キャプテン・アメリカ 関連記事

  • 映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』場面写真

    『アベンジャーズ』クリス・エヴァンス、10年間で得たのは「かけがえのない友情」

    映画

     マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)の集大成となる映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』。MCUシリーズを通して、キャプテン・アメリカ役を約10年間演じてきた俳優のクリス・エヴァンスが、同作で得たものとして「かけがえのない友情」を挙げた。@@cutter ※以下、ネタバレを含みます。ご了承の上、お読みください。  『アベンジャーズ』シリーズの完結編となる本作は、最凶最悪の敵“サノス”によって、アベンジャーズのメンバーを含む人類の半分が消し去られた地球で、アイアンマンらヒーローたちが最後にして最大の逆襲を開始するさまを描く。全世界歴代興行収入1位のジェームズ・キャメロン監督作『アバター』にも迫る驚異的な数字を記録しており、日本でも約52億円の興収と約357万人の動員を達成(5月20日時点)している。  アイアンマンやソーら最強ヒーローが集結するアベンジャーズを引っ張るリーダー的存在が、チームで最も正義感が強く真面目なキャプテン・アメリカだ。  約10年間、クリスはこのキャプテン・アメリカ役を演じており、「最も感慨深いのは、10年間この役を演じてきたなかで得たかけがえのない友情。ここにいる仲間とは、大げさではなく本当に家族と呼べるような、固い絆で結ばれているんだ」と、キャストの関係についてコメントする。クリスらキャスト陣は自身のインスタグラムで和気あいあいとした撮影風景を投稿したり、ツイッターでコメントを送り合うなどの仲の良さをみせている。  また、クリスは「キャラクターの旅路がついに完結するという点で、感慨深いものがあったのは確かだ。キャプテン・アメリカだけではなく、すべてのキャラクターが何らかの形で結末を迎えることになる」と振り返る。  本作において、キャプテン・アメリカは人類の危機的状況を前にして、アイアンマンと協力することを決意し、ある無謀な“計画”に挑戦することとなる。  その計画により見事6つのインフィニティ・ストーンを取り戻し、、消えた約35億の人々を取り戻すことができたアベンジャーズだが、過去からきたサノスが再び彼らへ襲い掛かる。盾が半分に割れ、ボロボロになりつつも、目の前の無数の敵に立ち向かおうとしたり、高潔な魂を持つ者だけが手にできる武器ムジョルニアを構え、「アベンジャーズ! アッセンブル!」と叫び、真っ向からサノスを迎え撃つキャプテン・アメリカの姿には、誰しもが心を打たれるに違いない。  映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』は公開中。

  • キャプテン・アメリカを演じるクリス・エヴァンス(※『キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー』場面写真)

    クリス・エヴァンス、キャプテン・アメリカ役を2度断っていた

    映画

     2011年の映画『キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー』でタイトルロールのキャプテン・アメリカというハマリ役を得た俳優のクリス・エヴァンス。その後、『アベンジャーズ』シリーズ最新作の『アベンジャーズ/エンドゲーム』を含む11作にキャプテン・アメリカ役で出演しているが、実は2度、同役を断っていたという。@@cutter 今や、クリス以外の俳優が演じている姿を想像しにくいキャプテン・アメリカ。クリスはThe Hollywood Reporterとのインタビューで、オファー受けて興奮したものの、断るのが正しいと感じたと語った。  「(キャプテン・アメリカ役の)オファーは誘惑そのものだった。この上ない、最大級の仕事のオファーだったが、断るのが当たり前に感じられた。それが正しいことだと思ったんだ」とクリス。最初のオファーは9作品への出演契約だったことも影響したのかもしれない。断ると、今度は6作品への出演で再びキャプテン・アメリカ役のオファーを受けたという。「でも、断った翌日に目覚めると、いい気分を味わえた。2度ね」と、クリスは2度目も断ったことを明かしている。  それでもマーベルは引き下がることがなく、クリスは友人や恩師に相談し、アイアンマン役の俳優ロバート・ダウニー・Jrからも説得の電話が入ったことで、キャプテン・アメリカ役を引き受けることにしたそうだ。  4月26日より日米同時公開の『アベンジャーズ/エンドゲーム』で、キャプテン・アメリカ役が最後になると報じられているクリス。俳優を引退して監督に専念するとも言われていたが、その件に関しては「引退するなど、ひと言も言っていない」ときっぱり否定したとのこと。

