アイアンマン 関連記事

  • 映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』場面写真

    『アベンジャーズ』クリス・エヴァンス、10年間で得たのは「かけがえのない友情」

    映画

     マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)の集大成となる映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』。MCUシリーズを通して、キャプテン・アメリカ役を約10年間演じてきた俳優のクリス・エヴァンスが、同作で得たものとして「かけがえのない友情」を挙げた。@@cutter ※以下、ネタバレを含みます。ご了承の上、お読みください。  『アベンジャーズ』シリーズの完結編となる本作は、最凶最悪の敵“サノス”によって、アベンジャーズのメンバーを含む人類の半分が消し去られた地球で、アイアンマンらヒーローたちが最後にして最大の逆襲を開始するさまを描く。全世界歴代興行収入1位のジェームズ・キャメロン監督作『アバター』にも迫る驚異的な数字を記録しており、日本でも約52億円の興収と約357万人の動員を達成(5月20日時点)している。  アイアンマンやソーら最強ヒーローが集結するアベンジャーズを引っ張るリーダー的存在が、チームで最も正義感が強く真面目なキャプテン・アメリカだ。  約10年間、クリスはこのキャプテン・アメリカ役を演じており、「最も感慨深いのは、10年間この役を演じてきたなかで得たかけがえのない友情。ここにいる仲間とは、大げさではなく本当に家族と呼べるような、固い絆で結ばれているんだ」と、キャストの関係についてコメントする。クリスらキャスト陣は自身のインスタグラムで和気あいあいとした撮影風景を投稿したり、ツイッターでコメントを送り合うなどの仲の良さをみせている。  また、クリスは「キャラクターの旅路がついに完結するという点で、感慨深いものがあったのは確かだ。キャプテン・アメリカだけではなく、すべてのキャラクターが何らかの形で結末を迎えることになる」と振り返る。  本作において、キャプテン・アメリカは人類の危機的状況を前にして、アイアンマンと協力することを決意し、ある無謀な“計画”に挑戦することとなる。  その計画により見事6つのインフィニティ・ストーンを取り戻し、、消えた約35億の人々を取り戻すことができたアベンジャーズだが、過去からきたサノスが再び彼らへ襲い掛かる。盾が半分に割れ、ボロボロになりつつも、目の前の無数の敵に立ち向かおうとしたり、高潔な魂を持つ者だけが手にできる武器ムジョルニアを構え、「アベンジャーズ! アッセンブル!」と叫び、真っ向からサノスを迎え撃つキャプテン・アメリカの姿には、誰しもが心を打たれるに違いない。  映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』は公開中。

  • 『アイアンマン』のオリジナルスーツが盗難被害

    アイアンマン大ピンチ! 3500万円相当の初代スーツが盗まれる

    映画

     映画『アイアンマン』シリーズでロバート・ダウニー・Jr.が着用したアイアンマンスーツの盗難事件が発生した。スーツの価値は32万~32万5000ドル(3510万~3565万円)相当。現在、ロサンゼルス市警が侵入窃盗事件として捜査にあたっている。@@cutter CBS NewsやPeopleなどの海外メディアによると、盗まれたのは2008年のシリーズ1作目で使われた頭、胸、脚、腕などのパーツに分かれるアイアンマンスーツ。ロサンゼルス近郊の町パコイマにある映画の小道具専門の倉庫で保管されていたという。  2月には所在が確認されていたが、今月、現地時間8日にスタッフが再確認したところスーツがなくなっていたという。当局は2月から4月25日の間に盗まれたのではないかと話している。  『アイアンマン』でロバートが着用する衣装のアイアンマンスーツは、劇中と同じように改良が重ねられており、現在は異なるスーツになっている。それゆえに初代スーツの希少価値は高い。無事、犯人が捕まり、スーツが戻ってきたという続報が届くことに期待したい。

  • トム・ホランド『スパイダーマン:ホームカミング』インタビュー

    新スパイダーマンのトム・ホランド、アイアンマンから学んだ“ひたむきさ”とは?

