イップ・マン 関連記事

  • 『イップ・マン4 完結篇(原題)』場面写真

    ドニー・イェン主演『イップ・マン4 完結篇』公開決定 米海軍との闘いに挑む

    映画

     俳優のドニー・イェンが主演する“イップ・マン”シリーズ最新作、『イップ・マン4 完結篇(原題)』の中国公開が決定し、日本でも年内に公開されることが発表された。あわせて、海外版予告編とティザービジュアルが解禁となった。@@cutter 本作は、香港のアクション俳優ドニー・イェンが詠春拳の達人イップ・マンを演じる“イップ・マン”シリーズの最新作。戦時下の日本軍との闘いを描いた『イップ・マン 序章』、英国統治下のイギリス人との闘いを描いた『イップ・マン 葉問』、詠春拳同士の戦いを描いた『イップ・マン 継承』に続き、シリーズ4作目となる本作は、原題タイトルの「完結篇」の文字が表すとおり、“イップ・マン”シリーズの完結作となる。  1964年、最愛の妻との死別後、愛弟子ブルース・リーの招待を受け息子とともにサンフランシスコに渡ったイップ・マン。しかし、ブルースが開いた詠春拳の道場が、現地チャイナタウンと米海軍との抗争に巻き込まれる。  公開された海外版予告映像では、最愛の妻と死別したイップ・マンが、息子とともにサンフランシスコに渡り、チャイナタウンで繰り広げられる米海軍との闘いに立ち向かう姿が描かれている。厳しい顔で修行に励む姿や、香港映画らしい緻密なアクションシーンも捉えられており、イップ・マンが最後にどのような戦いを繰り広げるのか、ファンの期待が高まる映像となっている。  併せて公開となった海外版ティザービジュアルは2種類。1つは固くこぶしを握り締め、背筋を伸ばして立つイップ・マンの後姿を捉えたもの。もう1つは大きく描かれた“4”の文字の中に、険しい表情で武術の構えをとるイップ・マンを写したもの。どちらも遠いアメリカの地で孤独な戦いに挑むイップ・マンの強い意志を感じさせるビジュアルとなっている。  映画『イップ・マン4 完結篇(原題)』は、2019年に“イップ・マン”の聖地、新宿武蔵野館をメイン館として全国順次公開。

  • 『イップ・マン外伝 マスターZ』ティザービジュアル

    『イップ・マン外伝 マスターZ』ディザービジュアル解禁&公開日決定

    映画

     香港アクション俳優のマックス・チャンが主演する『イップ・マン外伝 マスターZ』が、3月9日より全国公開されることが決定し、ディザービジュアルも解禁となった。ビジュアルには、凛々しい表情で前を向き、武術の構えをとるマックスの姿が描かれている。@@cutter 本作は、中国語圏をはじめ世界中でヒットした『イップ・マン』シリーズから誕生した新ヒーロー、チョン・ティンチの物語。主演を務めるマックスは、『イップ・マン 継承』で強烈な印象を残し、『パシフィック・リム:アップライジング』などでハリウッド進出も果たしており、「香港アクションの最終兵器」ともいわれる存在だ。共演にミシェル・ヨ―、トニー・ジャー、デイヴ・バウティスタを迎える。  監督は、ジャッキー・チェンの『ドランクモンキー/酔拳』から『マトリックス』などのハリウッド大作まで手がけるアクション界の巨匠、ユエン・ウーピン。愛弟子であるマックスのために直々にメガホンを取り、「自らのベストの1本」と語る作品に仕上げた。  詠春拳の正統争いでイップ・マンに敗れたティンチは武術界を去り、小さな食料店を営みながら息子フォンと暮らしていた。ある日、ティンチは街を仕切る長楽グループの反逆児キットに追われていたジュリアとナナの窮地を救う。だが、そのことでティンチはキットの恨みを買い、住居兼食料品店に放火され、店も住む場所も失ってしまう。ジュリアは、バーを経営している兄フーにティンチを紹介し、仕事と住居の世話をする。一方、長楽グループの女ボス・クワンに対して反旗を翻す弟のキットは、組織を乗っ取ろうと画策していた。そんな中、キットたちの卑劣な策略によって、ナナやフーが命を落としてしまう…。ティンチは封印していた武術を正義の為につかうべく、単身、悪の巣窟へと乗り込んで行く。  解禁されたビジュアルは、武術の構えをとるティンチが中心に大きく描かれたもの。決意に満ちた表情で前を見据えるティンチの下には、「男は、もう一度立ち上がる」とのチャッチコピーが添えられている。一度は捨てた武術を使い、悪に立ち向かうティンチの覚悟が感じられるビジュアルとなっている。  映画『イップ・マン外伝 マスターZ』は3月9日より全国公開。