  • 映画『アトミック・ブロンド』ティザービジュアル

    シャーリーズ・セロン、殴る蹴る“最強の女スパイ”に『アトミック・ブロンド』公開

    映画

     ハリウッドスターのシャーリーズ・セロンが、最強の女スパイを演じる映画『アトミック・ブロンド』が、10月20日より日本公開することが決定。併せて、スタイリッシュなティザ―ビジュアルと、ど迫力のアクションを収めた特報映像が解禁となった。@@cutter MI6の女スパイ:ロレーン・ブロートン(シャーリーズ)による独白と、光速のガンアクションから始まる特報映像。消された諜報員と消えた最高機密のリストの奪還を命じられたロレーンは、世界の運命を握るリストを追ってベルリンを訪れ、世界中のスパイによる争奪戦に加わることとなる。  クイーンの名曲「キラー・クイーン」に乗せて繰り広げられる格闘シーンでは、ピンヒールを使った攻撃や、敵の首に縄を括って窓から飛び降りるなど、前代未聞のアクションが次々に登場。友人であるキアヌ・リーヴスとトレーニングを重ねたシャーリーズは、激しいアクションに生身で挑んだという。見ごたえ十分の特報とともに、ティザービジュアルも到着。サングラス姿のロレーンが、革のニーハイブーツから伸びたふとももをあらわにしながら、銃を片手にこちらを見つめる姿とともに、「誰も信じるな」という意味深なコピーが添えられた、スタイリッシュなデザインに仕上がっている。  監督は、『ジョン・ウィック』の共同監督で、世界中で大ヒットを記録した『デッドプール』の続編監督にも決定しているデヴィッド・リーチが担当。共演には、『X‐MEN』シリーズや『ウォンテッド』のジェームズ・マカヴォイ、『キングスマン』『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』のソフィア・ブテラのほか、『キングコング:髑髏島の巨神』のジョン・グッドマン、『キャプテン・アメリカ』シリーズのトビー・ジョーンズなど、実力派も名を連ねた。  映画『アトミック・ブロンド』は、10月20日より全国公開。

  • 日本初のマーベル大型総合展が開催!

    日本初のマーベル大型総合展開催! 人気ヒーローたちのメインビジュアルも決定

    映画

     『スパイダーマン』『アイアンマン』など様々な人気ヒーローを擁する、アメコミの一大ブランド「マーベル」が日本で初めての大型総合展「マーベル展 時代が創造したヒーローの世界」と開催することが分かった。@@cutter 同イベントでは、多くの文化や人びとに影響を与えてきたマーベルの魅力を伝えるべく、日本初公開となる貴重な資料、衣装や小道具など約200点を展示。「HISTORY」「HERO」「CULTURE」「CINEMATIC UNIVERSE」「ART」という5つの視点から、マーベルのたどってきた歴史や、多くの人を魅了する作品を生み出し続ける秘密を紐解く構成となっている。  また、同イベントのメインビジュアルも決定。スパイダーマンやアイアンマン、キャプテン・アメリカといった8000を超える人気のキャラクターたちからファンになじみ深いキャラクターを選び、歴史あるマーベルらしさをもたらすアイキャッチングなビジュアルに仕上がっている。  「マーベル展 時代が創造したヒーローの世界」は、六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー(六本木ヒルズ 森タワー52階)で4月7日から6月25日まで開催。会期中無休。

  • Forbes誌発表「最もコスパの高い俳優TOP10」の1位に輝いた、クリス・エヴァンス

    「最もコスパの高い俳優」ランキング、クリス・エヴァンスが2年連続1位

    セレブ&ゴシップ

     ジョニー・デップが先日、2015年に引き続き経済誌Forbesの「ギャラを貰いすぎている映画俳優」1位になってしまったが、「最もコストパフォーマンスの高い俳優」ランキングでは映画『キャプテン・アメリカ』シリーズのクリス・エヴァンスが、2年連続で栄えある1位に輝いた。@@cutter Forbes誌の発表によると、クリスは出演料1ドルにつき135ドル80セントの利益を上げたという。クリスが主演する『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』は世界興行収入が10億ドル(約1170億円)を超えたが、クリスの出演料は控えめな額だったため、高コストパフォーマンスとなった。  2位は昨年トップ10圏外だったクリス・プラット。出演料1ドルにつき125ドル40セントの利益を上げたとのこと。クリスは大ヒットした『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』や『ジュラシック・ワールド』の主役に抜擢される以前は主役級の俳優ではなかったため、ギャラが比較的安かったことが投資利益率の高さに繋がったという。  女優陣でトップになったのは2015年と同じ3位にランクインしたスカーレット・ヨハンソンだ。出演料1ドルにつき利益は推定88ドル60セント。マーベル映画の『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』と『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』、主役を務めたリュック・ベッソン監督の『LUCY/ルーシー』の3作品で24億ドル(約2820億円)近い興行収入を上げたが、スカーレットの出演料はその1%弱にすぎないとForbes誌では推定しているという。  同ランキングではアニメ映画や脇役として出演している程度の作品、上映館数が2000未満だった作品は除外し、俳優が2016年6月以前に出演した直近3作品をベースに投資利益率を概算している。  Forbes誌発表「最もコストパフォーマンスの高い俳優」トップ10は以下の通り。 1位 クリス・エヴァンス/出演料1ドルにつき利益が135.80ドル 2位 クリス・プラット/出演料1ドルにつき利益が125.40ドル 3位 スカーレット・ヨハンソン/出演料1ドルにつき利益が88.60ドル 4位 ミラ・クニス/出演料1ドルにつき利益が49.50ドル 5位 ヴィン・ディーゼル/出演料1ドルにつき利益が32ドル 6位 ジェニファー・アニストン/出演料1ドルにつき利益が27.80ドル 7位 ベン・アフレック/出演料1ドルにつき利益が20.10ドル 8位 ロバート・ダウニー・Jr./出演料1ドルにつき利益が18.40ドル 9位 マット・デイモン/出演料1ドルにつき利益が17.70ドル 9位 ジェニファー・ローレンス/出演料1ドルにつき利益が17.70ドル

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access