    映画

     スパイダーマンの新シリーズ『スパイダーマン:ホームカミング』が日本上陸。15歳の高校生スパイダーマンのフレッシュさが弾ける本作。新スパイダーマンに抜擢されたトム・ホランドが、初々しい魅力と驚異の身体能力で見事に大役を演じきっている。「スパイダーマンになることが夢だった」というトムを直撃し、夢を叶えた秘訣。アイアンマンを演じるロバート・ダウニー・Jr.から学んだ“ひたむきさ”について話を聞いた。@@cutter 本作は、スパイダーマンとして認められたいピーター・パーカーがヒーロー活動に従事し、壁にぶつかりながらもやがて強大な敵に立ち向かおうとする姿を描くアクション映画。トムは、イギリス出身の21歳。「アンドリュー・ガーフィールドの後を継いでスパイダーマンになりたい」と公言するほど、スパイダーマンになることを夢見ていたという。  ヒーローの中でも、スパイダーマンに惹かれた理由をこう語る。「小さな頃からスパイダーマンは大好きなキャラクターで、尊敬もしていたんだ。ものすごく共感ができて、地に足がついたヒーローだと思う。例えばトニー・スタークの悩みが黄色いランボルギーニのガス欠だとしたら、ピーター・パーカーの悩みはバス代が足りないということだからね(笑)」。  いわば、大きな夢が叶った形だ。トムは「夢を叶える秘訣は一生懸命、頑張ること」とキッパリ。2008年のミュージカル『ビリー・エリオット』で身体能力を身につけ、その後も熱心に体づくりをするなど努力を続けた。「僕のキャリアはすごくラッキーな事が続いていると思うけれど、いつでも自分にできうる限り最高に頑張ってきた。その代償が得られてとてもうれしいよ」と夢を叶える上で欠かせない要素は“ひたむきさ”だと話す。  それは、本作で描かれるピーター・パーカーの姿とピタリと重なるもの。トムは新スパイダーマンのヒーロー像について、「僕が学校に行っていた頃は、宿題をやったり、学校で一生懸命に勉強することはクールじゃないことだと思われていた。でも僕は今回、その反対のことを伝えたいと思っていたんだ。一生懸命にやることはクールなんだってね。若い世代が共感のできるピーターのような人が、“自分自身でいることの大切さ”というメッセージを伝えるのはとても重要なことだと思ったんだ」と身近な存在だからこそ、伝えられることがあると誇らしげに語る。@@separator 劇中でアイアンマンに憧れるピーターだが、トム自身もアイアンマンを演じるロバート・ダウニー・Jr.からたくさんのことを学んだそう。「彼から“どんなに有名になっても自分自身であり続けることが大事だ”ということを学んだ。彼は本当に最高のスターだけれど、必ず撮影の10分前には現場に入っているし、現場の全員に挨拶をする。とにかくものすごく一生懸命に仕事をする人なんだ。彼とまた仕事をするのが、とても楽しみだよ」と彼からも“ひたむきさ”をひしひしと感じた様子。  トム自身、世界的人気キャラクターという大役を得て、スターの仲間入りを果たした。そんな中、自分自身であり続けるためには「友達といる時間を大切にしている」という。「僕がちょっとイヤなヤツになってきたとしても、友達と一緒にいれば“なんだよお前”って言ってくれるからね(笑)。それに親からも“自分らしくいるように“としつけられてきた。僕自身、自分のことをそんなに悪いヤツだとは思っていないしね。なるべくいつもフレンドリーでいて、自分自身であり続けること。そして今の経験を楽しむようにすることが大事だと思っている。だって、自分が今この場所にいることはとてもラッキーなことだからね」。  キュートな笑顔で熱っぽく自らの想いを語る。スパイダーマンというニューヒーローとともに、次世代スターの誕生を予感させるトム・ホランド。ぜひワクワクするような成長ストーリーを見届けてほしい。(取材・文・写真:成田おり枝)  『スパイダーマン:ホームカミング』は絶賛上映中。

  • トム・ホランド、『スパイダーマン:ホームカミング』ジャパンプレミアに登壇

    びしょ濡れ神対応にファン700人が感激!新スパイダーマン トム・ホランドが登場

    映画

     映画『スパイダーマン:ホームカミング』のジャパンプレミアが7日、都内で行われ、新スパイダーマンを演じるトム・ホランドとジョン・ワッツ監督が登壇。台風5号の影響で強い雨の吹き付ける中、日本のファンの熱烈な歓迎を受けたトムが「こんなに雨が降ってしまって申し訳ない!これはスーパーヒーローの映画だけれど、みなさんはスーパーファン!」と大感激。「僕も濡れるよ!」と雨に打たれて、大歓声を浴びた。@@cutter スパイダーマンがマーベル・シネマティック・ユニバースに本格参戦する本作。スパイダーマンこと15歳の高校生ピーター・パーカーが真のヒーローとして成長していく姿を描く。  初来日を果たしたトムとワッツ監督は、映画のコスプレに身を包んだ熱狂的なファンをはじめ、会場に集まった約700人が出迎える中、レッドカーペットに登場。太鼓やお神輿、スパイダーマン・マークが描かれた提灯などで彩られた会場を見渡したトムは「世界中で一番クール」と日本の夏祭りの雰囲気たっぷりのイベントを楽しんでいた。  カーペットを練り歩きファンサービスに専念した2人だが、次第に雨は強くなり、彼らがステージにたどり着いた頃には雨も本降りに。びしょ濡れになりながら声援を送るファンの姿を見たトムは「スーパーファン!愛してます」と感激しきり。ステージ上には屋根があったが、「僕も濡れるよ」と屋根のないところまで足を運んでファンの思いに寄り添うと、彼の温かな気遣いに大歓声が上がった。    「ここに住んでもいいかも」というくらい、日本が気に入った様子のトム。「スパイダーマンになりたいと小さな頃から夢見ていた。ここでスパイダーマンとして宣伝しているなんて信じられない」と瞳を輝かせ、「この映画、とても誇りに思っているんだ!」と熱くアピール。スパイダーマンのテーマ曲に合わせて和太鼓を叩いたり、ファンから「トムホ」と呼ばれて「いい気分」とうれしそうな笑顔を見せるなど、キュートな新スパイダーマンの素顔に「かわいい!」との声が飛び交っていた。    『スパイダーマン:ホームカミング』は8月11日より公開。

  • スパイダーマン、ロード、ファンタビ…相棒はキュートなぽっちゃり男子が最強?