  • 『イップ・マン 継承』ドニー・イェン、マイク・タイソン、マックス・チャンのアクションが炸裂

    ドニー・イェン&マイク・タイソンのアクション炸裂!『イップ・マン 継承』特報映像

    映画

     ドニー・イェンが主演を務める人気アクションシリーズの最新作『イップ・マン 継承』から、“宇宙最強”と称されるイェンと、本作で最凶の敵を演じたマイク・タイソンのアクションが炸裂する特報映像が解禁となった。@@cutter 1959年、好景気に沸く一方で、無法地帯になりつつあった香港が物語の舞台。裏社会を牛耳る最凶の不動産王・フランクによる暴挙から町を守るため、イップ・マンは立ち上がる。しかしそれは、自身の家族をも命の危険にさらすことを意味していた。さらに、武術“詠春拳”の正統をめぐって決闘を挑まれる…。果たしてイップ・マンは、大切なものを守ることができるのか?  解禁となった特報映像では、詠春三手を使い、立ちはだかる敵に毅然と立ち向かうイップ・マンを演じるイェンの、美しく力強いカンフーアクション、そして史上最凶の敵・フランク役で登場する元ボクシング世界ヘビー級王者マイク・タイソンの拳が炸裂。さらに、現在日本公開中の『ドラゴン×マッハ!』に出演するなど、中華圏で大注目のマックス・チャンも、新たなる詠春拳の使い手としてイップ・マンに襲い掛かる。  イェン、タイソン、チャンという三者三様の魅力が溢れるアクションに目が釘付けになること間違いなしの特報映像は必見。アメリカではスマッシュヒットを記録しているだけに、日本での公開にも期待が高まる。  映画『イップ・マン 継承』は、4月22日よ全国順次公開。

  • ドニー・イェンが演じるイップ・マン(映画『『IP MAN3』(英題)』)

    “宇宙最強”ドニー・イェン、劇場マナーを“鍛錬”と共に呼びかける

    映画

     詠春拳の達人で、あのブルース・リーの指導者としても知られるイップ・マンを、『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』への出演で大注目のドニー・イェンが演じる人気シリーズ第三弾『IP MAN3(英題)』が、来年4月に日本公開することが決定。併せて、イップ・マンが劇場マナーを“鍛錬”と共に呼びかける特別映像も解禁となった。@@cutter 中国で大ヒットを記録した『イップ・マン序章』『イップ・マン葉問』のキャスト、スタッフが再集結し、ウィルソン・イップ監督が再びメガホンを取った本作。劇中では、息子が通う小学校の土地を買収しようと目論む悪徳不動産業者に立ち向かうイップ・マンの姿が描かれる。  公開月とともに、12月17日より新宿武蔵野館ほかにて限定上映する劇場マナーCMも先行公開となった。ファンにはおなじみの“木人椿”で黙々と鍛錬するイップ・マン。その姿にカメラが迫ると、イップ・マンは観客に電話やカメラの使用を控えるよう呼びかける。構成が何とも面白い映像だが、“宇宙最強”とも称されるドニーが繰り出す鋭いアクションにも注目だ。  これまでには池内博之やサモ・ハン・キンポーが好敵手としてイップ・マンの前に立ちはだかってきたが、本作では最強の敵として、元WBC世界ヘビー級チャンピオン、マイク・タイソンが出演。ドニーとタイソンの対決は大いに話題を呼び、本作は今年1月に全米で公開されるとスマッシュヒットを記録していた。

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access