせられることがたくさんあります。そんな作品で重要人物の一人を演じるということで、責任とプレッシャーも感じていますが、できる限り作品にフィットする人物を作り上げていきたいです」と意気込む。  製作総指揮のラン・テレムは、山下の出演について、「この国際的な作品に日本人のキャラクターを加えることは私たちが強く望んだことでもありました。トモヒサをキャストの1人として迎えることは『THE HEAD』という作品にとって極めて大きなことであり、彼の演技力と身にまとう魅力がもたらす新鮮なアプローチはヨーロッパ制作のテレビドラマとして稀有(けう)なものを産み出すと確信しています」とコメントしている。  山下と共演する他のメインキャストには、スペインのアルバロ・モルテ、英国のキャサリン・オドネリー、米国のアメリア・ホイら各国の実力派俳優が決定している。  ドラマ『THE HEAD』は2020年春、動画配信サービスHuluにて配信予定(全6話)。

  • ドラマ『博多弁の女の子はかわいいと思いませんか?』に出演する今田美桜

    今田美桜、岡田健史主演『博多弁』ドラマに本人役で出演 Hulu配信も決定

    エンタメ

     俳優の岡田健史が初主演を務め、FBS福岡放送にて7月19日に放送されるFBS開局50周年スペシャルドラマ『博多弁の女の子はかわいいと思いませんか?』のスペシャルキャストとして、福岡出身の女優・今田美桜が本人役で出演することが発表された。また、本作が全国の視聴者向けに動画配信サービスHuluにて配信されることも決まった。@@cutter 本作は、秋田書店のWEBマンガ雑誌「マンガクロス」で連載され、単行本が累計15万部を突破した新島秋一による同名の4コマ漫画をドラマ化したラブコメディー。東京で暮らす男子高校生・東京(あずま・みやこ)が、博多から転校してきた幼なじみ・博多乃(はかたの)どん子と再会し、博多弁&博多愛で遠慮なしに自分を巻き込むどん子に戸惑いながらも、遅咲きの初恋をこじらせていく姿を描く。主人公の京を岡田、ヒロイン・どん子を女優の福田愛依が演じるのをはじめ、福岡出身のキャストが集結している。  小学生の時に博多から東京に引っ越してきた東京(岡田)は、博多弁を笑われて以来、人と距離を置いて過ごしていた。そんな彼の高校に、幼なじみの博多乃どん子(福田)が転校してくる。目立たず平穏無事に過ごしたいのに、博多弁&博多愛で遠慮なしに自分を巻き込むどん子に、ペースを乱されまくる京。気付けばクラスは博多グッズにまみれ、担任の内藤先生(光石研)も容認する始末。クラスメイトも親も、皆がどん子の味方。どん子のやりたい放題に、ついに爆発する京だったが、実はどん子はある思いを抱えており…。  今田がどんな登場の仕方をするかは、まだ明かされていない。今田は「すごくなじみのある放送局なので、関わることができてうれしいです。岡田健史さんをはじめ福岡出身の出演者の方々がたくさん出ているこの作品に出演させて頂ける事がとても光栄です。今回、本人役という初めての経験をさせて頂けて嬉しかったです。福岡の事がたくさん詰まったお話です」とコメントを寄せている。  ドラマ『博多弁の女の子はかわいいと思いませんか?』は、FBS福岡放送にて7月19日19時放送。放送終了後から動画配信サービスHuluにて配信。