    スパイダーマン、ロード、ファンタビ…相棒はキュートなぽっちゃり男子が最強?

    映画

     アイアンマンに憧れ、アベンジャーズに入りたいと願う、スパイダーマンこと15歳の高校生ピーター・パーカー(トム・ホランド)の姿を描く映画『スパイダーマン:ホームカミング』。劇中では迫力のバトルだけでなく、ピーターとぽっちゃり体型がキュートな友人のネッド(ジェイコブ・バタロン)が見せるコミカルな掛け合いも見どころだが、実は過去に世界的ヒットを記録したハリウッド作品には、主人公とぽっちゃり男子のコンビが活躍するという意外な共通点があった。@@cutter その先駆けとなったのは、長年愛され続けている不朽の名作『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズの主人公・フロド(イライジャ・ウッド)と親友のサム(ショーン・アスティン)だ。サムは『ロード・オブ・ザ・リング』で“影の功労者”との呼び声も高い、重要なキャラクターのひとり。冒険が終わるその時まで、精神も肉体も蝕まれたフロドを、自らの疲労はお構いなしに全力で救い続けた。  昨年公開され、日本でも話題を呼んだ『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』でも、主人公とぽっちゃり男子の名コンビが誕生。劇中では、人見知りで控えめな魔法使いニュート・スキャマンダー(エディ・レッドメイン)と、ノー・マジ(魔法使いでない人)で根っからのお人好しなジェイコブ・コワルスキー(ダン・フォグラー)がともに冒険を繰り広げ、一見すると真逆な雰囲気を感じさせる二人は、物語の最後に大きな絆で結ばれることになった。  一方の『スパイダーマン:ホームカミング』では、ピーターとネッドが学校でも遊びでも、常に行動を共にしている。スパイダーマンの正体がピーターだという衝撃の事実を知ってしまったネッドは、誰にも言わないという約束を守りつつも、ピーターが想いを寄せるリズ(ローラ・ハリアー)が「スパイダーマン好き」であることを知ると、彼女が主催するパーティで「ピーターがスパイダーマンを連れてくる」と爆弾発言をしてしまうことも…。しかしこの発言は、ピーターとリズの仲がどうにか発展するよう願ったためで、不器用ながらも心優しい一面が垣間見える。さらにネッドは、時にスパイダーマンのピンチを助けることもある。果たして、高校生スパイダーマンとぽっちゃり男子のコンビは、どんな活躍を見せるのか?2人の関係にも注目だ。  映画『スパイダーマン:ホームカミング』は8月11日より全国ロードショー。

  • 『スパイダーマン:ホームカミング』日本語版試写会にて

    関ジャニ錦戸、『スパイダーマン』吹替版主題歌を手掛けた安田を絶賛「誇らしい」

    映画

     関ジャニ∞の横山裕、渋谷すばる、村上信五、丸山隆平、安田章大、錦戸亮、大倉忠義が、27日に都内で実施された映画『スパイダーマン:ホームカミング』の日本語吹替版特別試写会に登壇。錦戸は日本語吹替版の主題歌の作詞作曲を手掛けた安田について、「同じメンバーとして誇らしい」と語った。@@cutter 高校生のスパイダーマンことピーター・パーカー(トム・ホランド)が、アベンジャーズ入りを目指して、アイアンマンことトニー・スターク(ロバート・ダウニー・Jr.)に認められようと奮闘する姿を描く本作。ジャパンアンバサダーを務める関ジャニ∞のメンバーは、日本語吹替版の主題歌「Never Say Never」をサプライズで披露しながら登場。  作詞作曲を務めた安田は、歌に込めた思いを聞かれると、「生きている中では、いろいろなことがたくさんありますけれど、葛藤しながら、いつも誰かに支えられて生きているんだなと。それが友達でもいいし、家族でもいいし、誰かに支えられながらやっているんだということを感じてもらえたら」とコメント。一方、“無敵感”に満ちているというアイアンマンに「あんな先輩ほしいなあと、めっちゃ思いましたね」と憧れの気持ちを抱く錦戸は、手探りで奮闘するスパイダーマンの姿を描く物語を表現した安田の歌詞を、「僕らにもそんな時期がもちろんありましたし、今もそうです。頑張ろう!って勇気づけられる」と絶賛。「同じメンバーとして誇らしい」とも語った。  一方、ロサンゼルスで行われたワールドプレミアに、大倉と共に参加した渋谷は、トムと握手した時のことを振り返り、「彼はいいやつでした。握手してくれたんですけど、思いのほか力が強かったです」とニッコリ。また、「大倉が、ただのファンみたいに、キャッキャキャッキャ言ってました」と暴露し、これを受けた大倉は「(手を前に出しながら)ロバート・ダウニー・Jr.をこの距離で見たんですよ。すごくかっこよかった」と感慨深そうに振り返っていた。  映画『スパイダーマン:ホームカミング』は8月11日全国ロードショー。

