関連記事

  • 『かぞくいろ‐RAILWAYS わたしたちの出発‐』場面写真

    有村架純『かぞくいろ』家族の愛が伝わる本編冒頭回想シーン映像が公開

    映 画

     女優の有村架純と俳優の國村隼がダブル主演を務める映画『かぞくいろ‐RAILWAYS わたしたちの出発‐』より、有村演じる晶と、息子・駿也(歸山竜成)、亡き夫の修平(青木崇高)が生きていたころの幸せな回想本編冒頭映像が解禁になった。@@cutter 本作は、日本の美しい風景を走る鉄道と、迷いながらも成長していく人々の姿を清々しく描いてきた「RAILWAYS」シリーズの最新作。夫の修平を失った晶は、彼の連れ子・駿也と共に、東京から夫の故郷である鹿児島へ行き、会ったことのない義父・節夫(國村)を訪ねる。その後、晶は電車が好きな駿也のために、亡き夫の夢でもあった鉄道の運転士になることを決意する。  今回解禁になった映像は、十数本にも及ぶ路線を一挙にまたがる巨大な跨線橋(こせんきょう)で、駿也が「来た! EH-500だ!」と叫ぶところからスタート。すると画面には、赤い貨物列車が現れる。その機体には「金太郎」のイメージと文字も見えるが、これは「ECO-POWER金太郎」の愛称を持つ、JR貨物EH500形電気機関車だ。晶と修平が、「金太郎見えた?」と駿也に聞くと、興奮気味で「見えた! 見えた!」と言う駿也。さらに修平が駿也に「これ、札幌発、どこ行き?」と質問すれば、「名古屋行きでしょ?」と正解を答えるなど、駿也の鉄道好きがわかる会話が展開される。そして、この線路が鹿児島まで続いていることを確認し、晶と駿也は、“各駅停車で鹿児島まで行ってみたい”と思いを馳せる。  本作のメインロケ地は鹿児島だが、撮影そのものは、この家族3人のいる東京パートからはじまり、5日間で十数シーンが撮影されたそう。たわいない会話、ささやかな日常を感じ取れる「家族の愛」がたっぷりと確認できる映像に仕上がっている。  映画『かぞくいろ‐RAILWAYS わたしたちの出発‐』は全国公開中。

  • 映画『かぞくいろ‐RAILWAYS わたしたちの出発‐』初日舞台挨拶にて、有村架純と國村隼

    有村架純、斉藤和義のファンぶりに照れ笑い「光栄です」

    映 画

     女優の有村架純が30日都内で、主演映画『かぞくいろ―RAILWAYS わたしたちの出発―』の初日舞台挨拶に登壇。有村の大ファンだというミュージシャン・斉藤和義から「たまらないです」などと飾らぬ思いを打ち明けられて、照れ笑いを浮かべていた。@@cutter 本作は、映画「RAILWAYS」シリーズ最新作にして、有村と國村隼のダブル主演作。九州の西海岸を舞台に、愛する人を失った血のつながりのない三人の家族の再出発を描く。  本イベントには有村や國村の他、桜庭ななみ、歸山竜成、青木崇高、吉田康弘監督が出席した。  鉄道運転士を目指す奥薗晶役の有村は、本作について「家族のあり方って何だろうと考えてもらえる作品。お家に帰ったら、皆さんの大切な人にたくさんの愛情を伝えてほしい」と話した。  晶の義父でベテラン鉄道運転士の奥薗節夫を演じた國村は「私は鹿児島にずっと住んでいる男(の役)だった。ネイティブの鹿児島弁を喋らないといけなかったので、けっこう大変な思いをした」と苦労を語った。  イベント後半には、本作の主題歌「カラー」を手がけた斉藤がサプライズで登場。有村の大ファンだという斉藤は、本人を目の前にして「いやぁもう…うれしいです」と喜び、さらに「たまらないですね」と感無量の様子を見せた。  コンサートで斉藤は、主題歌を担当したもののイベントに呼んでもらえないと愚痴をこぼしていたという。今回、念願叶って「言ってみるもんだなと思った」と笑みをこぼし、有村から「光栄です」と挨拶を受けると「興奮してしまいそう…」と本音をこぼした。  また有村は、斉藤の歌う同曲に関して「素敵。あの歌を聞いた時、阿久根で過ごした時間や風景が蘇ってくる感覚になる」と称賛した。

  • 有村架純

    有村架純、主演2作品で“偶然の一致” その一致とは?