  • Huluオリジナルストーリー『3年A組 ―今から皆さんだけの、卒業式です―』より

    『3年A組』スピンオフ、Huluで配信開始 “涙の卒業式”描く

    エンタメ

     俳優の菅田将暉が主演し、ヒロインを女優の永野芽郁が務めるドラマ『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』(日本テレビ系/毎週日曜22時30分)のスピンオフドラマ『3年A組 ―今から皆さんだけの、卒業式です―』(全2話)が、オンライン動画配信サービスHuluにて今夜から配信される。人質事件の終結後に残された29人の生徒たちが、一颯(菅田)の残したメッセージを受け取り、偽りない心の叫びを爆発させる“涙の卒業式”が描かれる。@@cutter 『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』は、卒業式まで残り10日となった高校を舞台にした学園ミステリー。“人質事件”という方法をもって“最後の授業”を行うと決断した1人の教師・柊一颯(菅田)、そして生徒たちが抱える思い、“秘密”を綿密な人間模様とともに描いてきた。そのスピンオフドラマである本作は、一颯が警察に連行された後、3年A組の生徒が日常へ戻る瞬間からスタートする。  “10日間の授業”で一颯の思いを受け継いだ生徒たちはふと、その日が本来は卒業式だったことを思い出す。その矢先に一颯のパソコンから、「卒業式」と銘打たれたファイルが発見される。それは、かけがえのない恩師・一颯の音声だった。  「これから、俺の卒業式を始める。俺に向かって、おまえたちが目指す未来を語れ」。そう口火を切るや、“自分を真の教師にしてくれた29人の生徒一人ひとり”に対し、熱いメッセージを投げかける一颯。その愛に満ちた“最後のメッセージ”、それに対して生徒たちが本気で語る“目指す未来像”とは。永野芽郁や片寄涼太(GENERATIONS from EXILE TRIBE)らが演じてきた29人の生徒たちの“うそ偽りのない心の叫び”が交錯する―。  ドラマ『3年A組 ―今から皆さんだけの、卒業式です―』は、オンライン動画配信サービスHuluにて、前編が今夜3月10日の地上波『3年A組』最終回放送終了後、後編が3月17日0時より、それぞれ配信開始。

  • 「銭形警部」キャストの3人

    ルパン三世“銭形警部”主人公の実写ドラマ製作! 鈴木亮平が銭形のとっつぁんに

    エンタメ

     ルパン三世でおなじみのキャラクターを主人公としたドラマ『銭形警部』の製作が決定した。主演の銭形警部を演じるのは俳優・鈴木亮平。警視庁捜査一課の若き女性刑事・桜庭夏希役に前田敦子、同じく捜査一課の刑事・国木田晋太郎役に三浦貴大が務めるなど、豪華キャストが脇を固める。@@cutter 本作は日本テレビ、WOWOW、Huluの共同製作。地上波、衛星、配信という異なるデバイスでひとつの作品を展開していくドラマプロジェクトは日本初の試み。ドラマでは神出鬼没の大泥棒・ルパン三世逮捕に執念を燃やす銭形刑事の本当の姿にスポットを当てる。頑固一徹で、正義感が強く、悪を決して許さない。そして、誰よりも人情味にあふれる銭形警部がさまざまな難事件を解決する姿を描く。  鈴木は「銭形警部と言えば、声優さんが演じている声のイメージがあるので、その部分も引き継ぎながら、そこに自分の声をプラスして新しい銭形警部像にしていきたいです」と意気込みつつ、「『実際に銭形警部がいたらこんな人なんじゃないかな』と思っていただけるように、銭形が持つダンディズムと可愛いらしさを表現しながら、スケールの大きい刑事ドラマを作り上げたいと思っています」と語っている。  日テレ×WOWOW×Hulu 共同製作ドラマ『銭形警部』は2017年放送、配信予定。

  • ヒュー・ローリー、新ドラマで再びドクター役に

    『ドクター・ハウス』ヒュー・ローリー、新ドラマで再びドクターに

    海外ドラマ

     偏屈な天才診断医グレゴリー・ハウスの活躍を描く人気海外ドラマ『Dr.HOUSE ‐ドクター・ハウス‐』で主人公を演じたヒュー・ローリーが、新ドラマ『Chance(原題)』で再び医師を演じるという。@@cutter 『Chance(原題)』は、ケム・ナムの同名小説がベースのサイコ・スリラー。人違い、警察の汚職、精神疾患などの問題が渦巻く暴力的で危険な世界に、不本意ながら引き込まれてしまう法医学に携わる神経精神科医エルドン・チャンスを中心に物語は展開する。  チャンスは多重人格障害を患っている可能性のある女性患者と関係を持ち、彼女の暴力的な元夫で冷酷な刑事ともめる羽目に。離婚や10代の娘との問題も抱えながら、ダークな世界へと落ちていくチャンスは、人類の怪しげな未知なる世界を探究することになるという。  Deadlineによると、Huluが手掛け、2シーズン、20話の製作が決まっているとのこと。リリースは2016年後半を予定しているという。ナム本人と海外ドラマ『アクエリアス 刑事サム・ホディアック』のアレクサンドラ・カニンガムが脚本を執筆。2人と共に映画『ミルク』(09)のマイケル・ロンドンや、映画『FRANK ‒フランク‒』(14)のレニー・アブラハムソン監督が製作総指揮を務めるという。アブラハムソン監督はいくつかのエピソードでメガホンを取るそうだ。