  • 「最高の歴代スーパーヒーロー映画」に選出された『スパイダーマン』

    最高の歴代スーパーヒーロー映画、『スパイダーマン』や『ワンダーウーマン』など

    映画

     現地時間7日に話題の人気アメコミヒーロー映画『スパイダーマン:ホームカミング』が公開された記念に、US Weeklyが「最高の歴代スーパーヒーロー映画」10本を発表。トム・ホランド主演の最新作もいいが、クリストファー・リーヴス主演『スーパーマン』やトビー・マグワイア主演の映画シリーズ1作目『スパイダーマン』などが選出された。@@cutter 今ほどCG技術が発達していない頃の作品からは、アメコミヒーローとして絶大の人気を誇る『スーパーマン』が登場。クリストファー・リーヴがタイトルロールを演じてスターダムに駆け上った。  ダークヒーローでは、マイケル・キートンがタイトルロールを演じた1989年の『バットマン』と、クリスチャン・ベイルがバットマンを演じた2008年の『ダークナイト』が選ばれている。両作品には共に、怪優ジャック・ニコルソンやヒース・レジャーが演じて話題になったジョーカーが登場する。  ヒロインが活躍する作品では唯一ガル・ガドッド主演『ワンダーウーマン』が選出された。日本公開は8月25日とまだ先だが、世界興行収入は7億4800万ドル(約846億円)を超え、スーパーヒーロー映画の歴代北米興行収入ランキングでは『デッドプール』を抜き、3億7100万ドル(約419億円)以上で10位にランクインしている。  Us Weekly選出、「最高の歴代スーパーヒーロー映画」10本は以下の通り。 『スーパーマン』(79) 『バットマン』(89) 『ミュータント・タートルズ』(91) 『X-メン』(00) 『スパイダーマン』(02) 『ダークナイト』(08) 『アイアンマン』(08) 『アベンジャーズ』(12) 『デッドプール』(16) 『ワンダーウーマン』(17)

  • 『一番くじ スパイダーマン ホームカミング』A賞 スパイダーマンフィギュア(全1種)

    マーベル2大キャラのフィギュアが!『スパイダーマン:ホームカミング』一番くじ登場

    映画

     コンビニエンスストアを中心に人気を博している“ハズレなしのキャラクターくじ”「一番くじ」の最新作『一番くじ スパイダーマン ホームカミング』が発売される。映画公開に合わせて、マーベル作品の2大人気キャラクター「スパイダーマン」と「アイアンマン」のアイテムが並ぶ。@@cutter 本作は『スパイダーマン:ホームカミング』を題材とした、全6等級18種の中から必ずいずれかが当たる“ハズレなしのキャラクターくじ”。A賞・B賞は、最新型スーツに身を包んだ「スパイダーマン」と「アイアンマン」のフィギュアが登場。圧倒的な存在感を誇るサイズと造形となっている。C賞では、「スパイダーマン」と「アイアンマン」がデザインされたビッグタオルがラインナップ。その他、作品をモチーフにデザインしたグラス、ハンドタオル、ラバーストラップなど、バラエティー豊かに取りそろえている。  A賞の「スパイダーマンフィギュア」では糸を発射するお馴染みのポーズを取る。B賞の「アイアンマンマーク47フィギュア」ではアイアンマンが最新型スーツに身を包み、威風堂々と佇む。ほかにも、くじの半券から応募できる「ダブルチャンスキャンペーン」では、B賞と同仕様の「アイアンマンマーク47フィギュア」が、 合計50個当たるという。  『一番くじ スパイダーマン ホームカミング』は8月12日よりファミリーマート、サークルK、サンクス、書店、ホビーショップ、アミューズメント施設、映画館などで順次展開する。1回620円(税込)。

  • 映画『スパイダーマン:ホームカミング』ポスタービジュアル

    新『スパイダーマン』、シビル・ウォー登場裏でまさかの自撮り! ユニーク映像解禁

    映画

     スパイダーマンとアイアンマンとの競演で話題となっているスパイダーマン新シリーズ『スパイダーマン:ホームカミング』より、新スパイダーマン初登場に隠された衝撃シーンが入った新映像が公開された。@@cutter マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)に本格参戦する本作は、一人前のヒーロー気取りの15歳の高校生がスパイダーマンとなり、アイアンマンに導かれて真のヒーローになっていく成長と奮闘が描かれる。  今回、解禁となった最新予告映像は新スパイダーマンがヒーローデビューを果たした『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』の舞台裏というユニークなもの。人類の平和を守る最強チーム・アベンジャーズは<チーム・キャプテン・アメリカ>と<チーム・アイアンマン>に二分され、禁断の戦いへと発展する中で、空港で両軍が対峙する最中、物陰に隠れて両軍の危機迫る様子を撮影する者が…それが、スパイダーマンだ。  隠し撮りをしながら興奮を抑えられない様子で「キャプテン・アメリカだ!アイアンマンもいる!あれは誰だ?」と実況をする姿は、ヒーローというよりも15歳のやんちゃな少年そのもの。そんな中、憧れの師とも言うべきアイアンマンから「新人!」とコールされ慌てる様子も自撮り。  さらに両軍の激しい戦いの最中、キャプテン・アメリカとの激闘を自撮りで語ろうとするも、巨大化したアントマンによって自軍のウォーマシンが捉えられ戦いに戻っていくスパイダーマンの姿も収められている。また戦いを終えても興奮冷めやらぬ様子で当時の状況をやっぱり自撮りで語るピーター・パーカーに、トニー・スターク(=アイアンマン)の運転手であるハッピー・ホーガン(ジョン・ファヴロー)が訪問とユニークな映像が満載だ。  さらに予告には、マイケル・キートン演じる敵バルチャーの最新映像も収録。また同時に解禁された最新ポスターでは、スパイダーマン、アイアンマン、そして敵バルチャーとの競演の様子が描かれている。  『スパイダーマン:ホームカミング』は8月11日より全国ロードショー。