    エンタメ

     女優の有村架純が19日、インスタグラムで自身の主演ドラマ『中学聖日記』(TBS系/毎週火曜22時)と主演映画『かぞくいろ‐RAILWAYS わたしたちの出発‐』をめぐる“偶然の一致”についてコメントした。さて、その“一致”とは…。@@cutter 現在放送中のドラマ『中学聖日記』は、かわかみじゅんこが雑誌「FEEL YOUNG」(祥伝社)に連載中の同名漫画を原作にしたヒューマンラブストーリー。有村は、年下の婚約者がいながらも勤務先の中学校で出会った10歳年下の教え子・晶(岡田健史)との禁断の恋にゆれる女性教師・聖を演じている。  一方、11月30日より全国公開の映画『かぞくいろ‐』は、日本の美しい風景を走る鉄道とともに、迷いながらも成長していく人々の姿を清々しく捉えてきた『RAILWAYS』シリーズの最新作。鹿児島県と熊本県間を結ぶ「肥薩おれんじ鉄道」を舞台に、愛する人を失った、血のつながらない3世代3人の“ふぞろい”な家族の再出発を描く。有村はヒロインの晶を演じている。  『中学聖日記』で有村演じる聖が恋をする相手が「黒岩晶」、『かぞくいろ‐』で有村演じる主人公が「奥薗晶」。重要な役どころとなる2人の名前が共に「晶」なのだ。  有村は「映画『かぞくいろ』11月30日公開となりますが、私が演じたのは、晶。そうです。中学聖日記では、晶くんを想い、かぞくいろでは、晶ちゃんを演じています」と、この件に言及。「なんという偶然、、」とつづっている。  ファンからはこの偶然の一致に対して「偶然というか、運命ですね きっと岡田くんの方が驚いているかも ステキですね」「晶って漢字も全く同じで これは運命ですね!!」「奇跡なのか運命なのか…」といった反響が届いている。 引用:https://www.instagram.com/kasumi_arimura.official/

  • 映画『かぞくいろ‐RAILWAYS わたしたちの出発‐』場面写真

    有村架純、制服姿で鉄道運転手の研修 『かぞくいろ』新場面カット到着

    映 画

     女優の有村架純と俳優の國村隼がダブル主演を務める映画『かぞくいろ‐RAILWAYS わたしたちの出発‐』より、2人のリアリティあふれる研修風景を収めた場面写真が解禁された。@@cutter 本作は、日本の美しい風景を走る鉄道とともに、迷いながらも成長していく人々の姿を清々しく捉えてきた『RAILWAYS』シリーズの最新作。鹿児島県と熊本県間を結ぶ「肥薩おれんじ鉄道」を舞台に、愛する人を失った、血の繋がらない3世代3人の“ふぞろい”な家族の再出発を描いている。  晶(有村)は、夫・修平(青木崇高)とその連れ子・駿也(歸山竜成)と東京で幸せに暮らしていたが、修平の突然の死で生活は一変。残された駿也とともに夫の故郷鹿児島へ向かい、まだ会ったことのない義父の運転士・節夫(國村)を訪ねる。節夫は、突然やってきた晶たちを戸惑いつつも受け入れ、母としてまっすぐに生きようとする晶の姿に次第に心を動かされていく。そして晶は、父親を亡くして寂しがる駿也を元気づけるべく、亡き修平の子どものころの夢・運転士を目指す。  解禁された場面写真では、制服を身にまとった晶が、出区点検(列車を車両基地から出発=出区させるときに運転士が行う点検作業)の研修に挑む様子を活写。また、指導役の節夫が厳しくも優しいまなざしで見守る中、緊張した表情の晶が車両下を点検する場面、ほかの鉄道士に敬礼する場面、操縦席に座り車両を出発させる場面などを切り取っている。  おれんじ鉄道の全面協力のもと、現役の運転士に動きや用語を教わり、本物の車両を貸し切って撮影したという有村。通常のダイヤ(運行)の合間を縫っての製作であり、常に時間との勝負の中で撮られたシーンは、リアリティたっぷりに仕上がっている。  映画『かぞくいろ‐RAILWAYS わたしたちの出発‐』は、11月23日より鹿児島県・熊本県にて先行公開。11月30日より全国公開。