  • 『ニーチェ先生』塩山楓役の松井玲奈

    松井玲奈、SKE卒業後“初”連ドラは『ニーチェ先生』 内田理央、佐藤二朗らも出演

    エンタメ

     間宮祥太朗&浦井健治がW主演、福田雄一監督が脚本・演出を務めるドラマ『ニーチェ先生』に、元SKE48の松井玲奈が出演することが分かった。本作は、同グループ卒業後初となる連ドラ出演の松井のほか、内田理央、松田凌、菅裕輔、じろう(シソンヌ)、佐藤二朗らもレギュラーキャストとして発表された。@@cutter 原作は、ツイッターに投稿されたコンビニアルバイトの仰天業務日記をコミカライズした痛快コメディ。コンビニを舞台に、個性豊かなコンビニ店員たちや日常の中で起きる接客業界の不条理を描き、2015年「次にくるマンガ大賞」4位、「全国書店員が選んだおすすめコミック」3位、と各漫画賞を受賞し話題を呼んでいる。  松井は今回の出演決定を受け、「福田監督の作品にずっと出たいと思っていて、原作もすごくおもしろいと思って読んでいたので、とても嬉しいです」と喜びのコメント。さとり世代の新人コンビニバイト・仁井智慧(間宮)に恋する常連客の塩山楓役、という役柄について「仁井君の事が大好きで、好き過ぎるがあまり、奇行に走ってしまうんですけど、私はとても愛すべきキャラクターだと思っています(笑)」と説明する。  また、本作の魅力を「舞台がコンビニで、皆さんの日常にも起こりうるシチュエーションだと思うので、自分に重ねながら、“そんな事ないよ”と笑ってもらったり、“うん、うん。わかる”って思ってもらったり。とても面白い作品なので、単純におもしろおかしく見て頂きたいです」と、アピールした。  ドラマ『ニーチェ先生』は、Huluにて2016年1月から独占先行配信。読売テレビ・日本テレビでは1月下旬より放送開始。

  • 尾野真千子が殺人鬼に挑む『フジコ』は11月13日より配信。

    尾野真千子が狂気の殺人鬼に! 大ベストセラー「殺人鬼フジコの衝動」映像化決定

    エンタメ

     映像化不可能とも言われた真梨幸子の50万部を超える大ベストセラー小説「殺人鬼フジコの衝動」がドラマ化され、主演を尾野真千子が務めることがわかった。さらに、主題歌には斉藤和義の「シンデレラ」が決定した。@@cutter 本作は、一家惨殺事件の生き残りの少女フジコが、幸せだけを追い求め、いつしか殺人鬼となっていく姿を描いたミステリー。原作者の真梨は、「後味が悪い、イヤな気分になる」といった不快な読後感から生まれたミステリーの新たなジャンルである「イヤミス」の名手とも呼ばれている。本作も、その衝撃性と猟奇性はいかんなく発揮されており、地上波のみならず映画化すら「絶対不可能」と言われ続けてきた。  そんな本作に挑む尾野は、「最初、台本を読んだ時、『殺人はあってはならない悪いもの』という思いから断りたいと思いました。台本の読後感が『むごい、ひどい、つらい』の三拍子で、とてもひどかったからです」と本音を吐露する。しかしそんな時、脚本の高橋泉が過去に担当した映画『凶悪』を観て「できるかもしれない」との思いから、オファーを受けたという。  そして、「演じていてとても辛かったです。疲労感が凄まじかったです。私にとっては、それだけ全身全霊で入り込めた役ということです。どうなるんだろうと不安が90%でしたが、完成したものを観てみると、人の痛みもわかりますし、響くものがいっぱいあり実は泣けました。やってよかったなとやっと思えた」と作品への思いを語った。  また、本作には谷村美月、丸山智己、リリー・フランキー、浅田美代子、真野響子の出演も決定している。  Huluオリジナル製作の連続ドラマ『フジコ』は、11月13日よりHulu、およびJ:COMで全6話一挙配信。