  • 『マーベル展 時代が創造したヒーローの世界』内覧会の様子

    『マーベル展 時代が創造したヒーローの世界』内覧会<フォト特集>

    映画

    日本初となるマーベルの大型総合展『マーベル展 時代が創造したヒーローの世界』が4月7日から始まった。巨大なアイアンマンがお出迎えしてくれるなど、迫力満点の会場の様子を写真でご紹介!

  • 『ドクター・ストレンジ』ワールドプレミアにアイアンマンがサプライズ登場!

    『ドクター・ストレンジ』ワールドプレミア開催! アイアンマン登場でファン熱狂

    映画

     ベネディクト・カンバーバッチが主演を務めるマーベル・スタジオ最新作『ドクター・ストレンジ』のワールドプレミアが現地時間10月20日にハリウッドのチャイニーズ・シアターで開催。アイアンマンことロバート・ダウニー・Jr.がサプライズ登場し、大きな話題を呼んでいる。@@cutter 本作は、時間と空間の概念を超えた驚異の異次元ファンタジック・アクション作品。主人公のスティーブン・ストレンジは、天才外科医だったが不慮の事故で両手の機能を突然奪われてしまう。キャリアのすべてを失った彼が最後の望みをかけてたどり着いたのは人智の力を超えた“魔術”の力だった。自分の手を治すために魔術の修行に励む中で、しだいに強大な敵との戦いに巻き込まれていくストレンジ。新しいパワーを身に着けて外科医に戻るのか、それとも、最強の魔術師として世界を守るのか…。  ワールドプレミアでは、チャイニーズ・シアターに続くレッドカーペットにカエシリウス役のマッツ・ミケルセン、エンシェント・ワン役のティルダ・スウィントン、ウォン役のベネディクト・ウォン、クリスティーン役のレイチェル・マクアダムスと豪華キャスト陣が続々と集結。さらに、アイアンマンで知られるロバート・ダウニー・Jr.が登場すると、集まったファンも大興奮。最後に、ドクター・ストレンジことカンバーバッチが現れ、大歓声を浴びた。  カンバーバッチは、「この時をずっと待っていたよ。このすごいキャラクターを皆さんに届けることができてすごく興奮してるよ」とあいさつ。「ドクター・ストレンジは完全無欠のヒーローで、今後のアベンジャーズ・シリーズに参加するために入ってきたんだ。ほかのキャラクターと共演するのはすばらしいことだし、待ちきれないよ」と語り、今後の競演にも夢を膨らませた。  映画『ドクター・ストレンジ』は、2017年1月27日より全国公開。