  • 映画『かぞくいろ‐RAILWAYS わたしたちの出発‐』完成披露試写会にて

    有村架純「体の悩み相談に乗りたい」 やってみたい仕事を明かす

    映 画

     女優の有村架純が、18日に都内で開催された映画『かぞくいろ―RAILWAYS わたしたちの出発―』完成披露試写会に出席した。有村は物語に絡めて、やってみたい仕事を問われると、体に関する悩み相談に乗ることだと語った。@@cutter 夫の修平(青木崇高)を亡くした晶(有村)が、修平の連れ子・駿也(歸山竜成)や、義父である節夫(國村隼)と織りなす人間ドラマを描く本作。イベントには、國村隼、桜庭ななみ、歸山竜成、木下ほうか、筒井真理子、板尾創路、青木崇高、吉田康弘監督も登場した。  イベントでは、劇中で晶が鉄道運転士を目指すことにちなみ、それぞれがやってみたい仕事を発表する一幕も。有村は「自分自身の体の健康面だとか、体調管理は常に気にしている」としたうえで、体に関する悩み相談に乗ることだと回答。「私も体について悩むことがけっこうあって、もちろん知識も勉強して、技術も勉強して、そういった人たちを助けたい」と語った。  一方、ベテラン鉄道運転士という役どころの國村は「大きな動くものを運転すると、興奮するな、楽しいなという経験をしたんですね」と撮影を回想し「できれば次は、飛行機を運転してみたい。操縦してみたい。ちょっとそんな気にさせられました」とニッコリ。桜庭は「小さいときからナースになりたくて」と明かし「今の会社の方にスカウトしてもらって、このお仕事を始めたんですけど、その理由が『ナースの役で(ナースが)できるから、やってみない?』って言われて、今ここに立っています(笑)」と続けた。  最後に再びマイクを握った有村は「家族の在り方とは何だろうか?ということを、改めて考えさせてもらえるような優しい作品ですので、ぜひ見終わった後は、温かい気持ちで帰っていただければと思います」と、笑顔で作品の魅力をアピールしていた。  映画『かぞくいろ―RAILWAYS わたしたちの出発―』は、11月30日より全国公開。

  • 映画『かぞくいろ‐RAILWAYS わたしたちの出発‐』本ポスタービジュアル

    有村架純主演『かぞくいろ』、予告編&本ポスタービジュアル到着

    映 画

     有村架純と國村隼がダブル主演を務める映画『かぞくいろ‐RAILWAYS わたしたちの出発‐』より、本予告とポスタービジュアルが到着した。また予告映像をもって、斉藤和義が書き下ろした主題歌『カラー』の一部が初公開となった。@@cutter 本作は、日本の美しい風景を走る鉄道と、迷いながらも成長していく人々の姿を清々しく描いてきた「RAILWAYS」シリーズの最新作。夫の修平(青木崇高)を亡くした晶(有村)は、彼の連れ子・駿也(歸山竜成)とともに、東京から夫の故郷である鹿児島へ行き、会ったことのない義父・節夫(國村)を訪ねる。その後、晶は電車が好きな駿也のために、亡き夫の夢でもあった鉄道の運転士になることを決意する。  解禁された予告編は、血の繋がらない3人が、愛する人を失った悲しみを抱え、愛を伝えきれなかった後悔を抱えながらも、新しい「家族」を作ろうと、時に感情をぶつけ合い、もがきながらも、必死に前を向いて生きようとする姿を映し出す。彩り豊かな九州の風景を捉えた映像美や、NHK大河ドラマ『西郷どん』の音楽を手がける富貴晴美による劇伴が、郷愁を誘う。  さらに、今年デビュー25周年を迎える斉藤和義が、鹿児島の撮影現場を訪れ、肥薩おれんじ鉄道にも乗車して書き下ろした主題歌『カラー』が予告内で初披露。「走り出す 風になる 空高く 舞い上がれ」という歌声が、本作のテーマである“再出発”を強く感じさせるものとなっている。  併せて解禁となった本ポスタービジュアルは、肥薩おれんじ鉄道が走る九州の西海岸の美しい景色を背景に、晶、駿也、節夫それぞれの表情が印象的に切り取られたもの。晶役の有村の何かを決意した凛々しさ、晶の連れ子・駿也を演じる歸山の悲しみを胸に秘めた顔、節夫役・國村の、包み込むような暖かな笑みが交互に配置され、温もりを感じさせる雰囲気に仕上がっている。  映画『かぞくいろ‐RAILWAYS わたしたちの出発‐』は、11月23日より鹿児島県・熊本県にて先行公開。11月30日より全国公開。

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access