  • 『ニーチェ先生』 W主演を務める間宮祥太朗、浦井健治

    福田雄一、人気マンガ『ニーチェ先生』実写ドラマ化!間宮祥太朗&浦井健治W主演 

    エンタメ

     「月刊コミックジーン」(KADOKAWA)にて連載中であり、コミック累計105万部突破の人気作『ニーチェ先生』の、実写ドラマ化が決定。本作は、福田雄一監督がメガホンを取り間宮祥太朗と浦井健治がW主演を務める。@@cutter 『ニーチェ先生』は、ツイッターに投稿されたコンビニアルバイトの仰天業務日記をコミカライズした痛快コメディ。コンビニを舞台に、日常の中で起きる接客業界の不条理を描き、2015年「次にくるマンガ大賞」4位、「全国書店員が選んだおすすめコミック」3位、と各漫画賞を受賞し話題を呼んでいる。  福田監督は、「僕が初めて“監督”というお仕事をさせて頂いたのは『THE 3名様』という作品でした。深夜のファミレスを舞台にどうにもならないフリーター3人がとりとめのない話をするドラマです」と振り返り、「今回のお話を頂いた時、神様に“原点に戻って、笑いを1から考え直せ”と言われた気がしました。今度もコンビニで、どうにもならない人間の笑いを考えてみようと思います」と意気込みを語る。  ニーチェ先生こと仁井智彗役の間宮は、「コンビニでバイトをしているというありふれた場所・日常で、こんなにユーモア溢れる事態があるのかと感嘆しました」と感想を述べ、「そんな作品を福田雄一さんと作れるだと!?こんなにときめく要素が詰まったものが初主演ドラマ…こんなに恵まれていていいのか」と、喜びも一入のよう。松駒くん役の浦井も「出演が決まったとき、思わず飛び跳ねて喜んでいました!原作ファンの方にも認めてもらえるような松駒くんを目指します」と気合いを見せた。  実写ドラマ『ニーチェ先生』は2016年よりHuluにて配信。また、TVでも放送決定。

  • LDH総合エンタメプロジェクト『HiGH&LOW』始動!

    EXILE TRIBE、世界初の総合エンタメプロジェクト始動!映画、ドラマ、ライブ連動

    映画

     EXILE、三代目J Soul Brothersらが所属するLDHが、総合エンタテインメントプロジェクト『HiGH&LOW』の始動を発表した。本プロジェクトでは、EXILE TRIBEをはじめとした超豪華キャスト総出演の映画、ドラマ、連動型ライブなど、様々なメディアコンテンツ展開を繰り広げる。@@cutter 『HiGH&LOW』は、映画(2016年7月16日公開)を軸に、日本テレビとオンライン動画配信サービス「Hulu」での連続ドラマ(10月スタート)、原作のコミカライズ、「Instagram」などのSNSを展開。そしてEXILE TRIBEのグループの垣根を越えたオリジナルサウンドトラックを制作し、『HiGH&LOW』の世界観を表現するライブツアーの計画など、様々なメディアコンテンツ全てが映画に連動した世界初の総合エンタテインメント・プロジェクトとなる。  企画プロデュースをEXILE HIROが担当し、多くのMVやライブ映像をEXILE HIROとともに創りあげてきた久保茂昭が映画・ドラマの監督に初挑戦。完全オリジナル原作をもとに、不良チームが集まる“SWORD地区”での壮絶な闘いと、その裏のリアリティある大人の世界・生き様を描く。  本企画について、HIROは「世の中をビックリさせたい、ワクワクさせたいという気持ちと、メンバーの夢や、普段からのアーティスト活動や役者活動などを照らし合わせていくうちに様々なアイデアが生まれてスタート致しました」と説明する。「日頃から僕らは “Love, Dream, Happiness”を根本に活動しておりますが、本企画では全く別の角度から、“Love, Dream, Happiness”を届けていきたいと思っております」と意気込みを明かした。

  • Hulu配信の新ドラマで主演を務めるアーロン・ポール

    『ブレイキング・バッド』アーロン・ポール、新作ドラマで主演&製作

    海外ドラマ

     高校教師と元教え子が違法薬物の製造に手を染める、人気海外ドラマ『ブレイキング・バッド』のジェシー・ピンクマン役でブレイクした俳優アーロン・ポール。2013年に放送終了後は映画を中心に活躍の場を広げてきたが、映像配信サービスHuluの新オリジナル・ドラマ『The Way(原題)』に出演するという。@@cutter ポールは主演と共に製作も兼ねる予定で、相手役は映画『M:i:III』のミシェル・モナハンに決まっている。製作総指揮と脚本は、海外ドラマ『Parenthood(原題)』のジェシカ・ゴールドバーグが務めるほか、海外ドラマ『ロズウェル/星の恋人たち』のジェイソン・ケイティムズなどが名を連ねる。  『The Way(原題)』は他者との関係や結婚、権力などの問題で悩む家族を描くドラマになるとのことだ。ポールが演じるのはエディー・クリアリーという男性で、ミシェル演じる女性の夫。エディは物議を醸している運動を信奉するが、その信念を根本的に試されるような事態が生じるという。  『The Way(原題)』は仮題で今後タイトルが変更になる可能性があるそうだが、10話構成で製作されるとのこと。この冬にリリース予定になっているという。