  • キャプテン・アメリカの恋人、ペギー・カーターが活躍する『マーベル エージェント・カーター』

    「マーベル女子」急増中! 女性が憧れる“強くて、美しい”ヒロインに注目

    エンタメ

     『アイアンマン』や『キャプテン・アメリカ』など数々のヒーローを描き、世界中を熱狂させているマーベル作品。スーパーヒーローの魅力もさることながら、彼らを支えるヒロインたちの輝きも印象的だ。彼女たちは、強くて、美しいだけでなく、百戦錬磨のヒーローでも頼ってしまいたくなるほどの魅力を兼ね備えている。そこで、今回は、男性だけでなく女性までもが恋に落ちてしまうこと必至のヒロインが登場するマーベル作品を紹介。彼女たちの魅力に迫ってみたい。@@cutter 「スーパーヒーローを支える女性」といえば、まず、映画『アイアンマン』シリーズのペッパー・ポッツを思い浮かべる人も多いことだろう。アイアンマンことトニー・スターク(ロバート・ダウニー・Jr.)の敏腕秘書で、実写映画ではグウィネス・パルトローがペッパーを演じている。  自由でワガママなトニーを相手に、常に冷静沈着な彼女。『アイアンマン』では有能秘書、『アイアンマン2』では女社長に、『アイアンマン3』では大立ち回りをみせるなど、トニーに振り回されているようで、しっかりと自立・成長している彼女は、シリーズの大人気キャラに。トニーを包み込む母性、文句なしの美貌も兼ね備えており、トニーが彼女を手放せないのも納得だ。  映画『アントマン』のホープ・ヴァン・ダイン(エヴァンジェリン・リリー)も印象深い。ムショ上がりの男性、スコット・ラング(ポール・ラッド)を“世界を救うヒーロー”アントマンとして鍛え上げる役どころで、キレあるアクションも披露。黒髪ボブのクールビューティーだが、頑なに見えた彼女が次第にスコットに心を開いていく姿も愛らしく、精神面と肉体面、両面の強さでスコットを支えた。  最後に紹介したいのが、正義のヒーロー、キャプテン・アメリカの恋人ペギー・カーターを主人公として描き、話題となっているドラマ『エージェント・カーター』。先日、歌手で俳優の星野源がマーベルのドラマにドハマりしていることをラジオで熱弁していたように、今、マーベル作品は映画だけでなく、ドラマも非常に熱い!そして、ペギー・カーターという女性は個人的にはマーベルヒロインNo.1と言っても過言ではないほど魅力的なのだ。  本作は、「アベンジャーズ計画」を行った国際平和維持組織、S.H.I.E.L.D.(シールド)の創設メンバーのひとりでもある彼女が、そのシールドの前身となる、秘密諜報機関SSRで活躍するスパイ・アクション・ドラマ。@@separator 舞台は1946年、第二次世界大戦後のニューヨーク。最愛の人、キャプテン・アメリカは消息を絶ち、ペギーは職場で雑用担当に就かされていた。そんな彼女がかつての戦友、ハワード・スターク(ドミニク・クーパー)から秘密の任務を依頼され、使命感とともに捜査にのめり込んでいく。  ペギーを演じるのは、英国女優ヘイリー・アトウェル。凜とした佇まいも美しく、1940年代のクラシカルなファッションに身を包みながら、銃をぶっ放したり、パンチをお見舞いしたりと華麗かつ迫力あるアクションを繰り出す彼女。まだまだ男性優位な社会で見せる男勝りな性格もgoodで、思わず「カッコイイ!」とため息がもれること間違いナシ。ガンアクションやカーアクション、爆破シーンなど、映画並みのスケールで描かれるペギーの活躍に、ぜひ注目してほしい。  彼女たちが美しいのは、頭がキレる上に、戦う強さを持っているから。さらに言うならば、愛と勇気を糧に、力強くピンチに立ち向かっていくからだ。そう、彼女たちが持っているのは、“愛と勇気”というスーパーパワー。スーパーヒーローたちが、その頼もしい姿に支えられているように、私たち観客にとっても癒しと励ましを与えてくれる存在となっている。  ドラマ『エージェント・カーター』は、全国無料のBSテレビ局・Dlife(ディーライフ/チャンネル番号:BS258)にて8月27日(土)スタート、毎週土曜21時放送。また、映画『アントマン』のMovieNEXが現在好評発売中。デジタル配信中。さらに、「アイアンマン」と「キャプテン・アメリカ」の対立を描いた大ヒット映画『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』のMovieNEXも9月16日発売。9月7日デジタル配信開始。

  • 新“アイアンマン”は15歳の黒人少女リリ・ウィリアムズ 

    新『アイアンマン』は15歳の黒人少女!マーベル発表「さらなる多様性を生むため」

    映画

     ロバート・ダウニー・Jr演じるトニー・スタークが、自ら開発したパワードスーツを装着し悪に立ち向かう痛快ストーリーで世界中で大ヒットした映画『アイアンマン』シリーズ。その原作となるマーベル・コミック『アイアンマン』シリーズに、リリ・ウィリアムズという15歳の黒人少女が、新たなアイアンマンとして登場することがわかった。海外メディアTIMEが独占で報じている。@@cutter 同サイトがマーベル・コミックのクリエイターであるブライアン・マイケル・ベンディスによれば、シリーズの最新コミック『Civil War II(原題)』のラストでは、これまで何度も地球の危機を救ってきた主人公のトニー・スタークが、パワードスーツを脱ぐこととなり、リリがその役目を受け継ぐことになるという。  リリは、マサチューセッツ工科大学の学生で、自身が暮らす寮の部屋で、スタークが作ったものと同じような高性能のスーツを制作してしまうほどの天才的な科学の頭脳を誇り、その知性はスタークのそれを上回っているかもしれないとのこと。公開された『Civil War II(原題)の表紙では髪形と力強いまなざしが印象的で、スタークと並んでクールなポーズを決めている。また、リリは白人のキャラクターが多いマーベル作品の中に、さらなる多様性を生むためのキャラクターでもあるそうだ。  ベンディスは、リリのような黒人キャラクターを物語に導入すると、ネット上には人種差別的な反応が見受けられるとしながらも、「キャプテン・アメリカやサイクロップスと同じように個性的な存在である」とコメント。今のところ、リリの愛称がアイアンマンなのか、それともアイアンウーマンになるのかは明らかになっていない。