  • 『THE LAST COP/ラストコップ』完成披露試写会の様子

    唐沢寿明、窪田正孝の腕は「すごい筋肉質」 食事中の意外な癖を暴露

    エンタメ

     日テレ×Hulu共同製作ドラマ『THE LAST COP/ラストコップ』完成披露試写会が2日に開催され、出演者の唐沢寿明、窪田正孝、佐々木希が80’sファッションで、会場内に設置されたランウェイに登場。トークセッションでは唐沢が窪田の演技を絶賛していた。@@cutter まず、唐沢は「わざわざ僕のためにありがとうございます。素敵な2人に挟まれてうれしい。薪持ってこい!」と突然、田中邦衛のモノマネで盛り上げ、窪田は「唐沢さんと長い時間いさせてもらって、本当に楽しくて、笑いがあって涙があってアクションがあって、たくさんの人に愛される作品になったと思います」と挨拶。  共演した2人について聞かれた唐沢が「窪田くんは、食事に行くと腕を出す癖がある。それで、すごい筋肉質なの」と話すと、会場からは「見たい!」との声が。「150万くらいもらわないと見せられないよ」とかわす唐沢だったが、「窪田くんはわかりやすくて演技が上手。世界観を持っている」と演技を絶賛。佐々木については「普段はおとぼけなんだけど、やるときはすごいいい顔してる。たまにエクトプラズム出てるからね」と評していた。  また、イベントではサプライズで唐沢にバースデーケーキを用意。6月3日に誕生日を迎える唐沢は、「たくさんの方に誕生日を祝ってもらったことがないので、本当にありがとうございます」と頭を下げ、「本当に面白いドラマ。後半はジーンとしちゃう。最近こういうドラマはないと思う。絶対楽しめると思います」とドラマをアピールした。  本作は2010年にドイツで放送された「DER LETZTE BULLE(英題:THE LAST COP)」のリメイクドラマ。30年間昏睡状態で時代とズレてしまった規格外の刑事(唐沢)が、草食系の若手刑事(窪田正孝)とバディを組み、失われた時間を取り戻すかのようにガムシャラに猛進する姿を描く。  『THE LAST COP/ラストコップ』は6月19日、日本テレビ系「金曜ロードSHOW!」にてプレミア放送(21時~)。さらに放送直後よりHuluにてエピソード2の配信を開始。

  • 『THE LAST COP/ラストコップ』 2015年初夏、日本テレビにて特別放送

    唐沢寿明、「Hulu」初オリジナルドラマ主演に! 窪田正孝共演で時代錯誤の刑事役

    エンタメ

     動画配信サービス「Hulu」が、唐沢寿明を主演に迎え、初のオリジナルドラマ『THE LAST COP/ラストコップ』を日本テレビにて放送することがわかった。唐沢は、過去の事故をきっかけに30年間昏睡状態に陥るも突如目覚め、時代とズレてしまった刑事・京極を演じる。@@cutter 日本テレビとHuluが共同制作する本作は、ドイツでシーズン5まで制作された超人気刑事ドラマシリーズ『DER LETZTE BULLE(英題:THE LAST COP )』のリメイク作。日本版となる本作では、主演の唐沢を筆頭に、窪田正孝、和久井映見、佐々木希、宮川一朗太、久慈暁子、田山涼成、佐野史郎らを迎え、アクションあり、笑いあり、涙ありの極上エンターテインメントを兼ね備えた刑事ドラマとして制作する。  1985年、数々の事件を解決してきた型破りな刑事・京極(唐沢)は、凶悪犯・カグラを追い詰めるも、仕掛けられた爆弾が爆発。昏睡に陥り30年間眠り続けることに。2015年、京極は目を覚ますが、妻・可奈子(和久井)はかつての後輩・鈴木(宮川)と再婚しており、娘の結衣(佐々木)も鈴木を父親だと認識している。加奈子に家から追い出され、暴れていた京極は、若手刑事・亮太(窪田)に逮捕されてしまう…。  唐沢は、今回の役どころについて「最近はスーツ系の役が多く、こういった“がさつな役”はあまり演じる機会がなかったので、新鮮ですね」と役柄に触れる。自身の「新しい一面も楽しんでもらえる」とし、「笑えて泣けて、まさにエンターテインメント作品です。“何事も最後は頑張るしかないんだな”という、まっとうなメッセージが伝わるといいなと思っています。ぜひ期待していてください」と作品をアピールした。  『THE LAST COP/ラストコップ』は2015年初夏に日本テレビにて特別放送。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access