  • 『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』場面写真

    『アベンジャーズ』がもっと好きになる!7つの厳選トリビアを紹介

    映画

     アイアンマンとキャプテン・アメリカが“友情”によって対立し、アベンジャーズをニ分する禁断の戦いへ発展する様を描いた『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』。“アベンジャーズ以上にアベンジャーズ”というほどたくさんのキャラクターが登場するが、知って楽しいアベンジャーズにまつわる、こんなトリビアがある。@@cutter ①キャプテン・アメリカは盾を防御用だけでなく攻撃用の武器としても活用する。 このアイデアは、マーベルコミックのスタン・リーが初めてキャプテン・アメリカのエピソード『キャプテン・アメリカ、売国奴の復讐をくじく!』を手掛けた際に考えついたもの。  ②キャプテン・アメリカはベンチプレスで1200ポンド(約544キロ)を上げることが出来るのに加え、時速50マイル(約80キロ)近い早さで走ることが出来る。  ③キャプテン・アメリカの正体であるスティーヴ・ロジャースは、合衆国独立記念日である7月4日生まれ。  ④10年近くコミックスから姿を消していたキャプテン・アメリカ。スタンが『ストレンジ・テイルズ』の誌面でキャプテン・アメリカに戻って来て欲しいかどうかと読者に問いかけたところ、ファンから復活を望む声が多数寄せられた。  ⑤現在キャプテン・アメリカを演じている俳優クリス・エヴァンスは、当初プレッシャーから3度オファーを断っている。  ⑥本作でもメガホンを取ったアンソニー&ジョー・ルッソ監督は、スティーヴが現代に馴染もうと葛藤する様を伝えるため、クリスにこの数十年で人気が高まったさまざまな武術や格闘技をマスターするよう勧めた。  ⑦『アベンジャーズ』におけるキャプテン・アメリカとアイアンマンの出会いについて、クリスは「何もかも正反対の二人の間には、二極対立とでも言うべきある種の確執が存在するのは確かだね。目立ちたがりで口のたつ利己的な男と、私利私欲のない物静かで人前に立つことを嫌う男が、仲間として上手くやって行かなきゃならない。掘り下げ甲斐のある関係」と語っている。  これらのトリビアを知っておけば、本作から見ても十分楽しめるだろう。特に気になるのは7つ目。本作では二人が“友情”によって対立する様を描いているが、クリスはすでに『アベンジャーズ』の時から二人には“確執”があったと指摘。しかしそれは正反対の性格ゆえのことで、その後アベンジャーズとしてともに戦ってきた二人は着実に友情を築いてきた。  クリスは「アイアンマンと対立することで、誰もが共感できる葛藤を生み出しているよ。お互い家族のように思える存在の分、乗り越えるのが難しくなってしまうね。辛いことだよ」とコメントしている。  映画『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』は、現在公開中。

  • 『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』のアイアンマン役、ロバート・ダウニーJr.がスパイダーマンについて言及!

    スパイダーマン、スーツはアイアンマンの手作り? R・ダウニー・Jr.が意味深発言

    映画

     アイアンマンとキャプテン・アメリカが対立し、アベンジャーズを二分する禁断の戦いを繰り広げる『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』。同作について、アイアンマンを演じるロバート・ダウニーJr.が自身のチームについて「新人もいるよ」とスパイダーマンの存在について言及している。@@cutter アベンジャーズが2つのチームに分かれるという設定が話題を呼んでいる本作だが、注目すべきはついにスパイダーマンとアントマンがアベンジャーズに参戦する点だ。ダウニー・Jr.は、アイアンマンのチームにスパイダーマンが入ることを明かすと、「今回、スーツについてちょっとしたことがいくつか起こる」と意味深発言。「チームの誰かが何かを必要とすれば、アイアンマンがそれを作ってくれるんだ。戦いの時にアイアンマン側につくかどうかで大きく変わってくるね」と語っている。はたして、スパイダーマンがアイアンマンの作った武器で戦うこともあるのか、見逃せない戦いであることは間違いない。  また、ダウニー・Jr.は、本作のストーリーについて話を聞いたとき、「いかにもマーベルらしい発想だと思った。アイアンマンとキャプテン・アメリカの友情が引き裂かれてしまう姿は誰も見たくないはずだろう。でも友情に亀裂が入ってしまった後、一体どうなってしまうのかということにワクワクしたんだ」と明かす。  一方、本作でメガホンをとったアンソニー・ルッソ監督にとっては、今までにない挑戦だったという。アンソニー監督は「映画の中ではアベンジャーズ全員が主人公であり、敵という両方の役割を担っている。全員が正しい部分も間違った部分も持っているように描くことは大きなチャレンジだった」と本作への思いを語った。  映画『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』は、4月29日公開。

  • 年末年始、地上波で放送される映画は?

    年末年始は自宅で映画三昧! 地上波放送の作品をチェック

    映画

     「あなたのハートには何が残りましたか?」そんなセリフが浮かぶほど、2015年もいよいよ差し迫ってきました。しかし、ままならず思い通りゆかない人生に「何も終わっちゃいねぇ!何も!」とランボーよろしく叫びたい向きもあるでしょう。でも、そんなあなたも安心してください。地上波映画放送はそうした憂さを晴らしてくれる充実のラインナップ。年忘れ&新年の好スタートを後押ししてくれる作品をご紹介しましょう。@@cutter “年末年始は巨大生物&大パニック!”と思わず銘打ちたくなってしまうのが、連日オールナイトで映画放送を実施するテレビ東京。「10月の木曜日は“筋肉”!!」「今月のセガール!!」といった名(迷?)文句で知られる同局ですから、やはりよく分かっているというか、期待を裏切りません。  まず12月30日に行われる「年忘れロードショー」は一部と二部の2本立て構成。1本目はもはや「午後のロードショー」における精神的アイコンともいうべき『メガ・シャーク』シリーズの第3弾『メガ・シャーク VS メカ・シャーク』。一瞬誤植かただのダジャレかと思える本作ですが、メカ・ゴジ…もとい、メカ・シャークとの間で繰り広げられる文字通りのメガ・バトルは必見です。  そして「年忘れロードショー」2本目は映画史に残る傑作『明日に向かって撃て!』。世界中を探しても、こんな2本立てはここテレビ東京だけでしょう。『メガ・シャーク』と『明日に向かって撃て!』の対決を経て、あなたのハートには何が残るかも非常に気掛かりです。@@separator さらにテレビ東京では「新春ロードショー」として『超巨大ハリケーン カテゴリー5』(1月1日深夜)、さらにレギュラー枠「午後のロードショー」でも「あけましておめでとうSP」として『アイアンマン』(1月4日午後)を用意。1996年4月のスタートから遂に20周年となる「午後のロードショー」に2016年も目が離せません。  「年末は“美女”!」と頼まれてもいないのに言いたい気にさせてしまうのが、地上波初放送作品が2本立てのTBS「年末映画特別企画」。中谷美紀、真木よう子、多部未華子、田中麗奈といった美女が並ぶ『源氏物語 千年の謎』と、香里奈、麻生久美子、 吉瀬美智子、板谷由夏とこちらも美女揃いの『ガール』を12月29日の夜から深夜に掛けて放送。ここであらぬ妄想を抱いても、除夜の鐘で打ち消しです。  一方「年始は良作!」と謳いたいのが、「新年映画まつり」として『世界にひとつのプレイブック』と『私の中のあなた』の地上波初放送作品2作を、元旦と1月2日の深夜に連日放送するフジテレビ。三が日真っ只中ですから、夜ふかしして映画を堪能するのもいいでしょう。  ということで、どこも人出が多くなる年末年始は、自宅で地上波放送映画をお供にしてもパラダイス。みなさん、よいお年を。(文:しべ超二)

  • ハロウィンには『スター・ウォーズ』キャラクターが続出?

    ハロウィン・コスチューム、人気は『スター・ウォーズ』キャラクター

    気になる

     日本でも人気を得ているハロウィン。何ヵ月も前からコスチュームや飾りに考えを巡らせる人が少なくないイベントだが、アメリカのコスチューム通販サイトBuyCostumesによると、2015年は12月に不動の人気SFシリーズ『スター・ウォーズ』最新作『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』が全米公開されるとあり、今年は『スター・ウォーズ』系のコスチュームの人気が高いそうだ。@@cutter BuyCostumesでは、成人男女、子供、グループのカテゴリー全てにダースベイダーやレイア姫、ストームトルーパーなど『スター・ウォーズ』系のコスチュームが上位に入っているとのこと。ほか、バットマンやキャットウーマンなどが相変わらずの人気の模様。ヒーロー系やプリンセス系の人気も根強く、ベイマックスやマレフィセントのコスチュームが売れているらしい。  ちなみにペット(犬)版では『スター・ウォーズ』シリーズのイウォークや、今年の世界的ヒット作『ジュラシック・ワールド』の影響を受けて恐竜、または『ミニオンズ』のミニオンなどのコスチュームが人気のようだ。  BuyCostumes「男性ハロウィンコスチューム・トップ10」は以下の通り(順不同)。 バットマン ベイマックス(赤) Tレックス アイアンマン デッドプール ダースベイダー ストームトルーパー ベイマックス(白) キャプテン・アメリカ ジョーカー  BuyCostumes「女性ハロウィンコスチューム・トップ10」は以下の通り(順不同)。 レイア姫 ブラック・ウィドウ ダースベイダー女性版 ワンダーウーマン ミニオン マレフィセント ハートのクイーン・トランプ ストーム・ストームトルーパー女性版 キャットウーマン ハーレークィン

  • アイアンマンとキャプテン・アメリカをデザインした「マーベル・フェイスパック」

    アイアンマン&キャプテン・アメリカがフェイスパックに! 世界展開を視野に製作

    映画

     全世界46ヵ国でNo.1を記録、日本でもオープニング興行収入No.1を獲得し、大ヒットを記録中の『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』。そんな本作のキャラクターになりきれるデザインフェイスパック「マーベル・フェイスパック」が発売されることがわかった。さらに、『進撃の巨人』とコラボした「進撃の巨人 フェイスパック」も同時発売される。@@cutter これまで累計約110万個を売り上げている一心堂本舗のデザインフェイスパックシリーズの第11弾・12弾商品として発売される本商品はマイティ・ソー、ハルクなど人気キャラクターが勢ぞろいする同作の中でも、特に人気の高いアイアンマンとキャプテン・アメリカをデザインしたフェイスパックだ。フェイスパックをつけると、まるでお面をかぶったかのような“なりきり感”が味わえ、楽しみながら美肌を実現することができる。  また、「進撃の巨人 フェイスパック」は、人類の防壁を破り、物語の引き金となった「超大型巨人」と、知性と俊敏な身体能力を兼ねそなえた「女型の巨人」のリアルな顔を再現。2015年4月には講談社発行のビューティ誌『VOCE(ヴォーチェ)』の付録として販売され、大反響を呼んだ商品で、今回、通常商品として発売されることとなった。  デザインフェイスパックシリーズは、「『日本を代表する顔』を世界に紹介するブランド」というコンセプトの元、これまで「歌舞伎フェイスパック」「上野動物園 動物フェイスパック」「劇団四季キャッツフェイスパック」など、様々なジャンルとコラボした商品を展開。発売から1年5ヵ月で累計約101万個の売上を誇る人気商品となっている。  「マーベル・フェイスパック」、「進撃の巨人 フェイスパック」は7月24日発売。価格は各900円(税込)

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access